私の大学は福島市にありまして、放射性物質により敷地内は汚染されています。
3月30日のデータでは、大学構内12か所の計測地点での放射線量を平均すると約2μSv/hが計測されました。
もし大学に1日5時間、20日間いたとしたら、単純計算で200μSv/h(0.2mSv/h)被曝することになります。
また、京都大学の小出裕章さんによりますと、
『福島大学の学生数を私は知りませんが、仮に5000人の学生が上に仮定した被曝線量の場所に居るとすれば、被曝の総量は1人・シーベルトとなります。つまり、学生のうちの誰か一人が将来ガンで死ぬ確率が10%ということです。
ただ、私自身は米国のJ.W.Gofmanさんの評価が正しいと思っており、Gofmanさんの評価によれば10人・シーベルト当たり白血病も含めて4人がガン死することになります(J.W.Gofman, “Radiation and Human Health”, Sierra Club Books(1981)、邦訳「人間と放射線」、社会思想社(1991))。つまり、ICRPによる推定の4倍の被害です。
ただし、放射線に対する感受性は年齢で異なっており、年が若い人たちは感受性が高く、歳をとるに従って感受性が低くなります。その点を、Gofmanさんの評価を図にして最後の頁に貼り付けておきます。平均的な放射線リスクはほぼ30歳の方が受けます。20歳くらいの学生であれば、平均に比べて約2割感受性が高いです。』

とのことでした。
このようなご指摘もありますし、自分の将来のためにも、放射能漏れがおさまる1年間は大学を休学したほうがよいのではないかと考えました。しかし、1年間の休学ともなると後の就職活動に影響がでてきたり、現実的に考えるとせっかくできた友人をまた作り直さなければならなかったりと多少の精神的苦痛も考えられます。
みなさまでしたら、どうしますか?
カテ違いだったらすみんません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

休学して新しく友達ができた人はいませんでした。


さらに頭が回らなくなります。
学生最後なので休学しないことをお勧めします。
    • good
    • 0

残念ですが、


>放射能漏れがおさまる1年間
これは甘すぎる期待です。多分漏れた放射性物質やそこからの放射線は十年以上影響を与え続けるでしょう。

それから、揚げ足取りで申し訳ありませんが、
>単純計算で200μSv/h(0.2mSv/h)
積算被曝量が時間で割ってあるのは変です。もし付けるなら/20dになるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング