計画停電は、今後原則実施しないとの発表がありましたが、
夏の需要予測5500万キロワットに対して供給力は1000万キロワット程度不足の見込みなので
20%ほど節電をしないといけないことになります。
実際、ぎりぎりでは大規模停電のおそれがあることから、ある程度数%の余裕を見込むとすると
25%程度の節電が必要でしょう。
1/4を削るのですからこれはかなり大変なことです。

発電量の上積みは多少はあるでしょうけど、多くは期待できません。
政府や東電は何の自信というか根拠でもって「不実施」と言い切っちゃったんでしょうか。
実施予定だが節電次第で回避としていたほうが節電努力も続きそうですが。

夏のピークは気温の最も上がる午後2時前後。
クーラーの設定温度を上げて暑い夏に我慢することが出来るのでしょうか。今夏の気温にも左右されると思いますが、皆さん、計画停電は今夏、本当に回避されると思いますか?

A 回答 (1件)

回避されるかどうか分かりません。

余りにも多くの批判、反発、疑問の声がよせられて
方針転換を表明せざるを得なかっただけだと思う。
所詮はその場しのぎの自転車操業政治です。
どことも根回しも調整もできていないし、見積もりも何もないでしょう。
もちろん、自信も根拠も何も無い。口からでまかせのアドリブ政治に何を求めますか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング