陸自の観測ヘリコプターOH-6Dの後継が国産のOH-1と言う事になっていると思いますが、
実際、元々高いのと単年度の調達方式のせいでOH-6Dを更新できないという記事がかかれて久しいとおもいます。

OH-1は攻撃ヘリ化やヒューイの後継目指しての多用途化等の話も聞かれますが、
では元々のOH-6Dの後継はどうするのでしょうか?

1)現在の調達数で細々とOH-1を調達してOH-6Dの寿命に間に合うのでしょうか?
それとも
2)OH-6Dの飛行時間を減らして食いつなぐのでしょうか?
3)観測ヘリの考え方を見直し大幅に調達数を減らすとかの考えでしょうか?
4)別の観測ヘリを調達するのでしょうか?
5)アメリカ軍のカイオワの近代化の様にOH-6Dに何か手を入れるのでしょうか?

何気に気になって久しいので情報のご存知なかた、理にかなっているなら推測でも構いません。
ご教授お願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは




> 1)現在の調達数で細々とOH-1を調達してOH-6Dの寿命に
> 間に合うのでしょうか?
> 2)OH-6Dの飛行時間を減らして食いつなぐのでしょうか?
> 5)アメリカ軍のカイオワの近代化の様にOH-6Dに何か手を入れ
> るのでしょうか?


同数にする、って前提なら"無理"でしょうね。

なんせ初期lotは、導入(確か '78)から既に30年を超えています
んで、多少飛行時間を調整したところで用廃のペースには追い
つけないでしょう。

そして基本 60年代の設計ですから、改造のベースとするには流石
に、ちょっと無理があるような・・・。(とんでもなく費用がかかりそう)


> 4)別の観測ヘリを調達するのでしょうか?

個人的には EC645(Eurocopter)なんか面白いと思うのですが、今
のご時世予算がねぇ・・・。(´ヘ`;)


> 3)観測ヘリの考え方を見直し大幅に調達数を減らすとかの考えで
> しょうか?

そういう気がするんですよ。
今 方面隊(直轄)の情報部隊を再編制していて、その下に"無人偵察
機隊"って作っているんですね、H22年度迄で中方、西方、の2方面隊
が編制完了済なのですが、今後は全方面隊に適用すると思います

すべてのmissionをUAV(無人機)に置き換える、ってワケにはいかない
でしょうが、相当数の有人機は減勢じゃなかろうか?と・・・。

それと純粋な観測機って、今後は調達しないんじゃないでしょうか?
仮に調達するとしても、観測+軽武装(+特殊作戦:苦笑)のデュアル
(マルチ)ユースの機体になっていくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

なるほどUAVという手段もこれから重要ですね。
あと、ドイツ連邦陸軍のヘリコプターの数を見たら単純な観測ヘリは殆ど無かったです。

おっしゃるように純粋観測ヘリはなくなってゆき・・・。
という路線なんですね。
非常に良く理解できましたありがとうございました。

追伸:それなら海自の練習機をMD 500Eを買うんじゃなく陸自分を提供しその分OH-1でも買えばよかったのにといま思いました。

お礼日時:2011/04/12 23:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング