ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

昨日インターネットテレビのビデオニュース・ドットコムで放映された番組で、京都大学原子炉研究所 小出裕章助教が、4月7日に福島原発2号機で再臨界が起こったに違いないとおっしゃっていました。冷却という手段での効果が期待できない状態になっているようです。

7日の急激な温度の上昇については、NHK、民放、一般の新聞での報道が差し控えられています。
現在は、報道が規制された状況下に置かれていると考えられます。もしもの時にも、どの程度危
険なのか知ることができない可能性が大いにあります。

日本は、今回の震災や原発事故はもちろんのこと、それ以外の事件などについても危機管理についてはかなり弱いと考えています。悪いことがあってもすぐに忘れるというノー天気さは、個人的には非常に大好きな日本人の特性と思っているのですが、現在起こっていることに関してさえすでに過去の事件という意識が増えてきたようですので、改めて質問させていただきます。

原発の爆発については、原子炉からの煙をみればすぐにわかるはずと小出助教はおっしゃっていますが、原子炉の煙をどうやって見られるかについては、NHKが配信しているとのことですが、見たこともありませんし、一人で24時間体制で見ることは不可能です。

で、質問です。
1.福島原発の現在の状態を監視する情報を手に入れる良い方法はあるでしょうか。
2.もしも、原発爆発となったときのための避難準備などの事前の対策、避難方法などについて有効な方法はどんなことでしょうか。

上記のインターネットテレビでは、風下であれば300km以上離れなければ被災するとの情報もありましたが、この二つの質問について、最善の対策を立てたいと思いますので、ご回答をいただきたいと思っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>>1.福島原発の現在の状態を監視する情報を手に入れる良い方法はあるでしょうか。



さすがに再臨界で冷却不能となり、水素爆発が起きれば、報道管制していてもその様子はNHK,民放でも放送すると思います。でも、現在の状態については国内が報道管制されているようですので、ネットやCNN等、海外経由で入手するしかないのが現状ではないでしょうか?

>>2.もしも、原発爆発となったときのための避難準備などの事前の対策、避難方法などについて有効な方法はどんなことでしょうか。

原発の爆発時には、多くの首都圏の人々が交通機関に殺到するでしょうから、多くの人が取らないルートで逃げるのがいいかも?なんにしても、現金や通帳、ラジオなど、災害時に持ち出す品を調えておく必要はありそうですね。
一番いいのは、あらかじめ大阪以西に逃げておくのがいいと思えますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりあらかじめの西日本への避難ですか。
おっしゃるように、大阪以西は安全との見方が多数のようです。

西日本は、どのあたりがいいんでしょうね。人柄とか、自然とか。
でも、仕事がなければ生きていけないし。今からテントを持って行って住みつけるところはないでしょうか。

お礼日時:2011/04/10 11:32

>>西日本は、どのあたりがいいんでしょうね。

人柄とか、自然とか。
でも、仕事がなければ生きていけないし。今からテントを持って行って住みつけるところはないでしょうか。

ちょっと前に最終回を迎えたNHKドラマ「てっぱん」の舞台となった広島県の尾道はどうでしょうか?瀬戸内海の温暖な地域です。ドラマにあったように山の前にはすぐ海で狭いところですけどね。
山の上にも家が沢山あるのですが、車が入れないような場所も多いので、高齢化が進んできた現在、住んでいた老人たちは、子供を頼って家財置き去りで引っ越しなどして空き家がすごく多いみたいです。(家財を車が通れるところまで運ぶのが大変なので・・)

ですので、市に相談するなどすれば、テントじゃあなくまともな家に住むことも可能かもしれません。当然ながら、急な坂道、石段が苦にならない足腰は必要です。
テント生活、あるいは廃屋での生活を決め込むなら、その場所を探すのも難しくないと思えます。

ただ、地方都市ですので、仕事を探すのが大変です。画家とか工芸作家あるいはプログラマなど、地元の企業に雇ってもらうのじゃあなく、自力で稼ぐ方法があるほうが良いと思います。

広島は、西日本ですが、大阪など関西圏とは違った雰囲気があると思います。どちらかといえば、関東寄りかもしれません。
お寺と坂の町、尾道は、静かで落ち着いた町です。逆にいえば停滞か、ゆるやかに衰退しているのか?と思うこともあります。

「原発で危なくなったら、こっちに戻ってきなさいよ」なんて電話が親からかかってきたりしました・・・。

ところで、この先、もっと日本は大変な試練が襲ってくると幸福の科学の大川総裁は予言されています。そして昨日のナイチンゲール霊言での質疑では、「善良な人だけど、福島みたいに大変な目にあった人々にどういえばいいのか?」なんてのがありました。
彼女の回答は、「死は単にあの世に魂が移行するだけです。恐れすぎてはいけない。」のようなものだったと思います。この世は諸行無常、あの世が実在の世界で、そこに戻るだけと考えれば、心の平静は保てるわけですね。今後、恐怖に惑う心を救う宗教の必要性がどんどん増えていくのかもしれないと思うこのごろです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは、手に職をつけないと生きていけないですね。
芸術家、作家、音楽家って、やっぱり羨ましいです。

おっしゃる通り、これから宗教の時代に入っていきそうです。でも、宗教もお金がかかるのがネックですね。

お礼日時:2011/04/13 04:16

私も東京在住です


情報に関しては今でもそれなりに手に入ってると思います
日本に住んでるのは日本人だけじゃありませんし、海外のニュースや新聞も入ってきます
なるべく新聞やテレビに目を通すとかそんなトコじゃないでしょうか
原発の爆発というのが、最悪の状況を言うのであれば有効な避難方法や対策は誰にも分からないと思います
関東の人間が避難できるはずありませんから、風向きや雨で最悪の瞬間になるべく屋内にいるとかその程度でしょう(とはいえ交通機関や行政はストップするわけにもいきませんが)
何ヶ月分もの水や食料を保管するなんて非現実的です
これも最悪の瞬間をかわす事を考えればいいのではないでしょうか
例えば東京の水道水が基準値以上になりましたが、あれは1日でしたから1日分の水があれば飲まずにすんだわけです(むしろあの程度で消費しないほうがいいと思いますが)
逆に何日も続くようであればもう個人でできる事は無いと思います
避難方法は考えなくていいのでは 無いと思いますが首都圏がパニックになったとしてもその間は屋内にいればいいですし 火事と違って1分1秒を争うもんでもないですからあせって逃げる必要も無いと思います 200km先の東京に一気に危険なレベルの放射性物質が降り注ぐことは無いはずです
戻らないつもりで東京を脱出するなら別ですが、数日で戻るなら部屋に篭ってても大差無いと思います
ある程度の被曝は今後を考えれば諦めるしかないと思います 
健康に影響があるかどうが別にして もう東京は放射能から逃げるという段階では無く、
諦めるというか放射能と折り合いをつける段階だと思います
ただ汚染が進んだ場合、余裕の無い人から順番に汚染された水を飲まざるをえないかもしれません
これは巨額の費用を投じても浄水場で減らす努力をしてもらうしかないと思います
まあ大人はこんな感じだと思いますが 乳児がいて実家が地方ならお母さんと2人で数ヶ月~数年、実家にもどるのも現実的だと思います
仕事で単身赴任なんていくらでもある訳ですし、今回はそれ以上の非常事態でしょう
実家に赤ちゃん預けてれば、ちょっとした用事で戻るにしてもお母さん一人のほうが楽ですしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

半ば諦めとのことで、ごもっともかもしれません。
どうせ、東京に生まれついて東京で生活をしている以上、甘んじて受け止めるしかないのでしょうね。
でも、障害児の生まれる確率が格段に上がってしまうのかと思うと、ぜひともケアをお願いしたいと思います。

YOUTUBEですが、この放映のせいで関西電力から広告をひきあげられてしまったという伝説の番組を見つけました。
なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~
http://video.google.com/videoplay?docid=29678403 …
いろいろ考えさせられる今日この頃です。

お礼日時:2011/04/13 03:30

まず質問様の回答にそれて申し訳ありません。


自分も東京在住で不安で一杯です。

報道にはとても不信に思います。
今知りたいのは、原発の行方です。
雨が降ったから水は大丈夫なの??原発のその後の状態は??
知りたい事は全く報道されず、どこのチャンネル回しても今日は選挙のニュースばかり。

質問者様が不安になる思い、当たり前だと思います。

危険なら、危険な状況をどこかの番組でリアルタイムに常に発信して欲しいです。

今の生活拠点である場所を離れることは、余程の覚悟がなければ出きません。
今どんな状態なのか知ることが出来ない、偏った報道にはいささかウンザリします。
月曜からはそれなりにあると思いますが・・・。

それと何かあった時、首都圏での車移動は考えない方がいいと思います。
多分身動きできません。
事前なら可能でしょうが。

自分は逃避は多分ギリギリまで出来ないと思うので、屋内退避の場合を想定して家の中で一体どの位暮らせるか?
今はお風呂の水は常に補充、トイレ用水の為水をペットボトル(2リットル)に常に10本。
これからは、水、火力を使用しないで食せる栄養価の高い非常用食、ガスボンベ、色々考慮中です。
    • good
    • 0

別な角度から



いろいろな危険がうわさされる際に、大学の駆け出しの教員(昔は 助手とか講師とか言われた方々)の一部に危機感を煽るような言動をした人が見られました(六価クロムとかダイオキシンとか)
それらの方には取材陣が殺到して脚光を浴びましたが、事態が沈静化したのち(煽られた様な危機などほとんど無かった)その責任を追及されたものはいませんでした(当事者はいつの間にか闇に隠れてしまったようです)

まことに残念なことですが社会的責任を感じていない駆け出しの大学教員の言動には信用は置けません
助教とは昔の助手クラスです
このようなことは、マスコミや与党になれる見込みのない政治家にも散見されます

黄門様が現れるのを待つよりも自分で判断すべきことです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
この小出助教さんの立場に関しては、
首都大学東京の宮台教授がおっしゃるには、助教にとどまるべき人物ではないとおっしゃっています。これは、当初紹介させていただきました、インターネットテレビでも説明があります。
http://www.youtube.com/watch?v=7W3ZI6ENAl0
(これは、このテレビの宣伝をも兼ねているのかもしれません)
また、今朝のNHKテレビの討論会でも、原発自体は自民党時代の政界と電力業界との癒着のほか、学会でさえも資金の源として利用した結果生まれたものとのお話がありました。
東大教授でさえも、その莫大な研究費ねん出のために東京電力を利用しているといったことも、このインターネットテレビで解説があります。
何も知らずに100%信じるというわけではありませんが、マスコミが東電からの接待漬けに陥り、今や東電批判をできない状態にあるというのは、「週刊文春」4月7日号に書かれています。

社会的に身分が低いとみなされた人を単純に嫌うというのは、カダフィ大佐側か庶民かというような圧力を感じてしまいがちです。(まさか、そのような感情を利用して回りくどく反対に政界、業界、学会批判をしているわけではないでしょうけれど)

お礼日時:2011/04/10 14:11

1.これで結構まとめて情報が入手できます。

マメにチェック入れてください。
リンクも豊富です。 http://atmc.jp/plant/fuel/

2.早めに非難してください。込み合う事になりますので。

先日のノルウウェーの予測にもあるとおり、低気圧が来たりすると、満遍なくバラ撒いてもらえますので、距離はあまり関係ありません。チェルノブイリの汚染図(探せばいくらでもあります)を参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1.やはり、まめなチェックしかないのでしょうか。
2.自分の発想では、神社かお寺か古墳を開放していただけると、古代に戻った自給自足生活からの再出発ができるかもっ...て、夢物語で現実味がないのです。

ありがとうございます。
今回、いろいろな意見をいただけて皆さんに感謝しております。

お礼日時:2011/04/10 11:39

仮に大きな爆発などの自体になれば避難準備などしていてもどれだけ役に立つか目に見えない物が飛んでくるので情報が出ても手遅れだと思います、もちろん目に見えるところに居ればその瞬間に気が付くでしょうがどのみち駄目でしょう。



余り心配ばかりしていても良いことは無いですよ、それこそ精神的に参ってしまい何も信用できなくなりますからどのような情報も信用できなくなる。
又今回の原発の事故もいろんな学者が色々と発言していますがその全てが信じれる物かどうか私たちが判断するしか今は方法がないので余計に心配なのでしょう(気持ちは解ります)しかし、そんなに心配ならこの地球上には安全な場所なんてあるのですか・・・?
私も全てを信じ切っているわけではないがそれよりも被災地の心配の方が大きいですから・・・余震もでかいし

過去にも現在にも世界で大きな動乱が起こっていていつ何時原子力の力を使ったテロが起こらない共言えないのです、(原発より私は怖いと思っています)もちろんこんな事を書くと異論や反論の有る方も多いと思いますが、精々国の機関が発表する情報等を見て個人で判断するより方法はないと思います。

http://atmc.jp/

私も忘れたわけではないし福島原発の近くに住んでいる友人たちも多く居ますから心配はしています、又西日本ではもんじゅの問題も有るし今は対応に当たっているメディアにでない人の方がよほど心配です。
このまま安定しても最終的な解決には何年も何十年も掛かると思いますから(特に地元の方は作物なども作れない可能性がある)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このインターネットテレビでは、爆発が起こっても、東京まで放射能が届くまでに40分程度はかかるとのお話でした。
津波が東北地方を襲ったよりも余裕がありそうです。でも、みんなが一斉に逃げ出したら、渋滞で全滅ですね。となると、どうしたものやら。
貴重な情報源のご提示をありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 11:27

参考URL 自由報道協会


http://fpaj.jp/news/

1.原発の詳細情報は、今のところ、大本営発表しかありません。

2.いつでも脱出できるよう、準備だけはしてください。自宅に、カッパ、マスク、サランラップ、長靴、手袋など、できうるだけの完全装備を用意し、車の中に、生活必需品その他必要なものを搭載しておくことです。

ただし、7日の温度上昇ですが、図のように、もともと、給水ノズル温度は、安定していません。

なお、日本の被選挙権は、お金で制限されています。議席を金で買う連中の中からしか、選べませんから、このような、「お約束選挙」に、一票を投ずることしかできない、日本国民が、「脳天気なお客さん」、になってしまうのは仕方がないことです。

また、議席を金で買う連中が、国のトップに君臨しており、情報は、その詐欺師や極悪人から、記者クラブを通じて流されており、かつ、マスコミは、間接的に、大手広告代理店を迂回したスポンサー料(=税金)で、政治家に買われていますから、情報統制も、至極当然です。
「原子炉爆発の際の避難方法」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自宅に、カッパ、マスク、サランラップ、長靴、手袋など、できうるだけの完全装備を用意し、車の中に、生活必需品その他必要なものを搭載しておく
とのことで、サバイバルグッズの準備は、まだやってませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 11:13

小心者さん、気になるのであれば、大阪に引っ越して来なさい。


大阪じゃ誰もそんなこと気にしてませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大阪の方は心が温かそうで、いいですねぇ。何だかホッとしたご提案をありがとうございます。
「大阪じゃ誰もそんなこと気にしてませんよ。」って、羨ましい限りです。

ただ、こんなことをここで言っては、何の目的でこんな質問をしているのかと揶揄されそうですが、心の奥底では、生まれ故郷の東京に少しの間でも長くとどまりたいという本音はあるのです。

お礼日時:2011/04/10 11:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング