She opened a door to learning that I had not even known existed
2文にわけると
She opened a door to learning that existed. I had not even known it.
又は
I had not even known a door to learning that existed. She opened it.

でいいでしょうか?


This is the book which you said he is reading
これはあなたが言った彼が読んでいる本である。

上記の文はyou said this is the book which he is reading
だと同義になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

英語 挿入」に関するQ&A: 英語 挿入について

A 回答 (2件)

連鎖関係詞節というのは


a person who is honest
a person + He(the person) is honest.
「正直な人」
に対して
a person + I think he(the person) is honest.
a person who I think is honest
「人」を「私は彼が正直だと思う」で説明して
「私が正直だと思う人」とするものです。

上の英語に対して I think が挿入されているという説明がよくなされます。
(私は挿入ではこの構造の根幹が理解できないと思っていますが)

すなわち,先行詞である a person が
I think (that) 文.
のような that 節中の主語や目的語と等しくなるものです。

この he は think の目的語そのものではなく,
文全体の主語でもなく,that 節という think の目的語の中にある
部分的な文の主語です。

She opened a door to learning that I had not even known existed.
であれば
She opened a door to learning.

I had not known it(the door) existed.
「私が存在するというのを知らなかった扉」

逆に2文をつなげる時には it を which か that に置き換えて
I had not known という主節部分を飛び越えて前に出ます。

「私が存在するというのを知らなかった扉」
一応,日本語で理解できると思いますが,
これは「扉を知っている」とつながるのではなく,
「扉が存在するということをしらない」とつながっています。

日本語では自然にわかりますが,英語ではしっかりと構造を理解しないとわかりません。

This is the book which you said he is reading.
>「これはあなたが言った彼が読んでいる本である」
ではなく,
「これは,あなたが彼が読んでいると言った本です」
the book + You said he is reading it(the book).

you said this is the book which he is reading
だと,
「これは彼が読んでいる本だ,とあなたは言った」
で意味が違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました!ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/12 20:32

She opened a door to learning that I had not even known existed.



She opened a door to learning.
I had not even known (that) it (= the learning) existed.

の2つの文になります。

「彼女は、私が、存在していることさえ知らなかった学問の扉を開いてくれた。」

This is the book which you said he is reading.

This is the book.
You said (that) he is reading it (= the book).

「これは、あなたが、彼が読んでいると言った、本です。」

>上記の文はyou said this is the book which he is reading
だと同義になるのでしょうか?

少し違うと思います。この文だと「あなたは、これが、彼が読んでいる本だといいました。」

になります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関係代名詞を使って

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The colege Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします。

Aベストアンサー

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The college Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします。

回答
(1) この場合は、The member of our club spend a long time preparing for it.の部分を関係代名詞で書き換えれば良いことになります。
preparing for itのitは、The college Festivalとan important occasionのいずれかを指すと解釈可能ですが、ここではいずれにしても、for it(そのために準備する)を前置詞 + 関係代名詞の形にしてこの文の先頭に持ってきて、for which~の形にすればOKです。
(2) which is held in autumn every yearは、以下のようにしたほうが簡潔です。which is held in autumn every yearを使う場合は、whichの前にカンマを置いて ,whichの形にしないと制限用法になって秋以外の大学祭も存在することになります。

参考例
The college Festival, held in autumn every year, is an important occasion for students for which the members of our club spend a long time preparing.

The colege Festival is held in autumn every year.
It is an important occasion for students.
The member of our club spend a long time preparing for it.
の3文を関係代名詞などを使って1文にまとめたいのですが、
The college Festival which is held in autumn every year is an important occasion for students.
をまとめて、最後の一文はどうつなげばよいかわかりません。
in whichを使うのかなとかいろいろ考えましたが
関係代名詞がとても苦手なので私の能力の限界でした。
お願いします...続きを読む

QShe tried(open)the door,but she could not オープンは動名

She tried(open)the door,but she could not

オープンは動名詞ですか?不定詞ですか?

Aベストアンサー

tried opening だと
実際開けてみた
could not (open the door) ということは
tried to open
開けようとした
の方です。

Q関係代名詞節の文型

関係代名詞節の文型について第4文型にならず第3文型になるのはなぜなのか誰か教えてください。
例)He is the man. + I sent the man a letter.
→ He is the man I sent a letter to.
→ ×(?) He is the man I sent a letter.

Aベストアンサー

何だか,ご質問の意味を誤解されているようです。
文全体の文型ではなく,関係代名詞節の部分のみでご質問されているのですよね。
I sent the man a letter. と第四文型なのに,
the man I sent a letter to のように,なぜ,to がついているのか。
第四文型のまま
the man I sent a letter ではだめなのか?
それに SVC は第二文型でしょ?

理由は二つあります。(根は同じことかもしれません)
まず,SVOO というのは,OO 二つ並ぶのが基本で,分断される時には用いない方がいいのです。
たとえば,A letter was sent me. のように受身になる時も,OO が分断されますので,to をはさんだ方が自然です。
A letter was given to the man (by me). は
(I) sent a letter to the man. と勝手に書き換えたものの受身と説明されますが,実際には受身の段階で to がついた方がいいのです)

もう一つ,SVOO の場合,後の O の方に重点がおかれます。
関係代名詞節で修飾する場合,先行詞の the man の方に焦点が当てられますので,to をはさんだ方がよくなります。

何だか,ご質問の意味を誤解されているようです。
文全体の文型ではなく,関係代名詞節の部分のみでご質問されているのですよね。
I sent the man a letter. と第四文型なのに,
the man I sent a letter to のように,なぜ,to がついているのか。
第四文型のまま
the man I sent a letter ではだめなのか?
それに SVC は第二文型でしょ?

