傷口があるんですが、そこに水道水が入ると口から入るよりも危険なんですか?

A 回答 (5件)

その部分は詳しくないですが、一般に言われている事は、傷口があればそこから放射性物質が入るので、傷口をカバーしてください、、、ということ。


放射能風呂に入る時には、傷口をテープ等で塞いで水に当たらないようにする等の対応が必要。
ちなみにこれは、原発御用学者達、何でもんかんでも「安全だ!」論者が言ってた事です。

その他に「粘膜」を通して人体内に吸収されます。

「傷口」とは血が出ているので、つまり血管が口を開いている。
血に放射性物質が触れれば、血に放射性物質が溶けたり混入する。
そして血管内に運ばれ、人体を駆け巡る訳ですね、放射性物質が。

但し感覚としては「飲み込んだり」、「吸い込んだり」するよりは吸収量は少ないのでしょうが、しかし、傷口にモロに確実に放射性物質が当たる訳だから、考えようによっては害が大きい。

放射性物質によって、「呑む」のと「吸い込む」のとでは危険度が異なります。
例えば放射性セシウムは呑むよりは吸い込む方が危険度が高い。
なので、呑んだり吸い込んだりするより、傷口に触れると危険な放射性物質もあるかもしれませんねw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も傷口や粘膜には最大限注意と見ました。

お礼日時:2011/04/12 00:04

>口よりも血液に入るほうが危険ないんじゃないんですか?



エイズウィルスか何かと勘違いしていないか?

まず水道水に含まれている放射性物質の量がどの程度か?
飲用しても問題の無い水道水が傷口に触れた場合の心配をしているのか?
数万、数十万ベクレル程度の汚染水の場合を心配しているのか?

質問の前提が適当なので、答えにくいが

今現在日本国内で、一般人が利用する水道水に関してならば全く心配ない。
    • good
    • 0

傷口から入る水の量など極微量です(せいぜい1滴の1/100以下)



口から入る場合には数CC以上ですから百万倍以上の摂取になります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

口よりも血液に入るほうが危険ないんじゃないんですか?

お礼日時:2011/04/11 18:15

ただちに、健康上の問題は生じません。



水道水よりも、食品の方が、ずっと数値が高いです。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/201104110100 …
    • good
    • 0

入れようと思っても1ccだって入んないよ。


で、1立方メートル辺りどのくらいの放射能が入っているものだかわかんないけど、飲めるレベルの水だったら何の心配もないよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング