いつもお世話になっております。

個人年金について教えてください。
現在20代後半の夫婦で、ずっと共働きです。子供は3歳で、今後出産の予定はありません。

5年以内に個人年金に新しく加入しようと考えていますが、こちらで「利率を考えると今は好機ではない」というご意見をよく見ます。
忌憚のないご意見をお聞かせいただきたいのですが、やはり今の時期に個人年金(かんぽか全労災を考えています)をかけるのはあまり得策ではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに昔と比べたら利回りは良くないですが、


預け入れ期間も長い為、利回りはいいほうです。

多分、もう少し景気も回復して利回りが良くなってから、とお考えの事かと思いますが、年齢的に言って今が一番いいと思います。
これは月々の保険料という視点からの意見なのですが
払い込み期間が短いと、月保険料も多めに払わないと受取額が間に合わなくなるからです。
貯金だって100万円を貯めるのに預け入れ期間が20年と30年じゃ30年の方が月々の払いを多くしないと充当し切れませんよね、それと同じです。

あと、注意点としては当たり前のことですが、
大手の方が無難かと思います。
保険会社が潰れた時に貯蓄ものの方が保護される金額を減額されてしまうからです。

公的年金もあてには出来ない時代ですので
個人年金を、というのはいい選択だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
ご回答、ありがとうございます。

>もう少し景気も回復して利回りが良くなってから、とお考えの事かと思いますが
ここを一番悩みました。「景気回復・金利上昇」もバブル期のようにはなるはずもなく(なっても却って後が怖い)、そうなると現在の年齢での安い掛け金と利回りの損益分岐点の見極めが難しいです。いろいろ試算もしてみましたが、30歳前半までに加入するとやはり支払い総額では有利になりそうです。
じっくり吟味して、無理のない範囲でやってみようと思います。

お礼日時:2003/10/07 15:53

 現在の年金保険は今の金利からすると少しはいいように思えますが、以前は300万円の払い込みで1000万円以上の受取額の年金保険がありました。


 これから30年以上先のことを(配当は別にして)固定金利で貯蓄するのは意味がないでしょう。
 どうしてもというなら変額年金ですが、最低保障がない(最低保障のある変額年金では特別勘定が少なく意味がない)為、よほどの知識がなければ非常に危険です。
 もし、生命保険(死亡保障)に入っているのであれば、利率変動型の終身保険に入り、死亡保障金額分今の保険(定期保険部分)を減らせば掛け捨ても減り、老後の貯蓄も出来、将来の金利にも対応し、年金も将来の金利で受け取ることが出来ます。(分かりにくいかもしれませんが、保険に詳しい人に相談してください)
 利率変動型の終身保険は、ソニー生命・アリコジャパン・プルデンシャル生命が扱っており、予定利率を将来の金利に連動する保険です。
 個人的にはインフレも関係するので、子供が手を離れてからの貯蓄でもいいのではないかと思います。年金保険は、保険会社が考えた「いっぱい保険に入っているお客さんから更にお金を搾り取る方法」でしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。
ご回答ありがとうございます。

利率変動型保険について、ちょっと調べてみましたが難しくて・・・。加入する場合には、知識のある人のアドバイスが必要と思いました。でも全く知らないことでしたので、良い勉強になりました。

>年金保険は、保険会社が考えた「いっぱい保険に入っているお客さんから更にお金を搾り取る方法」でしかありません。
これが吃驚しました。ちなみに我が家は必要最低限の保険を少額しかかけていません。子1人・共働き・ローン無しなので・・・。それで、将来の為にと思って個人年金を考えました。
加入するにしても、時間をかけてしっかり勉強したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/07 11:56

確かに今の予定利率で、30歳位から多額の個人年金に入ることはあまり得策とは思いませんが、小額年金である簡保や全労共済に若いうちからぼちぼち掛け金を支払い続けることは賛成です。

将来4%程度の予定利率になったときに別口で加入したら如何でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。
ご回答、ありがとうございます。

>小額年金である簡保や全労共済に
加入するにしても、この二種類以外は考えておりません。民間の保険会社は今の所やめておこうと思っています。それこそ30年以上先の話なので・・・。

色々試算もしてみましたが、予定利率は低いものの、今の年齢から加入するとトータルではそれほど悪くなさそうです。
あまり沢山加入せず、ぼちぼち頑張ります。

お礼日時:2003/10/07 12:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広島県の国民宿舎・簡保の宿

今度旅行に行く計画を立ててて、広島県内にある国民宿舎・簡保の宿で比較的新しいとこってどこなのでしょうか?またそれ以外でもいいのでおすすめの宿があれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の得意先が、いつもここがいいと進めてくれるのが、庄原の簡保の宿です。
比較的新しく居心地がよく、忘年会なども広島から行くようです。

参考URL:http://www.fukushi.kampo.japanpost.jp/shisetsu/recreation/3342shoubara/index.html

Q積立利率変動型個人年金保険について

現在43歳の独身男性です。一生独身の可能性大と思われる昨今、老後資産準備のための一選択としての個人年金を色々調べた結果、●生命の「無選択加入特則付/積立利率変動型個人年金保険(無配当)」という商品に関心を持ちました。積立利率は1.75%が最低保証されています。詳細を問い合わせて頂いた数プランのうち下記に関心を持ちました。

「基本年金額:200万/払い込み期間:60歳/年金開始:65歳/月払い:82,240円/払込保険料累計:1678万円/年金支払い開始日以降10年間の受取金額:2000万円/初回に年金を一括して受け取る場合の受取額:1871万円」

しかし毎月8万超えの出費は大きく、65歳の定年までに住宅購入したり、もしかしたら結婚するかも知れないし、その他の諸出費を予想すると、利率の良い定期預金で地道に貯蓄にした方が無難かと悩んでいます。上記商品はお得でしょうか。ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

現在の収入、家族状況(ご両親、ご兄弟)、資産状況などなどわからないことばかりなので、適切なアドバイスができません。
一般論として、お読みください。

住居
衣食住というように、住居の問題は、重要です。
特に、日本では、住所不定というだけで、人格まで否定されることになります。
現在は、賃貸のようですが、老後の住居をどのように考えておられるのでしょうか?
現在の預貯金の様子が分りませんが、可能ならば、資産価値の高い住居購入を検討してください。
資産価値が高い=売りやすいということです。
郊外に1億円の住居を買っても、いざと言うときに売れなければ、意味がありません。
なぜなら、いざと言うとき、その住居を売って、良質な有料老人ホームへ入ることを考えるからです。
独身ならば、最後に住居を残しておく意味はありませんから。
一方、高齢になって、年金生活で、家賃を払い続けるのは、厳しいですよ。

老後資金
現在のように公的年金だけでは不十分となると、老後資金を貯めることは、とても、重要です。
では、どうするのか……
分散投資です。
個人年金を使うのも一つの方法ですが、現状では、率も良くないので、年末調整を利用する方法を考えます。
保険料10万円までは、年末調整ができます。
10万円を超えると、幾ら払っても同じ。
ならば、まずは、年払い10万円で、10年確定年金を1本。
(利率変動型個人年金は、この個人年金の年末調整を受けられません)。
次に、利率変動型個人年金にいくらか払います。これを1本。
これは、元本保証なので、そのためです。
とにかく、安全な会社を選びましょう。

次に、銀行預金。利率は悪いけれど、いざと言うとき、元本保証で、マイナスにならないのは、銀行預金だけです。
保険は、中途解約すれば、すべてマイナスになると考えて良い。

投資。
安全だけを見ていては、決して資産は増えません。
そこで、万一、半分になっても良い……という金額で、投資をします。
例えば、資金1000万円のうち、200万円で投資をします。
万一のときは、半分の100万円になりますが、残りの800万円があるのでその利息などを考えれば、1000万円は確保できます。
一方、200万円が倍の400万円になれば、合計で1200万円。つまり、全体で20%のアップとなります。

このように、トータルで考えなければなりません。
そのような相談に応じてくれる人を探してください。
例えば、相談料を取って、このような資産運用の相談に応じてくれる、独立系ファイナンシャルプランナーという人がいます。
最低でも1時間5000円の相談料をとりますが、良い人に巡り会えば、1万円払っても価値があります。
または、投資、保険、銀行など様々な担当者の話を聞いて、ご自身もファイナンシャルプランの本を読んで、勉強するという方法もあります。

ご参考になれば、幸いです。

現在の収入、家族状況(ご両親、ご兄弟)、資産状況などなどわからないことばかりなので、適切なアドバイスができません。
一般論として、お読みください。

住居
衣食住というように、住居の問題は、重要です。
特に、日本では、住所不定というだけで、人格まで否定されることになります。
現在は、賃貸のようですが、老後の住居をどのように考えておられるのでしょうか?
現在の預貯金の様子が分りませんが、可能ならば、資産価値の高い住居購入を検討してください。
資産価値が高い=売りやすいという...続きを読む

Q簡保の宿 従業員の雇用を補償する譲渡について

これは停止条件つき譲渡になるのでしょうか?
この場合、1000万のものを100万にして売却しても
譲渡税がかからないのでしょうか??

Aベストアンサー

不動産の譲渡ではなく、事業の譲渡ですよね。
しかも、譲渡税は売却利益が出た場合で、この場合は利益がないから無いですよね。

> 譲渡税がかからないのでしょうか??
売却益が出た場合、その利益に対して対応した税金がかかるわけですよね。
利益がないから、税金もないと言う考え方で良いと思うのですが。

Qドル建て個人年金の利率は変わりませんか?

ジブラルタ生命の米国ドル建て個人年金保険に入っています。4年ほど前に入り前納しました。
10年間据え置きで、10年後の為替レートが1ドル70円だと払った保険料と同じになるようです。
なので払った金額より減ることはないと思うのですが、積み立て利率についてはどうなのでしょう。
昨今、アメリカの不況が騒がれていますが、契約によると、積み立て利率は、契約時、年3.9%でした。これは変わることがないと説明を受けました。アメリカの今の状態でも、経過年数の表の通り増えていっているものなのでしょうか?

Aベストアンサー

契約日における積立利率は据置期間の満了日まで適用されます。

Qかんぽの宿売却がなんでダメなの??

今かんぽの宿施設の売却ってことで騒いでますがなんでダメってことになっているんでしょうか?
民営化され簡保事業で一つの会社になりスリム化をはかる一環で出てきた話だとはおもうのですが
なんでダメだしされているのでしょうか? オリックスだからダメなのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

 過去の質問をご参照下さい。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4613051.html

では。

Q積立利率変動型個人年金保険について

積立利率変動型個人年金保険について
私の母は、この保険に入っています。
私自身、全然保険に関しては、無知なので保障内容がわからず、不安です。
どなたか、この保険についてご存知のかたがいましたら、教えてください。
私自身保険に対しての知識がないので、簡単な説明でご回答ください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 計約時期、期間等詳しくわからないと何とも言えませんが。
 一般にある時期(60歳、65歳等)まで積み立てをしたお金と金利を基に
 一定期間(10年、15年等)年金が支払われるといった保険ですね。
 利率変動とは言っても殆どの保険で最低利率は保障されてますから元金割れにはならないでしょう。
  ただ、積み立て期間中に死亡した場合、積み立て金から手数料が引かれた金額しか保証にはなっており ません。
 ですから、老後の資金にさほど不安が無いのでしたら現在の保障(医療・介護・ガン等)に保障をシフト されたほうが良い場合もあります。
 
 資金を残したい方には低金利時代の現在、効率良くお金を残す良い方法の一つではないでしょうか。

 
 

Q富士山がみ得るらしい公共の宿

もう手遅れかとはおもいますが、
以前にTVで取材されたことのある、
富士山が眼の前の公共の宿、どこだかご存知の方いらっしゃいませんか?
簡保関係だったかもしれません。
とにかく割安でキレイでした。

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

これですか?
写真では写ってますね

参考URL:http://www.kampo.kfj.go.jp/shisetsu/yado1/2154yamanakako/index.html

Q「予定利率引き下げ」制度導入見送りについてご意見下さい

生命保険会社が契約者に約束した運用利回り(予定利率)を経営が破たんする
前でも引き下げられるようにする制度の導入が事実上見送られるようです。

私が知る限り、その理由は、
1.消費者としては、当然、そんなことは許されるものではない!
2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
3.引き下げ計画が明らかになった段階で解約が殺到し、破たんになる可能性
  があると保険会社が懸念し反対した。
4.しかし、最大手の日本生命はこれに反対しなかった。
です。

そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、
「専門家の方へ」
反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、私が知らない部分での
それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?
また、私は本カテゴリーの質問に関して一つ疑問があります。
例えば、「保険を見なおしたい」等の質問には多くの回答が寄せられるのですが、
結構の数の専門家の方がいるにもかかわらず全体的には回答数が少ないように思えます。
ご自身の得意分野の質問中心に的確な回答をするのは理解できますが、本質問に関しては、
専門家の皆さんは当然のことながら何らかの感想、ご意見はあるはずだと思います。
出来ましたら全員の方々からのご回答を期待致します(4の日本生命の件も含めて)。

「専門家以外の方へ」
皆さんのご意見、ご感想何でもいいですから回答頂けたら幸いです。

以上、宜しくお願い致します。

生命保険会社が契約者に約束した運用利回り(予定利率)を経営が破たんする
前でも引き下げられるようにする制度の導入が事実上見送られるようです。

私が知る限り、その理由は、
1.消費者としては、当然、そんなことは許されるものではない!
2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
3.引き下げ計画が明らかになった段階で解約が殺到し、破たんになる可能性
  があると保険会社が懸念し反対した。
4.しかし、最大手の日本生命はこれに反...続きを読む

Aベストアンサー

>反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、
>私が知らない部分での
>それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?

どうでしょう・・・それこそ内部の事情なんて各会社それぞれかなぁと思いますけど。ディスクロジャーが発達しない限りこの問題は永遠のテーマですねぇ。だからこそ消費者・代理店などなど皆が声を上げていかなければ!!!
情報開示はもっと遅れてしまうんでしょうね。
{2ちゃんねる}ご存知ですか?日本生命が掲示板の削除命令しましたよねぇ。これもやり方はどうであれ消費者の声なんでしょうね。結構保険会社の上の方々ネット見てるんですね。笑

>2.「約束を破る」と受け止められ、生保離れが加速するのではと思った
  大手生保が反対した。
ここの部分が大まかな予想的中じゃないですか?今は死差益・費差益で逆ざや埋めてるんでしょうから新規契約が伸びなければ・・・破綻でしょうし・・・。
もしかしたら、ポーズで引き伸ばしてる間にどっかの外資系への売却考えてたりして・・・なんて思ってみたりしますが。(あくまでも予想です。笑)

>また、私は本カテゴリーの質問に関して一つ疑問があります。
>例えば、「保険を見なおしたい」等の質問には多くの回答が
>寄せられるのですが、結構の数の専門家の方がいるにもかか
>わらず全体的には回答数が少ないように思えます。

これは私の個人的意見ですが・・・
「本業が忙しくネットを見る暇がない!」
あくまでも善意で答えるところですよねぇ?!
義務じゃないから・・・答えたいとこだけ答えればいいんではないでしょうか??
または、
「回答の中に自分と同じ意見がある場合」
ですね。同じならわざわざ書かなくってもいいんではないんでしょうか?
 これが商売なら話は別なんですがね。(笑)
 情報を無料で提供する・・・普通ならその情報は有料でしょうし。ここはボランティアですしね。


>4.しかし、最大手の日本生命はこれに反対しなかった。です。
 
 これは、まず日本生命のやり方(営業方法)からお話しますね。笑
昔、この会社にいましたけど、やり方がえげつないんです。

 ニッセイの営業所は衛星中継のTVが置いてありまして、朝礼でそれを全国の営業職員が見るんです。
 内容は自社のことから他社のことまで・・・かなり盛り沢山の内容です。
 他社が新商品を発売すると1週間後にはその番組で内容のお勉強をします
 (かなり細かく他社分析します。保険料の計算とか自社と他社ではこんなに保険料の差がぁぁ・・・・!!なんてことも)。
 そしてこれをひっくり返す話法をじっくりと教え込みます。本当にすごいんです。他社の方がみたらびっくりするでしょうね・・・。
 一種の催眠術とでも申しましょうか・・・皆(全員じゃないけど・・・)洗脳されるようになってきちゃうんですよ!!(経験者ですから!!笑)
 最後に「他社の誹謗中傷はやめましょう!」なんてアナウンサーが言うんですけど、番組の方がよっぽどひどい中傷です!!笑
 で、20分ぐらいのTVが終わりそのあと30~1時間ほど営業部長が演説をします。内容はご想像どおり、保険を取るまで事務所に帰ってくるな!!です。笑
 しかし、不思議なもので洗脳されているので営業職員はどんな手を使ってでも契約を取らなくっちゃと思い込んでしまうんですね・・・怖いことです。
 その結果、「架空契約」「付け契約」なるものが誕生します!

 ここまで洗脳されているので、営業職員は何でもかんでも「ニッセイは一番」「ニッセイは日本一大きい」と言ってしまっているんです・・・(ちなみにその衛星中継のTVで1番と言っている)。
 それはお客様にも伝染しています。

 とまあ、えげつなさがお分かりいただいたと思うので、ではなぜ?ニッセイが反対しなかったかと言うと
 「他が破綻するのを待っている!!んでしょう!!!」
 やっぱり、職員の多さ、営業所の多さは日本生命が1番でしょうから、破綻した会社の契約者を拾ってくるのも1番じゃないんでしょうか?(言葉悪くってすみません汗)
 まあ、これもあくまでも予想ですから・・・本当にそうだったら恐ろしい話です。

なんて・・・質問とずれちゃったかな???


 最後に私は予定利率引下げについては、どちらかというと賛成かなぁ。
 破綻してしまうのとどっちがいい?って聞かれるとそっちの方がまだましと思いますね。破綻しちゃうと解約は出来ないし・・・いろいろ手続きは出来なくなるし(一定期間だけですけど契約者にとってはその期間はかなりの心的負担になると思いますから)、いいことないですから・・・
 でもでも、出来れば引き下げは無い方がいいですよ!!もちろん下げろ!!!なんて事は思ってはいないですからね!!

>反対する保険会社の単なるポーズでなければいいのですが、
>私が知らない部分での
>それなりの根拠(自信)があるのでしょうか?

どうでしょう・・・それこそ内部の事情なんて各会社それぞれかなぁと思いますけど。ディスクロジャーが発達しない限りこの問題は永遠のテーマですねぇ。だからこそ消費者・代理店などなど皆が声を上げていかなければ!!!
情報開示はもっと遅れてしまうんでしょうね。
{2ちゃんねる}ご存知ですか?日本生命が掲示板の削除命令しましたよねぇ。これもやり方はどうであれ消...続きを読む

Q簡保って今後どうなるの?

簡保が廃止とか民営化とか言ってますが、そうなった場合、それまで掛けたお金はどうなるのでしょうか?

数年前、相続でゆうちょの限度額が越えるとの事で超過分の解約の手続きに行き、
その時になるべく国債か簡保に切替えてくれと頼まれました。
局員からは「郵便局は国が無くならない限り大丈夫だし、前払いだと半額で済むから」と簡保の前払いをすすめられ、
悩んだあげく簡保に一括前払いで加入しました。
半額とは言え、結構な金額です。

もし廃止になったら、もうこのお金が帰ってこないのでは?と不安です。
実際どうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

民主党案の事ですね。
これにしても廃止というのは全部ご破算みたいな乱暴な事は言っていません。
段階的に縮小し、最終的には廃止と言う事。この目的も簡保の資金を民間へ流す為です。
これはそもそも郵貯/簡保が国営であったが為に非常に有利な立場にあり、市場原理を無視した状態だったので民間企業を圧迫している、という銀行業界からの提言を元にしています。

で、何をするかと言うと、新規契約を減らしたり、補償額を制限する事で民間銀行へ資金を移動させて行き、最終的に全ての資金を民間に振り分けよう、と言う意味です。簡保だって満了すれば引き出せますからね。
帳消しにしてしまうと、民間に流れる資金そのものが無くなってしまいますから、そのような事は考えていませんよ。

ペイオフとちょっと混同されている様な気がします。
繰り返しになりますが、やはり今の所杞憂です。

Q積立利率変動型個人年金について

生命保険の満期がきてどうするか迷っています。保障は既加入のものでカバーできると思うので満期金は使わずに引き続き貯蓄に回したいと考えています。知人からはアリコジャパンの積立利率変動型個人年金(USドル建)「シリアスデュアル」を勧められています。一時払10年据置きUSドル建てで2.79%の固定金利、初年度のみプラス1%の運用との事です。アリコのHPを見てみると同じような外貨建ての商品がたくさんあり、そのどれもが同じような高利率を謳っています(それぞれの違いもよくわからないのですが)外貨建なので為替リスクは一応承知しているつもりですが、他に何かデメリットはあるんでしょうか?アリコなので破綻の心配はないと思うのですが、今の時期にこんな高利率はどうも心配です。
また他にいい貯蓄方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このような外貨建ての年金商品のデメリットは他の外貨建て金融商品と比べると利回りが低いことですが、あくまでも「保険商品」ですので、預入れ期間中に、保険給付事例が発生すれば、預けた以上の給付金が発生します。
アリコのこの商品でしたら、災害死亡時の給付金がこれに該当します。

メリットは、満期時に一時金で受取った場合の課税が「源泉徴収」ではなく「一時所得」として扱われます。つまり、
「満期金」-「預入金」-(特別控除額・50万)×1/2
が課税対象となります。

あと、他の外貨商品でしたら、課税以外にも、手数料等が発生します。このあたりのことも考慮すれば、「余分なお金がかからない」というメリットが保険会社の外貨建て商品の特徴だと思います


人気Q&Aランキング