英文法の比較を勉強しています。

細かいところなんですが分からないのでお願いします。

No student in this class can swim as fast as Jane.
ジェーンほど速く泳げる生徒はこのクラスにはいません。

この文章を最上級を使って書き換えると

Jane can swim the fastest of all students in this classとなり
studentsの前にtheがつきません。

一方

He plays the guitar better than any other boy in his class
彼はギターを弾くのがクラスで1番上手です

この文章を最上級を使って書き換えると

He plays the guitar best of all the boys in his classとなり

boysの前にtheがつきます。

of allの後に、どうして上の文ではtheがつかず、下の文にはtheがつくのですか??

苦手な英語で分からないので教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 最初の文のof all students in this classでは、theをつけてもつけなくても構いません。

この背景は調べれば詳しい説明もされていますが、とりあえず「現在の英語が両方とも使っているから」ということでなっとくしておいてください。

 次のof all the boys in his classですが、彼のクラスの「男子生徒の中で」と、上の文よりも女子を除いて男子に絞りこんで(限定して)いますね。そのためにtheが必要になっています。(元の文のany other boyはboyにsをつけてany other boysが正しいです。)

 以上は比較級とは関係なく、冠詞の使い方についての考え方です。

 質問にはありませんでしたが、上の文の最上級the fastestは副詞の最上級ですからtheは省略可能です。逆に下の文のbest of all...ですが、この場合のbestは形容詞goodではなく副詞wellの最上級ですね。ですから一応theが省略されているようです。でも実際はtheをつけ、the best of all...とすることができます。

 形容詞の最上級については、学校では必ずtheをつけるように教えていると思いますので、その通り覚えておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

納得する事ができました!

まだまだ勉強不足なので副詞はtheが省略できる事も初めて知りました。

本当に嬉しいです!

ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/11 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC++ クラスをメンバにもつクラスについて

お世話になります。C++初心者でうまくコードが書けません(><)
クラス1と2があり、クラス1のメンバにはクラス2があります。
メインでクラス1をインスタンス化してクラス2のfunc2を呼び出します。
func2ではクラス1のインスタンスから呼び出された場合にクラス1の
m_int1を取得します。
Class Class1{
public:
 int m_int1;
 Class2 m_Class2;
};
Class Class2{
public: void func2();
};
void Class2::func2(){
 /*ここの記述方法が分かりません*/
 /*C1から呼び出されたらC1のm_int1に100を入れる*/
 /*以下間違え*/
 class1 C2_1;/*別のclass1のオブジェクトなのでこれに入れてもダメっぽい*/
 C2_1.m_int1 = 100;
}
void main(){
 class1 C1;
 C1.m_int1 = 10;
 C1.m_class2.func();
}
C1.m_class2.func()の中から呼び出したC1にアクセスする方法が
分かりません(TT)。実体がまだあるのだからアクセスする方法は
あると思うのですが・・・
どなたかよろしくお願いします。

お世話になります。C++初心者でうまくコードが書けません(><)
クラス1と2があり、クラス1のメンバにはクラス2があります。
メインでクラス1をインスタンス化してクラス2のfunc2を呼び出します。
func2ではクラス1のインスタンスから呼び出された場合にクラス1の
m_int1を取得します。
Class Class1{
public:
 int m_int1;
 Class2 m_Class2;
};
Class Class2{
public: void func2();
};
void Class2::func2(){
 /*ここの記述方法が分かりません*/
 /*C1から呼び出されたらC1のm_int1に...続きを読む

Aベストアンサー

おそらくインスタンスに対する勘違いをされていると思います。

void Class2::func2(){
 /*ここの記述方法が分かりません*/
 /*C1から呼び出されたらC1のm_int1に100を入れる*/
 /*以下間違え*/
 class1 C2_1;/*別のclass1のオブジェクトなのでこれに入れてもダメっぽい*/
 C2_1.m_int1 = 100;
}

ここで行っているのは、あくまで func2関数内のローカル変数として宣言されているC2_1のm_int1に100を代入しているだけで、本来行いたい代入先とは別のインスタンスです。

*解決方1
func に class1のインスタンスを特定できる情報を渡す

public:
void func2 (class1 *ptr);
void func2 (class1 &ptr);
など。

*解決法2
class2 のコンストラクタで、自分をメンバ変数として持ってくれるclass1のポインタ等をもらう。

class class2
{
public:
class2 (class1 *ptr)
: m_ptr (ptr)
{
}
void func ()
{
m_ptr->m_int1 = 100;
}
private:
class1 *m_ptr;
}

です。
ちなみに解決法2ではwarningが発生しますが^^;

おそらくインスタンスに対する勘違いをされていると思います。

void Class2::func2(){
 /*ここの記述方法が分かりません*/
 /*C1から呼び出されたらC1のm_int1に100を入れる*/
 /*以下間違え*/
 class1 C2_1;/*別のclass1のオブジェクトなのでこれに入れてもダメっぽい*/
 C2_1.m_int1 = 100;
}

ここで行っているのは、あくまで func2関数内のローカル変数として宣言されているC2_1のm_int1に100を代入しているだけで、本来行いたい代入先とは別のインスタンスです。

*解決方1
func に cl...続きを読む

Qthat の文法的働き、意味について。英文解釈、英文法の質問です。

小説の一節で、どうしても使われているthatの意味、働きが分かりません。場面は、ある教師と生徒達が、昔にある事件に合い、その精神的な影響について、教師が、その当時お世話になった医者に手紙を書き、その手紙の内容の途中です。最初のthemは、その生徒達を指します。

I always wonder what effects the incident had on them, and on myself. Something as traumatic as that you'd think would have to have had some lingering physical or psychological impact on all of us. I can't believe otherwise. But when it comes to pinpointing what sort of effects these were, I am at a loss.

この二文目に出てくるthat の働きと意味がよく分かりません。

1.私の解釈(文の構造)では、Something as traumatic as that you'd think が主語、would have to have had が動詞で、以下がhadの目的語でall of usまで続きます。これで合っているでしょうか?

~as that you'd think の部分がややこしいので、これを省いて直訳すると、「何かトラウマシックなものが、私達に、身体的にも心理的にも大きな影響を与えたにちがいないのだろう」だと思います。

2.このthatはいるのでしょうか?こういう例文をよく見ます。

If you listen to the album, it is actually not so commercial as you think.
そのアルバムは実際に聞いてみると思ったほど商業主義的ではない。

The two of you aren't as well matched as you thought.
君たち二人ははじめ君たちが思っていたほど、お似合いではないね。

今回の質問しているas that you'd think が上記の例(as you think、as you thought)と同じ働きで同じ意味を成すとすれば、このthatの意味はいったいなんなのでしょうか?どういう働きをしているのでしょうか?

仮に同じ働きだとして、訳すと、「あなたもそう考えているかもしれませんが、何かトラウマシックなものが、私達に、身体的にも心理的にも大きな影響を与えたにちがいないのだろう」

小説の途中で、文脈が掴みにくいかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。お力を貸してください。

小説の一節で、どうしても使われているthatの意味、働きが分かりません。場面は、ある教師と生徒達が、昔にある事件に合い、その精神的な影響について、教師が、その当時お世話になった医者に手紙を書き、その手紙の内容の途中です。最初のthemは、その生徒達を指します。

I always wonder what effects the incident had on them, and on myself. Something as traumatic as that you'd think would have to have had some lingering physical or psychological impact on all of us. I can't believe otherwi...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 補足質問を読ませていただきました。

なぜ生き生きしているのかと言うと、文章の普通の形にとらわれずに、この文章を「言いながら」ふと挿入した方がいいな、と感じたのでyou'd thinkと言う部分を入れたわけなのです。 つまり、考えて考えて作った文章と言うよりも、会話的にフィーリングそのものを今度は文字にしているわけです。

つまり、このような書き方をして思い浮かぶごとに文章を書いているわけです。 だから、生き生きとしている、と言うことになるのです。

つまり、挿入したい、と言うフィーリングがある文章なのですね。 ですから、日本語訳もそのフィーリングを反映していなければ訳にはならないわけで、この英文の説明ができても、挿入ですと言っても、その知識が実際に訳に使われていなければ、挿入しなかった文章と同じになってしまうわけです。 それじゃ、英語と言うものを身につけていないと思われても仕方ないわけです。 ちょっときつい言い方をすれば、口先だけの、あるいは、表面だけの知識だと言うことであり、使えない「文法と言う名前を盗んだ」学校文法に過ぎない、と言うことなのです。

それだけ、フィーリングと言うものは重要なわけですね。

と言うことは、つまり、Something as traumatic as that you'd think would have to have had some lingering physical or psychological impact on all of us.は、「あなたもそう考えているかもしれませんが、何かトラウマシックなものが、私達に、身体的にも心理的にも大きな影響を与えたにちがいないのだろう」に近い、「あれほど何かトラウマシックなものが、あなたも考えると思うかも知れません、私達に身体的にも心理的にも大きな影響を与えたにちがいないでしょう」と言う風になるわけです。

ねっ、この挿入された文章は普通の文章よりこの文章を言っている人の考え方の動きが分かりますね。 この動きを入れない訳は訳ではない、と言うことなのです。

どうしたらこの挿入されたのかを知るには、you'd thinkと言う部分が次に来る単語とのつなぎがない、つまり、you'd think wouldと言う普通ではない言い方をしていると言うことに気がつくと思います。 そこから、このyou'd thinkは挿入されたのだと感じるわけです。

think, imagine, believe, mean,などがよく使われる動詞ですね。 日本語でもこの挿入をやっていますよね。 「私の思うには」「想像できると思いますが」「信じられないかもしれませんが」「言い換えると」と言うようなフィーリングを挿入しがちなわけです。 

wouldと言ってからhave to have hadとあなたも思うと思うけど、と言いたくなったわけです。 

自然な表現なのですね。 You'd thinkを前に持ってこなかったときはいう必要はないと感じたから、You'd think を前に持ってこなかったのです。 そして、考えが変わったとか入れたほうがいいな、と思い直したわけです。

この表現の中で考えの動きが見られると言うことはお分かりですね。 

決められたせりふを言うのではなく、多分日本でもテレビなんかでいると思いますが、本番でアナウンスしているときにこのような挿入はよく起こりますね。

と書きましたが、わざとこういう書き方をしたのは分かりますね。 なぜなら「多分日本でもテレビなんかでいると思いますが」を挿入したからですね。

「多分日本でもテレビなんかでいると思いますが、決められたせりふを言うのではなく、本番でアナウンスしているときにこのような挿入はよく起こりますね」と書いたのとはフィーリングが違いますね。

言うのではなく、と言ってから、日本での例をここで持ってきた方がいいな、と私は思ったと言うのが分かりますね。

学校文法の説明ではこの重要なフィーリングの動きを感じることを教えません。 ただ挿入された、と言う事実だけしか分からないわけです。 フィーリングを基にしていない英語の理解であるわけですからおのずから文法学者さんが英訳された文章が冷たく感じたりぶっきらぼうだったり状況に合わない英文や、下手をすると、英語ネイティブには理解できないものになりがちなのです。

つまり、通じても、きれいな形どおりの文章では「人間味が足りない」文章にもなってしまうわけです。 ですから、私はこのような表現方法をよくこのカテでも使っているのを読んだことがあるかもしれませんね。

また、書いてください。

Gです。 補足質問を読ませていただきました。

なぜ生き生きしているのかと言うと、文章の普通の形にとらわれずに、この文章を「言いながら」ふと挿入した方がいいな、と感じたのでyou'd thinkと言う部分を入れたわけなのです。 つまり、考えて考えて作った文章と言うよりも、会話的にフィーリングそのものを今度は文字にしているわけです。

つまり、このような書き方をして思い浮かぶごとに文章を書いているわけです。 だから、生き生きとしている、と言うことになるのです。

つまり、挿入したい、と...続きを読む

QC#で同じクラスAを継承したクラス1~20に対しての処理をきれいにしたい

C#でClassAを継承したClass1~20があり、
それらに以下のような処理をしているのですが、行数が増えすぎて見難いです。
もっと綺麗に書く方法はないのでしょうか?
class10の処理が「同じ処理」ならClassA型の配列でいけそうなんですが…。
class10だけ配列に入れないか、配列に入れてclass10の部分だけスキップするしか方法はないんでしょうか?
(頭が小文字なのはそのクラスのインスタンスです)
if(class1 != null)
{
  class1.同じ処理
}
if(class2 != null)
{
  class2.同じ処理
}
if(class3 != null)
{
  class3.同じ処理
}
   ・
   ・
   ・
if(class10 != null)
{
  class10.別の処理
}
   ・
   ・
   ・
if(class20 != null)
{
  class20.同じ処理
}

Aベストアンサー

> class10の処理が「同じ処理」ならClassA型の配列でいけそうなんですが…。
なら、メソッドを呼び出す側から見て同じ処理にしてしまえばいいんです。
そのためのメソッドのオーバーライドです。

public ClassA
{
 // ......

 public virtual void someMethod()
 {
  同じ処理
 }
}

Class10 : ClassA
{
 // ......

 public override void someMethod()
 {
  別の処理
 }
}

という具合にして、ClassA型の配列で回して someMethod() を実行しましょう。
someMethod() の引数・戻り値はやりたい処理に合わせて修正してください。

Q英文法勉強法&おすすめの英文法書

この春、北九州市立大学外国学部英米学科に進学する者です。
他に合格した大学は西南の英専と同志社の英文です。センターは筆記194リ46でした。
将来は英語を教えようと考えています。バイトもそういう関係のことをしたいと思いますが文法が苦手なので、自信がありません。
外国にいたので、英語はある程度話すことができるのですが、文法を真面目にしてこなかったので説明したりすることなんて全く出来ません。
文法問題はこれまで感覚で解いてきたので答えた理由とか説明できません。
今は少し時間があるので、文法を最初から学びなおしたいと考えています。最終的にはある程度教えられるレベルまでに持っていきたいです。
そこで、文法の勉強法やおすすめの文法書などを教えていただきたいです。
アドバイスがあれば何でもいいです。お願いします。

Aベストアンサー

 英語につまずいている生徒の悩みに届かないことがあるかもしれませんが,英語に振り回されながらがんばっている英語教師の穴を埋めることのできる人材かもしれません.決断するまで学生としていろいろな経験をされてみるとよいと思います.

 受験生の英文法の詰まり所,その説明の仕方を知るには「基礎英文法問題精講(旺文社)」を紹介します.

QC++/CLIでクラス内の要素を相互利用する方法

C++/CLIでクラスの中に定義された構造体等を、複数のクラス間で相互利用したいのですが、そのようなことは可能なのでしょうか。

とりあえず以下のコードを見ていただきたいのですが、

ref class class1;
ref class class2;

ref class class1
{
public:
 enum struct enum1
 {
  aa,bb
 };

 void func1a(class1^ obj){} // 1. OK
 void func2a(class2^ obj){} // 2. OK

 void func1b(class1::enum1 e){} // 3. OK
 void func2b(class2::enum2 e){} // 4. ERROR
};

ref class class2
{
public:
 enum struct enum2
 {
  aa,bb
 };

 void func1a(class1^ obj){} // 5. OK
 void func2a(class2^ obj){} // 6. OK

 void func1b(class1::enum1 e){} // 7. OK
 void func2b(class2::enum2 e){} // 8. OK
};

これの4.がコンパイルエラーになります。
このような構造を定義することはできないのでしょうか。

C++/CLIでクラスの中に定義された構造体等を、複数のクラス間で相互利用したいのですが、そのようなことは可能なのでしょうか。

とりあえず以下のコードを見ていただきたいのですが、

ref class class1;
ref class class2;

ref class class1
{
public:
 enum struct enum1
 {
  aa,bb
 };

 void func1a(class1^ obj){} // 1. OK
 void func2a(class2^ obj){} // 2. OK

 void func1b(class1::enum1 e){} // 3. OK
 void func2b(class2::enum2 e){} // 4. ERROR
};

ref class ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 どうやら、無理な様です。
 列挙体をクラスの外に出して一番上に書けば解決ですが、如何してもクラス内に置く事を死守するのであれば、「4」のメンバ関数をテンプレートにして、class2::enum2が見えている所でテンプレートの全特化を行えば出来ます。
 以下参考程度になれば。

// clrconsole.cpp : メイン プロジェクト ファイルです。
#include"stdafx.h"

using namespace System;

ref class class1;
ref class class2;

ref class class1
{
public:
enum struct enum1
{
aa,bb
};

void func1a(class1^ obj){} // 1. OK
void func2a(class2^ obj){} // 2. OK

void func1b(class1::enum1 e){} // 3. OK
template<class _Enum>
void func2b(_Enum e);// 4. 中身を引っこ抜く
};

ref class class2
{
public:
enum struct enum2
{
aa,bb
};

void func1a(class1^ obj){} // 5. OK
void func2a(class2^ obj){} // 6. OK

void func1b(class1::enum1 e){} // 7. OK
void func2b(class2::enum2 e){} // 8. OK
};

// 4. 中身
template<>
void class1::func2b<class2::enum2>(class2::enum2 e)
{
//class2::enum2の時のみ
}

int main(array<System::String ^> ^args)
{
class1^ c = gcnew class1();

c->func2b(class2::enum2::aa);
c->func2b(class2::enum2::bb);

//適合しないenumを入れるとリンクエラーになる
//c->func2b(class1::enum1::aa);
//c->func2b(class1::enum1::bb);

return 0;
}

 こんばんは。
 どうやら、無理な様です。
 列挙体をクラスの外に出して一番上に書けば解決ですが、如何してもクラス内に置く事を死守するのであれば、「4」のメンバ関数をテンプレートにして、class2::enum2が見えている所でテンプレートの全特化を行えば出来ます。
 以下参考程度になれば。

// clrconsole.cpp : メイン プロジェクト ファイルです。
#include"stdafx.h"

using namespace System;

ref class class1;
ref class class2;

ref class class1
{
public:
enum struct enum1
{...続きを読む

Q英文法の勉強法、参考書について

英文法の勉強法、参考書について、ご相談させてください。

私は中学高校、大学受験から大学、大学卒業に至るまで
一貫して英文法が苦手、というか英文法の勉強が嫌いでして、
英文を読むときにはほとんど勘に頼ることで乗り切って来ました。

しかし31歳になった今になって、英文法を学ぶことの必要性をひしひしと感じておりまして、
(単語や熟語は辞書を引けば理解出来ますが、文法はなかなかそうもいかないので)
何か参考書で勉強をしようと考えています。

さて、この参考書なのですが、どんなものを選べばよいでしょうか?
英語の参考書は大学受験以来触ったことがなく、またTOEICやTOEFLの経験もありませんでしたため、
あまたある(であろう)英文法の本のうちどれを選んだら良いものか、全く見当がついていません。

何かアドバイスをいただければ幸いです。

私の英語力は、大雑把に言いますと、理系の英語論文を時間をかければなんとか読める程度です。

Aベストアンサー

美誠社の「総解英文法」

高校生向けの参考書。詳しく説明してあるので、自分が興味がある部分だけ読んでも参考になると思います。

http://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E8%A7%A3%E8%8B%B1%E6%96%87%E6%B3%95%E2%80%95%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%84%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%81%A8%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E7%9A%84%E6%BC%94%E7%BF%92-%E9%AB%98%E6%A2%A8-%E5%81%A5%E5%90%89/dp/4828502017/ref=pd_sxp_f_i

QC,C++,C++/CLIの構造体とクラス

C++の構造体・クラスって、メンバのアクセス指定子のデフォルトが
privateかpublicかという違い「だけ」しか全くないのでしょうか?

クラスにおける
value class / ref class
という分類はC++/CLIのもので
これについては
value class の方は C言語の構造体に近いという事でいいでしょうか?

ref classの方は
ネイティブのC++のクラスを
マネージ用にしたようなもので

C++/CLIの構造体は
C++のそれと同じで
OKですか?

そしてそれらの構造体には、値型・参照型といった分類はないのでしょうか?

Aベストアンサー

> ということは、structも継承可、という事でしょうか?

structでも継承可能です。

> 継承のアクセス指定の方は
> クラスと構造体ではどうなるのでしょうか?

class A : Base {};



class A : private Base {};

と等価です。
一方、

struct A : Base {};



struct A : public Base {};

と等価です。

> そして「集成体」というのが初めて知ったのですが
> これはいわゆる、配列や・・・ある条件下でのクラス・・?
> なのでしょうか?

配列と以下の条件をすべて満たすクラスのことです。
・ユーザー定義のコンストラクタを持たない
・非公開または限定公開のメンバを持たない
・基底クラスを持たない
・仮想関数を持たない

ちなみにC言語の集成体は、配列と構造体の総称です(共用体は集成体ではありません)。

Q高校基礎英文法(Forest)の勉強法教えて下さい

「Forest」と「Forestの解いてトレーニング」を使用して英文法を勉強しています。
現在、中ほどまで進んでいるのですが、1章に半日以上費やしている状態です。
Forestを参考に、解いてトレーニングを1ページにつき二回復習してから次のページに進んでいるのですが、1章終えてからまたその章の始めに戻ってみるとほとんど覚えていなくて愕然としています。
構文は問題を解きながら覚えたほうがいいと聞いたのですが、まずは構文を丸暗記してから問題に取り組んだほうがいいのでしょうか。

また、私は看護学校受験のために勉強しているので高校基礎レベルの英文法が取得できればいいのですが、それにはForestは難しすぎるのでしょうか。
というか、中学レベルの英文法もあやふやな状態なので、まずここを完璧にしてから次へ進んだほうがいいでしょうか。


質問ばかりで申し訳ありません。
しかし、あまり時間もないので、できるだけ効率よく勉強したいと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語を独学しています。
私も、「Forest」と「Forestの解いてトレーニング」を使用して英文法の勉強をしています。
この間、一周、終えたところです。

私は、受験をする訳ではないのですが、『大学受験の教科書 はじめの一歩編』(他に『大学受験の教科書』という本があります。)という本を参考にして、勉強しています。
(『大学受験の教科書 はじめの一歩編』には、英語以外の勉強法も書かれてあり、持っていても良い一冊だと思いますよ。『大学受験の教科書』も同様ですが、レベルが高い人向けの本です。)
この本の中身(一部)は、インターネットでも、読むことができます。

http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20170102

> というか、中学レベルの英文法もあやふやな状態なので、
> まずここを完璧にしてから次へ進んだほうがいいでしょうか。
中学レベルの英文法があやふやなのであれば、中学レベルの英文法から復習する方が近道になると思います。
上記の『大学受験の教科書 はじめの一歩編』にも、「小学校、中学校の内容を理解していること、小学校や中学校で勉強したことは、その人の学習能力にかなりの影響を与える。」と書かれてあります。
中学レベルの英文法の勉強は、使われている単語が易しめなこともあり、『Forest』よりも早く進める事ができると思います。
中学レベルの英文法が一通り終わって、再び、『Forest』に入っても、中学レベルの英文法の復習は続けて、中学英語を完璧にする方が、良いと思います。

http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20170202

英文法について、上記の『大学受験の教科書 はじめの一歩編』と同じ内容が、インターネットでも読めますので、引用します。
-----
まずは英文法の復習だ。『これでわかる 英文法 中学1~3年(文英堂)』、『高校入試合格BON!英語(学研)』から1冊を選んで徹底的に繰り返す。仕上げに、『イラストで解く中学英語総復習(三省堂)』の例文を読み、問題を解こう。1回目で80%を割ってしまうようなら、一つ前の本を復習しなおそう。最終的には100点取れないとダメだよ。チェックテストで80-100点だった人は、英文法は『イラストで解く中学英語総復習』だけでもいいよ。ただし、この本じゃないとダメだ。イラストで文法の理解を誘導してくれて、高校の英文法の学習スピードを大きく上げてくれるんだ。
-----

上記の『大学受験の教科書』の方(「はじめの一歩編」ではない方)には、『くもんの中学英文法』(くもん出版)、『これでわかる 英文法 中学1~3年』(文英堂)、『高校入試合格BON!英語』(学研)を勧めていて、「1冊を選び、徹底的に繰り返して下さい。1ヶ月以内で、文法の全体を学習することが重要です。」と書かれてあります。

私は、『これでわかる 英文法 中学1~3年』(文英堂)を購入しました。
現在、半分程迄しか進んでいませんが、私は中学生の頃にあまり勉強しなかったので、「中学英語も、深い所迄、勉強しているのだな・・・。」と改めて分かりました。
くもん出版の『くもんの中学英文法』が、アマゾンで見た感じでは、人気がある様に思えます。
個人的には、『イラストで解く中学英語総復習』(三省堂)は、特別に良いとは思いませんでしたが、理解の助けになる事もあるのではないかと思います。
どこに書いてあったのかを覚えていないのですが、文法の問題を解く時も、全文を書く方が良いと書かれていた様な記憶があります。(私は、一度目は全文、二度目は答えだけにしています。)

上記の『大学受験の教科書 はじめの一歩編』では、国語の力を第一としていて、中学レベルの国語でだめなら、小学レベルの国語・・・という様に勧めています。
英語の勉強の基礎に、国語の勉強が必要となりますので、こちらも参考にされると良いと思います。

http://d.hatena.ne.jp/nimsel/20170314
 

英語を独学しています。
私も、「Forest」と「Forestの解いてトレーニング」を使用して英文法の勉強をしています。
この間、一周、終えたところです。

私は、受験をする訳ではないのですが、『大学受験の教科書 はじめの一歩編』(他に『大学受験の教科書』という本があります。)という本を参考にして、勉強しています。
(『大学受験の教科書 はじめの一歩編』には、英語以外の勉強法も書かれてあり、持っていても良い一冊だと思いますよ。『大学受験の教科書』も同様ですが、レベルが高い人向けの本です。)
...続きを読む

QC#クラスについて教えてください

下記通りクラスを作成した場合、プロパティaを配列にできますか?
class Class1
{
public string a { set; get; }
public int b { set; get; }
public int c { set; get; }
}



イメージとしては下記通りにしたいのですが、なかなかうまく行きません。
class Class1
{
public Class1(int x)
{
}
public string a[x] { set; get; }
public int b { set; get; }
public int c { set; get; }
}

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
Class1 f = new Class1(2);
f.a[0] = "asdf";
f.a[1] = "asdfa";
f.a[2] = "asdfasd";
f.b = 1;
f.c = 2;
}
初心者なんで、やさしく教えてください。お願いします。

下記通りクラスを作成した場合、プロパティaを配列にできますか?
class Class1
{
public string a { set; get; }
public int b { set; get; }
public int c { set; get; }
}



イメージとしては下記通りにしたいのですが、なかなかうまく行きません。
class Class1
{
public Class1(int x)
{
}
public string a[x] { set; get; }
public int b { set; get; }
public int c { set; get; }
}

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
Class1 f = new Clas...続きを読む

Aベストアンサー

class Class1
{
 public string[] a { get; set; }

 public Class1(int x)
 {
  a = new string[x+1];
 }
}

こんな感じですか??

Q頻出英文法・語法問題1000 瓜生・篠田のやり方、英文法の勉強法

こんばんわ。
受験勉強を始めようかと考えている高校生です。

そこで、自分の苦手分野である、文法分野をつぶそうと思い、今日本屋で、頻出英文法・語法問題1000を購入して参りました。

そこで、今やり方に困っています。
2ちゃんねるなどを見てどのようなやり方がいいかを見たのですが、いまひとつよくわかりませんでした・・・

そこで、質問なのですが、
現在私がやろうと思っているのは、

1、問題を解く
2、ノートに解答と和訳を書く
3、1問終わったら答え合わせ。わからなかった問題は解答を読んで理解
4、その日やった分を最後に復習

という風にやろうと思っています。
効率的に学習したいと考えております。

よろしければご意見をお願いします。
また、文法でほかにやった方がいい問題集・参考書等があれば回答していただければ非常にありがたいです。

Aベストアンサー

私も受験時にやりました笑

私のやり方は最初の一回のみノートに回答を書き、答え合わせのときに
英頻に赤ペンで答えを書き込み次回からは赤シートで見えないようにして問題を解きました。
和訳や、回答はノートに書きませんでした。
また、一日5ページやり、受験までに10往復はしました。

なぜ、和訳やノートに書かなかったかというと・・・
ぶっちゃけ、受験が近付くとそんなものを見ている余裕はありません。
あなたが文系なら最後は日本史もしくは世界史の勉強で追われるでしょう笑
英頻は和訳をするための教材ではなく、その文体の形を覚えるものです。なので何回もくりかえし、和訳の意味でなく、文の形を覚えてください!!

私の出身校は一応進学校で現在は国立に通っているので信じてこの方法で勉強してみてください。
受験合格することを祈っています!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報