WindowsのPCがクラッシュした時にLinuxからサルベージするときに、おすすめのLinuxがあったら教えてほしいです。
できたら、こういうところが良い点というのを一緒に書いていただけたらなと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No3です。



knoppixおすすめされている方多いですがknoppixは注意が必要です。
というのはバージョン間の違いが非常に大きく修復作業においても前の版ではできていた事が次の版ではできなかったりします。
ネットを検索して情報を得て、そのやり方は実は使えないという事が多いのでお使いになる場合にはその辺り注意されると良いと思います。
※解説ページで使ったknoppixのバージョン書かれてないページもありますし。


他の方の助言にもありましたが、LinuxでWindowsシステムの修復は無理な部分多いです。

WindowsPE使った方が良い場合が非常に多いかと思います。

http://www.computerworld.jp/topics/mws/164289.html

それと、メンテナンスツールも含めてLinuxソフトの多くがWindowsに移植されてますのでWindowsPEにdd.exeなどunix系で使われていたソフトを加えておくのも良い方法かと思います。


http://www.aconus.com/~oyaji/backup/partimage.htm

※上記ページにはknoppixが動かず(knoppix版使えず)でSystemRescueCD版を使ったとあります。


それと、GUI画面で動かないというトラブル以外にも、コンソールでも日本語表示は失敗したりする場合もあります。
動き易い(問題が起こり難い)のは英語のコンソール表示です。


それと、Windowsソフトないという話が書かれてましたが、知らない方が多いだけでかなりの事ができます。
Linux以上に情報が少ない気もしなくはないですが、方法を知っておくというのが(LinuxでもWindowsでも)大きな力となりそうに思います。
※使うソフトの名前や機能など。起動時にテキストモード選択すれば使える場合も少なくないですし。

http://www.computerworld.jp/topics/mws/164289.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

WindowsPE、いい感じですね。

候補に挙げたいと思います。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/02 13:53

 質問の趣旨から言えば、修復ツールとして何らかのLinuxを考えられているようですが、


「趣味とは手段が目的に転図ず」と言って、魚を釣る道具としての釣り竿を選んでいるうちに釣り竿コレクターになるようなところもあります。
 「餅は餅屋」とは私がたとえに使う言葉ですが、技術的な興味は別にして、
WindowsOSの問題解決はWindows AIKを利用すれば住むことです。
特にWindows VISTA以降はLinuxでシステム修復などのノウハウは稀有です。

なお、産業技術総合研究所のサーバーに現在アクセスできないようなの「Knoppix」をダウンロードできる状態ではありません。
独立行政法人だからといって事業仕分のせいではないと思いますが、先が思いやられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

確かにダウンロードできないようです。

ご報告ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/02 13:57

極論すればそういうものはありません。


ググればいくつかのサルベージ記事やメンテナンス記事があるので
それで使われているのと同じものを使って
同じように作業するのが、てっとり早い対応策とは言えます。

しかし、たとえばCドライブをパソコン用語と考えるドザーに対して
Cドライブは[CP/M,MS-DOS,Windows]用語にすぎないという現実があり…
Windowsになれた人の中には、パソコン自体には不慣れで
同じパソコンで動く、異なるOSを致命的に理解できない人がいます。

ですから、普通にLinuxをデスクトップOSとして使うとか
すでにトラブルがおきて、低費用の対応策として
Linuxが有望という条件なら、Linuxでいくのも良いと思います。
でも、緊急用に備えるのはなんか違う。

普通にLinuxを扱えるようになれば、現実問題
データサルベージやMBRの修復程度なら
どのLinuxを使っていても、どうとでもなる程度の問題です。


というか、OS付きで販売されているパソコンに
「HDDのOSが起動できなくなって、メンテナンス手段も無い」
なんて状況が聞かれるのは、圧倒的にWindows特有の事例です。

MS-DOS時代にも、Human68k,TownsOS,漢字TALKにMacOSX
ついでにOS/2付属のパソコンでも
最低限のメンテナンス手段が添付されていました。FDなりCDなり。

それが、なぜ今のWindowsPCには無いか?
ユーザーが、ユーザーとしての権利を放棄し
WindowsがMSの独善的なOSとなることを…
パソコンメーカーがMSに隷属した理不尽な企業になることを…
Windowsユーザー自身が受け入れ、また維持しているのだと思います。


前述したように、LinuxにはWindowsでは意識されない要素や
Linux特有の知識を必要とする場面がそれなりにあります。

そして、それらはLinuxを通常運用する場面ではなく…
Windowsのメンテナンスを行なうという特殊な場面において
あまり気の利いていない手段という現実をつきつけてきます。

そりゃそうです。
LinuxはWindowsの子守りのために作られたわけではないのですから。
そのために便利なLinuxを作っているわけではありません。
それでもWindowsでLinuxの子守りをするよりは簡単ですけどね。


現実的には、NTFS.IFSというMicrosoftが独自に実装したファイルシステムに
オープンソースで完全互換のドライバーが存在できないという問題があります。
ほとんどの機能は利用できます。でも保証はできません。

起動できないWindowsではCHKDSKが必要な状況が多く
そしてCHKDSKはLinuxには無いのです。
かりに同等品の開発が進んでも、互換性は保証すべくもありません。
これではNTFS-3gドライバーがあっても万全とは言えません。

暗号化されたNTFSへの対応は期待すらすべきではなく
標準で書き込み禁止として導入されがちなNTFS-3gの在り方は
緊急時以外の書き込みを避けるべきというアドバイスと言えます。


私はWindowsMeの悪評に湧く世紀末に「Linuxが育つしかないだろ」
という結論を得ました。私自身は当時はOS/2ユーザーでしたが…
OS/2やNT3.51で動いたHPFS.IFSは80年代末に生まれた技術でした。

そのHPFSが高い信頼性を発揮していた80286からPentiumIIIの時代に
Windows3.1からMeまでのユーザーはNTFSはおあずけのまま
HPFSすら与えられず、FAT,VFAT,FAT32のクラッシュに苦しんできました。

わかるでしょう。彼らはユーザーデータへの責任はとらないし
起動しなくなったシステムから、データをサルベージするなんて
そんな特殊な作業は、技術者だけのものと位置づけているんです。

だから、そのための手段すら添付しない。

起動しなくなったら、異なるOSで世話してもらうOS?
おかしいでしょ?
リカバリー文化と揶揄もされますよ。

「Linuxで対応しよう」
それはつまり、Windowsのダメなところを受け入れるということだし
それでなお、Windowsを使いつづけるのはなぜ?
なぜWindowsをより良くする努力をしない?

Linuxを使いこなせない人も幸せになるためには
MicrosoftやWindowsPCメーカーに、より良い商品を売ってもらうために
もっと努力をすべきなんじゃないかな?


それを無理だと思ったら、Linuxをメインにしたほうが良い。
ぼくはそうしたよ(笑)
#WindowsはOS/2より安いけど、買うだけの価値を感じない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

今のWindows以外のOSではメンテナンス手段があるのは羨ましいです。

Linuxをメインにはできない事情がありまして・・・

でも言っている意見は正当であると思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/02 13:43

 Puppy LinuxにせよKnoppixにせよ元はDebian Linuxからの派生ですから、特にこれがと言えるものはありません。


Windowsのサルベージと言うことであれば、「Ultimated BootableCD」などのように様々なツールを一枚のCDに組み込んだものが良いかもしれません。

参考URL:http://www.ultimatebootcd.com/
「windowsの入ったHDDをLinux」の回答画像6
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がおそくなってすみません。

ツールが沢山あるようですがちょっと調べるのに時間がかかりそうですね。

ご紹介ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/02 13:37

Live CD/DVDの歴史からすれば、knoppixでしよう。


LiveCD/DVDの草分け的なところから、今に至っていますから。

knoppixを使って、最後まで面倒見れるのは、OKWAVE検索されると断然多いし、まず「ノウハウ」の数が違います。

ここの質問で、当方が、最後まで対応してお礼をもらえた数は、多いですね。
それくらい、歴史と、信頼できるソフトを取り込んでいるということです。
それは、信頼できるOSということです。

また、大体の症状をKNOPPIXで調査でき、そのエラーメッセージの的確さでは、「ノウハウ」的なものがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
KNOPPIXをお勧めということですね。
ノウハウも多くあるということはやはり一歩リードでしょうか。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 18:59

回答No.2に若干の補足を行います、


WindowsOSに対して「Linuxからサルベージ」するのはユーザー・データに限ってであり、システム修復は期待できません。
私自身.はWindowsPE 2.1/3をベースにしたRescue CD/DVDを使用しています。
Puppy Linux、UbutunやKnoppixなどで「testdisk」を利用して一定の修復はできないことはありませんが、
このサイトの質問・回答でも上手くいった例より失敗例が多いようです。
 Windowsでは対応できないがLinuxでは対応できるといった問題ではありません。
市販ソフトでもNorton Ghost 15などには、バック・アップ機能のほかにもシステム修復やデータ救出きのうがあるので
そういったものを利用する方がベターだと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
NortonGhostですか。
それは知りませんでした。
チェックを入れたいと思います。

お礼日時:2011/04/13 18:58

状況次第じゃないかな。



特にGUIでLinuxを動かそうとすると、大抵のLinuxが動くパソコンと大抵のLinuxがGUIでは動かないパソコンがあります。

自動認識に関しては各ディストリビューション毎にかなり違うので、このディストリビューションでは使えるけれどこのディストリビューションは動かないとか多いです。

それと、普段全くLinuxを使ってない方の場合、はじめて動かしても普通に操作してしまう方と、どうにも操作できない方がいらっしゃります。

事前に必要となりそうな操作に関しては方法など確認して置く必要もあります。


問題発生時に対処できる環境が作りたいとしたら、

・普段使っているWindowsをLiveCD化して必要なソフトを追加しておく。(追加で導入している普段使うアプリは入れず容量を縮小する)
・WindowsPEを使って必要なソフトを追加しておく。
・他のOS(Linuxもその一つ)を使ったレスキュー環境を作っておく。

など、色々な方法があるので、事前に準備するならLinuxにこだわる必要はなさそうにも感じました。


専用のSystemRescueCDの様なディストリビューションだとクラッシュへの対処を行なえる様なソフトも追加されてますが、汎用的な例えばPuppyLinuxの様なディストリビューションだと特別なソフトは入ってませんよ。
※ Linuxで一般的なソフトだけでもある程度の対処はできますけど。

質問が『クラッシュした時にLinuxからサルベージする』ですが、しっかりバックアップを取って事故に備えましょうというのが確実に行なえる事で、クラッシュしてしまったHDDから可能な限りデータを得るのはそれなりに難しい事ですし手順を間違えばやりかた次第で取り出せるデータも破壊をすすめてしまう事になります。

例えば、修復ソフトで壊れた区画をいきなり修復しようと試みられる方もいらっしゃるようですが、データが大切なものなら信頼性の高いメディアにコーピーしてコピーに対して修復作業を行なう方が普通でしょうし。
※コピーはファイルコピーではなくパーティションイメージのコピーですよ。コピーとだけ書かれていてファイルコピーしてしまえば状況次第で被害を拡大します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分の為のものではないので、事前にというのは考えておりません。
(私はバックアップ等とってあります)
ですが、大変有益な情報だと思っております。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/13 18:57

私は軽量Linuxの[Puppy Linux]を推奨します。


http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/
1、LiveCD、LiveUSBメモリーやWindowsパーティション上に組み込んで起動できる。
2、本体サイズは100MB強であるにもかかわらず機能が豊富である。
3、10年ほど前の旧型PCでも軽量に動作する。
4、USBフラッシュ・メモリーやUSB-HDDに組み込んでおくと、データ内容の確認や救出が簡単にできる。

 添付画像は最新の[Wary 5.11]のデスクトップ画面です。
「windowsの入ったHDDをLinux」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
PuppyLinuxは初めて聞きました。
Puppyというだけあって小さいってことなのでしょうか。
回答No3の方の話だと特別なソフトが入ってないということなのですが、どうなのかなと思っております。
ちょっと調べてみたいと思います。

お礼日時:2011/04/13 18:55

私は KNOPPIX をおすすめします。



良いところ
・HDDへのインストールが不要で、CD(またはDVDやUSBメモリ)から起動できる。
・初期設定が(基本的には)不要
・通常のLinux同様、各種サーバ(FTP、Sambaなど)やツールも使用できる。
・(私が知る限り)CDから起動できるLinuxの元祖

悪いところ
・動作が軽快、とは言いがたいです
 メモリ上にOSを展開して起動しているので、メモリ容量や速度に大きく依存します。
 ただ、
  - Linuxを普段使用しない
  - 緊急時(サルベージ目的で)のみ使用する
 であれば、動作の軽快性はあまり関係ないと思います。

過去に何度か利用しましたが、特に利用に困ったことはなかったです。

Ubuntuなどの比較的新しいディストリビューションでも
同じような形態のものをリリースしていますが、私はなんとなくこちらの方が好きです。
Ubuntuなどと違い、"緊急時、一時的にLinux環境を構築する"ことに特化している気がするので…。

参考URL:http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
KNOPPIXは聞いたことがあるOSですので、安心できるのかなと思います。
候補の一つに入れたいと思います。

お礼日時:2011/04/13 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神輿の由来と担ぎ方

わたしは20年近くおもに東京のお神輿を担いでいるのですが、以前から疑問だったことがあり、2つ質問させていただきます。

1.そもそもお神輿は、もともと遷宮のときに神職が担いだものなのだろうと思うのですが、現在のように民間人がお神輿を担ぐという形態になったのはいつ頃からなのでしょうか?

2.わたしが知る限り、どこのお神輿もお神輿を移動しながら何らかのかたちでゆさぶるというのが担ぎ方なのですが、神様を担いでいるのだから本来はむしろゆさぶってはいけないものなのではないかと思うのです。お神輿をどうしてゆさぶるのか、あるいはそのルーツって何なのでしょう?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

神輿の起源は古くから奈良時代に始まるといわれ、ふるくは氏子が担いでいたと思われます。
この「氏子」というのが「氏神が治める地域の人間」や「氏神に厚い信仰を持つ崇敬者」を指しています。
ですので、昔から地域の民間人が神輿を担いでいたと思ってよいでしょう。

神様が乗っているお神輿を揺さぶるのはおかしいのでは?とお思いでしょうが、お神輿に乗っているのは「神様の荒々しい御魂」略して「荒魂」が乗っているので激しく揺さぶることによって「荒々しい御霊」が発動し神威を発揮してくれるので、遠慮することなく激しく揺さぶってかまいません。

尚掛け声の「セイヤ」は「背負えや」が転じた言葉
「わっしょい」は「和で背負う」が転じた言葉で本来但し掛け声は「セイヤ」で神輿を全員が担ぎ、「わっしょい」「わっしょい」といって市中を練り歩くのが正しい神輿の掛け声の仕方だと言われます。

QwindowsXPの入っているPCにLinuxを入れたらwindowsが起動しなくなりました><

windowsの入ってるPCにvine Linux4.0をCDに焼いてから入れたんですがwindowsが起動しなくなりました;;
Linuxインストール次よくわからなかったので次へをずっと押してたような気が;
windowsは完全に消えたのでしょうか?
あるとしたら起動方法を教えてください。

Aベストアンサー

> /dev/sda1   * 1    13    10439  83  Linux
> /dev/sda2     14   9475  76003515  83  Linux
> /dev/sda3  9476   9729  2040255  82  Linux
> swap /Solaris
これを見る限りでは、hddがひとつのばあいは、全て
Linuxになっています。
残念でした。
XPをインストールして、もう一度WEBで、Vineのインストールに
ついての箇所を見つけてチャレンジしましょう。

Q三社祭の神輿(形状)にまつわる疑問

先週は初夏の風物詩三社祭でしたね。
それを含め毎年この時期には多くの祭礼に足を運びますが,数々の神輿を見ていて,やはり三社型の神輿がいちばん気に入っています。
そこで気になったのですが

(1)通常,蕨手は野筋と繋がっていますが,なぜ三社型の神輿は屋根の下からせり上がっているのでしょうか。
(2)屋根の膨らみが抑えられているのにはどんな意味があるのでしょうか。

ご存知の方,よろしくご教授ください!

Aベストアンサー

蕨手が屋根の下の隅木から伸びているのが「関西型」の特徴です。
なぜ「浅草」三社祭が関西型なのか?

徳川幕府が奉納した日光東照宮のお神輿は、滋賀県の日吉大社のお神輿(もちろん「関西型」)を参考にしているそうです。で、その東照宮のお神輿に真似て徳川家光が浅草神社に奉納した、と・・・。

PODCASTで「宮本卯之助商店」(神輿作りの老舗)の7代目が以下のように語っていました。
「戦争で神輿蔵が直撃弾を受け、徳川家光が寄進した三基の神輿が焼失。戦後、浅草神社の役員や卯之助商店の5代目達が日光東照宮に行って範をとってもらい復活させた。」
こんなウラ話もしてました。
「復活させるときに蕨手を大きく作りすぎてしまった。(評判が悪かった?)が、時代が変わり、今ではその大きい蕨手がカッコイイと評価されている。」

QWindowsのOSが入っているPCにLinuxのOSを導入したいので

WindowsのOSが入っているPCにLinuxのOSを導入したいのですがどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在のOSに上書きしないように配慮すれば、普通にLinuxをインストールすればいいです。
インストールの途中でインストール領域を作成して、その領域にインストールしてください。

参考例として下記サイトの「図1」のようになるようにすればいいです。
fedoraに限らず適用できます。
---DualBoot Win7 - Fedora
http://ftlabo.hp.infoseek.co.jp/dualboot/dualboot.shtml

Qミニねぶたの神輿を製作するには?

ミニねぶたの神輿を製作するには?
地元神社の秋祭りで使用するものですが
現在使用中の神輿はもう修理も限界です
そこでねぶたみたいな神輿はどうかと言う話しが町内会で持ち上がったのですが、製作依頼先、予算、まったく見当もつきません
高さ2m 底辺1.5m角程度の大きさを見込んでおります
よろしくお願いします
神輿のテーマ(当町のシンボル)は京都大江山の酒呑童子(赤鬼)と決まっています

Aベストアンサー

まず根本的なことですが

ねぶた人形の由来は七夕様の灯籠流しであり
また、近世まで農村にたくさんいた蚤と夏の暑さに悩まされ夜眠れず、
その結果盛夏の農作業中に襲ってくる眠気を払うためのお祭りです

秋祭りにねぶたをするのは民俗的にみて大変な勘違いであり
ただ騒ぎたいだけで事の起源も何も考えない脳無し氏子と思われても
仕方のないことです もっとお勉強ください

それでも実施されるのであれば2m×1.5mのねぶたは
立体的で少し大きな障子に相違ないものですから
地元の表具屋さんに相談してみるのが一番だと思います

QLinuxの入ったHDDをUSBから起動したい

元々デスクトップPCにて内蔵で使っていたHDDを、
変換ケーブルでUSB接続にてノートPCに繋いでいます(CentOS5)。
BIOSの設定でそのHDDから起動するようにし、
まずGRUBが立ち上がり、OSの選択画面にはいけるようになりました。

そこでOSを選択し、起動時の、ログがたくさんブワワーっと流れるところで
エラーが出てしまい、そこで止まってしまいます。

途中で止まってしまうので全てのログを見る事はできませんが、
止まった時に画面に表示されているログは下記のようになっております。

------------------------------------------------------

input: USB HID v1.10 Mouse [Logitech Optical USB Mouse] on usb-0000:00:1d.1-2
Making device-mapper control node
Scanning logical volumes
Reading all physical volumes. This may take a while...
No volume groups found
Activating logical volumes
Volume group "VolGroup00" not found
Trying to resume from /dev/VolGroup00/LogVol01
Unable to access resume device.
Creating root device.
Mounting root filesystem.
mounnt: could not find filesystem '/dev/root'
Setting up other filesystems.
Setting up new root fs
setuproot: moving /dev failed: No such file or directory
no fstab.sys, mounting internal defaults
setuproot: error mounting /proc: No such file or directory
setuproot: error mounting /sys: No such file or directory
Switching to new root and running init.
unmounting old /dev
unmounting old /proc
unmounting old /sys
switchroot: mount failed: No such file or directory
Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init!

------------------------------------------------------

一見すると、
VolGroup00
/dev
/proc
/sys
等のファイルやディレクトリが見つからなくて、
マウントできませんでした、というエラーの様です。
しかし、こちらのHDDを再度デスクトップPCに
SATAでの接続をして起動すると、きちんとOSが立ち上がり、
正常動作してくれます。

USB接続のHDDからブートさせるには、
BIOSの設定以外にしなければならない事などありますでしょうか?

宜しくお願い致します。

元々デスクトップPCにて内蔵で使っていたHDDを、
変換ケーブルでUSB接続にてノートPCに繋いでいます(CentOS5)。
BIOSの設定でそのHDDから起動するようにし、
まずGRUBが立ち上がり、OSの選択画面にはいけるようになりました。

そこでOSを選択し、起動時の、ログがたくさんブワワーっと流れるところで
エラーが出てしまい、そこで止まってしまいます。

途中で止まってしまうので全てのログを見る事はできませんが、
止まった時に画面に表示されているログは下記のようになっております。

-----------...続きを読む

Aベストアンサー

本当にやるつもりであれば、MBRの書き換え、それに伴う単純化
しておく必要はないか等の調査が必要なように思います。
LVMでできるのかどうかの調査。

今までに分かっていること。
デスクトップのときは、内蔵HDDとして、MBRも、第一パーティションの、
/boot/grub/grub.confをリンクして、問題なく起動していた。

同じ状態で、USB接続とした場合に、何が問題となるか。
ノートの内蔵HDDに、正規のMBRを持ち、かつ外付けUSB接続にも、
MBRを持つ環境にどう対処してパソコンが動こうとしているのか、
分析する必要がある。
map命令により、grub.confのコール命令の前に何らかの手を打てば、
可能かどうか。

title CentOS 5 (2.6.18-8.el5)
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.18-8.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00

たとえば、
title CentOS 5 (2.6.18-8.el5)
map (hd0) (sd0)
map (sd0) (hd0)
makeactive
root (hd0,0)
kernel /vmlinuz-2.6.18-8.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00

とやってできるか。
ただし、正しく記述する必要があり、
map
(sd0)
(hd0)
の間は、半角ブランクを入れること。

何かここまでやって起動しなかったら、試行錯誤は、
環境をお持ちの、質問者さんにお任せします。

本当にやるつもりであれば、MBRの書き換え、それに伴う単純化
しておく必要はないか等の調査が必要なように思います。
LVMでできるのかどうかの調査。

今までに分かっていること。
デスクトップのときは、内蔵HDDとして、MBRも、第一パーティションの、
/boot/grub/grub.confをリンクして、問題なく起動していた。

同じ状態で、USB接続とした場合に、何が問題となるか。
ノートの内蔵HDDに、正規のMBRを持ち、かつ外付けUSB接続にも、
MBRを持つ環境にどう対処してパソコンが動こうとしているのか、
...続きを読む

Q御神輿は本来

初めまして。関心事として興味が湧いてきたのが、お祭りの御神輿や山車、太鼓など…歴史物に興味深くなりました。若い頃は歴史の科目は大苦手、まったく勉強もしなかったのですが…知識を蓄えたいと思い質問。御神輿は神様を祭る乗り物と伝えられてますが、昔、幕府時代、士農工商時代ですか?その頃の農家農民は貧しい生活を強いられていたので、その地域の裕福豊作を祈願する為、地域事に神社と言うものを祀り…、年貢を府に収める為、お米や穀物を沢山収穫しその一部を城下に納め、その対価として府から出来高で渡された貨幣を貰い生活していたと聞いてます。それで本題なんですが、お祭りは、春や秋の収穫時期などの時に、農民達の行事として年貢を納め対価を貰う日で、豊作な時ほど農民は喜び分かち合える楽しい日となり、神様に感謝すると聞いた事があります。それが今となるお祭り祭事で、御神輿はその年貢の対価を貰う為に神様を乗せ府からお金を貰って運んでくる御神輿と聞いた事があります。だからなのでしょうか?御神輿は神社より豪華絢爛で光輝いた作りをしてて、担ぎ手は、ワイワイワッショイセイヤセイヤと御神輿を派手に運ぶのでしょうね。みなさんの御神輿の由来、聞かせてください。また私の間違いも指摘下さい、勉強したいので宜しくお願いします。

初めまして。関心事として興味が湧いてきたのが、お祭りの御神輿や山車、太鼓など…歴史物に興味深くなりました。若い頃は歴史の科目は大苦手、まったく勉強もしなかったのですが…知識を蓄えたいと思い質問。御神輿は神様を祭る乗り物と伝えられてますが、昔、幕府時代、士農工商時代ですか?その頃の農家農民は貧しい生活を強いられていたので、その地域の裕福豊作を祈願する為、地域事に神社と言うものを祀り…、年貢を府に収める為、お米や穀物を沢山収穫しその一部を城下に納め、その対価として府から出来高で渡...続きを読む

Aベストアンサー

江戸時代の年貢の決定方法は、検見法(けみほう、田を視察してその年の収穫量を見込んで毎年ごとに年貢率を決定する)を採用していましたが、年によって収入が大きく変動するリスクがありました。
なので、江戸中期ごろになると、定免法(じょうめんほう、豊作・不作にかかわらず一定の年貢率による徴収方法)がとられるようになりました。
また、米が取れない地域の一部では商品(特産品)や米以外の作物等の売却代金をもって他所から米を購入して納税用の年貢に充てるという買納制が例外的に認められていました。
年貢は今の税金なので、年貢を納めて対価を貰うということは無いですし、年貢を納めることが農民達の行事である事はありません。
豊作になると、定免法の場合は、決まった量の米を出すだけなので、残りの米は農民達(庄屋)の物になっていました、現金収入は米以外の作物や草履や蓑などを作り売っていました。

米が流通したのは武士階級が全て石高で支払われていたので(米の現物支給)、現金収入がまるっきり無く(内職している下級武士は多かった)米を売却して現金化していたからです、そのため日本では独自の相場システムが出来上がりました。


また、神社の起源が違います、元々の神社の原型は山や磐座であり必ずしも農事に関係はしていませんでした。
農事というか食物・穀物を司る女神はトヨウケビメが有名で、後に稲荷神(ウカノミタマ)と同一視されています(稲荷は稲成りの転化という説がある)。
秋のお祭りは、新穀を備えてその年の収穫を神に感謝したものです。
神輿そのものは神幸祭が起源といわれており、この神幸祭は農事には関係していません。
神幸祭は「神の行幸」の意味で、神霊が宿った神体や依り代などを神輿に移し(御霊をうつす)、氏子地域内への行幸、御旅所や元宮への渡御のために行われたものです。
それが、収穫の時期と一致させたりして、祭りとして成立していきました、神社によっては春や秋以外にも神輿や山車が出たりします。

はっきり言って質問文の内容の全てを回答することが出来ませんので、色々な書籍を読んでくださいとしか言えません。

江戸時代の年貢の決定方法は、検見法(けみほう、田を視察してその年の収穫量を見込んで毎年ごとに年貢率を決定する)を採用していましたが、年によって収入が大きく変動するリスクがありました。
なので、江戸中期ごろになると、定免法(じょうめんほう、豊作・不作にかかわらず一定の年貢率による徴収方法)がとられるようになりました。
また、米が取れない地域の一部では商品(特産品)や米以外の作物等の売却代金をもって他所から米を購入して納税用の年貢に充てるという買納制が例外的に認められていまし...続きを読む

QLinuxとWindowsの違い~LinuxはWindowsより高速?~

新米ユーザーのような質問となってしまいますが、LinuxはWindowsと比べてどこが違うのでしょうか?
そして、ある条件のもとでLinuxとWindowsのスループットを比較したところLinuxのほうが高速でしたが、LinuxはWindowsよりも高速な通信が可能なのでしょうか??

Aベストアンサー

たしかに商用かオープンソースかは大きな違いです。
ですが、それはOSの性能と関係ありません。

OSの性能に影響を与えるものは、カーネルの仕組みの違いやドライバモデルの違いではないでしょうか。
また、測定条件によっても大きく左右されるものなので、どちらが高速・高性能かは安易に決められません。
(Winodwsだってembedded版ならGUI抜きの構成だって取れますよね?)

一番の違いは?と聞かれたら私なら「モノリシックカーネルとマイクロカーネル」と答えます。
# 参考URLの解説を読むと、両者の違いは無くなりつつあるようですが ^^;

性能比較をまじめに考えると結構大変な作業になるのですが、IBMのサイトに参考になりそうな記事があります。ちょっと古いんですけど。

http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/020208/j_l-rt6.html
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/021108/j_l-rt10.html

参考URL:http://e-words.jp/w/E3839EE382A4E382AFE383ADE382ABE383BCE3838DE383AB.html

たしかに商用かオープンソースかは大きな違いです。
ですが、それはOSの性能と関係ありません。

OSの性能に影響を与えるものは、カーネルの仕組みの違いやドライバモデルの違いではないでしょうか。
また、測定条件によっても大きく左右されるものなので、どちらが高速・高性能かは安易に決められません。
(Winodwsだってembedded版ならGUI抜きの構成だって取れますよね?)

一番の違いは?と聞かれたら私なら「モノリシックカーネルとマイクロカーネル」と答えます。
# 参考URLの解説を読むと、両者の違...続きを読む

Q神輿の形をしたリングピロー

来月神社で挙式をあげることになりました。
その時に使うリングピローを探しているのですが
御神輿の形をした模型を使用したいのですが
どうでしょうか?

お神輿は神様が乗るものと聞いています。
その様なことで使ってはバチが当たりますか?

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。

私が結婚したのはもう、6年前の事ですし、宗教の違いで披露宴で人前式を挙げたので神社のことはよく知りません。

でも、御神輿の模型付リングピローなんてかっこいいですね。(こんなこと言ったらバチ当たりかな?)
そんなの見た事がないですし、実現したら心に残ると思います。

御神輿については地方や神社によって色々な風習や習慣で思い入れが様々だと聞いたことがあります。

来月、挙式でしたらもう神社が決まっているんですよね。
やはり、その神社に相談されるのが一番バチが当たらない方法だと思います。
神社の方がいいと言えば絶対大丈夫ですからね。

いい結婚式になるといいですね。お幸せに(^_-)-☆

QlinuxのHDDとwindowsのHDDって共存できますか?

リナックスで保存したデータをwindowsでみることができたり・・とか。同じハードディスクでデータが保存できなかったらlinux用のを新しく買わないといけないので、どうなんでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

linux側からNTFSのHDDは読めますので,一台のHDDをLINUX用のEXT2,3とNTFS(FAT32の方が無難)の二つのパーティションに分けて使うことは可能です。

WINDOWSからはEXT2などのファイルシステムが読めるソフトは以下のURLにありますからこれを使えば読めます。
また有料ですが「LinuxDrive for Windows」というソフトもあります。

なお
http://park15.wakwak.com/~unixlife/malutiboot.html
も参考になります。

参考URL:http://uranus.it.swin.edu.au/~jn/linux/explore2fs.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報