ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

 一昨年私の父が軽度の精神障害をわずらった為、成年後見制度を利用し、私が保佐人になりました。昨年、父の土地を測量する必要にせまられた為、測量士に測量を依頼しましたが、本件について説明しなかった為、隣地との境界確認書は全て父が記名・押印する形となりました。私としては、その事に特に問題はないのですが、取り交わした境界確認書が有効か否かが不安になりました。被保佐人が記名押印した境界確認書が後に無効であるということになると、再度取り直さなくてはならなくなりますのでその辺の所が解りましたら、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

被保佐人のした法律行為も有効です。

違いは被保佐人や保佐人から
取消ができるということです。

ですから、補佐人や被保佐人から取消権を行使しなければ通常の
契約と同じです。
相手や第三者に対して有効性を保証しておきたいということであれ
ば、境界確認書の本紙または別紙に保佐人の同意署名をすればいい
と思います。

未成年者の法律行為で親が同意署名するのと同じ手続きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 明確な回答有難うございます。大変参考になりました。

お礼日時:2011/04/12 13:24

業者です。



境界確認書を作成する目的によりますが、一般的に被保佐人の行為は、無効になるのではなく保佐人によって取り消す事が出来るという事ですから、保佐人が同意していれば無効になる事はあり得ないですよね。ご心配なら同意を証明する書面を作成されておけばよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早々の回答有難うございました。大変為になりました。感謝申し上げます。

お礼日時:2011/04/12 13:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣との境界のブロック塀について

私と隣の境界線の内側つまり私側にブロック塀を私の費用にて設けております。このたび隣の土地に新しく新築され引っ越しされてきました。問題なのはそのお隣さんが当方に何の相談もなく私の所有物であるブロック塀にコンクリートを当てる形で犬走りを施工しました。当方のブロック塀は境界線より5mm内側にあります(ブロック基礎部分が境界線一杯です)のでそのコンクリートがブロック塀に当たることは境界を越えていることになります。境界線は間違いありません。相手が故意か知らずにかは不明ですが声もかけずに一方的に行う行為に強い疑念を生じました。私としては相手側にも塀を設けていただければと考えていますがそのような請求は可能なのでしょうか。仮に塀がだめな場合、越境分のコンクリートの撤去の請求は正当でしょうか。気分的には私がお金を掛けて建てたブロック塀を勝手に使われること自体不愉快ですが皆様のお声とご意見をよろしくお願いいたします。なお私のブロック塀への費用などを請求する気はありません。あくまで塀は私の所有物としたいのです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

恐らくNo1回答の方の言われる通り施工業者の判断で
行われたものかも知れません。
しかし一言断りがなかったのは、先方の落ち度と言っ
ても仕方がありませんが、これから末永くお付合いす
るお隣様ですのでお互いに納得できる解決方法を探る
ように仕向けないと事が大きくなって後々大変ですね。

塀はお互いの境界から数センチ控えて立てることがほ
とんどですね。その塀と塀の間は、土を入れるんです
が、雨等で流れてしまうのでコンクリートを打つ場合
もあります。当然互いの了解の元です。

現況の状態からだと越境部分の土間の撤去より隣地側
にフェンス、塀又は境界ブロックを設置して貰うほう
が良いかなと思います。

家を新築する時は結構気持ち的に一杯一杯で近所に心
配りが出来ないこともあります。本当はそんなんじゃ
いけないですけどね。
また改修するにも金銭的な余裕もないかもしれません
が、ここは一つ強く言うより促す形で解決できればそ
れに越したことはないかと思います。

Q今年父が亡くなり、私はその父の離婚した母との間に生まれた娘で、弟は後妻の息子、その妹の3人で遺産分割

今年父が亡くなり、私はその父の離婚した母との間に生まれた娘で、弟は後妻の息子、その妹の3人で遺産分割の話し合いをしていたら、義弟は弁護士をたててきました。円満に3分の1ずつ土地建物を分割するつもりでいたのに、この先長引くのか先行き不安です。義弟は先祖からの土地は自分が守り現金は私と義妹で二等分して、と、大変不平等な分割を提案してきました。ご助言を。

Aベストアンサー

相続はもめることが多いからね。
心中お察しする。

相手が弁護士を立ててきた・・・といっても、まだ裁判をするわけでもないよね。
慌てることはないよ。
ただ、質問者も不安だと思うので、弁護士へ相談をすることをお勧めする。

まずは自治体で実施している無料法律相談が良いと思うよ。
弁護士が個別ケースに応じて法的に整理してくれる。
また、有料の弁護士相談でもいいと思うよ。
相手の主張の長所短所を説明してくれるし、こちらの希望をきちんと法的に主張できるようにしてくれる。
さらに裁判になった際にはその弁護士にすぐに依頼できる。


さて、本件の内容だけど。

>大変不平等な分割を提案してきました。ご助言を。

遺産分割協議書に署名しなければいいだけ。
仮に裁判になったとしても、特に事情がない限りは法定相続分を相続する権利がある。


その一方で、

>義弟は先祖からの土地は自分が守り現金は私と義妹で二等分して~

という主張には合理性もある。
1つの土地建物を3分割や共有するのは後々面倒なので、一般的には推奨されないしね。
ただし、その土地建物に質問者が住んでいる場合にはまた別。
現在住んでいる相続人がその土地建物を相続するのが自然でもある。
異父弟が住んでいた場合には、異父弟の相続が妥当かな。(このため後述する『差額清算』がベターだと思う)

問題になるのは、その差額だよね。
例えばだけど、土地建物が1000万円の価値で現金は2000万円あるというなら、上記の分け方がベストと言って差し支えない。
でも、土地建物が1億円だったら、異父弟の取り分が大きすぎることになり、他者は不満を感じるだろうね。

このように土地建物の価値が大きい場合には、その差額を現金で清算するのが一般的。
一括なのか、分割なのかはケースバイケースだけどね。


注意点は、不動産の3分割にこだわりすぎないこと。
これは前述のように後々の手間(次の相続や維持管理の方法や費用負担や売却など)が面倒ということもある。
また、特に理由がないのに不動産の分割や共有に執着すると裁判官の心証もあまり良くはないので不利になる可能性も。


本件では、質問者の主張である「不平等」が解消されるような現金で『差額清算』する方向になると思う。
その金額は不動産査定額の他に交渉という要素もある。
弁護士に依頼すると、弁護士同士でさっさと数字を決めてくれるから、時間はかからないよ。


いずれにしても、一度、弁護士に無料相談くらいはした方がいいだろうね。

ぐっどらっくb

相続はもめることが多いからね。
心中お察しする。

相手が弁護士を立ててきた・・・といっても、まだ裁判をするわけでもないよね。
慌てることはないよ。
ただ、質問者も不安だと思うので、弁護士へ相談をすることをお勧めする。

まずは自治体で実施している無料法律相談が良いと思うよ。
弁護士が個別ケースに応じて法的に整理してくれる。
また、有料の弁護士相談でもいいと思うよ。
相手の主張の長所短所を説明してくれるし、こちらの希望をきちんと法的に主張できるようにしてくれる。
さらに裁判になった際...続きを読む

Q柱に角材を取り付けたいがL字金具以外の方法で取り付ける方法

2×4材の柱に、角材を取り付けたいと考えています。
添付画像のイメージです。
画像の赤の部分をL字金具で固定しようと思ったのですが、ちょっと見栄えが気になるなあと…
L字金具以外で、どういった取り付け方法があるでしょうか??
ちなみに、角材にフックをとりつけて鉢を吊り下げる予定なのでそれなりにしっかりとした方法が良いです。

柱をもう立ててしまったので(取り外すことも不可能ではないのですがちょっと手間がかかるので…)
出来れば、表側からのアプローチだけでどうにか出来る方法があれば、教えて下さいませ。

Aベストアンサー

コースレッドでバシッっと打ち付けてしまえば?

角材のサイズとか想定荷重がハッキリしないけど
隠し釘で対応出来るモノであれば、隠し釘でも良いだろうし

Q測量後の押印する書類について

生まれて初めて測量に立ち会い、境界石が入りました。
この後書類に押印するのでしょうが、区との境界ポイントみたいなのだけ押印したいのです。
測量士が持ってきた書類が普通の土地の境界用なのか、区との関係の物なのか、簡単に判りますか?どこを見れば判るのでしょう?

事情が有って、土地の境界については近隣全員がOKになるまで押印しないことになっています。
しかしこのまま行くと永遠に押印無しになりそうです。

区と絡んでいる物は、書類押印しておいた方がもし今後測量を依頼するようなことが有ったら測量費が安く済むと聞いたので、それだけやっとておきたいのですが、なにせ生まれて初めてのことだらけでオロオロです。その他にも注意点が有ったら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2です。
お書きになられたような状況であれば、おそらく境界承認図も官地の承諾用として別に作成しているか、承認印の欄に承認する境界を特定させていると思いますので、良く見ればわかるでしょう。
境界票ごとに、A1などと記号がふられ、土地の測量図面と境界の写真が貼られているような、大きな図面です。
しかし、ひどい隣地所有者ですね・・・・・・
土地家屋調査士の方から、写しをもらえると思いますので必ず後日のために、境界承認図や測量図の写しはもらってください。
現在は「座標値」を用いての測量となり、境界点も座標で表示されていますので、万一隣家が抜いたりした場合も、今回打設した正確な位置へ境界の復元などは容易く可能です。
隣家はどうあれ、土地家屋調査士さんは信用してあげてくださいませ。

Q境界条件(流体力学)

流体力学の問題で、境界条件に非すべり条件もしくはすべり条件を課すことが多いですが、実際の流れはどうなっているのでしょうか?非すべり条件とすべり条件の間(つまり少しだけ滑っている)になっているのではないかと思うのですが・・・。
また、そのような非すべり条件とすべり条件の中間になっているような境界条件について書いてある文献があったら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

通常の圧力であれば、流体の速度や温度は壁面と同一になると考えていいので、境界条件として非すべり条件を与えて問題はありませんが、流れが希薄になると話は変ってきて、おっしゃるように非すべり条件とすべり条件の間になります。

それがどの程度なのかは、実験などで経験的に得られるもので(最近では数値計算で力ずくに求めることも出来るようになったのですが)、任意の形状の物体に対してどの程度すべっているのかをずばり予測出来るモデルがあるかどうかは私は知りません。

Q通路状敷地の利用協定書の効力について

他の質問もさせていただいておりますが、旗竿地の購入を考えています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6908944.html

旗竿地で2項道路に対し、竿地で1.5m幅で接道しております。
竿地は他の方の通路状土地を含めて全体で4m幅です。
今回はお隣さんの土地をお借りして、申請することで建築できるそうです。

購入にあたり協定書を作成いただきました。
・Aさんの土地を建築確認用の敷地として利用可能とすることを承諾する
・互いに通行や掘削を許可
・塀などを設け、通行を妨げない。
・私が第三者に売却時には、協定書は引き継がれる。
といったことが書いてあります。

最後の引き継がれるというのがあれば、私が将来売却時に、2m以上の接道並みに評価があがるでしょうか?
反対にお隣さんが売却した場合には、どうなってしまうのでしょうか?

どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長期にわたる法的効力の低い約束事の書面です。
ちゃんとするなら行政書士に見てもらい公正証書にしたらいかがですか。
1の方の言う通り、Aの方の死亡、相続、売買、譲渡でいくらでも効力を失う内容と思われます。

売却時に評価は上がりません。
融資時も銀行の評価は所有権の有無と接道条件ですので、簡単には通りません。

評価を上げたければ法的にその幅を位置指定道路として許可をとるほうが良いと思いますが、できれば0.5m巾高くても買い受けることが評価もあがり一番だと思われます。
買い受けて半分所有権があっても塀を設けないなどの隣人との協定をつくるのは利便性が上がると思いますのでよいと思います。

Q友人の親戚が、土地の境界について困っていると相談がありました。

友人の親戚が、土地の境界について困っていると相談がありました。
25年前に購入した更地の土地について、
その土地の隣の方から境界について異議があると連絡があったそうです。

購入当時、購入を通した不動産業者は倒産でなく、
担当の行政書士兼土地家屋鑑定士と土地の元の持ち主は死亡でした。
土地の権利書などは書類はありますが、上記の理由により、当時の関係者が誰もいないそうで、
どうしたらいいのでしょうか?
なるべく費用がかからない方法で、土地の境界の確認、相手と合意をしたいとのこと。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法務局の新制度の境界紛争も実際は当てにならないようです。
弁護士は専門外の人です。
相談は土地家屋調査士しかおりません。

その方は土地境界がここだという立証するものをお持ちでしょうか。

立証するものが無ければ値引き交渉と同じでどこまで譲歩するかという問題です。
納得出来ないか、隣人の性格が悪いのであれば、何十年平行線でもいいから争い続け、根負けするまで待つしかありません。
費用をかけずに合意したいなら、相手の主張を認めるしかありません。
繰り返しますが、値引き交渉と同じで基準はありませんので、双方納得したところが境界です。

その境界は隣人との間のみ効力があるもので、境界を決めるのは民間人でなく国であるということをお忘れ無く。
隣人との合意は裁判の証拠資料にしかなりません。
しかし現実には裁判する人はいませんので、隣人との合意で世間は通用しております。
法律と世間の常識は異なります。

Q買付証明書の効力とは。有効期限とは?

中古戸建て購入を考えています。ライバルは3人。
1番最初に、私達が買付証明書を頂き10万円を納めています。
私達が証明書を頂いてから4日後、に2人目が。
更にその2日後に3人目が購入希望としてお店に来ているとの事。

1番最初に買付証明書を頂いているので、順番的には大丈夫だと思うのですが、
なんと、売主(物件に居住中)と連絡が取れないんです!!
電話は電源が入っておらず、留守電にもならず…。 もうすぐ証明書を頂いてから1週間たちます。

3人共、それぞれ担当者が別で、各担当者が個々にお店から、携帯から
売主に連絡を取ろうとしています。(現時点で誰も連絡取れていませんが…)

長年探し続け、やっと見つけた家です。出来れば購入したいのですが
売主と連絡が取れなければ、話が進みません。
買付証明書に署名捺印した時に、担当者から【口頭】で
「本契約までは本日から10日以内が原則となります」と言われました。

証明書には、発行して頂いた日付が入っていますが、口頭案内された
有効期限などの具体的な期限が書かれおらず、契約不成立時に返金と書かれています。

契約に必要な印紙や、役所で出す書類、頭金の用意まで出来ているのに・・・
このまま売主と連絡がつかず、10日以上たってしまった場合、
2番手の方に契約の権利が移ることはあり得ますでしょうか?

不動産屋に直接聞きたいですが、必死な担当者さんを見ていると聞くに聞けません
・・・が私達も不安で、正直眠れません。  宜しくお願いいたします。

中古戸建て購入を考えています。ライバルは3人。
1番最初に、私達が買付証明書を頂き10万円を納めています。
私達が証明書を頂いてから4日後、に2人目が。
更にその2日後に3人目が購入希望としてお店に来ているとの事。

1番最初に買付証明書を頂いているので、順番的には大丈夫だと思うのですが、
なんと、売主(物件に居住中)と連絡が取れないんです!!
電話は電源が入っておらず、留守電にもならず…。 もうすぐ証明書を頂いてから1週間たちます。

3人共、それぞれ担当者が別で、各担当者が個々...続きを読む

Aベストアンサー

元業者営業です

元々買い付けには法的拘束力はありません。
法的拘束力があるのは「契約書」だけです。
買い付けはあくまで「交通整理」みたいなもので、ぶっちゃけ「慣習」です。

つまり、正式な契約を締結しない限り売主は「いつ誰にどのような条件でも」売る事ができるのです。
(当然誰にも売らない事もできます)

故に、たとえ買い付け順位が1番目が貴方だとしても、売主の「胸三寸」でどうにでもなります。
たとえ1千万のお金を入れていたとしても、正式な契約を締結していない限りは。
(本来、契約もしていないのにお金を入れているのも私からすれば「???」ですが、今回のケースでも当然支払い済みのお金は返還されます。)

>売主(物件に居住中)と連絡が取れないんです!!

これは・・・何故でしょうね。。。流石に私も経験がありません。

>・・・が私達も不安で、正直眠れません。

こうなったら気にするだけ損です。
後は運を天に任せましょう。

上手く行くといいのですが・・・。

Q境界杭が無くなった

家を建築するため立会いのもと境界杭を打ちました
土地家屋調査士さんが行った正規の木杭で、写真も撮りました
こちらは個人、相手は国交省です

うちの工事より先に国交省は工事に入りキャタピラが走り回ったため
杭の場所がわからなくなってしまいました
現場の会社に言うと元に戻しておきましたと
赤く塗った木杭を打ってました

