前回の質問で何がしたいの?ですとか謝罪を求めるだけなら別のカテゴリーでは?という回答ばかりでしたので損害賠償請求を求めて提訴できるかという質問に変更しました。
提訴の前に内容証明を送付する予定です。
指摘ありました個人情報保護義務のある業者の要件を満たしている場合と満たしていない場合でどう違うのかもお願いします。

ハイエンドのロードバイクを購入した店の店長が、以下の私だと特定されるような情報を他系列の同業者に話していたにも関わらず、これは個人情報とはいえないから謝罪できませんと言われました。
「本社に言っても無視します、私が窓口です」と言ってきました。
録音したものがありますが、今のところは伏せておこうと思いました。
以下の情報は喋ったと店長が認めているものなのですが、個人情報といえないでしょうか?
アドバイスをお願いします。

・高価なロードバイクの購入後に不具合をめぐって衝突した経緯がありました。

・その後別のものと交換するということで和解が成立しました。

和解前後に店長は自分の胸に収める事ができなかったのか、系列外の同業者の店長に衝突の経緯を話していて、それが広まって自分がクレーマーと誤解されているらしい。

・店長は系列外の同業者の店長に「◯◯さん(苗字のみ)とトラブルになってしまって大変な状況である」と話していました。

・その後、部品の注文で同業者の方と話す機会が生じた。注文の際に◯◯(苗字のみ)ですと名乗りました。

・部品を引き取りにロードバイクで系列外の店に行くとその同業者の店長は「◯◯さん。店長とは昔からの親友でしてね。◯◯さんと聞いたので、もしや以前に店長から相談された◯◯さんかと思い先日お帰りの後に電話で尋ねたら、◯◯さんとは今は良いおつきあいをしているので喋ってもらっても結構です。◯◯さんは今は△△(ロードバイクの名前)に乗っていると聞きました。◯◯さんは店長さんと以前衝突がありましたよね?」と断定的に言われて驚いてしまいました。

結局は同業者の店長から他店で衝突があった者には部品を売れないと言って追い返されました。
ロードバイクはハイエンドなのですがユーザー数の少ない珍しい部類のロードバイクなのと私の名前もありふれた名前ではないため特定されたような気がします。
ロードバイクは対面販売であり通販では購入できないのでメンテ等を考えると普通は近くの店で購入しますから苗字だけでもロードバイクに特徴があれば極めて個人を特定しやすいと思います。

このことで店長に抗議しましたが、以下の理由で個人情報の流出では無いと否定します。
・苗字しか言っておらず、氏名(フルネーム)で無い。
・どこに住んでいるのかも言っていない。だから特定される訳が無い。
・系列外の店長に私(質問者である私を指します。)だと思って情報を伝えたのは、その系列外の店長から明らかに私(質問者である私を指します。)だと思われる聞き方をされたから私がその店長と知り合いだと思って喋っただけで悪意は無い(余り意味が理解できないのですが言ったとおりに書きました。)

内容証明書は支店や店長個人ではなく本社に送付することが正しいと思っています。
この判断は正しいでしょうか?
弁護士に相談すれば?という回答は控えてください。

文章下手で申し訳ないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

系列外の同業者にクレーマーと誤解されるような情報を流された事に対し謝罪を求めたい!という事ですよね?




まずは、司法書士に依頼し内容証明を本人に送るのが適切だと思います。
その際に期日までに謝罪が無ければ、本社に対し経緯の報告と賠償金を請求する意思がある事をお伝えするのが良いかと思います。

いきなり本社に送付したところでもみ消されるだけだと思います。


また、前回からの回答で何らかの金銭の支払いは難しい事は理解されているかと思います。
あくまでも、謝罪が目的ということで回答をさせて頂きます。


なお、過度な要求をして「脅迫」とならないようお気を付け下さい。

この回答への補足

>系列外の同業者にクレーマーと誤解されるような情報を流された事に対し謝罪を求めたい!という事ですよね?

そのことが原因で追い返されましたし、私も住んでいる大まかな場所をその際に言ってしまったわけなので(まさか苗字とバイクの名前の情報を喋っているとは知らなかったものですから)なおさら特定されることになってしまい困っている状況です。

これから先に友人や会社の同僚や取引先とツーリングに行くことになっています。
系列外の店長達とどこで会うかもしれませんし友人達が将来いや既に知り合いであった場合のことを考えると影響は大きいと思います。

ある程度はアイウェアをヘルメットの交換をすれば変装はできると思いますが、ハイエンドのロードバイクだけは特徴が有り過ぎて間違いなくバレると思います。

本当はフレームの交換を申し出たいのですが、店長個人ではなく本部に申し出るべきことなので、店長との付き合いを考えると悩んでいるところです。

補足日時:2011/04/11 21:22
    • good
    • 0

>謝罪してくれれば良いだけなんですけどね。



これは提訴の意味がない。
判決で「被告は原告に謝罪をする」と判決が出ても、強制執行できないし謝罪するかどうかは相手の問題。
判決に背いて、謝罪しなくても別に罰則はないし。

内容証明は店長個人・支店・本社の3つに出す方法もある。
そもそも内容証明などただの脅し、使い方次第なので、どのように出すかは、出し手次第。

>指摘ありました個人情報保護義務のある業者の要件を満たしている場合と満たしていない場合でどう違うのかもお願いします。

要件を満たしていようと満たしていなかろうと、この件は個人情報保護法とは関係のない話。
もちろんプライバシーの問題として、自転車屋にコンプライアンス違反を主張することは可能というレベルの話。

手間隙金かければ、自転車屋に嫌がらせはできるぞという程度の物。
    • good
    • 0

損害賠償は 実害費用を超えることは出来ない。


で、何を持って損害金額とするか、金額 の算定が難しい。

それ以外は、慰謝料。
バイクが乗れない慰謝料?、プライバシーが犯された慰謝料?・・・

はっきり、貴方の情報が流されてい無い(店長談)なら、次のバイク屋の想像ですよね。

角度を変えて
結局は同業者の店長から他店で衝突があった者には部品を売れないと言って追い返されました。
これの、記録が有れば
http://www.moj.go.jp/JINKEN/

では無かろうかと

いずれにしろ、相手は法人宛です。

この回答への補足

その自転車に乗っている◯◯さんと特定されましたので、正直その自転車に単独で乗る事させストレスではあります。
対面販売なので購入するエリアは限られてきますから、ハイエンドモデル(車ならGTRとかを想像してください)に乗っている◯◯さん(苗字だけですがありふれた苗字で無い限り)でも特定されると思います。

補足日時:2011/04/10 20:40
    • good
    • 0

損害賠償請求は 民事ですから 可能です



しかし 勝訴は難しいでしょう 有能な弁護士を雇って 和解に持ち込むくらいが関の山

その和解金は百円~弁護士の能力によっては数千円、弁護士費用は十数万円から数百万円

弁護士を儲けさせてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>百円~弁護士の能力によっては数千円
その程度でしょう。
謝罪してくれれば良いだけなんですけどね。

お礼日時:2011/04/10 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング