NHKラジオ英会話講座より
That's easy for you to say.  口で言うのは簡単さ。

質問:
(1)It is ~for A to..........「Aが・・・することは~である」の構文でしょうか?
(2)本文はThatを使っていますが、Itでもかまいませんか?
(3)ThatやItは形式主語ですね?
(4)to不定詞は名詞的用法ですね?
(5)判り辛いので、この構文についてもう少しご説明をいただけませんか? 以上

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この that は形式主語ではなく、相手の発言を指して「それ」と言っています。



全体は一部に tough 構文と言われているものです。
一度検索してみてください。

たとえば、
This book is easy to read.
「この本は読みやすい」
形式主語を用いると
It is easy to read this book.

tough 構文の特徴は目的語の部分を主語に回すところにあります。

今回も that という主語は say の目的語に当たります。

普通、目的語をとるはずの say なのに後ろにはありません。
前の主語がその目的語なんだな、とこのパターンだと判断する根拠ともなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 いつもご回答有難うございます。とてもよく理解できました。
>全体は一部に tough 構文と言われているものです。
>tough 構文の特徴は目的語の部分を主語に回すところにあります。前の主語がその目的語なんだな、とこのパターンだと判断する根拠ともなります。
 今回tough構文を覚えました。形式主語、強調構文など少しづつ理解の幅が広がっています。とても嬉しいです。今後ともよろしくお願いいたします。 敬具

お礼日時:2011/04/13 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

QIt is ~for toとIt is ~thatの使い分け

It is important for you to stop smoking.と
It is important that you (should) stop smoking.
の違いをおしえてください。
以前、受験関係の本で「for you の部分をとっても意味がおかしくない場合は、to不定詞を、おかしくなるようならthat節を使いなさい。 」と読んだ覚えがあるのですが、「おかしい」「おかしくない」の判断がよくつきません。
どなたかご存知の方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

It is important for me to stop smoking.
It is important that I (should) stop smoking.
とした場合、
意味は基本的に両方同じです。訳すとどちらも
「私がたばこを吸うことは重要だ」
受験用の参考書、問題集ではよく書き換えで出題されます。
違いは文の構造が変わるということです。
しかし以下を読んでもらえば分かるようにyouという語を使っているために
違いがでてきます。

for youの部分はto不定詞の意味上の主語を表しています。
この部分がないと一般的にどうだということになります。
It is important to stop smoking.
「喫煙をやめることは重要だ。」
これを下の形に変えると
It is important that we[you] (should) stop smoking.
いいたいことは「喫煙をやめることは重要だ」ということで
一般の人々全体に言っていることなので
我々が・・・で始めても、読んでいる人に向けて あなたが・・・でも
同じことです。(但しこの形で話す(書く)ために主語は必要。)

この場合、for us(for you)とわざわざ書く必要はないです。
しかしこの部分を無くすといいたいことが変わってしまう場合
必ずfor~を入れます。
(例)It is important for me to smoke everyday.
「(一般の人にあてはまらないけど)私にとって喫煙することは
重要です。」
この文のfor meをとると
It is important to smoke everyday.←喫煙することは重要だ。
(前提があれば変じゃなくなるかもしれませんが、
普通読んだら変ですよね)
別にこのfor meがfor youであっても可能です。
例えばあなたが大層な愛煙家であれば
It is important for you to smoke everyday.となるわけですね。
これを単純に書き換えてしまうと
It is important that you (should) smoke everyday.
「喫煙することは重要だ」というおかしな文章になってしまうわけです。

for you とか for usの場合
一般的にどうこうということに変わってしまうので下の形を使わないのです。
言いたいことが「あなたにとって禁煙が重要だ」とすると
上の文章で表せば伝わりますが、このときに下の様に書くと一般的に(もちろんあなたの
場合も含むが)禁煙が重要ということになり、違いが生まれます。
例えば肺がん、心臓病が疑われる人に対して下の様に言っても伝わりづらいと思います。

以下の記述を読んだ記憶がないですが、
>以前、受験関係の本で「for you の部分をとっても意味がおかしくない場合は、to不定詞を、おかしくなるようならthat節を使いなさい。 」
「for youをとったらおかしい場合は(for youを使って)to不定詞を、おかしくないならthatを使う。」でないと不自然だと思うんですが。

It is important for me to stop smoking.
It is important that I (should) stop smoking.
とした場合、
意味は基本的に両方同じです。訳すとどちらも
「私がたばこを吸うことは重要だ」
受験用の参考書、問題集ではよく書き換えで出題されます。
違いは文の構造が変わるということです。
しかし以下を読んでもらえば分かるようにyouという語を使っているために
違いがでてきます。

for youの部分はto不定詞の意味上の主語を表しています。
この部分がないと一般的にどうだということになります。
I...続きを読む

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

QIt is rare that vs it is rare for O

It is rare that vs it is rare for O to V

以下のニュアンスの違いがわかる方はいらっしゃるでしょうか。

It is very rare that a nation has been/is heavily influenced by its historical and cultural characteristics like the US

It is very rare for a nation to have been influenced by its historical and cultural characteristics to the extent [that] the US has.

語尾のlike US と to the extent ... 部分は無視してください。
主眼は、that と for to の違いにあります。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

強調している範囲が違います。

第2文
「nation」を特に強調する時に使います。
『国家が』歴史/文化的特徴によって影響をうけているのは非常に珍しいね。

第1文
第2文に比べて目的の範囲が広がります。この場合は、「a nation is heavily influenced by its historical and cultural characteristics」全てをrareと言っています。
『国家が歴史/文化的特徴によって影響を受けている』のは非常に珍しいね。

???

It is rare that Y is influenced by X.
It is rare for Y to be influenced by X.

第1文では、YがXによって影響を受ける事が珍しいと言っています。それ以外の隠された意味はありません。

第2文では、Yに焦点を置いて、YがXによって影響を受ける事が珍しいと言っています。つまり、Zだったら必ずしも珍しいとは言えません。「for」を使ってYに限定した言い方にします。

???

質問者さんが提示した例を日本語訳するとしたら、次のような感じで良いと思いますが、如何でしょう?若干ニュアンスが違うのがお分かり頂けると思います。

第1文
国家が歴史によって影響を受けるのは非常に珍しい。

第2文
歴史によって影響を受ける国家は非常に珍しい。

強調している範囲が違います。

第2文
「nation」を特に強調する時に使います。
『国家が』歴史/文化的特徴によって影響をうけているのは非常に珍しいね。

第1文
第2文に比べて目的の範囲が広がります。この場合は、「a nation is heavily influenced by its historical and cultural characteristics」全てをrareと言っています。
『国家が歴史/文化的特徴によって影響を受けている』のは非常に珍しいね。

???

It is rare that Y is influenced by X.
It is rare for Y to be influenced by X.

第1文で...続きを読む

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

Q×It is too busy for us to find time to study.

1) ×It is too busy for us to find time to study.
(私たちは忙しすぎて勉強する時間が見つけられない。)

2) ○We are too busy to find time to study.


1)のような英文は作れないと思います。もし訳すなら,2)のような英文になるはずです。

そこで2つ質問です。
a) 2)より適切な英文はありますか?

b) なぜ1)のような英文は作れないのでしょうか?

Aベストアンサー

a)
中学校(?)で習う基本的な文の形ですので、適切です。

b)
(1)の文の形では、to find time (to study) が実質の主語、
is too busy (for us) が、その主語に対する述語になります。
「見つけることが忙しい。」って変ですよね?

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

Q.............. leave it as it is.

NHKラジオ英会話講座より(英作文)
それに触らないで。そのままにしておいて。
Don't touch it. Leave it as it is.
(質問)
[as it is]についてお尋ねします。
(1)辞書には、「実情は」「そのままにして」とあります。このasの品詞は何でしょうか?従属接続詞それとも副詞でしょうか?
(2)直訳した原形の意味が知りたいのですが?
(3)私にはasを疑問代名詞に置き換えた形や、感嘆文、の形に似ているな~と感じています。asを疑問代名詞に置き換えた使い方はありますか?what it is./which it is./where it is./when it is./why it is./how it is.意味は?。 何か、節として使われているような気がしますが?
 思いのままに質問しています。参考になるヒントでもいただければ、嬉しいのですが。宜しくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。12/5のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1―(1):
<このasの品詞は何でしょうか?>

「様態」を表す接続詞になります。


ご質問1-(2):
<従属接続詞それとも副詞でしょうか?>

どちらにもあたります。

1.従属接続詞として、主文Leave itにかかっています。

2.副詞節として、主文を修飾しています。


ご質問2:
<(2)直訳した原形の意味が知りたいのですが?>

1.このisは「ある」「存在する」という意味の、完全自動詞になります。

2.itは前出の何か名詞を受けて、「それ」という代名詞になっています。

3.Leave itのitとas it isのitは同じものを指しています。最初のitはleaveの目的語で、2番目のitはas節内の主語になる代名詞です。

4.訳し方は
(直訳)「それがあるままに、それを放っておきなさい」
→(意訳1)「そのままに、それをしておきなさい」
→(意訳2)「それをそのままにしておきなさい」

となり、これが抄訳のような訳になっているのです。


ご質問3:
<私にはasを疑問代名詞に置き換えた形や、感嘆文、の形に似ているな~と感じています。asを疑問代名詞に置き換えた使い方はありますか?>

1.asには感嘆詞、疑問詞の用法はありません。

2.conjunction「接続詞」の用法なら、

(1)従属節(副詞節)となる接続詞
(2)関係代名詞(制限用法+非制限用法)

などの用法があるだけです。これらは、また例題で出てきた折、少しづつ学習していきましょう。


以上ご参考までに。
PS:インフルエンザが流行の兆しとのこと、十分気をつけられて下さい。こちらもVirusによる「腹痛+発熱」症状が流行っています。

こんにちは。12/5のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1―(1):
<このasの品詞は何でしょうか?>

「様態」を表す接続詞になります。


ご質問1-(2):
<従属接続詞それとも副詞でしょうか?>

どちらにもあたります。

1.従属接続詞として、主文Leave itにかかっています。

2.副詞節として、主文を修飾しています。


ご質問2:
<(2)直訳した原形の意味が知りたいのですが?>

1.このisは「ある」「存在する」という意味の、完全自動詞になり...続きを読む

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

Q… is more of a hazard to women than it is to men.

Recent studies have shown that drinking is more of a hazard to women than it is to men.
最近の研究によると飲酒は男性より女性に危険があることが明らかになっている。

という例文を読みました。

that までは特に気にしないとして、
①Drinking is more of a hazard to women than it is to men.
についてですが、

・比較級を外して、②Drinking is a hazard to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・②を言い換えて、③Drinking is hazardous to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・③を比較級にして、④Drinking is more hazardous to women than it is to men.
 で意味は通りますか?自然ですか?
・①と④は同じ意味と言えますか?どちらが自然ですか?
 ④のように、more + 形容詞を使うのはよく見かける気がするのですが、
 そうではなく、①で、more of a + 名詞 としているのは、何らか意図や効果が
 あるのでしょうか?
 
宜しくお願いします。

Recent studies have shown that drinking is more of a hazard to women than it is to men.
最近の研究によると飲酒は男性より女性に危険があることが明らかになっている。

という例文を読みました。

that までは特に気にしないとして、
①Drinking is more of a hazard to women than it is to men.
についてですが、

・比較級を外して、②Drinking is a hazard to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・②を言い換えて、③Drinking is hazardous to women. で意味は通りますか?自然ですか?
...続きを読む

Aベストアンサー

②③④すべて意味も通るし自然です。(男性には有害ではないのか、という細かい突っ込みを無視すれば)

比較表現で、使われるのが形容詞か名詞かというのは特に気にすることはないです。
②「Drinking is a hazard to women.」(名詞) と③「Drinking is hazardous to women. 」(形容詞) の間に意味上の違いがないのと同じように、それらの比較表現である①と④にも違いはないです。


人気Q&Aランキング