精神病患者本人の、同意なしでも場合により入院させられるということのようですが。

そのようにしたい場合は、かかりつけの医者?もしくは保健所かどこかに申し出ることが必要なのですか?

どこに、申し出たらいいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

医療保護入院というのは、本人が入院に同意しない場合に、その病院の主治医が入院が必要(患者が、薬を自主的に飲まないため、治療のため入院の必要がある等)と判断した場合に、その肉親(妻が患者の場合の夫、子が患者の場合の親など)が同意をすることにより、本人の意志に反して、入院させることができる制度です。


病院で行うため、保健所等への申し出は必要ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/11 19:29

患者本人や肉親・家族が申し出るわけじゃありません。


医療上緊急を要するときに、病院が強制力によって入院させる制度(肉親・家族の同意のもとに)だからです。
逆にいうと、わざわざ申し出て入院するようなことだと、それはもう医療保護入院ではなくて、任意入院です。
ですから、この質問の場合、申し出うんぬんを考えてもぜんぜん意味がありません。
また、肉親・家族の同意も得られなかったとき、それでも医療上緊急を要するので入院させなくっちゃならないときは措置入院です。
これ、あなたが以前もほとんど同様な質問をされていて、ちゃんと説明してる回答があったはずですよ。
    • good
    • 0

自分から申し出るならば、任意入院となり入院費は自己負担です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自殺未遂をした人は医療保護入院?

 医療保護入院という入院形態がある事を最近知ったのですが、
自傷の恐れである自殺未遂をしてしまった場合、
目が覚めたらみんな医療保護入院になってしまうのですか?

もしもそうならすごく人権侵害な気がするのですが…。
医療保護ってそんな簡単にしてはいけないと思うし、
本人の意思も尊重すべきだと思うので。
目が覚めた後は救急病院からただ退院するだけなのでしょうか。
それともカウンセリングをしたりするのでしょうか。

自分の命は大切にして欲しいですが
いきなりカウンセリングも何もなく目が覚めたら
医療保護入院ではあまりにもかわいそうな気がして・・・。
実際の医療の現場、通例ではどうなっているのでしょうか。

医療保護入院の問題なども調べているので
実際の医療の現場を知りたいです。

Aベストアンサー

>・最初の搬送先は総合病院救急科ではなく精神病院なのか。

これは、症状によって異なりますが、逆に精神病院のほうがましです。
精神病院では、精神保健指定医の資格がないと拘束できませんが
救急病院では、医師免許さえあれば拘束できてしまいます。


・入院の前に医師と話す機会はあるのか。(問診、現在の自殺企図の確認)

意識があり会話可能な状態であれば機会はあります。

・家族が医療保護を否認した場合、措置入院を検討するのか。
 措置
入院が成立する可能性はあるのか。

可能性はありますが、実際にはあまりないと思います。

また、自殺未遂→医療保護入院というのは良く聞く話だと
思います。他害行為の場合より多いと思います。

貴方の地域で聞かないとすれば精神障害者の人権が
良く守られていると言えます。

私はNo1さんとは違いますが、このような調査は
このカテゴリでするものではなく、社会問題や政治カテゴリで
するものだという意味だと思います。

Q精神病と痴ほう症の、79才の母親が、生活保護もらって。病院に、入院中母親の家を、売却して、入院費に、

精神病と痴ほう症の、79才の母親が、生活保護もらって。病院に、入院中母親の家を、売却して、入院費に、当てようとしたら、360万円の生活保護ひの返還金をしはらいました、のこり220万円切れたときには、生活保護か障害年金にきりかいたくおもっているが、どちらがとくか?

Aベストアンサー

障害年金は(対象の要件を満たしているなら)今でも申請してください。
残りがなくなったら生活保護を申請してください。

Q医療保護入院から任意入院への切替

毎回ありがとうございます。
又質問させて下さい。
父がそううつ病を患って精神病院に衣料保護入院という形で入院しています。
私は成人していて、医療保護者になっています。
先日主治医から話があり、開放病棟に移る見込みです。
そこで質問なのですが、医療保護入院から任意入院に切り替える場合、
主治医の意見だけではなく、保護者である私の同意が必要なのでしょうか?
また、開放病棟に移るにあたって、医療保護入院という形態のままでは不可能なのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

 関連法令を見ましたが、医療保護入院から任意入院への切り替えは、医師の判断によるもので、保護者の同意は必要がないと思われます。

 開放病棟の件ですが、判断はあくまでも医師によりますので、選択は医師の判断によるものだと思われます。

Q自立支援法成立は精神病患者にどのような影響を与えるのでしょうか?

障害者自立支援法が衆議院を通過しました。このまま順調に参議院を通過すると、来年1月から実施だそうです。医療分野では、精神保健福祉法32条が無くなり、自立支援法での医療費負担になるとのこと。また、福祉分野では、応益負担や利用制限が発生するとのことです。(私の認識、理解が間違ってなければ)ところで、私は、現在、精神病患者として、月2回の通院(32条により0.5割負担)を行い、病院のデイナイトケアに週6日(約50時間、食事2食付。0.5割負担)通っています。この現在の私の利用状況では、自立支援法が成立した時には、私の利用状況にどのような変化が出てくるでしょうか?(負担増とか、利用制限とか。。。)また、いつ頃になったら、私の担当のPSWにも情報が回って来るのでしょうか?どうも今ひとつ実感がわかないので、世間の専門家の方に聞いてみたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問の件ですが、ご承知のとおり、特に「32条医療」に係る部分の変化が最も影響が大きいと思われます。

【32条医療とは?】
・精神保健福祉法第32条に基づく「精神科通院医療費公費負担制度」
・薬代も含む。入院は対象外。
・精神科通院(心療内科等も含むことができる、とされている)以外は対象外。
・有効期限は2年(更新可)。
・申請が認められさえすれば、利用できる(精神疾患ならば、病名・軽重は基本的に問わない。)。
・必ずしも精神障害者保健福祉手帳(精神障害者としての施策を受けるための根拠)を持っていなくても良い、ということになっている。

【32条医療での精神科通院医療費の計算(健康保険の自己負担分)】
・利用しない場合 … 30%(3割)⇒ 通常の健康保険扱い
・適用され、利用する場合 … 5% ⇒ 注:自治体によっては、この5%分も自己負担しなくて済む
・計算例
<1か月の精神科通院医療費が \10,000 だったとき>
 通常の健康保険扱い(30%負担)… \3,000
 32条医療適用(5%負担) … \500 ⇒ 6分の1で済む

さて。
この32条医療ですが、障害者自立支援法がスタートすると精神保健福祉法から削除され、障害者自立支援法での「自立支援医療」というものに組み込まれることになります。
その結果、精神科通院医療は、現行の32条医療から大きく後退してしまうことが必至です。

【障害者自立支援法での精神科通院医療はどうなる?】
・原則1割負担(10%)
・一定以上の所得があると、健康保険での3割負担(30%)になってしまう
・有効期限は1年(更新可)⇒ 現行の32条医療の半分に
・精神疾患の病名・軽重によっては、対象外になる ⇒ とても自立支援とは言えない
 認められる疾患 … 統合失調症、狭義のうつ病(いわゆる「内因性」のもの)、てんかん
 ストレス性のうつ病、心身症、いわゆる「自律神経失調症」、うつ状態 等は原則的に不可。

【障害者自立支援法での精神科通院医療費の計算(健康保険の自己負担分)】
・適用されない場合 … 30%(3割)⇒ 自立支援医療は受けられず、負担は通常の健康保険扱い
・適用される場合
 一定以下の所得しかない者(低所得者)… 10%(1割)⇒ 原則1割負担
 一定以上の所得がある場合 … 30%(3割)⇒ 自立支援医療は受けられても、負担は通常の健康保険扱い
・計算例
<1か月の精神科通院医療費が \10,000 だったとき>
 通常の健康保険扱い(30%負担)… \3,000
 原則1割負担(10%負担) … \1,000
  ⇒ 現行の32条医療(\500)の倍に
 一定以上の所得があるため、原則1割負担が認められないとき(30%負担) … \3,000
  ⇒ 何と、現行の32条医療(\500)の6倍に

以上を見ていただくとわかるように、障害者自立支援法は、精神障害者にとっては多額の負担増になります。
厚生労働省では、「現行の32条医療を受けている者については、障害者自立支援法施行後も一定期間の間、現行と同じ軽い負担を認める(「一定期間の間、更新も可能とする」とされています。)」等の経過措置のほか、いわば「附加給付」的なプラスアルファの助成(これにより、自己負担の軽減を図る方針)を行なう、としていますが、財源が絶対的に不足していることはまず間違いないだけに、決して楽観はできないと思います。

質問者の場合には、サービスの種類毎に自己負担が強いられることになります。
通院は通院、デイナイトケアはデイナイトケア、というように。
これらがそれぞれ原則1割負担ですから、負担は倍になります。
また、先述したように、所得による利用制限が生じます。
「どれ以上の所得に対して利用制限を設けるか?」ということについては、かなり利用制限対象開始所得額を低くする原案(さらに検討中で、確定していません。そのため、具体的な金額はいまはお伝えできません。)が出ており、いままで利用制限が全く心配なかった人でも、これからは利用制限を気にせざるを得なくなるでしょう。
いずれにしても、どう考えても、相当の負担増は避けられません。

PSW(精神保健福祉士又は精神科ソーシャルワーカー)に対しては、既に情報が廻っているはずです。
厚生労働省側は、かなりのところまで資料を出していますし、一般の人も、厚生労働省やWAMNETのホームページからも入手可能です。
但し、非常に探しにくいので、根気強く探してみて下さい。

こんにちは。
ご質問の件ですが、ご承知のとおり、特に「32条医療」に係る部分の変化が最も影響が大きいと思われます。

【32条医療とは?】
・精神保健福祉法第32条に基づく「精神科通院医療費公費負担制度」
・薬代も含む。入院は対象外。
・精神科通院(心療内科等も含むことができる、とされている)以外は対象外。
・有効期限は2年(更新可)。
・申請が認められさえすれば、利用できる(精神疾患ならば、病名・軽重は基本的に問わない。)。
・必ずしも精神障害者保健福祉手帳(精神障害者として...続きを読む

Q医療保護入院で急性期病院に精神病で入院中の家族を 転院させたいのですが 本人の同意が得られない場合

医療保護入院で急性期病院に精神病で入院中の家族を
転院させたいのですが

本人の同意が得られない場合

やはりまた医療保護入院扱いになり、3ヶ月後には出なければなりませんか?

可能なら継続した入院治療を受けさせてあげたいと考えています。

Aベストアンサー

多分、家庭裁判所の指示を得られれば可能です。

Q生活保護受給者の医療費・入院費について

66歳の父が現在訳あって生活保護を受けています。
通常の通院などは市役所に申請をすればいいのは知っています。例えば、ガンなどの病気になった場合は、普通であれば入院・治療ということになりますよね。
生活保護受給者の場合、入院費や治療費・手術費などが発生した場合はどうなるのでしょうか?
一応、父の収入は国民年金しかありません。

Aベストアンサー

元生活保護ケースワーカーです。

おおむね#3の方の仰るとおりです。要するに入院・治療費はかかりません。
ただ補足しますと、保健医療対象外のもの、すなわち差額ベッド代や指定雑貨の購入費用、さらには保健医療対象外の医療行為(一部の先進治療行為)がはずされます。ガン治療の場合、これに該当する場合も多いので、注意が必要です。

なお国民年金については生活保護費に充当されているはずですので、それがあるからと余剰分があるわけではありません。
#3の方の仰る医療費本人支払分というのは、この年金額が入院中生活扶助費を超えた場合などに発生します。

Q医療保護入院か措置入院について

私は癌などの病気で苦しんで死ぬくらいなら死刑で死ぬ方がいいと思っています。
2人以上殺して死刑になることを裁判官に要求するかもしれません。
その前に警察に行って殺人事件を起こすかもしれないから医療保護入院か措置入院にしてくれと
頼もうかと思っています。私は統合失調症で通院していてその病院は入院設備があります。
去年の12月半ばから今年の1月半ばまで県庁に恨みのある教師を殺すかもしれないとメールを
送り、親に見つかって医療保護入院になりました。
明後日が通院日なのでそこで先生に言ってみようと思いますがそれで入院できなければ
警察に行こうと思っています。警察に行って事情を説明して私は無事に医療保護入院か措置入院になれるでしょうか?私は39歳ですが自分の人生が嫌になっています。生きるのが嫌です。
早く人生を終わらせたいです。金川真大と同じです。

Aベストアンサー

二人以上殺したからと言って必ず死刑になるとは限りません。
他人に迷惑を掛けるのであれば、他人の命を奪って社会的反感をも買う事をせずに黙って自ら命を絶った方が良いでしょう。
それでも他人に迷惑が掛かりますが、人を殺して憎しみや恨みを浴びるよりは良いでしょう。
それでも人を殺して自分も殺されたいと言うのであれば、他国の外国人部隊に入隊してイスラム国一掃作戦にでも参加すれば
人を殺せるでしょうし、敵に殺されるかも知れませんしね。
まっ、それでも誰かに迷惑は掛けますが。

Q生活保護を受けて長期入院している精神障害の方

がいらっしゃると思いますが。

基本的に入院費と、生活実費等は全額支給されるのですか?
というか、すくなくとも親族もおられない方もいるはずなので出ていないと生活が成り立たないとは推測できるのですが。

それとも、若干は親族が負担するのですか?

Aベストアンサー

単身で、まったく収入がない方の場合、医療費は全額、生活保護から給付。もちろん、食事療養費の患者負担もなく、全額生活保護から給付。
タオルや洗濯や病衣等は、「日用品費」として、1ヶ月約2万円が現金給付。
その他、オムツなどを使われたときは、実費が給付(約2万円の限度額があります)
長期入院の場合、家賃等はでません。

親族からの仕送りがあれば、原則その分、給付が減ります。ある程度の仕送りがあれば、医療費の自己負担が発生し、もっと多くの仕送りがあれば、生活保護が打ち切られます。

Q医療保護入院なのですが、入院費を自己負担しています。 これは、違憲状態なのではないでしょうか

医療保護入院なのですが、入院費を自己負担しています。
これは、違憲状態なのではないでしょうか

Aベストアンサー

No.1です。
補足読みました。

医療保護入院(いりょうほごにゅういん)は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律33条に定められている精神障害者の入院形態の1つ。

入院を要する精神障害者は、その性質上、自ら必要な医療にアクセスする判断ができないことがある。自傷他害のおそれがある場合は措置入院または緊急措置入院として強制入院となりうるが、そこまでの症状がなくとも強制入院させることが必要であると判断されるときに適用される。強制入院制度としては、自傷他害のおそれを要求しないこと、公権力の責任で行うものではなく病院と家族の意思に基づくこと、及び入院期間に制限がないことが比較法的にも特異である。

ということですから、公的機関が入院させるものであるから、望まなくても入院せざるを得ないのです。お上の判断です。お上があなたの人権よりそのほかの人の人権を優先させたのでしょう。あなたを外に置いておくと他人に危害を加える可能性がある、もしくは自殺などをする可能性があると判断したんでしょう。
残念ですが、人権の問題ではないです。(-_-;)

Q生活保護受給中の長期入院の末の医療費負担

父(現在65歳)は元々左足が不自由で障害者5級、5年前に人口透析を始め1級になり、その後生活保護をうけで母と二人で生活しておりましたが、昨年10月、脳梗塞で倒れ入院。後遺症は右手足に出、左足が不自由な為車椅子を使わなければトイレに行くこともできません。今月、入院して180日が過ぎたので入院費の自己負担が約5万円/月払うよう請求が来ました。私も、払える状況ではないのでこまっております。退院するには家の改装が必要と思いますが賃貸なので簡単にできるとは思えないのですが、なにかよい方法はないかと探しております。よろしくお願いします

Aベストアンサー

これは、数年前の健康保険法の改正により、入院が長期化した場合に保険給付が減額されるという制度に由来しています。平たく言うと、180日以上入院している患者は、差額ベッドなどと同じように保険が効かない部分が発生してしまうということです。

生活保護の医療扶助の場合も同じ構造ですから、一般の医療扶助以外に請求される医療費が出てきてしまいます。

しかしながら、生活保護受給者からこの自己負担を徴収すれば、日常生活を圧迫します。そこで(当面の措置ですが)生活保護の制度の中からこの「特定療養費」を支給できることになっています。

詳しくは担当者にお尋ねになってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報