翻訳サイトで訳すと意味がわからない文になってしまうため、どなたかに訳していただきたいです。
長文ですが、よろしくお願いします。

A growing number of people who have never visited Japan have taken a renewed interest in Japanese food, lifestyle and design. The meaning of ゛Made in Japan" is changing rapidly. Tokyo-based Brendan McMahon, an expert on brands in Asia, says, ゛People aren't looking to Japan only for electronic goods but ideas about how to live. Westerners see the Japanese have a culture of natural health in diet and lifestyle, and they want to learn from it."


Sushi, of course, was the trailblazer for Japanese cultural exports. It firmly established the image of Japanese food as both delicious and healthy.
One legend says the history of modern nigiri sushi began at a street-food stall in Edo in 1824. The stall's owner, Hanaya Yohei, first crowned vinegared rice with a slice of raw fish. Soon nigiri-sushi stalls opened one after another in Edo.
The United States played an important role in sushi's crossover from native cuisine to a global food. The West Coast accepted sushi first. The California roll, which was invented in 1973 in Los Angeles by a Japanese chef, helped make sushi more popular than ever before. Following this, several new kinds of American-style sushi were born. Sushi became the new health food, especially among the upper-middle class.
Gradually sushi spread across the country with the growing health boom of the 70s and 80s. For a long time, however, a lot of Americans hesitated to eat raw fish. Sushi was thought of as a special food for health-conscious people. In 1994, when Matsuhisa Nobuyuki opened a Japanese restaurant in Manhattan, sushi finally arrived in the fashion mainstream. One key to Nobu's success was his ゛new-style sashimi." For example, one of his creations was raw fish, ginger spears, shallots and ponzu sauce with heated sesame and olive oil poured over the top.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

<訳例>



日本をこれまで訪問したことのないますます多くの人々が、和食、生活様式、デザインに対して新たな関心を持つようになりました。 「日本製」の意味は、急速に変わっています。 東京に拠点を置くブレンダン・マクマホン(アジアのブランドの専門家)は言います。「人々は、電子商品のためにだけ、日本に目を向けているのではありません、生き方についての考えも求めているのです。 西洋人は日本人が食べる物や生活様式で自然な健康と言う文化を持っていると思っています、そして、彼らはそうしたものから学びたいと思っているのです。」

寿司は、もちろん、日本文化の輸出にとっての先駆者でした。 それは、おいしくて、健康的と言う、和食のイメージをしっかりと確立しました。
ある伝説によれば、現代のにぎり寿司の歴史は、1824年に江戸の通りで食べ物を売る屋台から始まった様です。 屋台の主人、華屋与兵衛は、酢飯に一切れの生魚を、最初にのせました。 間もなく、にぎり寿司の屋台は、江戸で次々と開店しました。
アメリカ合衆国は、地域の料理から世界的な食物にまで寿司を橋渡しする点で重要な役割を演じました。 西海岸が、最初に寿司を受け入れました。 カリフォルニア巻き(それは日本のシェフによってロサンゼルスで1973年に発明されました)は、寿司を以前にもましてより人気があるようにするのに役立ちました。 これに続いて、いくつかの新しい種類のアメリカンスタイルの寿司が、生まれました。 特にアッパーミドル(上位中流)階級の間で、寿司は新しい健康食品になりました。
次第に、寿司は70年代と80年代の盛り上がる健康ブームとともに、国中に広がりました。 しかし、長い間、多くのアメリカ人は、生の魚を食べるのを躊躇しました。 寿司は、健康を意識した人々の特別な食物とみなされました。 1994年に、松久信幸が和食レストランをマンハッタンに開いたとき、寿司はファッションの主流にようやく到達しました。 ノブの成功の1つの鍵は、彼の「新しいスタイルの刺身でした。」 例えば、彼の創作料理の一つに、生魚、針しょうが、分葱(エシャロット)とぽん酢に、煎りごまとオリ-ブ油を表面にかけたものがありました。

<参考URL>

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%AF%E5%B1%8B% …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E4%B9%85% …

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2011/04/11 16:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報