この度、うちの工事に入る予定なのですがセットバックがぎりぎりで
建築指導科から「境界は大丈夫ですか?」と念を押されました

なんだか抜いて打ち直せば敷地が広がるじゃん
と思うようないい加減な杭が通用するのか疑問です
再度立会して、ともに認める正確な杭を打ち直すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

土地所有者双方立会いの基に、土地家屋調査士が杭を入れたのなら、何も問題は無いと思います。
本来の境界杭は、一般的にコンクリート製のガッチリした杭を設置しますが、道路工事や建築工事等する場合は、すぐに壊れてしまうので、木杭やプラスチック杭等で仮杭を入れます。
その場合、土地家屋調査士は、全ての杭の座標データを記録します。
その上で、念の為に(素人にも分かる様に)、何ヵ所かの杭に対し、マンホールの中心から何メートル、ブロックの端から何メートル、電柱から何メートル・・・・・
という具合に、恒久物からの距離を何ヵ所か記録しておきます。
そして、道路工事等する場合に、工事の邪魔にならない位置に何ヵ所か控杭を打って、後々に復元できる様にしておきます。
(工事の様態により、控杭を打たない場合もあります)
今回の道路工事により撤去された境界杭は、その控杭(又は、座標データ)から復元されたものと思われますので、間違いのないものと思います。
最終的には、コンクリート杭か、道路の側溝や縁石(プレート杭)になると思います。
・・・・・
境界を立会された時に、境界確認書を取り交わしておられるのでしょうか。
境界確認書が手元にあるならば、恒久物からの距離も明記されていると思いますので、確認されては如何でしょうか。
もし、境界確認書を取り交わしていないか、又は、境界確認書が手元にない場合は、土地家屋調査士から測量図面をもらって、恒久物からの距離を確認されては如何でしょうか。
素人的には正確に距離が測れないと思いますが、ある程度の距離は測れますので、確認するのに参考になります。
もし、疑問に思われるなら、工事業者(道路工事監督)に疑問が有る事を伝えて、杭の説明をして貰ったら良いと思います。
工事業者にも測量する人がいますので、杭を測量(確認)して貰えると思います。
・・・・・
工事業者が信用できなければ、自分で土地家屋調査士に依頼して、境界杭を確認する事は可能です。
但し、この場合は、土地家屋調査士への報酬は質問者さんが負担しなければなりません。
・・・・・
境界杭等について、疑問が出た場合は、早いうちに解決しておきましょう。
工事完了後、何年も経ってから異議を申し出ても、相手にされない事が有りますし、問題解決の為に時間がかかります。
今なら、工事業者の方で復元義務が有りますので、工事業者がちゃんと対応してくれます。

無事、問題が解決する事を心からお祈りします。

土地所有者双方立会いの基に、土地家屋調査士が杭を入れたのなら、何も問題は無いと思います。
本来の境界杭は、一般的にコンクリート製のガッチリした杭を設置しますが、道路工事や建築工事等する場合は、すぐに壊れてしまうので、木杭やプラスチック杭等で仮杭を入れます。
その場合、土地家屋調査士は、全ての杭の座標データを記録します。
その上で、念の為に(素人にも分かる様に)、何ヵ所かの杭に対し、マンホールの中心から何メートル、ブロックの端から何メートル、電柱から何メートル・・・・・
という...続きを読む

Q土地の境界線

平成16年に建物つきで土地を購入したのですが、元の地主が測量し、私どもの建物が地主の土地に出ていることで土地家屋調査士の立会いで境界線を確認し、そのとき境界線から出ている説明を受け、借りていることで確認書に印鑑を押しましたが出ている部分を壊して境界線から内側に戻さないといけないのですか?
元の地主から平成1年にMさんが買って平成16年に私どもが購入しました。もともと出ている状態で購入しました。どのような条件になっているのか今ではMさんと地主は現在は亡くなっていません。
知合いに相談したところ20年間、請求などが無かった場合は権利が建物を持っているほうが有利と聞きましたが不動産ごとは素人なのでどのようにしたらいいのか分かりません。詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特別な取り決めがない限り、将来住宅を立て替えるまでそのままで大丈夫でしょう。立て替える際には越境しないようにするだけです。越境分の借り賃も支払う契約がなければ不要でしょう。
20年云々の話は聞きますが、裁判してまで主張しますか?まだ9年ですし、境界が確定しているならそのままが良いでしょうね。


人気Q&Aランキング