そもそも血液型って何故あるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

体液中には、侵入して来た細菌や異物を攻撃するための


白血球やリンパ球などの警備役の細胞がただよっています。
それらが、体を構成する自分の仲間と、侵入者を区別する
ために、体細胞や血球の表面には、カギとなるタンパク質が
くっついています。
これが「血液型因子」と呼ばれるものです。

ABO式の血液型の他にも、有名なRh型など、多くの血液型因子
があります。
その中で、なぜABO式が注目されるかというと、2つの理由によります;

1.通常、同じ遺伝子グループでずっと交配していると、1つの遺伝子に収束する(輸血しても異物と判断しない)けど、ABO血液型は、世界的に見て分布に偏りがあり、うかつに輸血すると血液が凝固して致命にいたる「異種性」を、顕著な形で残しているからです(Rh型などは、ほぼ統一されかけているので輸血用血液が足りなくなる)。
血液型の分布を見ると、明らかな偏りのある地域があります。
A型の比率の高い地域は、日本から中国•江南地方~雲南~ブータンへと続く「稲作農耕文化圏(ジャポニカ米)+常緑照葉樹林帯+温帯モンスーン地域」で、B型の比率の高いのは、韓国北部から中国北部~モンゴル•チベット•インド北部~中東という「遊牧文化圏」です。
要するに、中世になって国際交流が盛んになる以前は、幾つかの文化圏による生殖隔離が行われ、人類の「種分化」が起きかけていたのです(=異物として攻撃する)。
(「A型が協調性」「B型がゴーイングマイウェイ」「O型が大ざっぱ」といった性格診断が、稲作農耕文化・遊牧文化・狩猟採集文化に対応するのは偶然ではありません。<ただし上記文化圏の接点である日本や韓国でのみ有効)

2.そもそも俗に「A型因子もB型因子もないのがO型」と言われますが、やや正確さに欠ける点があります。
実は「O型因子」というものは存在します。
そのO型因子に部品を加えて変形させたものが、A型因子とB型因子なのです。
このABO血液型因子のベースになるO型因子そのもののない血液型も、100万人に1人ほどは存在します。
それさえ除けば、ABO因子は補完的(同じベースで変化したものだから)=指標として完全であり、1.の要因とともに、輸血の安全性の指標として重要な地位を占めているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/12 01:22

こんばんは。



うちの妻は占いのためですかね。
よく毎日血液型と星座で喜怒哀楽できるな~って思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/12 01:21

輸血のためではないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2011/04/12 01:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング