福島第一原発の原因は、地震ですか?津波ですか?停電ですか?
簡潔にお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

福島第一原発で現在起こっている「世界的に深刻な大事故」の原因は、大きく2つあります。



1つめの原因は、天災(地震&津波)です。
これにより、原子炉の電源系統・冷却系統が破壊されました。

2つめの原因は、人災(人による判断ミス)です。
地震&津波のあと、適切な対応(ベント・海水注入・海外支援の受け入れ)をすぐに実行してさえいれば、
現在のような危機的状況にはならなかった可能性が高いと思われます。

//////////////////

以上が事故の原因ですが、
私個人は『東電が、廃炉を恐れて初期対応を渋ったこと(人災)』が、一番大きな原因かつ問題点なのではないか、と思っています。

津波の当時、現場では混乱など、さまざまな理由があったにせよ、「一番重要なこと(大事故の防止)」を忘れ、自社の利益を優先して行動してしまったのではないか?と感じざるを得ません。

政府からの指示があったにも関わらず、ベント作業を遅らせる…。通常ではありえないことをしています。そのような行動をした原因・理由の早期解明が望まれます。
    • good
    • 0

防災に金を使いたくなかった東京電力。


全電源喪失の危険を知りながら(共産党が質問しています)良心を曲げた原子力安全委員。
原発の安全神話を作った政府、自民党。原子力不安院。
地震と津波
初動を誤った東京電力。
復旧の邪魔をした菅総理。
隠蔽を繰り返す菅政権。
と考えますが。

歴史にIFはありませんが全電源喪失が防げたら、少なくとも原子炉は壊れていないと報道されていますので、今の事態は避けれたのではないかと。
まったくの人災ですね。
    • good
    • 0

バックアップ電源システムが バックアップといえないほど お粗末だった。



海より低い場所に作られていた。
    • good
    • 0

 


福島第一原発の原因・・・・そもそも、何を対象に原因を探すのか

1.放射能汚染物質の飛散の原因は水素爆発
2.水素爆発の原因は炉心の破損
3.炉心の破損の原因は電力喪失
4.電力喪失の原因は非常用発電機の故障
5.非常用発電機の故障の原因は津波
6.津波が発生した原因は地震
7.地震が発生した原因はプレートのひずみ
8.プレートがひずんだ原因は自然の営み
 
    • good
    • 0

質問者は福島第一原発の「事故」の原因という意味での質問ですね。



『事故の原因は津波による予備電源のディーゼル発電機の破損です』

原子炉内の燃料棒及び使用済み燃料棒は運転中止後も冷却を続けなければなりません。
冷却水循環ポンプ用非常用予備電源が破損して冷却用水の循環が止まりました。
結果冷却が出来ず大きな事故になったことはご存じのとおりです。
設計のミスという意見もありますが、今回の破損は設計計算上のミスによる破損ではなく、ディーゼル発電機の設置場所のミスです。
水が絶対に入り込まない場所を作りその中に、発電機を格納されていれば発電機の破損はさけられたと思われます。
    • good
    • 0

 


>原因を簡潔に教えてください。
原因は東電と政府、原子力安全・保安院が想定外を想定しなかった事

想定外の津波により全電力が喪失した時に普及する手立てを事前に考え無かったことが原因。
 
    • good
    • 0

No1です


良い例が津波ですね
設定値に関してもそれなりの堤防や防潮堤は作っていました≪これは認めます≫
ですが後の事を考えていなかった、津波の波高が3メートルだったとしてもその後ろには、幅が100メートルこすことも有ります
それが押し寄せてくるのですから、防潮堤が10メートルあっても、防げたのはせいぜい3~5メートルの津波だったでしょう
自分たちの力を過信したのでしょう
私も原発から100キロぐらい離れていますが、心配です、故郷は距離は離れていますが、偏西風の風下です、
その点からも心配です、
何とか今回沢山の犠牲者を出したのですから、これを踏まえて、安全な原発にしてほしいものです
中にはいらないと言う人もいますが、廃炉にするだけで、20年ぐらいかかりますので、とにかく、安全を確保してほしいものです
    • good
    • 0

直接的な原因は、地震によって外部電源を喪失したため、非常用ディーゼル発電機によって原子炉を冷やしていたのですが、大津波により、海側にあったディーゼル発電機を動かすために使う軽油の入ったタンクが流され、さらに発電機が海水をかぶり、すべての交流電源を喪失するという、あってはならないことが起きました。

その後電源車は繋がらない、海水は入れ渋り、燃料棒が露出して化学反応で酸素と水素が原子炉建て屋に充満して水素爆発、建て屋が吹っ飛んでしまったうえ、溶けた燃料が原子炉の下に貯まって、格納容器などに穴が開いて、配管も壊れてせっかく外部から注水した水がタービン建て屋などに、高濃度の放射性物質を含んだ水となって貯まって電源の復旧作業の障害になって、そんなことをやっているうちに今にいたるというような感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても勉強になりました。

お礼日時:2011/04/10 20:26

> 福島第一原発の原因は、地震ですか?津波ですか?停電ですか?


津波ですね。
想定では5mを超える津波は来ないとされていて、それなら安全と標榜していました。
しかし、15m前後の津波が来たために、諸々の装置は破壊または浸水により使用できなくなりました。
同じような時期、同じようなシステムで作られた女川原発が、建築場所が福井より高い場所であったので津波の被害が少なかったために現在も安全な状況で有るのが証明と言えるかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても分かりやすく、的確な回答 大変勉強になりました。

お礼日時:2011/04/10 15:14

 


事前に何を考えても想定外はありえる。
9.11を忘れたか?、日本にはありえないと断言できるか?

つまり、想定外を想定しなかった東電と政府、原子力安全・保安院のミス
全電源が絶たれたときに何をするか
原子炉が制御できなくなった時に何をするか
こんな事が全く討議されてなかったのが問題。

だからドイツやノルウェーが計算できる汚染物質の広がりを気象庁ができない(技術はあるが準備ができてない)
カメラを備えた無人ヘリは日本に沢山あるのに、未だに原発の様子を撮影できてない
汚染の状況から避難を指示する基準すら存在しない、20ミリシーベルトで安全だとか基準は1ミリシーベルトだとか揺らいでる。

アメリカなどは事前検討ができてるから原発事故の直後に状況が判らないから最悪を想定して80kmに避難勧告を出した、その後状況が判明したので20kmまで狭めた....
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
背景は結構ですので、原因を簡潔に教えてください。
私には、この回答が想定外です。

お礼日時:2011/04/10 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング