人気雑誌が読み放題♪

今日ギターを練習していたら6弦が急に切れてしまいました…。
弦を交換してから2週間経つか経たないかです。
練習は平日に4時間程、休日に7時間程しています。
使用していた弦はアーニーボールの11~54のセットです。
ドロップBにしていました。

本題に入ります。

・切れにくいなエレキギター弦で皆さんのお勧めを教えてください。


・エリクサーの弦は寿命が長いと言われていますが、「音」の寿命の話であって弦が切れにくいってことではないですよね?


回答よろしくお願いします!!

A 回答 (3件)

私もダダリオを推薦します。



ドロップBにされているのでしたら056までゲージを上げても良いかと思います。
太いほうが確実に切れにくくなりますが、テンションが変わって演奏しにくくなる可能性もあります。
練習量がかなり多いようなので、汗もたくさん掻くし
低音弦をミュートして激しいリフもあるので弦の劣化は相当なものと思われます。

6弦だけを余分に購入しておくという手もあります。 参考URLをどうぞ。
私は、チョーキングを多様するので1弦と2弦はいつもバラでたくさん買ってストックしています。

エリクサーの弦ですが、確かに寿命が長いです。
ピッキングの強弱による劣化はあまり変わらないかもしれません。
しかし、コーティングされている分、汗などが浸み込みにくくなっているので
通常の弦よりは切れにくいと思いますが、値段が高くつくので考えてしまいますね。

私は弦を切れにくくするのに、チタンのサドルに交換しています。
汗っかきで普通のサドルだとサビや劣化が生じ弦が切れやすくなります。
初期投資は高くつきますが今では以前よりも切れにくくなりました。

参考URL:http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!ダダリオ支持されてますね(^-^)

サドルをチタン製に…プロのミュージシャンの方でもやってる方多いですよね。弦はいつもサドル周辺で切れるので考えてみます(^-^)

お礼日時:2011/04/11 16:07

そういえば私もブリッジ側で特定な弦が切れる事がありました。



サドルを見比べるとちょっととがっている気がしたので軽くヤスリを掛けたとけろ、ほとんど切れなくなりました。

この方法が良いか悪いかはわかりませんが、なにせすぐ改造したくなるタイプなので(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!難しそうですね…細かい作業ができる人って羨ましいです(;_;)

お礼日時:2011/04/12 15:00

私は 断然 ダダリオですな


太いのも細いのも使ってますが 寿命はかなり長いです

細いのは 125(009-011-016-026-036-046)
太いのは 115+140(011-014-018+030-042-052)
でしたかと、、、


  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!
ダダリオは定番ならではの安心感がありますね(^^)

値段も高くないですし。

お礼日時:2011/04/10 23:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4弦がすぐ切れる。ブリッジのせい?

最近、僕のギターの4弦がすぐ切れてしまいます。
切れてしまうと言うか、4弦がブリッジのとこから巻き弦の巻いてある所が、取れてしまうんです。うーん、説明になってないかも・・・
説明するの難しいですが、要するに、弦がブリッジの所から切れるというか、(巻弦の中心の弦に細い弦が巻きついてますよね?)巻いてある所が取れてしまって使えなくなってしまうんです。
最初は弾き方が悪いのかとおもったのですが、2回続けてこうなったので心配になりました。
やっぱりブリッジを交換したほうがいいのでしょうか?
ちなみに、ギターは買ってから2~3年位です。

Aベストアンサー

多分エレキの金属のブリッジのことですよね。
新品の場合はチェックされてますので、弦が切れることは少ないと思います。
使っていて、チューニングを重ねるとドンドン弦を引っ張ることになりますよね。
これは、金属を同じ方向にばかりヤスリがけをしているのと同じで、カエリがでます。(包丁とぎでカエリが出るのと同じです)とくに4弦ならワウンドピッチが狭く、細かいヤスリに相当します。

つまり長く使うと、ブリッジの部分のカエリはかならず起こってきて、弦が切れる原因になります。(チューニングで弦を張ってもある程度緩みますので、この時にカエリがナイフのようになるのです。)

レスポール系のブリッジが直角にカットされているもので起こりやすいですね。

弦を全て外して、ブリッジ部分を触感でチェックしてみてください。
浅いカエリなら、その部分に張る弦をヤスリの代わりにして手でヘッド方向からブリッジの方向に擦れば、取ることが出来ます。

まあ個体により、状態が違うと思うので参考程度にしてください。

Qギターの弦のテンションについて

今使っているギターはジャクソンのロングスケール
のフロイドローズタイプだったんですがテンションが割と緩めで何年か使用してきましたが新しいギターを最近購入しようと思ったのですがホライズンやアイバニーズなどの同じようなタイプのギターを試演すると弦のリードプレイなどをすると弦のテンションが強めでピッキングが引っかかる感じがあり弾きにくく感じました。緩めのテンションのギターに慣れてしまった
ためでしょうかギターの弦のテンションをチューニングは同じくレギュラーで落とす方法はないのでしょうか?

また一般的には速弾きなどのリードプレイなどはテンションが高いほうが弾きやすいんでしょうか?
もしそうなら低いテンションのギターに慣れてしまった場合高いテンションになれるのには個人差はあるとは思いますが時間がかかりますか?

Aベストアンサー

まず、弦のテンション(張力)についてですが、基本的にチューニングした状態の弦の張力は、弦のゲージの太さと、弦の全長に依存します。 スケール長が同じ設定のギターが複数、同じチューニングにしてあるとした場合、それらのギターの弦の張力は基本的にゲージの太さに依存します。 ゲージが太い弦であれば張力は高く、逆にゲージが細い弦になれば張力は低くなる方向に向かいます。
ですので、基本的には、ギターのスケール長が同じであれば、弦の張力を左右する要素はギターの機構上の違い・問題というよりも、弦そのものの太さに依存するといえます。 単純に考えるなら、スケール長が同じギターで、チューニングを一定として、弦の張力を下げる方向に向かわせるとした時に取りうる選択肢は、弦のゲージをより細いセットに交換するというのが最も現実的でしょう。

ただ、チョーキングなどの時に指先に伝わる弦の張りの硬さなどについては、実際の張力のみで判断を下すことは難しくなるかも知れません。 こちらのチョーキング時などの弦の反発力については、チューンOマチックタイプなどではサドルでの弦の折り曲げ角度、通常のタイプのナットであれば、テンションバーなどの高さ等ナット部での弦の折り曲げ角度によって影響される範囲でもあります。 ナットないしサドル部での弦の折り曲げ角が深ければ、チョーキングなどの際の弦のレスポンスは硬くなり、角度が浅ければレスポンスは軽くなります。
ただし、フロイドローズなどのロック式ユニットの場合、こうしたサドル部やナット部での弦の動きをロックしてしまうため、上記のような要素でチョーキングなどのレスポンスを変更することは難しいでしょう。
フロイドローズの場合、チョーキングのレスポンスの硬さなどは、トレモロユニットを支持しているボディ裏のスプリングの本数や硬さが意外に強く影響すると思います。 弦のタッチが硬いように感じる場合は、トレモロユニットを支持しているスプリングの力を減らすことで、感触をソフトにすることも可能かも知れません。


ピッキング時の感触に違和感を感じたとすれば、主には弦高調整の加減や、トレモロユニットの裏のバネの本数等の影響ないしは、張ってある弦のゲージの違いあたりを検討してみるのが現実的なような気もします。 先にも挙げたように、スケール長・弦の太さ・チューニングの3要素が一定であれば、弦の張力に違いはありません。 実際に計測値としての弦の張力の違いが生じるとしたら、弦のゲージが違うか、そもそもスケール長が違う(スケールが短い方が張力は低くなります)かのいずれかになるでしょう。


速弾きなどの演奏において、弦の張力が高い方が弾きやすいのかという件については、一般的にそういったセオリーはないでしょう。 ロングスケールのストラトキャスターで速弾きをする人もいれば、ミュージックマンやギブソン・レスポールなどのショートやミディアムスケールのギターで速弾きをする人もいます。 どちらが有利ということもないでしょう。

また、弦のテンションが違うギターへの移行については、これはおっしゃるように個人差のある話でもありますし、またその個人差についても大きな開きのある差異になると思います。 スケール長の違いや張りの硬さなどをものともせずに様々なセッティングのギターをバリバリ弾きこなす人もいれば、そうした細かなタッチにこだわりぬく人もいます。
いずれにしても、これは慣れの問題という側面が強く出るでしょうし、一般論的にも、すぐに慣れるとも時間がかかるとも言うことはできないでしょう。 究極的には、使ってみて、使いやすいと感じるかどうかの問題になると思います。

なお、ピッキング時のピックの当たる感触については、弦のテンションの違いを云々するだけではなく、ピッキング動作そのものも併せて再検討して、無理な動きでのピッキングになったりしていないかどうかを見つめなおしてみるのも有効かも知れませんね。

参考になれば。 長々と乱文を失礼しました。

まず、弦のテンション(張力)についてですが、基本的にチューニングした状態の弦の張力は、弦のゲージの太さと、弦の全長に依存します。 スケール長が同じ設定のギターが複数、同じチューニングにしてあるとした場合、それらのギターの弦の張力は基本的にゲージの太さに依存します。 ゲージが太い弦であれば張力は高く、逆にゲージが細い弦になれば張力は低くなる方向に向かいます。
ですので、基本的には、ギターのスケール長が同じであれば、弦の張力を左右する要素はギターの機構上の違い・問題というよりも、...続きを読む

Qレスポールがジャズで普及しなかったのはなぜ?

レスポールはジャズの録音もたくさん残したのに、なぜかジャズギタリスト
でレスポールモデルの楽器を使っている人をほとんどみかけません。

私の知る限りでは、1955~56年のあいだにジムホールがまだサイド
マン時代だった頃にレスポールを小脇に抱えたレコードの写真だけしか
見たことがありません。
(そんなジムホールも57年にやっと念願かなった自己の初リーダー吹き
こみではESに持ち替えてしまっていました・・・)

レスポールが愛器のジャズギタリストって、ほかにどんな人がいたかご存
知のかた、手当たり次第に色々教えてください♪

あと、ジャズというとフルアコ専門の世界みたいに見えてしまいますが、
ジャズ界に大きな接点を持っていたレスポール本人が、仲間のギタリスト
に自分の楽器を勧めて回らなかったのだろうか?と不思議でなりません。
(1950年代のジャズはとにかく新しい物好き志向だったので、もっ
と多くのレスポール使用奏者が多くてもよさそうに思いました・・・)

この辺の事情をご存知の方、手当たり次第で結構です!いろんなエピソー
ドを教えてください♪

レスポールはジャズの録音もたくさん残したのに、なぜかジャズギタリスト
でレスポールモデルの楽器を使っている人をほとんどみかけません。

私の知る限りでは、1955~56年のあいだにジムホールがまだサイド
マン時代だった頃にレスポールを小脇に抱えたレコードの写真だけしか
見たことがありません。
(そんなジムホールも57年にやっと念願かなった自己の初リーダー吹き
こみではESに持ち替えてしまっていました・・・)

レスポールが愛器のジャズギタリストって、ほかにどんな人がいたかご...続きを読む

Aベストアンサー

1っす。
>タルファーロウのようにカキンカキンの音を一生懸命フルアコで
頑張っているギタリストも多いので、どうして彼らはソリッド楽器
を使わなかったのか、とても興味があります!

堅めの音色を使うにしても
フルアコとソリッドじゃ音の太さが全然違いますからね。。
なんていえばいいのかな、レスポールじゃ
中域のもっちり感やフルアコにフラット弦を
張ったときのようなコンプレッション感が
全然でないです。

そういえば天野丘氏もレスポールをメインに使ってましたが、トラディショナルなジャズを弾く人でレスポール使ってる人はやはり見かけませんね。増尾さんにしてもトラディショナルなジャズの時はレスポール使わないし。


人気Q&Aランキング