広告制作プロダクションと広告代理店とではどう違うのでしょうか?
未経験からCMプランナーをやりたい場合まずは広告制作プロダクションで経験を積んでから広告代理店に転職したほうが可能性があるという話しを聞きます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

CMプランナーが働く場所には、大きく分けて広告代理店の制作部門とCMプロダクションとがあります。



代理店のクリエイターは自分で企画を作るだけではなく、先の回答のようにCMプロダクションのプランナーにも企画を依頼し、あがってきたものを取りまとめて得意先にプレゼンするのも主な役割です。
従って、プランナーでも実質的にはクリエイティブディレクターとして立ち回ることのほうが多いと思います。

CMプロダクションのプランナーは純粋に企画を描くのみですが、演出としても稼働することが多いように思います。

ご質問中の「広告制作プロダクション」も、
(1)カタログやチラシ、新聞雑誌等の広告を制作するグラフィック系
(2)CMやプロモーション映像等を制作する映像系
の2つに大別されますが、(1)(2)を両方こなせるプロダクションも存在します。
CMは映像ですので、CM制作ができるのは映像系の広告制作プロダクションということになり、前出のCMプロダクションもこれに該当します。

なお、プランナーで代理店に中途入社の場合は、企画描きだけでなく、前述のように、将来的にはクリエイティブディレクターとして現場をし切り倒す能力とパワーが必要でしょう。
企画だけ描きますと言っても、それだけでは採ってくれないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
企画だけでなくディレクターという未来像も含めてもう一度自分自身で考えをまとめて企業にアタックしてみたいと思います。
ご丁寧にありがとうございましたm_ _m

お礼日時:2011/04/18 15:04

広告制作プロダクション → 広告制作


広告代理店 → 広告の代理営業

通常は、代理店が広告の仕事を取ってきて、制作会社に制作を外注します。
代理店内に制作部がある場合は、外注せず社内で完結させます。

>未経験からCMプランナーをやりたい場合まずは広告制作プロダクションで経験を積んでから広告代理店に転職したほうが可能性があるという話しを聞きます。

質問は何?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
文章が足りてなかったですすみません。

>未経験からCMプランナーをやりたい場合まずは広告制作プロダクションで経験を積んでから広告代理店に転職したほうが可能性があるという話しを聞きます。

CMプランナーを目指す場合まずはどういった広告を扱っている制作プロダクションで経験を積んでいくのがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

補足日時:2011/04/11 03:29
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お手数おかけしてすみません。

お礼日時:2011/04/11 03:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q広告会社と広告制作会社の違い

こんばんは。
私は広告業界を目指している学生です。
広告会社と広告制作会社の違いがよく分からないので、質問しました。
私が知っているのは、広告主(クライアント)が広告会社に依頼をし、広告会社が企画をし、広告制作会社にその企画を渡し、実際の制作を頼む。
しかし、広告主が直接、広告制作会社に依頼するケースもあると聞きました。
よくわからない点は
1.広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
2.広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
3.広告主が広告制作会社に依頼するのが多くなったら、広告会社はどうなるのか?
回答宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

過去、この種の質問にたくさん答えてきたので
リンクしようと思ったのですが
上手く見つけることが出来ません・・・orz
よかったらご自身で過去の質問を丁寧に当たってみて下さい。

さて、簡単に答えます。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
ケース・バイ・ケースです。
例え依頼された仕事の範疇を超えていたとしても
優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は無限です。

> 広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
上記と同じく、優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は限定されません。

> 広告主が広告制作会社に依頼するのが多くなったら
> 広告会社はどうなるのか?
より優れた企画を出して、仕事を奪いに行きます。

2点ほど。
●企画は「制作企画」のみならず。
媒体企画も「企画」。販売企画も「企画」。SP企画も「企画」。
企画とは、アイディアの勝負。アイディアに範囲や限定はありません。
●仕事は与えられるにあらず。
仕事は奪い取るのです。
仕事は開拓するのです。
企画には口を出すなと言われて、言われた通りにしていたら
一生、企画の仕事には携われません。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
なんて質問を下手にすると「起業家資質に欠ける」なんて
判断されかねないので気をつけましょう。

以上を大前提として
大きい広告代理店、有名な広告制作会社の方が
集まる仕事の量も多ければ、内容もさまざまゆえ
入り込むチャンスは増えます。
早い話が、デカイ企画の依頼が一番多いのは電通です。

頑張って下さいね。

過去、この種の質問にたくさん答えてきたので
リンクしようと思ったのですが
上手く見つけることが出来ません・・・orz
よかったらご自身で過去の質問を丁寧に当たってみて下さい。

さて、簡単に答えます。
> 広告制作会社では、どこまで企画に携われるのか?
ケース・バイ・ケースです。
例え依頼された仕事の範疇を超えていたとしても
優れた企画であり、また企画を実現化する能力があれば
業務範囲は無限です。

> 広告会社から頼まれた企画には手出しできずに、制作のみなのか?
上記と同じく、...続きを読む

Q広告制作会社の売上高ランキング

広告制作会社(東北新社・葵プロモーション等)の売上高ランキングというのは、
どこに書かれているのでしょうか?

広告代理店の場合は宣伝会議に載っていたりするのですが・・・。

Aベストアンサー

無いと思います。

これがあると、特に1社受注のところなんかは
完全に単価がわかってしまいますから....

Qクリエイティブディレクターとは?

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だということになり、全ての制作物を把握できるようなディレクターを入れなさい。という経緯がありました。
入社したディレクターは、今まで広告制作会社でディレクターというより営業的なことをしてきた人です。

まず、企画部とディレクターが他社へ依頼した制作物について、デザイナーに何の説明もなし。出来上がったものも見せません。
制作したものをディレクターが何度か校正を入れますが、最終的に企画部に見せた時に、結局ディレクターが校正を入れる前の方が良かったとなり、元に戻すはめになる。
入社して間もないのに、勝手な判断が多く間違いが多い。
等々…。

高学歴で今までやってきた事に自信があるのはよく分かりますが
新入社員なので人に教えてもらうという姿勢も大切だと思うのですが

色んな事がデザイナーの知らない所で色々動いていて困っています。

そもそもディレクターとはそういう職業なんでしょうか?
自分の判断だけで何でも進行してしまえる仕事なんでしょうか?

文章が足りなくて状況が分かりにくいと思いますが
一般的にクリエイティブディレクターとはどういう事をしているのかお分かりになる方、教えて下さい。

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だとい...続きを読む

Aベストアンサー

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下の成果で行うため手戻りは当然のごとく起こり、無駄が非常に多くなり、時間切れで「部下ひとりでやったほうがもっといいものができた」ということがまま起こります。部下が非常に上司を気遣ってくれるタイプだと、うまく回りますが、これは事実上のディレクターが部下に居るということです。官僚主義の会社で生き残りやすいタイプ。

本来のディレクターとは映画で言うと現場監督、クラシックなら指揮者となります。実際の作業からは見えにくいですがクリエイターのトップです。

全体の出来に責任を負い、主なアイデアや枠組みを作り出し、方向性を定め、その方向に向かって部下が力を出せるように導くと同時に (多少専門が違っても) 教育をし、スケジュールの執行に関しても気を配ります。

通常は、プランの段階で数人のスタッフとブレインストーミングで試行錯誤し、方向性が定まった時点で作業に入ります。作業に入ったら独裁者でなければなりません。(逆に言うと自分の案が上にあがって折れるような実力では困る)

営業とはあくまで潤滑油のようなもので、浮き草のように流されます。ししかし、ディレクターは基本クリエイター(むしろ芸術家)ですから芯がなければならない。営業はディレクターというよりプロデューサーに近いでしょう。間違った人選だったと思います。

あなたが困っていることについて上に訴えましょう。今回追い出せなくても、少なくても「追い出さない」と判断した人が責任を持つことになりますので、再度失敗したときの対応が違ってきます。下のものの声も、集まれば威力があります。

趣旨としては、「出てくる案が劣っているため、権限を与えるのは問題がある。ポリシーや指針が早くに出てこないことと、コミュニケーションを遮断するため、無駄な作業が多く、却って現場が混乱する。」

ということでいいと思います。残るなら調整役として残す程度にするのが得策。

なお、コミュニケーションを遮断するのは、制作手法としてありえますが一般的にはマイナスです。ただし、一旦決まった方針の下に作るのであれば、ピラミッド構造の末端ではそんなに密なコミュニケーションは必要ないはずです。もちろん、企画段階ではサブリーダー間の非常に濃密なコミュニケーションが行われるはずです。(泊り込み合宿とか)

もっとも、素人が見よう見真似でやって、上記のようなメリハリのある運営が出来なくてぐちゃぐちゃになるケースのほうが多いと思いますけどね。

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下...続きを読む

Q映像制作プロダクションに就職したいです。

映像制作プロダクションに就職したいと考えています。日活やFILMなどで働くにはやはり4年大学卒業でないと無理なのでしょうか。私はいま、専門学校に進学したいと考えています。

Aベストアンサー

No.1の回答者です。
他の回答者の方がコネは必ずしも必要では無いと仰っていますが、
CM制作会社に在籍した経験があるならばコネは最も重要である事が何故理解出来ないのか不思議です。

前述のようにスタートラインからして違います。
またコネ入社だと続かないってオイ!、コネ入社組みは皆さん無能だったり働かないのでしょうかねえ?
先の回答でコネ入社は出世も早いと書きましたが何故だと思います?
コネ入社組みは入社後もコネが活きていて仕事を持って来れるんですよ。
映像製作会社というのはやはり営利企業ですので仕事つまり金を持って来られる人が偉い訳でコネというのも仕事や能力の一部なんです。

そして学歴についてですが電通テックでもアオイでもロボットや東北新社等々
大手と呼ばれる製作会社で活躍している専門卒の人はいっぱいいますし一部には高卒の人もいて
皆さん頑張っているし辛い下積みからコツコツやって出世もしてますよ。
それにこの仕事は代理店と違って学歴じゃないしね。

この業界は業界に入る前に何をやったか(学歴がどうなのか)では無く入ってから何をやるかなのです。
実際に大手で高卒すらいる現実に対し他の回答者の方が四大卒が条件と言っているのは
一般入試はそれなりの試験がありますし募集に際し要項に大卒が盛り込まれる「時も」あるからでしょう。
しかし一般の中小企業(大手製作会社と言っても世間からすれば小企業)と同じく時によりけりです。
逆に全く募集しない年もありますしね。(但し募集しないからと言って新入社員がいないとも限らない。新入社員がいる場合はコネ入社)

ところで10人が3人にそして1人にとの話も出ていましたがそれもちょっと違います。
確かに挫折して業界自体を辞める人も多い業界ですが経験者が中途入社してくる事も多い業界です。つまり移籍転職ですね。
まあ、移籍がテレビ屋からテレビ屋へCM屋からCM屋へとは限らないし同じCM業界でも全く顔を合わす機会が無い場合もあるしね。
CM屋で言えば場合によっては映像じゃなくて代理店に入っていたり平面媒体やネット広告の世界に移籍している場合もあります。
まあ10人いれば5人前後は何かしら関連の職種に就いていると思って間違いは無いでしょう。

整理しておくと
コネが最も強力。
募集要項には大卒見込が条件の場合もある。
実際には専門卒の人も大卒と同じ位大勢いて働いている。
少ないながらも中には高卒の人も頑張っている。
学歴よりも入社してから何をやるかが重要。(前の回答で製作会社のバイトでコネを得るのも有効と書きましたがやはり頑張っている姿が評価されるのです。正社員採用になった場合でも他の同期と違って即戦力だし上司や先輩とも旧知の仲だし、しかもバイト当時は所詮学生バイトだからと結構みな寛大だし、経験も活かせてこれはかなりスタートが楽です)

No.1の回答者です。
他の回答者の方がコネは必ずしも必要では無いと仰っていますが、
CM制作会社に在籍した経験があるならばコネは最も重要である事が何故理解出来ないのか不思議です。

前述のようにスタートラインからして違います。
またコネ入社だと続かないってオイ!、コネ入社組みは皆さん無能だったり働かないのでしょうかねえ?
先の回答でコネ入社は出世も早いと書きましたが何故だと思います?
コネ入社組みは入社後もコネが活きていて仕事を持って来れるんですよ。
映像製作会社というのはや...続きを読む


人気Q&Aランキング