高速道路を運転していると「ここから先は一般の有料道路です。」という表示を見ることがあります。
(例:高松自動車道路の一部)
あの情報はユーザにとって何の価値も無い情報だと思いますがどうでしょうか?
(PAに置いてある無料の地図にもNEXCO西日本だとか中日本だとか書いていますが、全く価値の無い情報だと思います。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>ETCが適用外になるなら「ETCが適用外」と表示すべきです。



ETCが適用外ではなくて、「割引」がです。
割引は変動性なので、その都度看板変えるわけにはいきませんし、それだけのことで電光掲示板にしたらコストかかり過ぎるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>割引は変動性なので、その都度看板変えるわけにはいきませんし、それだけのことで電光掲示板にしたらコストかかり過ぎるでしょう。

有る程度納得しました。

お礼日時:2011/04/11 17:34

責任と管理上表示される必要があります。



高速道路でいえば、有料の高速道路はNEXCOが管理し、一般道は国土省などの管理になります。
たとえば警察がパトロール中に道路が壊れているのを発見した場合など、速やかに管理している部署に連絡するために、このような表示がなされているのです。
もちろん一般人でもこれを利用して通報することなどができます。

また地図に書いてある内容も責任上有用です。
たとえば間違った情報が書いてあったり印刷ミスがあったりと、責任追及するほどの内容ではなくても「手直しする主体」が明確でないと、利用者も困りますしそれを配布しているPAのお店やサービスセンターも困ってしまうのです。

少なくとも高速道路上においてある標識などで無意味なものはひとつもありません。無意味なものをおいておくと危険ですし、破損した場合など誰が撤去すべきか分からないからです。
ですからこのような標識はきちんと議論されたうえで「必要だ」ということで、おいてあるのです。
もちろん一般には必要ない理由もあると思います。

さて、ついでに多分日本人にまったく必要がない(だろう)という標識をご紹介します。
「AH-1」
という標識です。
これは日本の東京を起点にして、トルコのイスタンブールまでつながる、アジアンハイウェイ1号線の標識です。
日本には東名・名神・山陽道などの起点終点に設置されています。

このアジアンハイウェイが出来た経緯も面白いのですが、総延長20,710kmと沿線に暮らす人々にとってはまったく役に立たない標識と言えると思います。
私も東名を利用するときにこれを見ていますが、まったく役に立ちませんし2万キロも走ってトルコに行くのは現実的ではありません。

しかし、ロマンから言えば東京からトルコまで道がつながっているというのは楽しいですし、現実的にも経済的にもアジアが一衣帯水として機能できる可能性を現実化させるひとつの表現だといえます。

これから育つ子供たちに[アジアがひとつの道でつながっている」と教えることは、国境のない日本にとっては有益な考え方だと思うからです。

そういうレベルまでみれば、AH-1も有益と言えるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>高速道路でいえば、有料の高速道路はNEXCOが管理し、一般道は国土省などの管理になります。

ならば「道路が壊れている場合は××にTELして下さい」と表示すべきです。

>これは日本の東京を起点にして、トルコのイスタンブールまでつながる、アジアンハイウェイ1号線の標識です。

韓国か中国が起点なら陸続きなので理解出来るのですが、東京が起点とは・・・

お礼日時:2011/04/11 10:30

管轄が違う道路に入りますよという意味があります。



ETC割引が適用外になったり、NEXCO独自のサービスが受けられなくなったりという場合もありますし、自車が故障した際の位置情報を知らせる場合に役立ったりします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>ETC割引が適用外になったり、NEXCO独自のサービスが受けられなくなったりという場合もありますし、自車が故障した際の位置情報を知らせる場合に役立ったりします。

ETCが適用外になるなら「ETCが適用外」と表示すべきです。

お礼日時:2011/04/11 10:23

情報の表示や開示は、その情報を承知してる人達にとっては何事も無意味に思うものですが、その情報を知らない人達には有益な情報になるのです。


例えば、高速道路の件ですが「ここから先は一般の有料道路です」は、地元の人達にとっては当たり前の表示かも知れませんが、初めて利用する人達には高速道路の延長と思って速度超過をしてしまうかも知れないのです。
道路標識も考え方によっては無駄な標識だらけですが、その標識を頼りにしてる人達もいるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>初めて利用する人達には高速道路の延長と思って速度超過をしてしまうかも知れないのです。

ならば「速度を落とせ」と表示すべきです。

お礼日時:2011/04/11 10:20

自分を中心に考えると必要ないかもしれません。


しかし、その情報を知りたがっている人もいますから・・・・・
決して無意味だとか無価値だとかは言えないと思います。

                   爺の独り言より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2011/04/11 10:18

北海道の高速道路でもありますよ。



「無料区間最後の出口です」みたいなの。

これ以上すすむと有料だよ!ってことをドライバーに知らせる役割があるから
この表示に関しては無意味だとは思わないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

>「無料区間最後の出口です」みたいなの。

勿論これなら意味のある情報です。
全区間有料の高速道路の一部に「ここからは高速道路ではなく有料道路です。」という表示が無意味では?という質問です。

お礼日時:2011/04/11 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q那須の有料道路

那須IC方面から大丸温泉へ寄り道しながら行くのですが、有料道路代は
次のようにかかってしまうのでしょうか。
1.県道305から甲子有料道路経由だと甲子有料道路930円+那須高原有料の360円が必要ですか。
2.県道344経由でも上記1と同様ですか。

要は甲子有料道路の料金のかかり方が知りたいのです。一律930円なのか区間によって割引又は無料通行ができるのかです。

Aベストアンサー

No.1です。一部補足します。

県道344から、那須高原道路へのルートは、goo地図が詳しいです。
那須高原有料と、甲子有料道路の間が一部普通の道路になっており、そこに県道344が合流するイメージです。
T字路を右折して、那須有料道路に向かいます。
そうすると、すぐに八幡温泉の料金所があり、入るときはフリーで入れます。
昔は、入るときに料金を徴収していましたので、ゲートはありますが、今は、スルーできます。
No.2でも書きましたが、出る時に料金を徴収されます。
出るのは、戻って八幡温泉の料金所で払っても、那須湯本の温泉街の法の料金所で払っても同じ360円です。
大丸温泉が目的なら、県道344から大丸温泉に向かうのが渋滞もなく、良いと思います。
http://map.goo.ne.jp/map.php?MAP=E140.0.56.280N37.4.1.209

那須に別荘があって、この当たりは良く利用していますので、他に知りたいことがあれば、お聞きください。

Q高速道路の渋滞対策としての運転研修制度

今、1000円高速・高速無料化に関して、渋滞を懸念する声があちこちで出ていますが、「料金をどうするのか」という議論だけで、「渋滞させない運転技術を個々に持たせる」という議論が全く上がらないのが不思議で仕方ありません。「高速道路をいかに有効に使うか」はドライバー(国民)個々の意識次第ではないでしょうか。

私が高速道路を走行するときに心がけていることは、
・どんな勾配条件でも、トンネル内でも、原則的に法定速度で一定に保って走行する(プラマイ1km/h程度)。
・交通量の多いところでは、車間距離をただ取るだけでなく、状況を判断しながら臨機応変に一時的に車間をやや詰め気味にするなどして、極力減速しないようにする。
・漫然運転をせず、前の車に追いついたらすぐに追い抜く→車群を形成しないようにする。ただし、混雑して走行・追越車線の台数比が同じくらいになってきたら、車間を取りつつ、走行車線を極力走るようにする。
・自分が合流する際にも、車群を形成しないようにして合流する(前の車と間隔を空けて合流する、ほぼ同時に2台合流しない)
・よく後方を見て、速度差の小さいトラック・バス等が追い越しをかけてきたら、自分が1~2km/h速度を落として抜かれやすくし、夜間ならばライトを消して走行車線への復帰を促す。

こんなところでしょうか。世の中はあまりにも、漫然と運転している人が多いのではないでしょうか。渋滞対策として、何らかの形で個々のドライバーのレベルを高める教育を行うという発想がなぜ出てこないのでしょうか?

現状では、
・車線変更時にウインカーを出さない
・トンネルや勾配ですぐに減速したり、下り坂で急にスピードを上げてくる。
・少し遅い車がいると、すぐに車間を詰めて煽ってくる
・合流で入れさせない
・合流すると同時に、いきなり追越車線に入ってきて、後続車にブレーキを踏ませる。
・降りるべきICの寸前で慌てて左車線に割り込んで入ってくる。

もはや、運転技術どころの問題ではなく、それ以前の問題といった感じですが・・・。

今、1000円高速・高速無料化に関して、渋滞を懸念する声があちこちで出ていますが、「料金をどうするのか」という議論だけで、「渋滞させない運転技術を個々に持たせる」という議論が全く上がらないのが不思議で仕方ありません。「高速道路をいかに有効に使うか」はドライバー(国民)個々の意識次第ではないでしょうか。

私が高速道路を走行するときに心がけていることは、
・どんな勾配条件でも、トンネル内でも、原則的に法定速度で一定に保って走行する(プラマイ1km/h程度)。
・交通量の多いところでは...続きを読む

Aベストアンサー

ご提案の趣旨はよく理解できます。
渋滞を回避するにはある程度車間距離を守れば随分実現可能である、という試算もあり、ドライバーの運転技術と心がけで交通事情が変わることもあるでしょう。

ただ、運転免許センターにて免許講習を受けてみればおわかりの通り、ドライバーは多種多様です。講習をまともに聞かないどころか、講師にケンカを売るような強者までいる有様で、とてもじゃないですが質問者様のような意識づけができる状態にないです。

もし、本気でこの手のマインドアップを目指すなら、「運転免許証は許認可制である」ということを再度ドライバーに徹底させ、「講習態度が悪かったり、故意の道路交通法違反は即刻免許証取り上げ」という罰則規定を設ける必要があると思います。
即ち、現実的には無理ということになります。

質問者様のご提案は、法律遵守のさらに上の、「運転マナー向上」のさらに上の、「渋滞を起こさせない集団テクニック」のお話をされています。法律遵守がやっとの現状を考えると、まだまだステップを踏まないとその実現は難しいと思います。

Q北陸自動車道から能登有料道路への乗り継ぎについて教えてください。

北陸自動車道から能登有料道路への乗り継ぎについて教えてください。

来月石川県に2泊3日で旅行に行きます。

1日目宿泊の山代温泉から2日目宿泊の和倉温泉までの移動の際に北陸自動車道から能登有料道路へ乗り継ぐ予定です。

そこで質問なのですが、北陸自動車道のどのインターで降りるのが一番分かりやすく能登有料道路に乗り継ぎ出来ますか?

それと、能登有料道路内で軽食やお土産関係が充実しているおすすめのサービスエリアがあれば教えて下さい。

石川県に行くのは初めてなので、どうぞ詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

北陸自動車道から能登有料道路へは、すでに回答があるとおり、金沢森本ICで降りて能登有料道路の白尾ICから入るのがわかりやすくて早いです。インター間、信号などが全くないです。合流、分岐はありますが、標識に従ってゆけばわかります。

能登有料道路内のパーキング、多少利用しましたが食事はほんとの軽食程度だったような・・・。お土産が充実、と言う意味では、北陸自動車道の徳光パーキングのハイウェイオアシス内が良いです。もし関西方面に向かわれるのでしたらお勧めできます。

Q高速道路と自動車専用道路の違いは?

高速道路と自動車専用道路を比較しますと、高速道路の方が多少スペックが高いとは思いますが、どちらも信号機が無くスイスイ走れる点では同じです。
おそらく輸送能力もほとんど同じだと思います。
建設費は高速道路の方がかなり高いと聞いていますが、それなら高速道路を止めて自動車専用道路を建設すれば良いのではと思うのですが?

Aベストアンサー

>高速道路と自動車専用道路の違いは?
 法律上では、高速道路と呼ばれる物には、自動車専用道路も含まれると明記されています。
 (高速道路株式会社法 第二条 第二項 等)

 要は、他の特別の法律(例えば高規格幹線道路)の適用がない高速道路を区別する為の言葉が、自動車専用道路です。

 質問者さんがおっしゃりたい、高速道路って東名や名神なんかだと思いますが、あれって大都市間の輸送インフラを維持すると言う名目で国が管理している道路(国道)です。
 (当然国でなく地方・地域が管理する道路も有ります。)

 速度に関しては、法律が変りましたから、一般道でも安全であれば最高速度が80Kmに上げられた所も有ります。
 (しかも悲しい事に首都高速道路なんて、名前は「高速道路」の癖に最高速が50Km制限なんて所も…。)

 また、東名高速道路や名神高速道路と同じ高速道路が名称に付く、首都高速道路と阪神高速道路とは法律上も実態上も明らかに異なります。
 
 イメージ戦略をかねた固有名称だと思っておいた方が適切かと思います。
 (新名神高速道路は、後述する慣例を無視して名神高速道路の後継である事を示す為に高速道路を付けて命名されました…。)

 なお、最近の高速に走る事(80~120Km)を前提とした設計をした道路(高規格幹線道路-高速自動車国道[A路線] )に対する名称は、○○自動車道と付けるのが慣例化しています。
 紛らわしいですね…。

>高速道路と自動車専用道路の違いは?
 法律上では、高速道路と呼ばれる物には、自動車専用道路も含まれると明記されています。
 (高速道路株式会社法 第二条 第二項 等)

 要は、他の特別の法律(例えば高規格幹線道路)の適用がない高速道路を区別する為の言葉が、自動車専用道路です。

 質問者さんがおっしゃりたい、高速道路って東名や名神なんかだと思いますが、あれって大都市間の輸送インフラを維持すると言う名目で国が管理している道路(国道)です。
 (当然国でなく地方・地域が管理する道路...続きを読む

Qビーナスラインの有料道路って今は無いのですか?

霧が峰、蓼科、白樺湖、美ヶ原等、昔は有料道路だらけだったと記憶してるのですが、今は地図を見ても有料道路の記載がありません。
この周辺の有料道路って無くなったのでしょうか?

夏休みのこの辺りはやはり混雑してるのですか?

Aベストアンサー

今日は。
長野在住です。
ビーナスラインは、2002年に全線無料になりました。
ご指摘のとうり、国道152号・国道142号などの入り口道路はは大
渋滞ですし、ビーナスライン内も路上駐車や駐車場に入る車などで
所々渋滞します。

Q今でも無意味な年末道路工事は行っている?

のでしょうか。

かつては予算使いきりの事情があって年末にはそこかしこで

明らかに無意味と思われる道路を掘り返すだけの工事を行っており

大渋滞が出来ていましたが税金の無駄遣いに厳しい最近は

さすがに無くなって来ているのでしょうか。

Aベストアンサー

年末と言うより会計年度末の2~3月です。
年末は、なるべく年内に仕事を済ませたい会社、お役所の担当者の都合です。

Q京滋バイパスって一般道と有料道路の二つ有るんでしょうか。。?

京滋バイパスって一般道と有料道路の二つ有るんでしょうか。。?

一般道を通る場合有料道路に入ってしまう事はないでしょうか。。

Aベストアンサー

滋賀県の瀬田の付近と、京都の宇治東から山崎インターまでの区間には一般道が併走しています。
有料道路への入口には、大きな表示があり、きちんとインターを設けていますので、よほど周囲を見ていないドライバーでなければ間違って進入してしまう事はありませんよ。

Q道路法上の道路(認定道路の考え方)について

道路法上の道路について知りたいのですが、 認定道路で道路占用許可が必要な場合というのは、例えば4m認定道路となっていても、実際は両端に建築線があって、その部分に占用する場合はどうなるのか?
セットバックしている持ち主の承諾がいるのか、認定道路として申請が必要なのか?

Aベストアンサー

#1です。追記します。
認定道路内に建築線があるのは、原則論から言えばありえないのですが、まれに、境界確定が出来ず残っていることもありますね。

この場合でも、あくまでも認定道路としての占有許可は必要となります。

Q【英語】アメリカで有料道路のことをRoad pricing(ロードプライシング)と言いますか?有

【英語】アメリカで有料道路のことをRoad pricing(ロードプライシング)と言いますか?

有料道路のことをロードプライシングと言うのはイギリスだけですか?

あとこの場合のプライシングは名詞ですか?動詞ですか?

Aベストアンサー

言いません。
toll road
 http://ejje.weblio.jp/content/toll+road

または、
 turnpike
  http://ejje.weblio.jp/content/turnpike

日本でも、「箱根ターンパイク」なんてのがあります。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B1%E6%A0%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%AF



 Road pricing(ロードプライシング)
という英語?は、無いです。

 強引に、日本語訳にすれば、
  「道路課金」
 となりますが、
  http://ejje.weblio.jp/content/road+pricing

「課金」という用語(言葉)が、道路で使う言葉ではないので、「道路課金」という言葉(用語)が、成立しません。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%B2%E9%87%91

Q高速道路と自動車道の違い

ふと思ったのですが、いわゆる高速道路の中で、東名と名神のみが高速道路と称し、それ以外はすべて〇〇自動車道となっているようですが、なにか法的な根拠が
あるのでしょうか?

Aベストアンサー

これは時代背景とイメージで、法的意味はないですね。
名神高速は昭和32年に、東名高速は昭和37年に着工し、ハイウエーをそのまま和訳したものです。
まだ自家用車も普及していないこの時代は夢のハイウエーだったのでしょう。
その後、車社会が発展するにつれ、自動車専用あるいは歩行者自動車両用という概念ができ、自動車道という名になりました。それは必ずしも「高速」で走ることが目的でなく、流通や都市間関係を重視するためにこのような表現になったと思われます。
一方、首都高速、阪神高速あるいは名古屋高速などは、歴史が古い上、町中をスイスイ行くというイメージで高速が定着しています。地下鉄を高速鉄道というのと同じですね。(しかし、必ずしも高速ではないですが・・・)
なお、中央自動車道は、昭和40年代は中央高速と呼んでいましたが、全線開通を機に「自動車道」となりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報