去年の11月頃 自転車との事故を起こしてしまいました。 当方は自動車で任意保険に入っておらず、自賠責保険のみです。 こちらの方には怪我は無く、被害者のかたが 足に打撲と、顔を少し打った症状です。 足の打撲の方は治療済みで 被害者請求にて治療費、交通費、慰謝料は自賠責保険から支払われています。 ちなみに過失割合は8対2から 6対4の間で被害者のかたのほうに非があると 無料の弁護士相談で言われました。 そこから被害者の方が目が痛い 失明するかもと言ってこられました。 まだ因果関係が取れていないので、なんとも言えないのですが 示談を向こう側から言ってきました。 示談金として30~50万でと言われました。 これぐらい払うのが普通なのか判断できません どうか教えてください! お願いします! 示談金の中身の定義がわからないので、そちらもお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

事故の具体的な状況を把握していませんので、はっきりとしたことは申し上げられませんが、示談金として30~50万円は決して法外な金額とは言えないでしょう。

相手が実際にけがされているのですから。ただし、治療費の全額を自賠責から相手に払っており、その上に慰謝料ということですよね。けがの内容は骨折入院というほどでなく軽傷のように思えます。自転車が破損していれば、その分も考えなければならないと思いますが、ご説明だけだと10万でも十分のような気がします。示談とは双方で文書を交わし、お互いの決定事項に従い、今後その件について意義を訴えることのないよう誓約するわけです。そこで今後のことですが、当事者同士で解決するには難があるように見えます。あなたが30万ということで納得して払えば、たぶん示談は成立するでしょうが、その金額より少なくしたいと思えば、相手もごねてくるんではないでしょうか。弁護士に頼むのが一番ですが、弁護士費用で逆に30万円を上回ってしまうかもしれないので、得策とはいえません。現在あなたは任意保険に入っていないということなので、この際加入することを勧めます。そのときに今回の事故について相談されるといろいろと教えてくれますよ。保険のプロですから、示談金の常識的な額、過失配分などこれまでの判例を調べてくれるはずです。絶対にいいアドバイスになると思います。あと、転んだ程度で失明するというのはちょっと考えられませんね。頭を強打したわけでもないのでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく詳しい回答ありがとうございます。 目の治療の方は相手の方が、自賠責のに請求をあげられましたので、自賠責の調査を待ちたいと思います。その上で、過失割合なども含めて相手の方と話を進めていこうと思っております。 ありがとうございました。 この事故の後、すぐに任意保険に入りました。 自分の無責任さを痛感しております。

お礼日時:2003/10/01 02:21

自賠責の補償基準は参考URLのとおりです、然しながら自賠責は最低基準を定めたものであり+アルファの金額が要るのが一般的と思います。


そこが示談たる所以です。
争うか争わないかは質問者の裁量です、争う場合は時間と費用が要ります、本人訴訟で無い限り弁護士費用で30~50万は消えてしまうでしょう。

参考URL:http://www.sonpo.or.jp/cgi-bin/page_view.cgi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 相手の方がいきなり30~50万と言ってこられたので、その金額が一般的かどうか不安になり相談させて頂きました。過失割合など、被害者の方と話させて頂いた上、示談したいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 02:44

>因果関係が取れていないので、なんとも言えないのですが 示談を向こう側から言ってきました。

 示談金として30~50万でと言われました。 

現時点では一切払う必要はありません。

交通事故で「示談金」という名目の損害賠償はありません。
一般には治療費や慰謝料の総称として用いられます。

示談金の内訳を相手方に要求してから
交通事故に詳しい弁護士などへご相談されるのが良いと思います。

なお、失明に関しては後遺障害として医師の診断書が必要になります。
後遺障害の場合には逸失利益と慰謝料等が必要になりますが
自賠責(最高4000万円、後遺障害の等級による)で賠償することができます。

立証書類(医師の診断書)を以って正当な請求と賠償をしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず、現時点では目の因果関係がとれていませんので、自賠責の調査結果を待ちたいと思います。 教えて頂いたとおり、金額の内訳を弁護士なり、詳しい方に相談したいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 02:38

「失明するかも知れない」の診断書は提出されているのですか?


示談はやっかいな事(警察沙汰で事情聴取とか刑罰も免れたい)を避けるために双方納得の上で成立するものなので
いくらが妥当かは他人には判断が出来ませんが、もし示談に応じる場合には必ず文書を取り交わす事(保険屋さん等にみてもらう)
やっぱり任意保険は入っておくべきですよ!
余談ですが、私は1昨年大きな事故を起こし保険のお陰で大いに助かりました(約700万保険金が下りました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。 とりあえず後遺障害診断書を自賠責のほうに提出されたようで、現在その因果関係を調査中とのことです。 ちなみにこの事故の後、すぐに任意保険に入りました。 ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 02:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷害罪で相手の国選弁護士から示談金の受け取り願いの連絡がきました

傷害罪、恐喝罪で逮捕、また先日強要罪の罪で再逮捕となり現在、拘留中です。私はその被害者となります。
今日、相手の国選弁護士から示談金の受け取り願いの連絡がきました。
弁護士から「示談金として用意できるのが30万円です」といわれました。相手は現在無職です。多分、ローンも残っており貯金もないと思います。
《質問》
・示談と聞くとお金で解決するのではと思ってしまうのですが、処罰が 軽くなることはあるんですか?
・また、示談金を受け取ると嘆願書を求められると聞いてのですが本当 ですか?
 他に示談金をもらってこちらが不利になることはありませんか?
・示談金30万円は妥当ですか?
・今回傷害罪だけに対しての示談金(30万円)なのでしょうか?
 (強要罪も含めての金額なら到底少ないと思うので)
・受け取るべきなのでしょうか。
 (相手にはちゃんと反省してほしいです)
・強要罪は罰金刑がないと聞いたのですが本当でしょうか。

Aベストアンサー

質問の上二つはYES。
そもそもがその狙い。
 >他に示談金をもらってこちらが不利になることはありませんか?
「不利」とは?
もっと欲しい意味でなら不利。
重罪を望む意味でも不利。

30万円という示談金の相場として意味するものは、早い話、「ごめん許して」といってる加害者に、まさに許すか許さないかの気持ちの線。
こういうヤツは再犯可能性十分、社会のためにここで相当懲りさせないといけないとか、トラウマ・憎しみの気持ちを30万円で売ってケロンとできるかの当人感覚でしかわかり得ません。

↓ここに質問前例、活発回答の線

http://questionbox.jp.msn.com/qa4076779.html

Q傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は

傷害の加害者ですが被害者と示談成立し示談書にサインしましたが、被害者が気が変わって示談を取り消す事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

>示談を取り消す事は可能でしょうか?

 可能だが、極めて難しい

※一度示談が成立してしまうと、(基本的には)取り消すことができません。
ですからきわめて慎重に物事をすすめる必要があります。

 民法上の「錯誤」を理由に示談の無効を訴え、
新たに治療費等の請求を含め示談し直すことは可能だが、
「可能ではある」ということであって、必ずしもその主張が認められるわけではありません。
被害者側が錯誤を主張するのであれば、相手に錯誤無効を了承してもらわないと、錯誤無効は成立しません。

Q不祥事を起こし示談金を請求されたとき

自分が会社の同僚の車に損害を与え本人より示談金として50万請求されました。
示談金を支払いのであれば警察へ通報すると言われました。
自分がすべて悪いのでどうしようもありませんが、示談金を支払い和解するのがいいのか
警察をとうして示談した方がいいのかわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

どのような事だったのか、具体的な説明がないので
わかりませんが、自動車同士のいわゆる物損事故でしょうか?

相手提示の50万円の金額って、修理代だけなのかどうかも不明ですし。

自動車事故であるならば保険会社に連絡を。
保険に加入していないのであれば、お住まいの地域の
自動車事故相談所等へ相談を。

なにかしらの不注意で、自動車以外で損害を与えたのであれば
弁護士さんの無料相談を利用してアドバイス等その後の
弁護士費用などを確認し、解決することも一考かと。

Q・追突の被害者です・加害者は自賠責のみ・示談・調停・慰謝料

1 04年12月21日 妻の運転する車が停止したところ追突され、妻はムチ打ち症に。10対0で相手に過失あり。(以下、妻に代わり夫の私が代弁し文章を書きます)
2 加害者(女性47才)は不注意で任意保険に入っていません。10対0のため間に保険屋が入っていません。
3 首の痛み、吐き気、頭痛が続き通院を始めました。MRIを撮ったところ「頚椎狭窄があり、事故が原因でこれからも痛みや頭痛が続くだろう」との診断でした。
4 事故発生半年後の05年7月 症状の改善がなく 後遺障害の申請しましたが非該当でした。65回通院分の54.6万円の慰謝料が支払われました。治療費の50万円も支払われました。
5 症状固定の05年7月から1年たちますが、いまだに痛みや頭痛が残っており 週2回程度の通院、1年累計で100回以上の通院を続けています。
6 3ヶ月前に無料法律相談所で調停制度をすすめられました。どの程度の請求が妥当か分かりません。
以下(1)-(3)に関してご意見をください。
(1) 示談は調停を考えています。調停を行う場合の請求額。通院治療費100回×400円(実費)=4万円+今後1年続くと仮定して+4万円。慰謝料100回(通院回数)×4200円(自賠責と同額)=42万円。合計50万円。請求額50万円は適正でしょうか。
(2) 自賠責で休業補償はされていません。パート労働ですが主婦でもあります。家事への負担が大きく主婦の休業補償が請求できるのではないかと考えています。症状固定までの6ヵ月とすると5700円×65回(通院回数)=370500円です。これは請求できるでしょうか。
(3) 車のキズの修理をまだしていません。見積もりが4万円でした。何度請求してもお金を持ってこないので修理していません。車が古いので修理せずに請求だけすることはできますか。
その他、お気づきのことがあればアドバイスをお願いします。

1 04年12月21日 妻の運転する車が停止したところ追突され、妻はムチ打ち症に。10対0で相手に過失あり。(以下、妻に代わり夫の私が代弁し文章を書きます)
2 加害者(女性47才)は不注意で任意保険に入っていません。10対0のため間に保険屋が入っていません。
3 首の痛み、吐き気、頭痛が続き通院を始めました。MRIを撮ったところ「頚椎狭窄があり、事故が原因でこれからも痛みや頭痛が続くだろう」との診断でした。
4 事故発生半年後の05年7月 症状の改善がなく 後遺障害の申請しましたが非該当でした。65回...続きを読む

Aベストアンサー

A1.金額の妥当性は別として、「症状固定」という判断が出た以降の治療費については、自己負担(健康保険適用であれば3割)が原則です。

A2.「 自賠責で休業補償はされていません。」とはどういったことでしょうか?既に120万円の枠を使いきったということなのでしょうか?まあ自賠責の枠がどうであれ、実際の収入に減少があるなどの損害があれば「休業損害」の請求は権利です。主婦+パートのようですが、職業が「家事従事者」の場合、1日あたり5700円という評価になります。この数字とパート収入を比較して…ということになります。ただし「家事従事者」の場合、全ての家事ができなかったという場合が5700円の評価になるので、通院等で一部でも家事をこなしていれば、その分は認められません。入院なら兎も角通院であれば実際の通院日数分が認められることは考えにくいですね。

A3.物の損害賠償に関しては時価が限度になっています。その4万円が時価を超えていなければ、そのまま請求して問題はないでしょう。また請求できるのは損害を受けたからであって、修理をしたから…というものではありません。別に修理することが義務付けられているわけではありません。

>無料法律相談所で調停制度をすすめられました。
 とはいえ、なかなか一般人の知識やノウハウのみで処理することは難しいでしょう。調停もいいですが、その後の実際の金銭回収までを含めて考えておくべきです。質問文からの印象では、調停がうまく運んだとしても実際に金銭が取れるかどうかは微妙ですね。

参考URL:http://www.jcstad.or.jp/

A1.金額の妥当性は別として、「症状固定」という判断が出た以降の治療費については、自己負担(健康保険適用であれば3割)が原則です。

A2.「 自賠責で休業補償はされていません。」とはどういったことでしょうか?既に120万円の枠を使いきったということなのでしょうか?まあ自賠責の枠がどうであれ、実際の収入に減少があるなどの損害があれば「休業損害」の請求は権利です。主婦+パートのようですが、職業が「家事従事者」の場合、1日あたり5700円という評価になります。この数字とパート収...続きを読む

Q示談金の相場についてです。死亡したら一億となっているので障害の場合は、、、

示談金の相場について質問です。

一ヶ月前に私の親戚が事故にあい、被害者となりました。
事故の比率は9対1で親戚が1だそうです。
んで示談金なんですが、死亡した場合は一億円というとんでもない額になると聞きました。

では障害が残った場合は単純計算で1千万~5千万とかくるものなのでしょうか?また示談金は一括でくるのでしょうか?

回答おねがいします、、、。

Aベストアンサー

死んだ年齢によってその後受け取る予想額も変わってくるわけで、死んだ場合でも、逸失利益が保障されるわけです。例えば年齢、性別が同じでも、職業によって将来得るだろう利益は変わるので補償額も異なります。

死亡の保障金が一億以上になることもあれば、それ以下の場合もあります。(教習所でも、そんな例を教えてくれたはず・・・)

障害の場合、どこの指でいくら、腕一本いくら、とおおよその相場は決まっていますので、通常はそれに従う
ことになります。

上記は利益に対する保障なので、民事で更に示談金など、別途金銭の移動があったりもします。

示談金が一括か、分割かは、保険会社、相手の資産などに
よります。
(分割の場合は利子をとることもあります)

怪我の場合は現金を貰っても、あくまでも事故の代償
ですから、本人にはあまり示談の結果は聞きづらいですね。
(物損だと儲かる場合もありますが、ある程度の怪我は結局損が大きいようです。)

Q「示談」で被害者が「何も要らない」と言った場合は?

交通事故を起こしたとき、示談することになって、被害者側が「何も要らない」と言った場合、加害者側はお金を一切払わなくてよいのでしょうか?

教えてください><

Aベストアンサー

法的には払う必要はないと思われます。(示談が成立すれば)しかし、道徳的には問題が生じるのではないでしょうか。事故によって自分はもちろん被害者である相手にも多大な損害を与えており、精神的な面でのダメージも計り知れないものがあると思います。ですから、後日菓子折りもって伺うなど、誠意持った対処が望まれます。

Q交通事故の示談金

私は 交通事故に会い 通院治療をしていました。
保険会社からの 早く 終わらせたい旨の 連絡が何度もありました。
1ヶ月を過ぎた頃 もうそれ以上は 良くなりません。
はやく 保険を 清算するようにと 何度も言われました。
3ヶ月後 終わらせましたが 
1日 4,500円× 通院日数 でした。
示談金の事を聞くと 「示談金は ありません。」と 言われました。
友人が 事故を起こしたのですが 軽症でも 示談金が支給されたと
聞きました。
私の場合 信号で止まっていたところに 後ろから 追突されました。
相手側が100% 悪い事は 保険会社も 加害側も 認めています。
こんな場合 示談金は出ないのでしょうか。
保険会社の 出し渋りでしょうか。

Aベストアンサー

FPです。良くならないなら、我慢せず通院するべきです。保険会社は1か月通院がないと治ったと認識するケースが多いので、治っていないならきちんと訴えて大丈夫です。

別の観点から、救済方法を紹介します。質問者様のお車で任意自動車保険は加入されていますよね?その保険会社に電話して下さい。

ご自身の自動車保険からも人身傷害・搭乗者傷害が支払対象となります。
☆必要なもの☆(念の為に確認してくださいね)
相手自動車保険会社に電話し、今回の保険金支払いで使用した資料が必要となります。コピーを送って下さいと言えば送ってもらえます。
●事故証明
●診断書
●診療報酬明細書
●示談書

そうすると、相手自動車保険から支払いきれていなかった、慰謝料・牛業損害等あれば人身傷害から支払われます。通院日数分の搭乗者傷害も支払われます。(なぜこのようなコトが起こるかは、長くなるので、今回は伏せておきますね)
この手続きをしても、ノーカウント事故なので、翌年の保険料には一切影響出ません。
もし他に傷害保険があればそちらも請求しましょう。

この方法で相手から示談金が出なくても、ご自身の保険で賄えるはずですので、お試し下さい。

FPです。良くならないなら、我慢せず通院するべきです。保険会社は1か月通院がないと治ったと認識するケースが多いので、治っていないならきちんと訴えて大丈夫です。

別の観点から、救済方法を紹介します。質問者様のお車で任意自動車保険は加入されていますよね?その保険会社に電話して下さい。

ご自身の自動車保険からも人身傷害・搭乗者傷害が支払対象となります。
☆必要なもの☆(念の為に確認してくださいね)
相手自動車保険会社に電話し、今回の保険金支払いで使用した資料が必要となります。...続きを読む

Q自賠責保険での示談金

教えてください。
自賠責の被害者請求で休業損害の書類や交通費の書類や医療費の書類など作成しているんですが、医療費や慰謝料は保険で保証してくれるのですが、書類作成などの手数料なんかは示談の際、相手に請求してもいいものなんでしょうか?
いいのなら、大体いくら位の金額が妥当なのでしょうか?
相手にはどうゆう名目で言ったらよいでしょうか?
相手にぶつけられて怪我までさせられて何のお見舞いもしてこないしそのうえ書類まで書いたり取りにいったりで、できれば請求したいんですが?
ちなみに相手は日本人で40代前半の家族持ちです。

Aベストアンサー

#4です。
被害者請求は、示談なし、加害者の同意もなしで請求できます。
支払われるものは、その証拠を示せば支払われますので、請求の明細は必要ありません。(つまり、何が支払われるか、いくら支払われるか決まっていて、いくら請求するかという請求者の「主観」は関係がないからです。)

被害者請求で自賠が支払われたあとで、加害者に請求する際には、何をいくら請求するのか、明細を示すことが必要です。つまり、請求する側が、損害を証明することが必要だからです。

Q示談金を債券として第三者に譲渡する事は可能なのでしょうか?

交通事故等の示談金(慰謝料や和解金)を回収作業も含めて譲渡する事は可能なのでしょうか?

例えばAはZから100万円借りているとします。
ある日AはBの乗る車にひかれました。
この時点でBはAに示談金を払う事になりましたが、
過失割合も決まっておらず示談自体成されていない状況とします。
症状固定はしているとしましょう。
過失割合が未決定とは言え、五割を下回る事は無いとし、
目算で50万円から200位の示談金になるようなケースとします。

そこでAはZに「100万円の返済代わりにBが自分に支払う示談金を丸々あげる。
だけど回収作業は自分でしてくれ。
50万円しか取れなくても200万円取れたとしても自分と君の間には貸し借りが無くなったものとしよう。」
という取り引きを持ち掛けZが了承すればこの"Bが支払うべき示談金"はZに移るのでしょうか?
また回収作業をZが行う事は可能になるのでしょうか?
ダメなら何故ダメなのか教えてください。
(〇〇法の〇条にあるからとか書いてください)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この場合、公文書での作成すれば可能です。

公正証書に強制執行ができる旨の条項
債務者が倒産した場合の連帯保証人(振り手 B氏)
相手方が金銭債務を履行しないときは、訴訟を起こさなくても、
財産を差し押さえる強制執行ができ債権を法的にトラブルが無く取り立できるので現実的には可能です。

調停など面倒な事もありません。

当然、
個人同士の書面で効力の無いデタラメ借用の
約束ではお話になりませんね。

Q自賠責が使えない交通事故の示談交渉について

車検の切れた車で交通事故を起してしまい、今後の対処についてどうすべきか困っています。
相談に乗っていただけないでしょうか。

道路脇に停車中の状態からUターンしようとして、後ろから来た原付スクーターと衝突してしまいました。
相手は車の運転席側のドアにぶつかり、肩を打撲してスクーターは側面が軽く壊れた程度で済んでいます。
私の後方確認不足もありますが、相手の方も制限時速をやや越えていたという事です。
本件については人身事故扱いになり、警察での状況確認もすましています。

相手の方は当日をあわせて3回の通院で完治していますが、それにともない3日間会社を休まれています(1日は有給休暇をつかわれたそうです)
私は任意保険は入っていたため、相手方のバイクの修理は保険会社に連絡して対応してもらう事になっています。(わたしの車は新車購入済みですでに廃車になることが決まっていたのでそのままです)
相手の方とは電話で何度かお話していますが、現在「会社からの休業証明?を保険会社に送って話をしています」ということで、具体的な示談のお話は保険会社から連絡が来てからにしましょうと言う事になっています。
示談を進める場合、この先どのようにしたらよいのでしょうか?
また、通院費用・慰謝料など私が払うべき金額はどのくらいになるのでしょうか?
お手数ですがアドバイスいただくと助かります。

車検の切れた車で交通事故を起してしまい、今後の対処についてどうすべきか困っています。
相談に乗っていただけないでしょうか。

道路脇に停車中の状態からUターンしようとして、後ろから来た原付スクーターと衝突してしまいました。
相手は車の運転席側のドアにぶつかり、肩を打撲してスクーターは側面が軽く壊れた程度で済んでいます。
私の後方確認不足もありますが、相手の方も制限時速をやや越えていたという事です。
本件については人身事故扱いになり、警察での状況確認もすましています。

相...続きを読む

Aベストアンサー

まずは医療費、事故の場合は健康保険証が使えないですから、実費扱いですよね。そうすると結構行くんじゃないでしょうか。初心料と診察料ですよね。両方で5~
6万位じゃないでしょうか。何の検査をしたかによって値段が違いますんで、はっきり言えませんが、レントゲンは撮ってるでしょうから。
あと、通院に必要がありタクシーなんかを使用した場合は、その実費。

保険会社の過失割合裁定による原付の修理費負担。
(相手が単車であるという事と後方確認不足という事ですから、多分4対6か7対3でmiyaizumiさんの方に過失が高いものと思います)

次に休業保障ですね。その人の3ヶ月間の給与の平均÷3日ですね。有給を使ったとのことですが、それは勘定に入れないと思いましたけど。

慰謝料については、もう話し合いしかありません。相場というものがある事はあるんですが、双方が納得すればいくらでもいい性質のものですから。あくまで納得が行かずに起きるのが、民事調停や民事裁判です。あなたの免許証が危機にあったり(行政処分)、あなたが何かの刑事罰に関係していた場合は、相手方の陳情書(慰謝料も貰って、誠意があり良くしてくれたと書いてもらうもの)が必要ですが、その他の場合であれば、なっとくいくまで交渉するのみです。
例え民事調停や裁判で決定が出ても、それを支払えばいいだけですから。

最後に、本職の弁護士さんに意見を聞くのが一番良いですが、億劫なのも確かでしょうから、webで相談出来るサイトをしたにのっけときます。有料ですが、¥1,000ですんで、良ければ聞いてみたらどうでしょう。結構まともな解答をしてましたよ。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~k-mori/

まずは医療費、事故の場合は健康保険証が使えないですから、実費扱いですよね。そうすると結構行くんじゃないでしょうか。初心料と診察料ですよね。両方で5~
6万位じゃないでしょうか。何の検査をしたかによって値段が違いますんで、はっきり言えませんが、レントゲンは撮ってるでしょうから。
あと、通院に必要がありタクシーなんかを使用した場合は、その実費。

保険会社の過失割合裁定による原付の修理費負担。
(相手が単車であるという事と後方確認不足という事ですから、多分4対6か7対3でmiyai...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報