通勤目的でクロスバイクの購入を考えています。
予算4万でおすすめがあったら教えて下さい。
参考に早さを考えた場合ですが、重量の影響は大きいでしょうか?(10、11、12キロ比べて)また、タイヤの太さでも変わりますか?(28Cと32Cかそれ以上)25Cとかそれより細いとパンクに気をつける必要があるとサイトで見たのですがどうでしょうか?
他に何かあったら色々アドバイスお願いします。

A 回答 (1件)

スポーツサイクルで重量はやはり重要です。

乗り比べれば結構な差を感じると思いますよ。
ただ、4万円以下の予算から考えると、どれも重く、ほとんど選択肢がない状況です。

通勤など日常使いの場合、街中では信号が多くありますし、加速している状況が非常に多いのです。
一定速度の巡航走行ならば重量の影響はさほど感じないのですが、加速場面ではやはり重量によって走行感が全く違いますね。ですから日常使いこそ重量には気を配った方が快適と言えるかもしれません。

あとはタイヤやチューブを軽量なものに交換したり、細いものに交換する事で軽快感は一気に向上します。
実際の重量はあまり変化がなくても、回転部分の軽量化は走行感覚へ大きく影響します。費用的にもあまりかかりませんので、費用対効果は大きいと言えますね。

一般的に細いタイヤはゴムが薄く、長期間にわたっての耐久性も低いです。
また、太いタイヤに比べ、より高圧で空気を充填する必要があるのですが(空気の入る絶対量が少ないため、高圧で充填しないとタイヤの形を維持できない)、高圧のため空気が自然に抜けるのも早いのです。
空気が抜けると走りが重くなりますし、パンクのリスクも高まります。

よって細いタイヤは、頻繁な空気圧のチェックが必要で、耐久性の問題などもあり、これを怠っている状況ではパンクしやすいと言えます。逆にきちんと最低限のチェックを行っているのであれば、パンクのリスクは変わりません。
太いタイヤであろうが細いタイヤであろうが、ガラス片や釘などに対しては無力です。まあ極端に太いマウンテンバイク用のブロックタイヤなどはパンクしないかもしれませえんが・・・。

という事ですが、細いタイヤは走りも軽くなる代わりに、路面の影響を受けやすく、乗り心地も悪化します。耐久性の問題など、走行性能の総合的なバランスを考えれば28Cくらいがよろしいかと。25Cだと結構細く、ゴツゴツ伝えてきます。軽快感を最優先する場合に有効ですね。32Cは乗り心地、耐久性を優先した太さです。

有名所としてはジャイアントのエスケープR3
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p …
ちょっとオーバーかもしれませんが、4万以下となると本当の底辺です。最低限、このくらいのスペックは長い目で見てもあった方が良いかと・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報