6フレットの弦をまとめて人差し指で押さえるところがあるのですが、1弦が鳴らなかったり3弦が鳴らなかったりします どうすれば解決するんですか?

A 回答 (3件)

詳しい状況が分からないので、あれですが・・・


自分なりの個人的なコツですが、人差し指の腹全体で6弦全てを押さえるのはダメです。
多分、その押さえ方だと手が吊りそうになるはずです。

なので人差し指の側面(親指側)を意識して押さえてみてください。

あとは練習あるのみです!笑

頑張ってくださいo(^o^)o
    • good
    • 0

ギターを始めてどれくらいですか?


人差し指で6弦全部押さえて(バレーといいます)
音が出るまでには、1~2か月かかりますよ。
実際問題、FとかBとかを押さえられず、
そこで上達が止まる人は多いと思います。
まぁ、長年やってるのにバレーができない-という時は、
親指を使って弦を押さえる方法を工夫するか、
(基本はありますけど、音が出れば自己流でも)
ギターをあきらめるしかないですね。

(ちょっと気になったのですが、
 6フレットの弦が押さえられないって、
 B♭とかE♭とかのハイコードの
 音が出ないってコトじゃないですよね?)

もう1つ、古いギターを使っている場合は、
ネックが反ってしまって、弦とネックとの間が
離れてしまっている場合があります。
このときはネックの反りを修正してやります。

どうしたら押さえられるか-ですが、
握力を鍛えつつ押さえ方を研究するしかないですね。
ボクの場合、上からまっすぐに弦を押さえるより、
人差し指を斜めに傾けた場所で全部鳴ります。
手のひら側の指の中心より、少し中指側に寄った所で
押さえている感じです。

一度音が出せるようになると、
意外に軽い力で押さえられるようになりますよ。
多少ネックが反っていても、苦にはなりません。
頑張ってみてください。
    • good
    • 0

練習あるのみです。


バレーして3弦がならにのは、人差し指が弱いから。

通常は、シェイクハンドで、6弦は親指でおさえたり、ミュートしたりします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報