MSDS(製品安全データシート)は、国内では義務付け?されていますが、MSDSに記載すべき化学物質は、全てなのでしょうか?又、含有率はどのくらいなのでしょうか?
記載事項を見ると中には、企業秘密等の記載がありますが、これはその企業のノウハウに関わる事なので企業秘密なのでしょうか?

弊社では中国工場があり、その中国工場の取引先へ、MSDSを提出して下さい。と依頼したところ、
拒否されましたが、中国や海外では、MSDSは義務化されてないのでしょうか?

すみませんが教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本のMSDS配布はPRTR法と言う化学物質管理に関する法律に定められていますが、化学物質について記述する事が主たる目的ではありません。



消費者が製品を取り扱う際に危険を避ける様な指示を書く事がPL危険表示ですが、MSDSは業務等で日常的に化学製品を取り扱う相手に、身体上の危険を避ける為の注意を与える事を目的にしたものです。

記載上何がどれだけ入っている事が重大なのではなく、その製品全体を取り扱う際に、目に入ったらどういう措置が必要かが書かれていて、それを取り扱う人が目に触れる場所に保管する事が大事と言う事です。

日本でも1992年以降に作成が定められたものですので、発展途上国ではまだ定められて無い場合もあるかと思いますが、その場合制度が行き渡っている先進国では売買出きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
何がどれだけ入っているのかが重要ではなく、取扱いや保管方法等が重要だとわかりました。
拒否している状況も、義務化されていない国では仕方ないのかと感じました。
説明、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/26 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製品安全データシート

製品安全データシートってどこに依頼したら作成してもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

 製品安全データシート(MSDS)は通常メーカーが作成するものです。質問者様がメーカーさんでしたら、やはり技術担当の方に作成して戴くことになるでしょう。専門的な項目もありますので。

QMSDS(Material Safety Data Sheet)

MSDS(Material Safety Data Sheet)ってなんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

下記参考URLをご覧になってください。詳しい回答が出ています。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=286969

QMSDS(製品安全データシート)の作り方。

仕事で品質管理をしています。PRTR法の絡みでMSDS(製品安全データシート)を準備しないといけません。作成マニュアルを紹介してください。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

MSDSは、JIS Z7250で決まっています。
(http://www.jisc.go.jp/index.html)
経済産業省製造産業局化学物質管理に解説があります。

参考URL:http://www.meti.go.jp/policy/chemical_management/law/

QMSDSについて

製品安全データシートなどと訳されています。
これは、製品に対して要求されることはあるのですか? それとも、ある製品に含有されている化学物質に対して、作成されるものなのですか?
例えば、
パソコンに対してなのか、PC内のハンダ中の鉛に
対してなのか教えてください。

Aベストアンサー

製品安全シートは、提供される側で必要とされる化学的な取り扱いや危険予知、安全作業等の情報を作成し、提供する為に用いると考えます。
環境では、PCと言うよりはリサイクル等で分割出来る最小のものの単位で、個々のMSDSが必要になる場合があります。
ヨーロッパのRoHS指令では、ユニット単位を対象とし、基盤等では、基盤をユニットとするのでは無く、コンデンサとか抵抗とかの部品をユニットと言いますので、その範囲での半田を指す場合もありますが、はんだの場合は基盤単位でも良いのかもしれません。
また、PC単位でも半田の成分を報告することがありますので、単位をどのようにするかは、要求する(提供を受ける)側にかかってきます。
一般的には化学物質等にMSDSは多く使用されているため、その単位のMSDSを集めて提出することで、大きな単位の情報提示となります。

Q製品安全データシートでの「認められない」は英語で?

工業製品などに添付する製品安全データシートへの英語の表記について教えて下さい。

危険性、有害性などの項目に対して問題が無い場合、日本語のシートでは一般的に「認められない」と記入されますが、英語の場合には慣例的に何と記入すれば良いでしょうか。

ここで「認められない」とは、一般的に認識されていないとか、確認されていないなどといった意味だと思うのですが。

英語でシートを作成した経験をお持ちの方がいらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

当該シートは拝見したことがありませんので、一般的な英語表現につきご回答申し上げます。

シートに質問項目として「~につき問題があるか」と記載され、そのあとに回答欄が設欄されているとすれば、

NOT ACKNOWLEDGED (またはNOT FOUND)

と記載すればよいと思います。

もちろんフルセンテンスでもOKです。

『ここで「認められない」とは、一般的に認識されていないとか、確認されていないなどといった意味』

そのとおりです。

なお、「該当なし」という意味では

N/A(またはN.A.:not applicable)

も用いられますが、正確を期すためには上記のacknowledgedまたはfoundを用いたほうがベターと思います。

ご参考になれば幸いです。

Q遮水シート、FPAシートの歪みについて

今大学の課題で遮水シートについて調べています。
遮水シートである、FPAシートの歪みは通常通り、歪みゲージを用いて測定するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

単に歪と言ってもどんな状態での歪か分からず答えようがありません。シート加工時の残留歪、機械的強度測定時のStress-Strain、施工後の加重により発生する歪・・・・

日本遮水工協会なる団体があり遮水シーの自主基準もあるので、教えて貰いに行っては如何ですか。
http://www.nisshakyo.gr.jp/nintei.html
http://www.nisshakyo.gr.jp/pdf/sheet.pdf

物性測定はASTMも見ておくべきです。例えばD 561、D 638、D 751、D 1004、D 4833、D 5617・・・・

次の文献が目に付きました
鉛直遮水シートの引き込み力評価に関する模型実験
http://civil.utsunomiya-u.ac.jp/geo/pdf/14_banndou.pdf

最近の大学では文献や資料調査はどうなっているのでしょう? 進歩性のない実験にならぬことを願います。

QPAGEとSDS-PAGEの違いについて

PAGEの一種がSDS-PAGEであることは分かるのですが、
PAGEの方はアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドだけを使い、SDS-PAGEの方は、そのアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドに加えて、さらに界面活性剤のSDS(=ドデシル硫酸ナトリウム)を使うのですか?
PAGEとSDS-PAGEの違いがよく分からないので、教えてくださいませんか?大学一年生によく分かるように教えてくれませんか?

Aベストアンサー

 私、今その実験をしているものですが、界面活性剤としてSDSを使うのが、SDS-PAGE、それを使わないのが普通のPAGEです。
 SDS-PAGEは主にタンパク質の分子量を測るわけですが、タンパク質自体に電荷があり、分子量が大きいものほど電荷が大きいのです。その電荷の違いを中和するために、ゲルの方にSDSを入れます。
 一方、タンパク質側にも入れますが、これは、タンパク質を変性させます。
 詳しくは、参考URLのWikipediaでどうぞ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/SDS-PAGE

Q地球温暖化のグラフ化と考察

私は大学生です。
過去1000年間または2000年間の北半球における年平均気温の変化をグラフに表し、その特徴について考えたいと思っています。
特に、変動の周期性や最近の傾向を検討し、その原因について考察しようとしていますが分からないことがあるので質問します。

データは以下のサイトを利用しようとしていますがどれを利用すればいいのか混乱しています。どのデータもyear(年)とT-anomとありますがこのT-anomとは何を意味しているのでしょうか?現在との気温の差を表していると考えればいいのでしょうか?変動の周期性等についても知っておられる方がおられましたら教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

http://www.ncdc.noaa.gov/paleo/pubs/mann_99.html
ftp://ftp.ncdc.noaa.gov/pub/data/paleo/contributions_by_author/mann1999/recons/
http://www.ncdc.noaa.gov/paleo/pubs/mann2003b/mann2003b.html
ftp://ftp.ncdc.noaa.gov/pub/data/paleo/contributions_by_author/mann2003b/mann2003b.txt

私は大学生です。
過去1000年間または2000年間の北半球における年平均気温の変化をグラフに表し、その特徴について考えたいと思っています。
特に、変動の周期性や最近の傾向を検討し、その原因について考察しようとしていますが分からないことがあるので質問します。

データは以下のサイトを利用しようとしていますがどれを利用すればいいのか混乱しています。どのデータもyear(年)とT-anomとありますがこのT-anomとは何を意味しているのでしょうか?現在との気温の差を表していると考えればいいのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

T-anomとは、Temperature-Anomalyです(参考URL参照)。
Anomalyとは偏差や平年差という意味で使われています。
気候値は統計量として解析されるのでこのような表現を使います。
絶対値から平均値を差し引いてどれくらい平均値からずれているかを示すもので、気候変化を議論するさいよく使います。
変動の周期についてはいろいろ議論があるので、たとえば、
「気候変動―多角的視点から」
W.J. バローズ(原著)、松野太郎、谷本陽一、大淵済、向川均(翻訳)
という良書が出版されていますから参考にしてください。

参考URL:http://climbsd.lowtem.hokudai.ac.jp/group/people/shigeru/tc/datan2006/no2.pdf

QSDS(界面活性剤)は酸化膜の親水性を増すのでしょうか?

シリコン酸化膜(SiO2)基板をSDSを少量添加した純水に1時間程浸した結果,シリコン酸化膜表面の親水性がよくなったという結果を得ました.実際のところSDSにそのような効果はあるのでしょうか?ちなみにSDSの詳しい種類はメーカが開示してないためわかりませんでした.どなたか詳しい方,大変申し訳ありませんが回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 SDSはいわゆる界面活性剤の一つです。で、SDSに限らず一般の界面活性剤には同様の効果があります。これは#1の方がかかれているように、SDSが基板表面に吸着しているためです。
 界面活性剤は親水性部分(この場合、硫酸ナトリウム部位)と、疎水性部分(この場合、ドデシル基)があります。で、酸化ケイ素は疎水性であるため、疎水部が酸化ケイ素部分に吸着し、その外側に親水部が形成されたような、いわゆる1分子膜を形成します。

 ○------------|
 ○------------|基板
 ○------------|
 ↑    ↑
親水部  疎水部

 すなわち、このように基板表面に親水部が出てくるため親水性になったわけですね。

 最後に、SDSも塩の一つですので、その点、半導体においては注意が必要ですよ。

Q温暖化と寒冷化

こんにちは。
昔の話ですが、COP8の頃に、温暖化とはどのようなものかと思い、本を買って読みました。
印象的だったのは、日本の気象学者の方が『温暖化はどうでも良いんだ。本当に心配すべきなのは、来るべき寒冷化なんだ』と仰っていたことです。
最近、大雪が降ったりしますし、寒冷化対応の方が重要なのではないかと思ったりします。
詳しい方はどう思われますか?

Aベストアンサー

急に大雪が降るのは温暖化の影響です。寒冷化すると対流が減り気象変動が少なくなる。

>『温暖化はどうでも良いんだ。本当に心配すべきなのは、来るべき寒冷化なんだ』
これ言い得て妙なんです。。相談者さんも寒冷化対応と認識していますよね。
現段階政治的に行われているのは、温暖化対策。温暖化の進行抑制だけで温暖化にあわせた生活対応は想定していない。高床式にしたりとかシエスタ導入とかね。

地球規模での氷河期の到来も確定的な上に、文明熱での温暖化も進んでいる。これにより熱差が大きく分離してしまう。
これから起こりうるのは、最初に書いた大雪と干ばつと疫病。
大気が不安定になり、夏暑くて冬寒くなり、台風や竜巻など天候災害が増え、生態系や植生が変わり、
人類生息圏が急変し、食糧難からの領土紛争が増える。

地球全体の平均温度を上げたり下げたりではダメなのです。
地球全体が穏やかに熱循環しないと、暑い所は熱く、寒い所は極寒になってしまい、
人類の科学力で、ほどほどの土地をできるだけ大きく維持しないと、人が住めない土地ばかりになってしまい、
人と人の争いで人類と文明は衰退してしまうのです。

第一次大戦も17世紀から19世紀末に続いた小氷河期の影響での欧州の経済難と植民地支配の終焉が主原因ですし、
第二次世界大戦後の人口爆発は、小氷河期からの回復と、地震や火山噴火などの地殻活動が少なかった事が大きく関係します。
20世紀って地象学や気象学的に、有史以来地球がとても安定していた100年になります。
その前は9世紀。今よりも大分暖かく安定していたため平安時代は長期安定した政権で文化的に過ごせたのです。

急に大雪が降るのは温暖化の影響です。寒冷化すると対流が減り気象変動が少なくなる。

>『温暖化はどうでも良いんだ。本当に心配すべきなのは、来るべき寒冷化なんだ』
これ言い得て妙なんです。。相談者さんも寒冷化対応と認識していますよね。
現段階政治的に行われているのは、温暖化対策。温暖化の進行抑制だけで温暖化にあわせた生活対応は想定していない。高床式にしたりとかシエスタ導入とかね。

地球規模での氷河期の到来も確定的な上に、文明熱での温暖化も進んでいる。これにより熱差が大きく分離し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報