新築を建てる際は色々と悩む事が多いですが、その中の一つに24時間換気システムがあります。

1種の全熱交換型と3種の自然給気、強制排気があるとおもうのですが、高気密高断熱を重視した場合はやはり1種にしないと意味がないのでしょうか?
3種だと自然給気の為、冬などは風が入り込む事になり蓄熱暖房している意味がないとの話も聞きました。

1種は初期投資、ランニングコストとあと、ファンが深夜気になって消す方がいるとも聞きました。
総合的に見てどちらが良いのでしょうか?

あと、1種でもダクト式とダクト無しとあるのですが、この辺がよく分かりません。詳しく教えて頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

気密のいい方が安い第3種換気は有効に働くんですよ。

下手な気流がおきなくて。
すきま風の多い家に3種換気してもホントはそんなに有効ではないことも。
全感空調するときは効率的なので1種採用がメインになるでしょう。

また冷気や夏の暑い空気のロスを防ぐなら熱交換型を利用することになります。
これも1種ですね。

ダクト式は機械が1台か2台で1棟をまかなうときで、天井裏やダクトスペースが平面計画上必要です。
音がするので機械は廊下や納戸などの天井裏におくのが普通だと。ダクトはストローのように通るときにスタートより末端の方がロスがありますのであまり長い配管は不効率ですね。

ダクトなしは部屋ごとに設定しますがエアコンのちびみたいのが壁付けでついたりするのはデザインはまあ素敵とはとても言えません。でも、一人だけ家族でタバコを吸うなんて方がいるときは換気経路を分けたいのでダクトなしで行うこともあります。

24時間換気なので基本24時間つけておくことになります。どちらもフィルターは半年から最高でも2年で掃除が必要なようです。
今回の放射能で危険ですなどということがない限りつけるものであるのです。
換気にかかる電気代は非常にわずかですので初期投資が多い方がトータルで高いと私は思います。
    • good
    • 0

断熱性能は気密性能とリンクしています。

高気密高断熱住宅では第1種換気になります。それも熱交換型にしないと意味がないと思います。高気密住宅の気密性能を相当隙間面積2cm2/m2としますと100m2の家で200cm2。100φの給気口の開口面積78cm2。3つもつければ、これだけで高気密住宅でなくなります。初期投資を多くしてでも、換気にはお金をかけた方がよいと思います。そうすれば、冬でも家じゅうのドアを開け放っても、ヒートショックのない家が得られます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QN値による軟弱地盤の判定

ある本にN値による軟弱地盤の判定
ってあったのですが、粘性土はN値4以下、砂質土はN値10以下が軟弱地盤とあったんですが、どうして粘性土と砂質土では、数値(N=4、10)が違うのですか?同じN値でも土質によってN値の評価が違うのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 N値から離れて、しばらく経つので、以下は予想です。

 まず同じ土質なら、N値が低いほど軟弱、これは良いですよね?。次にN値って何だったかと言うと、簡単に言えば、鋼管を地面に垂直に立てておいて、パイルドライバー(←だったっけ?)で杭頭を何回ぶっ叩いたら、鋼管が一定量地盤に貫入するかの回数だったと思います。この際、地盤の主な抵抗は、圧縮作用によるものと思われます。

 粘性地盤を基準に取ります。砂質土は粘性地盤より脆いはずなので、貫入試験で砂質土のN値が、粘性地盤を上回ったとしても、主に圧縮抵抗を測っているだけだとすれば、叩いた回数はそのまま信用できません。その辺りが、土質別のN値評価に関わりそうです。

>同じN値でも土質によってN値の評価が違うの・・・?

 だと思います。


 N値の解説は、Googleしてみれば専門サイトで沢山出ると思います。ここはどちらかと言うと、理論物理系の板
なので、ここよりもっと良い解説を見れる気がします。


 調べてみて下さい。

Q24時間換気システム(第3種換気方式)

各部屋にある換気はは真冬の寒い時期でも365日24時間、開けておかなければいけないものでしょうか?もしくは閉じてても良い季節はございますでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

換気といっても、部屋の空気をそのまま排出して冬季の冷たい外気をそのまま吸気するわけではありません

部屋の空気を排出する際にその空気の熱で外気を温めてから吸気します
夏期に冷房している場合は、この逆です

実際には半分くらいしか熱は移動できませんが、何もしないでダイレクトに外気を吸気するよりは全然マシです

換気は常時行った方がベターではありますが、実際に住み始めてからあれこれ試してみればいいと思います

Q戸建て判断 ボーリング結果のN値の見方

木造二階建て住宅の建築(ベタ基礎)を予定しております。

1年前まで水田で現在は盛土2メートルの造成がされています。
地盤が気になるので、契約前に周辺のボーリング結果を見せてもらいました。

地下2mまで粘土混じり砂礫 N値3
2m~3m  砂       N値11
3m~7m  砂混じりシルト N値1~3
7m~8m  砂礫  N値40
8m~15m  礫混じり砂  N値11~40
15m~16m シルト  N値11
16m~18m 砂       N値18~35
18m~19m シルト     N値8
19m~20m 砂       N値22

地下水位2m

以上ですが、何分素人な物で地盤が弱いのだろうな・・くらいしか分かりません。
これに適した地盤改良は何でしょうか?
施工業者は、地盤改良の必要は無い、との判断なので不安になります。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあるか、敷地内で地盤がどのようにどの程度不均一なのかによって違うようで予測は難しく、10センチ以内で傾くとしか言いようがありません。

傾いた場合は建て替えをせず、傾きを修正する工事をすることになります。
実際に私が担当したことがあるのは、傾いてはいるがこれ以上沈下する確率が少ないと判断して、基礎はそのままにして土台をジャッキアップして修正し、土台と基礎の間にスペーサーを入れた工事。
杭打ちをしているのに支持層まで達しておらずに傾き、杭頭にジャッキを掛けて基礎から持ち上げ(この場合建物の自重で元の杭を支持層まで押し込みます。)足りなくなった杭長分を鋼管杭で足して修正した工事です。
前者の工事で百数十万円、後者の工事で8百万円程度、もちろん建物の大きさで変わりますが、いずれにしても建てかえるよりは安いのですが多額の費用でした。

地盤の保証は10年を超えて行うことはないのではないでしょうか。
例えば20年の保証に応じてくれる施工会社があればいいのですが、まずしないと思いますし、大手の会社じゃない限りいくら信頼できる会社であっても、会社そのものがいつまで存続するのかの問題もありますよね。
理想ですが、これだけやれば大丈夫だ、保証なんかいらないよって言うくらいにご自身が納得できる方法のとれることが一番だと思います。

ANo.5です。「この回答への補足」欄に疑問点が書かれていましたが、返答が遅くなり申し訳ありません。

「10センチ以内程度」と書いたのは3~4センチかもしれないし7~8センチくらいかもしれないということで、最大10センチ見ておけば良いのではないかと言うことです。
地盤改良等を何もせずに建て、仮に10センチ沈下すると想定した場合、建物も均等に10センチ沈めばあまり問題は起こらないのですが、たいていの場合は不同沈下し傾くことが多いようです。
傾き量は建物の重さがどの程度偏りがあ...続きを読む

Q新築の家の24時間換気

新築の家に住んで2年になります。
今更ながら気になっていることがあります。
2階の部屋の寝室に24時間換気が付いていないのです。建築条件付の土地で家を建てました。設計段階で
24時間換気が導入されたばかりで家が建つ前の図面には換気扇は書かれていませんでした。
引渡しの時に書類一式を渡されたのですが
そこの図面で2階の寝室が「納戸」と書いてあり
24時間換気がこの部屋のみ付いていないことを知りました。

このような場合は今更どうも仕様がないのでしょうか?
今の時期、結露が気になり換気扇のことも気になってきました。

回答お願いします。

Aベストアンサー

24時間換気に関してですが
http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/01-24kanki/01-01.htm
http://allabout.co.jp/glossary/g_house/w002491.htm
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1118312

2年前はまだ義務付けられてはいませんでしたから、推奨でってことだったんでしょうね。
ちょうどどのような内装制限が出るのかも不明で、建てる側も難しい時期だったということではないのでしょうか?
まあ、2年も絶てば新築後すぐのようなシックハウスの心配は無いでしょうから、そちらはさほど心配はいらないとは思います。が、寝室とのことなので換気扇は欲しいところですね。
図面に「納戸」と書いてあるとのことですが、納戸であっても今現在は換気システムは必要なことになっています。そのあたりは一度建てたところへ相談してみてはいかがでしょうか?

QN値と換算N値

N値と換算N値では、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

N値は「標準貫入試験」という地盤調査を行って得られる値で、今ではもっとも標準的な地盤の強さを表す指標となっています。
換算N値は、それより簡略な地盤調査で得られる指標を、N値に換算したものです。標準貫入試験に比べて誤差が大きく、よくつかわれる「スウェーデン式サウンディング」では、2倍ぐらい誤差がある(値半分)と思ったほうがよいです。

N値を地盤の耐力に換算する式としては、建築基準法の告示H13年第1113号の式が標準的につかわれます。
http://www2.ashitech.ac.jp/arch/osakabe/semi/foundation/low/r93k1113.html

Q24時間換気システムについて

これからの分譲マンションには24時間換気システムが義務づけられると聞いたのですが、これはどの程度期待できるのでしょうか?例えば日当たりの悪い部屋(北側の窓のみ等)での湿気やカビ、結露の具合はどうなのでしょうか?(漠然とした質問で申し訳ありません)

Aベストアンサー

換気システムは結露・湿気対策が主目的ではないため、これでカビがどうとかいう期待は難しいです

90年代末には新築木造で必要量の半分程度の自然換気しかされない状態でした。換気不足はシックハウス(というか欠陥住宅)と考えて下さい。新鮮な空気は身体の免疫力を正常化させます、今後は重要視されると予想されます

自然吸気強制排気型の換気システムの場合は正常に作動するには窓を閉めた状態でC値1cm2以下の必要があります(気密用換気扇でない、またはドアに郵便用の窓があれば効かなくなる)、強制吸気型はそこまで気密を必要としません

結露は温度差によって生じますので部屋間で温度差のないように、かつ、部屋内部で温度差のないようにする必要があります。
壁の断熱、建具、冷暖房によって大きく変わりますので書籍で勉強することをお勧めします

参考URL:http://www.t3.rim.or.jp/~u-minami/other/chosaku/surasura.html

QN値と深度の関係

ボーリングデータを集約し、縦軸に深度、横軸にN値をとり深度分布を表現した図を見かけます。
説明文に頻繁に「深度が漸増すると伴にN値が増加する」とあります。
深度が深くなるにつれN値が大きくなるのは、古い地層なので直感的にも分かります。
わざわざこのように表現するのには何かあるのでしょうか?(深度が漸増すると伴にN値が増加するとこういう風に安全であるなど・・・)
逆に漸増しなければ安全上など何か問題があるのでしょうか?
そもそもN値と深度の関係を図にする意図とは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

補足について
>違和感を感じるのですが?
違和感を感じないでください。
素直に解釈して下さい。
ボーリングのポイントの地盤高さは、平坦ではありません。
各々の測点ポイントのレベル差があるのは、当たり前の事です。
柱状図は、あくまで測点ポイントの地盤面からの距離です。

実務として建物の基礎を計画する時は、敷地の平均地盤高さ、或いは設計地盤高さを決めて、各々の柱状図に設計基準地盤の印をつけて計画する事となります。
測点ポイントのレベル測量は、ボーリング調査と一緒に忘れずにやる事が大事という事となります。
考え方で見方が変わります。
割り切って見るようにすれば、違和感を感じなくなります。
また、土質の厚さも測点ポイント毎に違います。
地層の形が分かると、昔の地形が予想出来るようになります。
昔は沼地とか河底とか分かるようになります。
此処まで来るには、其れなりの実務経験が必要ですがね・・・
ご参考まで

Q24時間換気システムって?

近々家を新築する予定の者です。
業者さんとの話し合いをしている中で、24時間換気法律で義務づけられたことを知りました。
24時間換気システムにもいろいろな種類があるようですね。

そこでご質問ですが、高断熱・高気密の新築住宅の場合、ダクトタイプの換気システムと、ダクトなし(給気ファンによる)換気システムとでは、長い目で見た場合どちらが良いのでしょうか?
業者さんは、ダクトなしのほうを勧めてくれるのですが(多分値段の関係?)、見た目がすっきりして見えるので私としてはダクトタイプのほうが良さげに思えてしまいます。

ちなみに、24時間換気システムは今のところ換気のみを考えていて、換気+空調のセントラル式は考えていません。

Aベストアンサー

#2です。

他の方の回答と併せてご理解いただきたく、補足します。

先ず、居室の換気が義務化されたのはシックハウスが社会問題化したのと、住宅の高気密化、欧米ではすでに当たり前(特に寒冷地がある国で)になっている、等の理由があります。日本では全ての居室に0.5回/h(一時間に部屋の空気の半分が入れ替わる)ように定められています。
実際、換気量を下げると作業能率が下がるというデータもあります。(アメリカで0.3回にしたのを後から0.5回に引き上げた経緯があります)

日本での導入の仕方に不透明な部分もありますが、必要である事を否定する理由にはなりません。

先にも書いたように、「シックハウス対策」が大前提の法律です。ここでいくら簡単にしたほうがよいとか必要ないとか書いてみても発病して困るのは質問者様である事をお忘れなく。
シックハウスは花粉症と同じで一回発病すると過敏になってしまうものです。その事に対する責任は誰も取れませんのでそれは御自分でご判断下さい。

どなたかが書いたように、今の建材はホルムに限っては以前よりもずっと安全基準以下に下がっています。ただし、アセトアルデヒドは以前よりも上がっています。(ホルムの代替なので)

本題に戻りますが、
>高断熱・高気密の新築住宅の場合、ダクトタイプの換気システムと、ダクトなし(給気ファンによる)換気システムとでは、長い目で見た場合どちらが良いのでしょうか

これは換気の方式から説明しますね。
1種換気=機械で給気・排気をコントロールするもので、特徴は排気する時に室内の熱を回収して部屋に戻してくれます。だから省エネです。
3種換気=要するに浴室の換気扇ですね。排出するだけです。当然、居室には給気の為に孔を空けます。当然、熱は捨ててしまうので寒いです。
2種換気=住宅には採用しません。

1種でも3種でもダクト式と局所式があり、金額がダクトの方が高いです。
価格は様々なので工務店に聞いてください。住宅の工法によっても違うので。
それと両者共、きちんと性能を発揮させるには気密が取れていないと発揮できません。まじめにやるなら気密検査もやった方がよいでしょう。気密2~3位でないと、1種は交換効率が落ちますし、3種は計算上0.5回でも0.3回くらいに落ちます。

で、質問者様が化学物質過敏症でないと考えてると一番リーズナブルなのは3種、局所です。

今までの家に給気孔だけつければいいんです。

排気はトイレと浴室。トイレ1+2階、浴室で排気すると40坪くらいまではそれだけでOKです。

ただこの方法はトイレと浴室の換気扇を一年中回しっぱなしにする前提です。スイッチのところに「24時間換気/切らないで下さい」とか何とかテプラで貼っとけば完成検査も通ります。

・・・ま、止めますけどね(^_^;)
だって世の中には換気システムを必要としていない人がいっぱいいるんですもん。一番嫌なのが排気で熱を捨ててしまうので寒いんです。

上記でお分かりになりますか?

#2です。

他の方の回答と併せてご理解いただきたく、補足します。

先ず、居室の換気が義務化されたのはシックハウスが社会問題化したのと、住宅の高気密化、欧米ではすでに当たり前(特に寒冷地がある国で)になっている、等の理由があります。日本では全ての居室に0.5回/h(一時間に部屋の空気の半分が入れ替わる)ように定められています。
実際、換気量を下げると作業能率が下がるというデータもあります。(アメリカで0.3回にしたのを後から0.5回に引き上げた経緯があります)

日本での導入の仕方...続きを読む

Q100m3の水槽のN値はどのくらいあればいいのでしょうか

100m3の水槽5m×5m×4mで水槽の自重は考えないとき
平米あたり4tの重さがかかります。
そのときのN値はどのくらいあればよいのでしょうか?

また、N値4というのは垂直加重がほぼ4t/m2とあると考えられるのでしょうか
素人なのでわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
>N値はどのくらいあればよいのでしょうか?
本来N値は、ボーリング調査の標準貫入試験で求めます。
質問の内容は、水槽4t/m2に対して必要なN値ですが、
検討に必要な数値が不明ですから経験式を用いて計算してみます。
地盤の許容支持力(t/m2)=設計荷重(t/m2)と仮定します。

経験式はqa(許容支持力 t/m2)=1.25Nの式を展開しN=qa/1.25=4/1.25=3.2
水槽を施工する場合必要なN値は3.2となります。

参考までN値を求める方法のサイトをご覧下さい。
http://www.jiban.co.jp/navi/001.htm

>N値4というのは垂直加重がほぼ4t/m2とあると考えられるのでしょうか
N値4と垂直加重4t/m2とはまったく違う物です。
N値は、標準貫入試験で求めた数値で、地盤の締まり具合を評価する数字です。
また、垂直加重4t/m2とは構造物が支持地盤に作用する荷重の事です。
よって両者の数値は、全く違った意味での数値に成ります。

Q24時間換気システム

今、新築を検討中で、24時間換気システムが義務付けられています。私は導入時の価格、ランニングコスト、掃除等の手入れなどからあまり気が進みません。換気システムの取付を除外されるような条件とか、方法とかはありますか?お願いします。

Aベストアンサー

24時間換気システムを義務づけしているのでは無くて、24時間換気を義務づけしているのです。

ですから、普通の換気扇を24時間付けっぱなしにするといえばそれでOKです。

トイレと洗面、浴室の換気扇を付けっぱなしにし、居室のドアにアンダーカットすれば、かなり稼げます。
2階の個室は、パイプファンを付けなければならないでしょうが、パイプファンは安いです。

強烈なのは、キッチンのレンジフードを24時間付けっぱなしにすると申請すれば、トイレや浴室などをあわせると恐らく他は必要ないでしょうね。

それは極論としても、各居室に安いパイプファンを取り付けて、スイッチに24時間換気というシールを貼ればOKです。


官僚が換気扇メーカーに天下りをするためにつくられた法律ですが、地方公務員は天下りできないので、あまり積極的に指導していないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報