前回の質問で何がしたいの?ですとか謝罪を求めるだけなら別のカテゴリーでは?という回答ばかりでしたので損害賠償請求を求めて提訴できるかという質問に変更しました。
提訴の前に内容証明を送付する予定です。
指摘ありました個人情報保護義務のある業者の要件を満たしている場合と満たしていない場合でどう違うのかもお願いします。

ハイエンドのロードバイクを購入した店の店長が、以下の私だと特定されるような情報を他系列の同業者に話していたにも関わらず、これは個人情報とはいえないから謝罪できませんと言われました。
「本社に言っても無視します、私が窓口です」と言ってきました。
録音したものがありますが、今のところは伏せておこうと思いました。
以下の情報は喋ったと店長が認めているものなのですが、個人情報といえないでしょうか?
アドバイスをお願いします。

・高価なロードバイクの購入後に不具合をめぐって衝突した経緯がありました。

・その後別のものと交換するということで和解が成立しました。

和解前後に店長は自分の胸に収める事ができなかったのか、系列外の同業者の店長に衝突の経緯を話していて、それが広まって自分がクレーマーと誤解されているらしい。

・店長は系列外の同業者の店長に「◯◯さん(苗字のみ)とトラブルになってしまって大変な状況である」と話していました。

・その後、部品の注文で同業者の方と話す機会が生じた。注文の際に◯◯(苗字のみ)ですと名乗りました。

・部品を引き取りにロードバイクで系列外の店に行くとその同業者の店長は「◯◯さん。店長とは昔からの親友でしてね。◯◯さんと聞いたので、もしや以前に店長から相談された◯◯さんかと思い先日お帰りの後に電話で尋ねたら、◯◯さんとは今は良いおつきあいをしているので喋ってもらっても結構です。◯◯さんは今は△△(ロードバイクの名前)に乗っていると聞きました。◯◯さんは店長さんと以前衝突がありましたよね?」と断定的に言われて驚いてしまいました。

結局は同業者の店長から他店で衝突があった者には部品を売れないと言って追い返されました。
ロードバイクはハイエンドなのですがユーザー数の少ない珍しい部類のロードバイクなのと私の名前もありふれた名前ではないため特定されたような気がします。
ロードバイクは対面販売であり通販では購入できないのでメンテ等を考えると普通は近くの店で購入しますから苗字だけでもロードバイクに特徴があれば極めて個人を特定しやすいと思います。

このことで店長に抗議しましたが、以下の理由で個人情報の流出では無いと否定します。
・苗字しか言っておらず、氏名(フルネーム)で無い。
・どこに住んでいるのかも言っていない。だから特定される訳が無い。
・系列外の店長に私(質問者である私を指します。)だと思って情報を伝えたのは、その系列外の店長から明らかに私(質問者である私を指します。)だと思われる聞き方をされたから私がその店長と知り合いだと思って喋っただけで悪意は無い(余り意味が理解できないのですが言ったとおりに書きました。)

内容証明書は支店や店長個人ではなく本社に送付することが正しいと思っています。
この判断は正しいでしょうか?
弁護士に相談すれば?という回答は控えてください。

文章下手で申し訳ないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

系列外の同業者にクレーマーと誤解されるような情報を流された事に対し謝罪を求めたい!という事ですよね?




まずは、司法書士に依頼し内容証明を本人に送るのが適切だと思います。
その際に期日までに謝罪が無ければ、本社に対し経緯の報告と賠償金を請求する意思がある事をお伝えするのが良いかと思います。

いきなり本社に送付したところでもみ消されるだけだと思います。


また、前回からの回答で何らかの金銭の支払いは難しい事は理解されているかと思います。
あくまでも、謝罪が目的ということで回答をさせて頂きます。


なお、過度な要求をして「脅迫」とならないようお気を付け下さい。

この回答への補足

>系列外の同業者にクレーマーと誤解されるような情報を流された事に対し謝罪を求めたい!という事ですよね?

そのことが原因で追い返されましたし、私も住んでいる大まかな場所をその際に言ってしまったわけなので(まさか苗字とバイクの名前の情報を喋っているとは知らなかったものですから)なおさら特定されることになってしまい困っている状況です。

これから先に友人や会社の同僚や取引先とツーリングに行くことになっています。
系列外の店長達とどこで会うかもしれませんし友人達が将来いや既に知り合いであった場合のことを考えると影響は大きいと思います。

ある程度はアイウェアをヘルメットの交換をすれば変装はできると思いますが、ハイエンドのロードバイクだけは特徴が有り過ぎて間違いなくバレると思います。

本当はフレームの交換を申し出たいのですが、店長個人ではなく本部に申し出るべきことなので、店長との付き合いを考えると悩んでいるところです。

補足日時:2011/04/11 21:22
    • good
    • 0

>謝罪してくれれば良いだけなんですけどね。



これは提訴の意味がない。
判決で「被告は原告に謝罪をする」と判決が出ても、強制執行できないし謝罪するかどうかは相手の問題。
判決に背いて、謝罪しなくても別に罰則はないし。

内容証明は店長個人・支店・本社の3つに出す方法もある。
そもそも内容証明などただの脅し、使い方次第なので、どのように出すかは、出し手次第。

>指摘ありました個人情報保護義務のある業者の要件を満たしている場合と満たしていない場合でどう違うのかもお願いします。

要件を満たしていようと満たしていなかろうと、この件は個人情報保護法とは関係のない話。
もちろんプライバシーの問題として、自転車屋にコンプライアンス違反を主張することは可能というレベルの話。

手間隙金かければ、自転車屋に嫌がらせはできるぞという程度の物。
    • good
    • 0

損害賠償は 実害費用を超えることは出来ない。


で、何を持って損害金額とするか、金額 の算定が難しい。

それ以外は、慰謝料。
バイクが乗れない慰謝料?、プライバシーが犯された慰謝料?・・・

はっきり、貴方の情報が流されてい無い(店長談)なら、次のバイク屋の想像ですよね。

角度を変えて
結局は同業者の店長から他店で衝突があった者には部品を売れないと言って追い返されました。
これの、記録が有れば
http://www.moj.go.jp/JINKEN/

では無かろうかと

いずれにしろ、相手は法人宛です。

この回答への補足

その自転車に乗っている◯◯さんと特定されましたので、正直その自転車に単独で乗る事させストレスではあります。
対面販売なので購入するエリアは限られてきますから、ハイエンドモデル(車ならGTRとかを想像してください)に乗っている◯◯さん(苗字だけですがありふれた苗字で無い限り)でも特定されると思います。

補足日時:2011/04/10 20:40
    • good
    • 0

損害賠償請求は 民事ですから 可能です



しかし 勝訴は難しいでしょう 有能な弁護士を雇って 和解に持ち込むくらいが関の山

その和解金は百円~弁護士の能力によっては数千円、弁護士費用は十数万円から数百万円

弁護士を儲けさせてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>百円~弁護士の能力によっては数千円
その程度でしょう。
謝罪してくれれば良いだけなんですけどね。

お礼日時:2011/04/10 18:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人情報の定義について

先日、個人情報のことについて色々と調べていました。個人情報とは、特定の個人を識別することが出来る情報を指すようです。つまり、個人情報には氏名、性別、生年月日、年齢、本籍、住所・・・etcが含まれますが、いずれかに該当しても、個人を特定することができなければ、個人情報には該当しないようです。
そうすると、例えばの話ですが、氏名+携帯番号は個人情報を構成する情報と言い切ることが出来るでしょうか?

Aベストアンサー

>個人情報とは、特定の個人を識別することが出来る情報を指す
まず、定義が間違っています。
そう定義してしまうと、たとえば、
・○○さん(実名)は、当店で××を買った
というような情報について、○○さん(実名)の部分だけが個人情報に該当する、という意味になります。
それじゃあマズイというのはわかると思うが。
(○○さんと、購買内容が結びついていることが本質的な問題。)

で、
>氏名+携帯番号は個人情報を構成する情報と言い切ることが出来るでしょうか?
何だかなあ。特定の個人を識別の意味を、日本全国のうちただ1人に絞りこむための情報
ととらえているようですけれど、自治会内で1人に絞りこむための情報 で特定個識別です。
よって、
氏名単独で個人情報。(厳密には同姓同名がいるかもしれないが関係ない。)
携帯番号単独で個人情報。(家族で携帯1台かもしれないが関係ない。)
両方なら、当然、個人情報。
このことについて、裁判での決着はついていないので、法律制定した経産省の解釈を当面の解釈とします。
http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g51214c05j.pdf

>個人情報とは、特定の個人を識別することが出来る情報を指す
まず、定義が間違っています。
そう定義してしまうと、たとえば、
・○○さん(実名)は、当店で××を買った
というような情報について、○○さん(実名)の部分だけが個人情報に該当する、という意味になります。
それじゃあマズイというのはわかると思うが。
(○○さんと、購買内容が結びついていることが本質的な問題。)

で、
>氏名+携帯番号は個人情報を構成する情報と言い切ることが出来るでしょうか?
何だかなあ。特定の個人を識別の意...続きを読む

Q謝罪広告を求めて提訴する場合の証拠品について!

郵便局と話がこじれています。会話はレコーダーに録音しているのですが,
その録音の中で存在しない書面名をでっち上、反論する部分があります。

その後、そのような書面は存在しないことを認めています。
この場合、この録音を証拠に新聞に謝罪広告を求める提訴はできますか?

法律に詳しい方がおられましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 水掛け論の話は、書面であっても水掛け論になりませんかね。

一方の当事者が、後から書いたかも知れない、一方的な内容の書面であれば、それなりの扱いになります。
トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名をメモするのなら、ペン書き、ページの入れ替えの出来ないキャンパスノートで、当日のニュースや天気などを併記すると、信憑性が上がります。

担当上司、郵便局長なんかが査閲したサインや印があれば、担当者が勝手に行った一時的、感情的な回答としては扱われず、相当の信憑性があると判断されます。


> 事前に録音している旨は伝えました。

そういう経緯なども含めて連続して録音されていれば、一定の信憑性があると判断されます。

--
> この録音を証拠に新聞に謝罪広告を求める提訴はできますか?

提訴は出来ます。

ただ、日本の法律では、原則的に謝罪の命令を出す事は出来ません。

新聞や雑誌に謝罪広告を出すように命じるのは、あくまでも相手の名誉が毀損した、損害を被った事などの回復を行うための手段です。
強制力は無いので、相手が断固として謝らないって場合には、謝罪されなかった事により毀損した名誉については、金銭的に、または刑罰などで贖う事になります。

裁判所が、社会基盤なんかを揺るがしかねない重要な案件だとか判断するのなら、そういう命令を出す可能性はあります。

質問を読む限りは、そういう案件だとは思えないので、よほど良く話が運んでも、せいぜい示談の上で、局内に
「この度これこれこういうトラブルがありました。関係者の方々にはご迷惑をおかけしました。今後はこれこれこうして再発防止に努めます。」
とかの顛末書とか、再発防止策を提示するとかまでかと。


録音内容とか、トラブルの経緯とか、具体的な内容が不明瞭ですと、これ以上は憶測の域を出ないし、何とも判断できません。
電話帳で県の弁護士会を調べ、事情を説明して適任な弁護士を紹介してもらい、具体的な状況や証拠を提示して相談する事をお勧めします。

> 水掛け論の話は、書面であっても水掛け論になりませんかね。

一方の当事者が、後から書いたかも知れない、一方的な内容の書面であれば、それなりの扱いになります。
トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名をメモするのなら、ペン書き、ページの入れ替えの出来ないキャンパスノートで、当日のニュースや天気などを併記すると、信憑性が上がります。

担当上司、郵便局長なんかが査閲したサインや印があれば、担当者が勝手に行った一時的、感情的な回答としては扱われず、相当の信憑...続きを読む

Q個人情報保護法のデータについて

私が所有する個人情報保護法に関するテキストに、以下のような記載があります。
「個人情報がコンピュータに記録されていても、検索できるよう体系的に構成されておらず、ファイル検索、全文検索を行なって特定の個人情報を抽出できたとしても、個人情報データベース等には該当しない」
これは具体的にどのようなことを言っているのでしょうか?
例えば、エクセルで作成されたデータは該当するが、ワードで作成されたデータは該当しないというようなことでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少々面倒な表現ですね。
私の解釈ですが、、、

「検索できるよう体系的に構成されておらず」とありますから、
データの項目の意味が特定できないようなデータ形式であることが
予想されます。
例えば、項目名を持たないテキストファイルなどです。
テキストファイルに、
「2008040930トウキョウト0312345678...」
というようなデータ形式で1行に1件の個人情報が保存されていたとします。
この中から検索するとなると、ノートパッドなどのテキストエディタを使用して、
数値や文字列を検索するかと思います。
これが「ファイル検索、全文検索」という意味だと解釈しています。

ExcelやWordは、データ項目を特定できるようになってしまいますから、
ケースバイケースというところでしょうか。
どちらも、VBAという簡単なプログラミング機能を使えば、
一見データベースのようにできます。

Q官報に破産者の情報掲載は個人情報の流出では?法律上の生存/死亡の定義は?

官報に破産者名、住所等が掲載されますが、次を教えてください。
1)破産者を官報に掲載する根拠となる法律は何ですか?
2)個人情報の保護に関する法律に違反しませんか?
3)破産者は、法律上死人と同じだと聞いたことがあります。個人情報の保護に関する法律では、「個人情報」とは、生存する個人に関する情報となっており、この生存の意味を教えてください。
4)法律上の生存、死亡の定義は、どの法律で決まっていますか?

Aベストアンサー

1)破産法第143条第1項、官報及び法令全書に関する内閣府令第1条
2)破産法で定められていますので違反しません。
3)法律上、死人と同じではありません。破産宣告により、破産者は、破産宣告時の債務者の財産(破産財団に属する財産)の管理処分権を失うだけです。破産宣告後に取得した財産は、管理、処分することができます。
4)死亡を定義した法律はありません。法解釈にゆだねられます。なお、臓器の移植に関する法律は、一定の要件で、脳死者からの臓器の摘出を認めていますが、臓器摘出との関係において脳死者を死体とするのであって、一般的に脳死を人の死と法律で定めたものではありません。

Q「個人情報保護法」におけるメールアドアレスの考え方について

メールアドレスが個人情報に該当するかしないかの解釈において、
「メールアドレスそれのみで特定の個人を識別することが出来ない」場合は、
個人情報にならないと解釈されるようです。

例えば「@以下が会社名などその所属がハッキリ判る場合は、個人情報になる。」
それでは、@以下がプロバイダ名の場合は、そのアドレス単体で個人情報になるのでしょうか?

Aベストアンサー

メールアドレスだけで本人が識別できるのであれば個人情報ですし、それだけで識別できなければ個人情報にはなりません。

会社でもプロバイダでも同じですので、ケースバイケースの判断だと思います。

ちなみに、私の会社は個人名@会社名なのでメールアドレスは個人情報になるでしょうし、プライベートはそれだけで個人名は全く判別不能なので個人情報にはなりません。

自分の名前@プロバイダなら個人情報でしょうね。

Q個人情報保護法において、個人名+都道府県名は個人情報にあたる?

タイトルの通りです。
個人名とその個人が済む都道府県名がセットになっている場合、これは個人情報として扱われますか?

もしあたってしまう場合、
どのくらいまでであれば個人情報として扱わなくても済むのでしょうか?お教えくださいませ。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む。)をいう。

 とされていますから、「個人名+都道府県名」は個人情報にはならないと思います。

Q個人情報保護について

 自治会の催しで満70歳以上の人を招待することになりましたが、誰が該当者かわからないので、調べて案内をしようとしましたが、個人情報保護法があるので、70歳以上と予測できる人に直接、該当者であるか尋ねなければいけないと指摘されました。
私が思っているのは、役所に出向き情報を出してもらい、念のため、該当者に「催し以外に個人情報は利用しない」旨の文章を示して、案内すれば良いと思うのですが、いかがでしょうか?
良い方法、教えて下さい。
 私の周りでは、何かと言えば、個人情報保護法を持ち出す人が最近多いように思います。

Aベストアンサー

個人情報の収集の際に、「催しの案内のために使う」「そのために自治会に情報を扱わせる」という同意を【事前に】取っていない限り、たとえ自治会といえども役所から情報を得ることはできません。

個人情報(狭義でいう「住所」「氏名」)を本人に断りなく役所から引き出しておいて、後から「催し以外に個人情報は利用しない」なんて、ありえないですよ。

もっとも、絶対に法令を破るわけにはいかないハズの役所や公務員が「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」を破って、「氏名」「生年月日」「住所」のセットになった、どう言い訳しても『個人情報ではない』と絶対に言えないものを、流すはずはないんですがね。

Q個人情報の流出

よく、個人情報が流出した、というのを聞くのですが
悪用する為ではない限り、処罰?などはないのでしょうか?流出したサイトでは、個人情報の流出のお詫びとか記載してありますがそれだけで済むのでしょうか?

Aベストアンサー

流出した個人情報は、多くの場合悪用されています。スパムメール、DM等。
流出した側に重大な過失(故意に流出させた等)が無い限り罰則規定は無かった?様に思います。しかし、罰則規定が無いから何もしない。と言う意見は通りません。流出防止の為の措置をとる。情報を回収する様に規定されているはずですが。

流出した個人情報をそうであると知って使った自然人、法人に対しても罰則規定があるはずですが、証拠が曖昧な為に実行されたと言う事は聞きませんね。
個人情報を盗む為にクラッキングした場合はきっちり罰則が適応されます。

Qフリーメールアドレスは個人情報ではないのでしょうか?

ある個人情報保護法のテキストに、(フリーメールアドレスは個人情報とは言えない)という様な説明がなされておりました。
-----------------------------------------------

各種のサイトで、フリーメールアドレスでも登録できるものが沢山あり、そこで住所氏名などの登録も行ったりします。と言うことは、フリーメールアドレスも個人情報と言えるのではないのでしょうか?

【個人除法保護法】では、個人情報の定義として(他の情報と容易に照合することができ、それによって当該個人を識別できるものを含む)としています。
フリーメールアドレスは、これには該当しないのでしょうか?

Aベストアンサー

フリメは個人の情報を全て偽っても登録できるので
登録された情報の信憑性は極めて低いと思います。
男性が女性になれたり子供が大人になる事も可能です。
また登録したPCのIPアドレスから遡って個人を特定する事も
他人のPCを使っている可能性も有るので基本的に個人を
特定出来ないと思います。
個人を特定できない以上個人情報には該当しないと思います。
だからフリメは社会的信用度も低いんだと思います。

Q会社の個人情報流出と名誉毀損

在籍している会社の従業員の個人情報が流出している事実を
2ちゃんねる等で暴露した場合、名誉毀損罪に問われますか?
また、その暴露行為によって会社が損害を被る場合はあるので
しょうか?
どなたかお詳しい方、教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

常に問われるとはいいませんが、可能性はあります。損害についても同様です。


人気Q&Aランキング