宗教、資本主義、科学、政治。

これらは識字に基づく文化です。

人は動物を操作するので、
そのうち、動物に文字を与えると思います。

文字は思考を操作するので、技術の発達した近い将来
人は動物に人の労働を与えると思います。

つまり変わらない。弱肉強食。

後、何世代で実現するでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どこかの大学の研究室で猿に言葉を一生懸命教えていますが、余り成果が上がっていないようです。



文化と文字、あるいは言語は同等の意味を持っているとされます。ならば、
猿が言葉を扱えるようになるということは、猿が人間の文化を共有したということになるでしょう。
今のところそれは不可能らしいです。
何世代教え続けても無理。
(言葉でなく、別の手段で会話することはある程度可能になっているようですが。)

>文字は思考を操作するので、技術の発達した近い将来
人は動物に人の労働を与えると思います。

この文章がそもそもナンセンスです。
技術が発達したらなぜ動物に文字で労働を与える必要があるのでしょうか。
猿の頭に人工頭脳を埋め込めとでも言うのでしょうか。
基本的に不可能だとおも居ます。

昔から人は動物を労働させて楽をしてきました。
今は機械がコンピュータという脳をもって人間にかしずいています。
一般的に今は労働に動物の援護は不要です。ただ、
介護にチンパンジーを訓練してつかせようかという研究が始まっていることは事実です。
その場合でも、彼らに文字を与えることはしないでしょう。
ひっぱたいて身体に教え込むだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答有難う御座います。

『どこかの大学の研究室で猿に言葉を一生懸命教えていますが、余り成果が上がっていないようです。』

研究してるんですね。

不可能と言うのは脳や骨格が違うので上手くいかないという事でしょうか。

僕が想像したのは一緒に暮らすペットに訓練すれば簡単な文字は覚えてくれるんじゃないかと言う所から、その後・・って考えたら飛躍した話になってしまいました 笑

動物が労働するとしたら、残酷ですが例えば放射線量が高い場所とかだと動物の援護があると助かる気がします。

介助犬とか伝書鳩もいますし人間社会で動物の援護は大事ですよね。

介助犬とか伝書鳩は人間社会が発達した事で人が新たな動物の活用法を見出せたと考えると、さらに将来はもっと動物が活躍してるのではと想像してしまいます。

動物が文字を理解する。。

やっぱり、、出来ないんですね 笑

お礼日時:2011/04/12 23:22

そもそも労働力として考えてるなら、


サルのような「生物」は効率悪いです。
睡眠が不可欠でしょう?

ところが、映画「アイロボット」のような、
高性能ロボができれば、サルの進化は不要です。

そもそも、森のチンパンジーに負けた種族が、草原に出て、
あんたや私のような人間になったんだよ。
常に負けた方が、直立を迫られ、脳を大きくしたのだ。

ーーー

そんで「アリ型進化」の話は、信じられないだろうけど、
SFじゃなく、現実なんです。
現代は「ヒト型進化(自律的社会化)」から「アリ型進化(他律的社会化)」への移行期です。

その証拠に、働く目的が「お金に困るから」という「他律的要因」でしょ?
ケツを叩かれて嫌々働く(生きる)のが、現代でしょ?

逆に「人助け」のために働く人が、いますか?
この「人助けのため」=自律的社会化(ヒト型進化)

約4千年前に、進化の移行が始まったんです。これマジ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アイロボットはきっとコストが高いのでメインの労働力には向いてないと思います。

お金の為に働く前は生きるために狩をするか農作業をしてたんですよね。

それも自律的な社会ですし、今を自律的に生きることも出来ます。

学生さんだと思いますが、自立してから自律的、他律的ともう一度向き合ってください。

アリ型進化は興味がないのでもう結構です 笑

有難う御座いました!!

お礼日時:2011/04/12 23:41

#1の者です。



アリやハチは遺伝子により個体と全体の関係性において、
個体は意識がなく条件反射で動いています。
女王アリとかがいるでしょう?
中央集権的な社会です。

階層は異なりますが、あなたは多細胞生物だよね?
ここにも細胞単体と全体の関係があって、
脳を中心とした、中央集権なんです。
そこに意識が発現する。わかる?
つまり、我々の身体は細胞単体の自律性を犠牲にして
生きているのだ。これは「アリ型進化」のタイプ。

もし将来、ヴォーグみたいになれば、中央ホストコンピュータに
制御されて、我々個体の人間は自律性を犠牲にし反射的(他律的)に活動する。
それが宇宙の終焉。そして地球が1個の脳になり、意識を持つ。
だんだん、わかってきた??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

SFですね。

ダイソン球レベルの将来の話でしょうか。

『脳を中心とした、中央集権なんです。』

理性が本能を上回るのは人間だけの様ですが脳を中心とした動物は沢山居るのではないでしょうか。

もし人が猿の集団の中で成長したら本能が理性を上回る気がします。

やはり識字能力が大切だと考えてしまうんですよね。

それと宇宙の終焉は生物の活動レベルじゃ語れないと思います。

特異点に収束するビッグクランチも定説じゃなくなった様ですし、ブレーンワールドの理論も確立していない現在では宇宙の終焉は夢物語です。

お礼日時:2011/04/11 22:12

「労働」とは社会生命としては「生きること」に他ならない。


よって、人間はどこまでも労働し続ける。
ちなみに「遊び」と「労働」は元々、同一のものだ。

「動物を労働させる」ですか?
水牛などは、識字など関係なく働いてますよ。

あとね、現代の人間が皮肉にも「ヒト型進化」から「アリ型進化」へ移行しつつある。
最低限、それくらい見えていないと、認識を深くはできません。

完全に「アリ型進化」したらスタートレックの「ヴォーグ」みたいになります。
個体には意識がありません。よって個体には「宇宙が無い」。わかる?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうです。

アリ型進化とは面白い事を言いますね。

我々はどうやっても皇族にはなれませんし 笑

そういう意味ではずっと前からアリ型進化なのかも知れませんね。

質問で書いた事は水牛等動物の労働の次元が上がって動物が機械を使って労働をし始めるのは何世代位先の話でしょうって事です。

動物と人間の創発的現象とでも言うのでしょうか。

変な質問ですみません 笑

お礼日時:2011/04/11 19:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング