4×100mリレーのスタート地点から最初のテイクオーバーゾーンの入り口まで何mありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本陸上競技連盟競技規則


http://www.jaaf.or.jp/athlete/rule/pdf/15.pdf

第170条 リ レ ー 競 走
1.幅50mmのラインをトラックに横に引いて、各区域の距離とセンターライ
ンを示す。
2.各テーク・オーバー・ゾーンは、センターラインを中心に20mとする。ゾ
ーンは、走る方向においてスタートラインに近い端を基点とする。

7.4×100mリレーと4×200mリレーでは、第1走者以外のチームの走者
は、テーク・オーバー・ゾーンの前10m以内のところから走り始めてもよい。
この延長した範囲を示すために、各レーンにマーク(判然としたマーク)を
つける。

で、4×100メートルはセパレートですから、トラック毎にセンターラインが設定されます。
ということで、スタートから80m~120mがテイクオーバーゾーン、ただし、2走は70m地点からスタート可能

これにしか答えないので、重複質問は消してください。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

日本 陸上」に関するQ&A: 小学生50M走記録

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸上リレー走者の順番の決め方

陸上競技400mリレーの走者4人の順番の決め方について
教えてください。

1.バトンの受け渡し技術に差のない場合
タイムの早いものから どのように配置したらよい という
常識?通説?はあるのでしょうか。
知り合いは(タイムの早い順に1234とした場合)
3142の順だと教えてくれました。
正しいですか。 また、その根拠は。

2.バトン技術に差がある場合
やはり「渡すのが下手な者を最後に」とか
「受け取るのが苦手なので最初に」とか はありですか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

100m x 4リレーでは、走る順番によって、次のような条件の差があります。

第一走者:唯一スタートがある。
⇔第二・三・四走者は、バトンを受け取る前に助走が取れる。
トップスピードに乗るまでに時間がかかるランナー(後半追い込み型)は、第一走者以外にする。

第二・四走者:ほぼ直線を走る。
第三走者:コーナー(カーブ)を走る。
カーブでスピードに乗れる選手を第三走者にする。

上記のような選手の得意・不得意を考慮に入れて走る順番を決めるのがよろしいかと思います。

バトン渡しは、走る順番を固定して、受け渡しをする二人の間で何回も練習して下さい。
どのタイミングで次走者がスタートするのか、どこでバトンを渡すのか等、二人の間の決め事に依存する部分が大きいです。

Qリレーのバトンパスの仕方について

リレーでバトンパス可能なテイクオーバーゾーンが20mありますが,
バトンをもらう走者は,どこで待っているのが正しいのでしょうか?
20m間の一番手前のラインの所で待つといいのですか?
私は,テイクオーバーゾーン内真ん中のライン(10m)で待っていて,
ゾーン内に前走者が入ってきたところで,次走者がリードできる…と記憶していたのですが…。
教えてください。

Aベストアンサー

簡単に書くと、
・次走者はテーク・オーバーゾーンの10m手前から助走してもよい
・次走者が走り出すタイミングについての規定はない
です。


----------
テーク・オーバーゾーンの手前10mの地点に青い線が引いてあります。
この線からテーク・オーバーゾーンまでをブルー・ゾーン(?)と呼び、
この間で次走者は助走することができます。
# いや、ゾーンに名前はなかったかも・・・

もちろん、バトンパスはテーク・オーバーゾーン内で行うことが前提です。
ブルー・ゾーンはあくまで助走のためだけに存在します。


次走者が待てる範囲はブルー・ゾーンとテーク・オーバーゾーンの
中であり、テーク・オーバーゾーン内でバトンパスできればどこで待って
いても構いません。
また、次走者が走り出すタイミングも任意です。別にいつでも構いません。

# まぁ、テーク・オーバーゾーンの一番最後で待っていてバトンパスするのは
# 止まらない限り無理だと思いますけど。


助走が長い方がトップスピードに近づけやすいので、普通はブルー・ゾーン
の一番手前(一番長い助走距離になるところ)で待ちます。

次走者はブルー・ゾーンの手前にマーキング(テーピング)を施し、
その地点に前走者が来た時点で走り出すのが一般的です。
このマーキング地点は練習時に決めます。全力で走り出してテーク・
オーバーゾーン内でバトンパス可能な距離に設定します。


ちなみに、私は現役の選手ではないので、規定が変わっている
場合はこの限りではありません。
正確なところはルールブックをご確認下さい。
http://www.rikuren.or.jp/athlete/rule/


# あれ?4x100Mですよね?
# 4x200Mとか4x400Mはちょっと記憶にないです。

簡単に書くと、
・次走者はテーク・オーバーゾーンの10m手前から助走してもよい
・次走者が走り出すタイミングについての規定はない
です。


----------
テーク・オーバーゾーンの手前10mの地点に青い線が引いてあります。
この線からテーク・オーバーゾーンまでをブルー・ゾーン(?)と呼び、
この間で次走者は助走することができます。
# いや、ゾーンに名前はなかったかも・・・

もちろん、バトンパスはテーク・オーバーゾーン内で行うことが前提です。
ブルー・ゾーンはあくまで助走のためだ...続きを読む

Q陸上4×100mリレーのバトンパスについて。

リレーの時はオーバーゾーン内でバトンを渡さないとだめですよね。
ゾーン内で渡せればどこで待っていてもいいのでしょうか??
青い線で待っていたり、青い線を目印として線も何もないところで待っていても違反にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

バトンパスは「テイクオーバーゾーン」(20m。通常緑色の△印で各レーンに表示)の中で行います。
身体が「テイクオーバーゾーン」内になくても、受け渡された時のバトンの位置が「ゾーン」内であれば、バトンパスは成立と見なされます。

青いラインは、「ブルーゾーン」「ブルーライン」と呼ばれ、「テイクオーバーゾーン」の10m手前に引かれています。
バトンを受け取る走者は、この「ブルーライン」から「テイクオーバーゾーン」内の任意の場所から助走を開始することができます。
もちろん、「テイクオーバーゾーン」の手前でのバトンパスも違反となりますから、「ブルーゾーン」を長く使うときは、このことに注意する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報