理由は二つあります。(根は同じことかもしれません)
まず,SVOO というのは,OO 二つ並ぶのが基本で,分断される時には用いない方がいいのです。
たとえば,A...続きを読む

QShe said to me, "Let's open the door."

を間接話法に直すとどうなりますか?

Aベストアンサー

「suggest to 人 that~」 を使い、

She suggested to me that we should open the door.

この should は省略できるので

She suggested to me that we open the door. も答えとなります。

ちなみに、let's は let us の短縮形なので that 以下の主語は we です。

そして、英文法の仮定法現在の suggest です。

あまり仮定法現在に拘らなくてもいいようですが、学校で教わる英文法としては
上記が正解となると思います。

Q関係代名詞も関係代名詞節に入りますか?

よろしくお願いします。

関係代名詞節といった場合、関係代名詞そのものも関係代名詞に含まれますか?
例えば次の文において、
関係代名詞はwhoで先行詞がwho、
peopleにwho live in New Yorkがかかっています。

この場合、関係代名詞節はどこか、と言われた場合、
whoも関係代名詞節にはいりますか?それとも、live in new yorkだけでしょうか。
I know a lot of people who live in New York.

同様にthat節と言った場合、thatそのものもthat節に入りますか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

I know a lot of people who live in New York.
先行詞…people
関係代名詞…who

whoを含めて、それ以降が関係代名詞節です。

節というのは、主語+述語(動詞)を含んだ語句のことをいいます。who は people と同じ意味で、節の中では主語の働きをしています。

that節にも that は入ります。ただ、省略されることも多いです。

QI would've kept that day open if you had told me.

 皆様、あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。元旦

NHKラジオ英会話講座より
 I would've kept that day opon if you had told me. 
(質問)I would've kept that day opon.についてお尋ねします。
(1)第5文型ですね? openは形容詞でしょうか?  以上

Aベストアンサー

あけましておめでとうございます。

はい、第五文型ですよ。 openは形容詞で、この文では目的格補語です。

質問者さんの考え方に何の問題もないのこの辺で失礼します。

今年も良いお年を、

Q関係代名詞のwhoseは前置詞+の形で使えますか?

どうもこんばんは。お世話になります。

whoseには関係代名詞の用法がありますが、これも他の関係代名詞と同じように「前置詞+関係代名詞」の形で使われるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 例えば,his という所有格は his father のように後に名詞を置きます。そして,この his father はひとかたまりの名詞句として,主語にもなれば,動詞の目的語にも,前置詞の目的語にもなります。
 His father is a doctor.
 I know his father very well.
 I talked with his father yesterday.
 このように,his という所有格は形容詞のように名詞にかかり,その名詞が主役となり,主語になったり,目的語になったりします。所有格というのは,後の名詞との関係が「所有」なのであって,所有格はそれ以上の役目はありません。「所有格+名詞」セットで,文の主要素になったり,前置詞句を形成したりするのです。
 これは,疑問代名詞の whose という所有格,関係代名詞の whose という所有格についてもあてはまります。
 I have a friend whose father is a doctor.
「私には,その父親が医者である友人がいる」his father is a doctor が内在
 Tom is a boy whose father I know very well.
「トムは私がその父親をたいへんよく知っている男の子です」I know his father very well が内在
 Tom is the boy with whose father I talked yestereday.
「トムは,私がその父親と昨日話をした男の子です」I talked with his father が内在
 このように,前置詞+ whose +名詞という形で用いられることもあります。

 例えば,his という所有格は his father のように後に名詞を置きます。そして,この his father はひとかたまりの名詞句として,主語にもなれば,動詞の目的語にも,前置詞の目的語にもなります。
 His father is a doctor.
 I know his father very well.
 I talked with his father yesterday.
 このように,his という所有格は形容詞のように名詞にかかり,その名詞が主役となり,主語になったり,目的語になったりします。所有格というのは,後の名詞との関係が「所有」なのであって,所有格はそれ...続きを読む

Qthe front door's open.のdoor'sのr'sは何ですか?

the front door's open.
玄関のドアはあいてるから。

上記の英文のdoor's の 「’s」は何ですか?

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

be 動詞の is が短縮されています。

The front door is open.

Q関係代名詞

関係代名詞

関係代名詞は

who whoes whom which that 以外にありますか?

あったら教えてください。

Aベストアンサー

what があります。
複合関係代名詞として whoever, whomever, whatever, whichever

擬似的なものとして
as, but, than
というのもあります。
高校の参考書には出ていますが、ここまで含めて考える必要はありません。

Qshe can see that she likes you now

たびたびお世話になります。

she can see that she likes you now

彼女はあなたを好きだということはわかるのですが、この場合のshe can seeの訳し方がわかりません。どなたかご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

彼女はあなたを好きなのだと今やもうわかっている。

seeは判るとか見えるという意味があるので、
彼女は今は自分自身の気持ち(あなたを好きだということ)が見えている、判っている
自覚している、ということになるかなと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報