肝心〔肝腎〕と必要不可欠とちらが上ですか。

A 回答 (4件)

必要不可欠かと思います。


「必要で、欠けたら不可」なワケですから、「ある事柄を欠く=その時点で直ちに『不可・ボツ』」です。

肝心は、「大事・重要なポイント」と言う程度の意味合いです。
こちらも欠けてはいけませんが。

あくまで「直ちに不可!」と比べた場合には、「おいおい、肝心なコトが抜けてるゾ!」「肝心な部分が無いじゃないか!」って言う様な、やや鷹揚さとか、わずかな悠長さを感じます。
    • good
    • 0

使う場所によって違うと思いますが


たとえばここが「肝心要(かなめ)」とか、この場所には「必要不可欠」とか使い分けて使いますが。
    • good
    • 0

 肝腎とは肝臓と腎臓のことで,どちらも人体にとってなくてはならない臓器なので重要なものの意味で使われます。

    • good
    • 0

肝心は大切とか肝要の意味で、物事がこれから始まる時、はじめが肝心だとか、


肝心な点はこれだ。彼は肝心な時にいない困った奴だ。

必要不可欠となるとそれはどうしても必要で欠くことが出来ない物
それが欠ければ大変なことになるという時使われます。

使われ方が違うだけですが、急を要するという点では必要不可欠です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング