新築を建てる際は色々と悩む事が多いですが、その中の一つに24時間換気システムがあります。

1種の全熱交換型と3種の自然給気、強制排気があるとおもうのですが、高気密高断熱を重視した場合はやはり1種にしないと意味がないのでしょうか?
3種だと自然給気の為、冬などは風が入り込む事になり蓄熱暖房している意味がないとの話も聞きました。

1種は初期投資、ランニングコストとあと、ファンが深夜気になって消す方がいるとも聞きました。
総合的に見てどちらが良いのでしょうか?

あと、1種でもダクト式とダクト無しとあるのですが、この辺がよく分かりません。詳しく教えて頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

気密のいい方が安い第3種換気は有効に働くんですよ。

下手な気流がおきなくて。
すきま風の多い家に3種換気してもホントはそんなに有効ではないことも。
全感空調するときは効率的なので1種採用がメインになるでしょう。

また冷気や夏の暑い空気のロスを防ぐなら熱交換型を利用することになります。
これも1種ですね。

ダクト式は機械が1台か2台で1棟をまかなうときで、天井裏やダクトスペースが平面計画上必要です。
音がするので機械は廊下や納戸などの天井裏におくのが普通だと。ダクトはストローのように通るときにスタートより末端の方がロスがありますのであまり長い配管は不効率ですね。

ダクトなしは部屋ごとに設定しますがエアコンのちびみたいのが壁付けでついたりするのはデザインはまあ素敵とはとても言えません。でも、一人だけ家族でタバコを吸うなんて方がいるときは換気経路を分けたいのでダクトなしで行うこともあります。

24時間換気なので基本24時間つけておくことになります。どちらもフィルターは半年から最高でも2年で掃除が必要なようです。
今回の放射能で危険ですなどということがない限りつけるものであるのです。
換気にかかる電気代は非常にわずかですので初期投資が多い方がトータルで高いと私は思います。
    • good
    • 0

断熱性能は気密性能とリンクしています。

高気密高断熱住宅では第1種換気になります。それも熱交換型にしないと意味がないと思います。高気密住宅の気密性能を相当隙間面積2cm2/m2としますと100m2の家で200cm2。100φの給気口の開口面積78cm2。3つもつければ、これだけで高気密住宅でなくなります。初期投資を多くしてでも、換気にはお金をかけた方がよいと思います。そうすれば、冬でも家じゅうのドアを開け放っても、ヒートショックのない家が得られます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング