天魔覆滅、魔王光臨、
といった具合の死や破滅、破壊を予感させる3~4文字の言葉を教えてください
(造語大歓迎です)
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

盛者必衰


平家物語で有名な言葉です。

生者必滅
生命あるものは、必ず死ぬときがあるという言葉です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

語呂的にこちらがよかったのでベストアンサーにさせていただきました。
みなさんありがとうございます!

お礼日時:2011/04/17 22:53

寂滅霧散(じゃくめつむさん)


羅利骨灰(らりこっぱい)
五濁悪世(ごじょくあくせ)
六百六十六(「ヨハネ黙示録」)
    • good
    • 0

「バルス!」って言うの、ダメ? ラピュタ見た人なら分かると思うんだけど・・・。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉

2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉遣いが乱暴だったりする子って 何が影響していると思いますか?

Aベストアンサー

まぁでも2歳以降ってそういう時期じゃない?その悪いことを悪いと学ぶ時期じゃないかな?5歳以降で意地悪してたら家庭環境に問題があると思うけど

Q「死の棘」という言葉はどこから?

島尾敏雄の小説のタイトルに「死の棘」っていうのがありますが、これって何か昔からそういう慣用的な表現があったのでしょうか?それとも島尾さんのオリジナルなのですか? 

ふと、その言葉が気になって調べたんですけど、辞書にもないし、検索しても島尾さんばっかりで…。おまけに、その小説も読んだことがないので余計に分かりません。

もし何かに由来してるのでしたら、原典と意味を教えていただきたいのです。
本当にふとした疑問ですみません。

Aベストアンサー

新約聖書からの1節からきています。
「『死よ、なんぢの勝(かち)は何処にかある。死よ、なんぢの刺(はり)は何処にかある』死の刺は罪なり、罪の力は律法(おきて)なり。されど感謝すべきかな、神は我らの主イエス・キリストによりて勝を与へたまふ。然(さ)れば我が愛する兄弟よ、確(かた)くして搖(うご)くことなく、常に励みて主の事(わさ)を務めよ、汝等その労の、主にありて空しからぬを知ればなり」(コリント前書-第15章55-58)
訳によって「死の刺」「死の針」とあるそうです。読み応えのある内容でした。

Q「したりげ」はどんな意味ですか。

「したりげなセリフを吐かれる」という言葉の意味が
ちょっと理解しにくいです。手元の辞書に「したり」がないです。
これは何の品詞で、「したりげ」はどんな組み合わせですか。
「したりげなセリフを吐かれる」になると、どんな意味になりますか。
教えてください。

Aベストアンサー

私の辞書には「何気に」という言葉はありません。
「したり」
うまく成功した/やりそこなった
という両面の言い方に使われます。
「したり顔」うまくやったという顔つき。
「してやったり」→「したり」に転じたもの。

「したりげな……」という言葉は、「何気に」を真似た、若者固有の俗語(スラング)だと判断できます。
ただしくは「したり顔に言う」です。
「セリフを吐く」も下品です。知性が感じられませんね。

Q二つ文字牛の角文字直ぐな文字…

この古文の出典教えてください。なにかの出典の第六十二段です。宇治拾遺物語でしょうか。それとこのとき延政門院は何歳でしょうか。私の考えですと滅亡後からかぞえて推定21歳。

Aベストアンサー

徒然草 62段みたいです

後嵯峨天皇の皇女である延政門院悦子(1259-1332)が、幼いときに父君の御所に参る人に言伝てして奉った歌について書いた段のようです。

何歳とは徒然草が出たとき? というご質問でしょうか?

参考URL:http://www.nikkoku.net/ezine/asobi/asb17_01.html

Qゆったたり

「ゆったたり」という言葉は存在するのでしょうか?人に聞かれてネットで検索したところ、結構ヒットします。「ゆったたりする」とかで「ゆったりする」の誤りと思うのですが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

入力ミスの見落としでしょう。グーグルでは僅かに三十四例しかヒットしませんし。検索の仕方も間違っているのでしょう。ダブル・クオーテーション・マークで括ること、ご存知ですか。

ちなみに「”まったたり”」で検索すると105例ありました。この程度でもやはり間違いと断定できる少なさです。

Qこの言葉は誰が言った言葉でしょうか?

曖昧な記憶しかなく、ニュアンスでしか覚えていないので、わかりづらいと思うのですが、
どうしても誰が言った言葉か知りたいので質問させてください。

「死ぬために生きるのではなく、
生きるから…」

といったような言葉です。すいません、ニュアンスで、もうちょっと違う言葉かもしれません。
確かちょっと前の詩人か、文人だと思うんです。

これかな?と思う方、いらっしゃいましたら回答をお待ちしています。
手がかりでも構いません!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

#4に追加します。

● たった一人しかない自分を、たった一度しかない一生を。

● 人は生まれて、生きて、死ぬ、これだけでたいしたもんだ。

● 生きているということ いま生きているということ

● いかに死ぬか、いつ死ぬかを選ぶことはできない。
   選べるのは、いかに生きるか、それだけだ。

Qネット用語「しゅたり」っどういう意味ですか?

こんにちは。最近、ツイッターで「しゅたり」という言葉を見かけますが、意味が分かりません。
どこかに移動して着いた後に「しゅたり。大阪駅」みたいに書いていますが・・・。
どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

着地音みたいな感じだと思います。
忍者みたいな。
どこかに着いた、というのをちょっとかわいく表現してます。

Q『失意の日も得意の日も・・・』という言葉、誰の言葉でしょう??

全文は、
『失意の日も得意の日も それからすっかり時がたって 全てが消えてしまっても いかに小さくとも真剣に激しく生きたときの思い出は残っている』
です。

何年も前の、メモに走り書きしたのを、最近発見したので、もしかすると全く有名なものではないかもしれませんが・・・

もしご存知の方がいらっしゃったら、誰の言葉か、また
本や詩の中の言葉でしたら、その作品名等教えて頂けない
でしょうか。
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは!
自信は全く無いのですが、これはもしかすると井上靖さんのお言葉ではないでしょうか??
「失意の日」「得意の日」という言い回しにピンときたのですが、井上靖さんの「夕映え」という作品に、この言葉が出てきます。
井上靖さんのこの作品は、背景描写が本当に素敵なので、もしお時間がおありでしたら一度読んでみて下さい。

Q明るく元気な人じゃないとたりダメ?

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だというのはすぐに分かると思います。
そのせいか今まで職場で浮いてしまう事が多く、悪口を言われたり、人間関係が余計不安です。

どこに行っても浮いていたという訳ではなく、それなりに仲良くやれたり、面白い人と言ってもらえる職場もありました。今の職場でも比較的みんなと仲良くやれていて面白いと言ってもらえたりしています。

年上の方が多いと比較的良くしてもらえるのですが、同世代や年下だとなかなか上手くやれずに浮いてしまう事が多かったです。
年上の人には「落ち着いてるね」などと良い方に取ってもらえたりするのですが、若い人からするとテンションが低いと「暗くてつまらない人」になってしまうのもしれません。

今度の転職先も若い人が多そうなんですが、若い人と仲良くやるにはどうしたらいいんでしょうか。特に年下の先輩とどういう風に接すればいいのかも分かりません。

ご意見下さると嬉しいです。

転職先もお店なのですが、やはり居酒屋の様なテンションではなく、静かな空間で落ち着いた接客をする所です。求人には明るく元気な人募集、とは書いていなかったので応募し、採用していただけました。

明るく元気な人募集、とか「あの人は明るいね」とかいう言葉を聞くと本当に自己嫌悪に陥ります。明るく元気じゃない人はいらない、と言われている様で生きづらいです…。

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だとい...続きを読む

Aベストアンサー

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけてあげれば、必ず何人かはあなたのことを好きになります。

ときどき暗くて元気がなくても、そんなことは関係ありません。自分のことを褒めてくれたり、認めてくれたりする人間を、人はおいそれと嫌いにはなれないものです。

若い人に対しては特にそうですが、広い心を持って、ひとりひとりの小さな美点を見つけてあげることが大事です。それをさりげなく口に出せば、あなたの好感度はうっすらと上昇し続けます。

もちろん、冒頭に書いたように根本的な「相性」というのはありますから、たとえ褒めても、その人独自の思考回路から、あなたのことを嫌いになる人も出てくる可能性はあります。そういうのは、そもそもの初めから、何をやっても仲良くなれない人です。気にしなければ良いだけです。

無口で暗いと言ったって、別に人に対して悪意を持っているわけではないですよね。それなのに、そのことをあげつらって悪口を言うような人は、そもそも性格が歪んでいる人ですから、無視に限ります。

広い心を持って、広い心を持った人と出会う。そんな関係を意識して目指せば、自然体の自分のままでも、充分に幸せな社会生活を送ることができると思いますよ。

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけ...続きを読む

Q神や仏、仙人は死んだ人??

みなさんは死人の世界とはどういうイメージをお持ちですか?
神様や仏様っていわば死んだ人のことですよね・・・?
それでは仙人も死んだ人なんでしょうか・・・?

Aベストアンサー

>神様や仏様っていわば死んだ人のこと

質問者氏の以前の質問も民俗学マターのものがありましたので、推測ですがこの質問もその分野の視点に立ったうえのものではないかと思えます。そうだとすれば、この見方はあながち間違いではありません。

混乱しがちですので簡単に整理します。
柳田國男が『先祖の話』の中で多方面から分析していることですが、古来日本人は死人を「ホトケ」と称して供養を行ってきました。この「ホトケ」はもちろん仏教の「仏」と同じものではありません。
仏教でいう本来の「仏」は、欲望をコントロールする聖人であり人間の到達し得る理想であったのは事実ですが、大乗仏教以降、法身仏などが生み出されたことで「仏」は残念ながら人間の手の届かない存在になってしまいました。

日本人が「ホトケ」と呼ぶものはこの「仏」のどちらの意味にもあてはまらない存在です。敢えて言えば「供養を必要とする存在一般」の総称であると言えるでしょう。
(宗教学や民俗学ではこのような混乱を避けるため、死者たる「ホトケ」と仏教の教学上の「仏」をそれぞれ区別して記載するのが普通です)

「ホトケ」を供養する必要があるのは、罪穢にまみれた存在であると受けとめられたからです。もろもろの罪汚れのために「ホトケ」は荒れすさび、社会に不幸や災厄をもたらすと考えられたため、それを供養によって浄化することは現実的に重要な課題だったのです。

古来の日本人の信仰では、供養による「ホトケ」の浄化は年月を必要とすることでした。柳田國男は三十三年間ないし五十年間の供養を行って初めて「問い切り(弔い切り)」などと呼ばれる供養の終了を迎えられることを指摘しています。またこの問い切り以降、死者が祖霊や氏神として祭られるようになることも柳田の指摘するところです。

つまり、供養の続いている間は死者は「ホトケ」として認識されますが、一定の期間の供養の満了をもって「ホトケ」は「カミ」として扱われる、というのが柳田の分析でした。死霊は浄化によって神霊化し得る、というわけです。

そもそも、霊魂の根本にある本性は穏やかで自然の運行に合致したものであって、それは「ホトケ」も「カミ」も共通しているはずだと考えられたのです。ただ、違いは「カミ」は完全に浄化され罪穢を離れているためにその本性を十分にあらわすことができる、ということにあるのです。

もちろん、ここでいう「カミ」も「神」とは少し違います。「カミ」は創造主でもなければ記紀神話に出てくるような人格神でもありません。人間社会に穏やかな恩寵をもたらす存在とでもいうべき茫洋とした括りで認識されていたのが「カミ」なのであって、むしろ生々しい個性が時間をかけて剥落することによって「ホトケ」は「カミ」たる資格を得たのです。

従って民俗学的に見れば「カミ」も「ホトケ」も同じ地平のうえの存在であるわけで、両者とも死んだ人、という見方は限定的にではありますが、間違っているわけではありません。こういう古来の民間信仰の下地があればこそ、神仏混交が民衆レベルで進行し得たのです。
繰り返しますが、あくまで「神」や「仏」と混濁させないことが重要です。

さて仙人ですが、正確には多少イメージの変遷を経ています。後漢のころまでは「僊人」と表記されており、これは文字通り「僊」つまり(魂が)抜け出た存在ということで、人間とは隔絶した存在でした。むしろ死んだ人に近いニュアンスだったでしょう。
しかし徐々に神仙思想が固まるなかで、不老不死を獲得した超越的な人間という位置付けに固まってきたのです。現在を問題にするのなら、仙人は人間でしょう。

※回答者には質問者のレベル(失礼)を知る術が限られています。より意味のある回答をするために、不明な点があれば補足でより具体的にポイントを絞った質問をするか、さもなければ質問を一旦締め切ったうえで新たな質問を立てて頂くことを希望します。以前回答した質問についても同様です。

>神様や仏様っていわば死んだ人のこと

質問者氏の以前の質問も民俗学マターのものがありましたので、推測ですがこの質問もその分野の視点に立ったうえのものではないかと思えます。そうだとすれば、この見方はあながち間違いではありません。

混乱しがちですので簡単に整理します。
柳田國男が『先祖の話』の中で多方面から分析していることですが、古来日本人は死人を「ホトケ」と称して供養を行ってきました。この「ホトケ」はもちろん仏教の「仏」と同じものではありません。
仏教でいう本来の「仏」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報