ポートレート主体となれば
50mmからが違和感なく始めれるでしょうか?

A 回答 (7件)

基本は皆さんが言われている通りなんですが、ポートレートに他の焦点距離のレンズが使えないか、というとそんなことはありません。

要は「自分の撮る写真がどの程度の画角の"目"を持っているか」が重要なんです。

ポートレートは、被写体の内面を引きだすことが出来ないと傑作が生まれません。ですので、撮影者と被写体の「心理的距離の取り方」もレンズ選択に影響を与えます。私は恥ずかしがりなので、ポートレートでも「良い画角だな」と思うと、35mm換算で105mm程度になってしまいます。一方、一緒にモデル撮影をしていると、35mm換算で50mmで素晴らしい作品を撮っている方もおり、どれが自分にとって良いレンズかは人によって違う事が分かります。

ということで、まずはキットレンズなどのズームレンズで、自分がどの焦点距離で主に撮っているかを把握する方が良いんじゃないかと思います。APS-C機だと、例えばこのへんのレンズなどを使って見ればいいかと(URLは、安い割に良好な描写で有名なレンズです)。意外に35mm程度や75mm一杯で撮っていたりするもんですよ。
http://kakaku.com/item/10505511961/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>自分がどの焦点距離で主に撮っているかを把握

そうですね。
早速、自分の距離を確認してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 13:56

ポートレイトレンズは、被写体と適度な距離を取れる事と、ボケを得やすいよう、明るめのレンズが向いていると言われていす。



と言うことで、お持ちのカメラが、APS-Cフォーマットであれば、50mm F1.4 (35mm換算:75mm相当)
35mmであれば、85mm F1,4がお勧めです。

私の、85mm F1.4は、ポートレイトをとらないせいか、稼働率が極めて低いです。
50mm F1.4は、45cmくらいまで寄れるし、結構幅広く使えるので、最近は、50mmか、35mmばかり付けている様な・・・

ちなみに、使っているのはフィルムで、36×24mmのフォーマットです。
    • good
    • 0

教科書的に言えば35mmフィルム換算で85mmが最適です、100mmより85mmのほうが人が見つめ合った目の画角に近いので自然に写りますフィルムカメラではF2で充分ですが、実際の焦点距離が短い場合は明るいほうが良いかもしれません



その他の焦点距離は撮影者の好みしだいです、個人的には85mmf2と35mmf2があれば50mmは要らない、望遠は135mmf2.8以上は必要ない、これも35mmフィルムカメラの場合です、
    • good
    • 1

ポートレートと言っても、厳密に言えばバストアップか全身かにもよります。


APS-C機で50mmが80mm前後相当になり、画角的には使いやすいと思いますが、写り方はやはり50mm。
顔のアップなどでは少しばかりデカ鼻っぽくなったりします。
自然な感じの描写と言う点では、焦点距離70~100mm程度(APS-C機では100mm~150mm相当程度になりますが)をお勧めします。
少し長すぎて、使い勝手は50mmには負けますけど。

フルサイズなら85~100mで決まりです。
広角では35mmも面白いです。
    • good
    • 1

35mmフィルムサイズで、人間がボーっと見た時の画角が約50mm


  人間が人(物)を見つめた時の画角が約90mm相当と聞きました。

この事から、主にポートレートに使われたレンズは、80mm~90mm大口径(明るい物)単焦点レンズでした。

現在のデジイチ(APS-C)なら、50mmは、35mm換算で75.3mmになります
50mmの単焦点は、開放f値の明るい物があり、バックをぼかし被写体を浮き上がらす事も出来ます

 ポートレートレンズとして手ごろなレンズだと思います。
    • good
    • 0

35mm判換算で85mm-105mmあたりが使いやすいかな、とも思います。



私は35mmフルサイズで単焦点中心に使っています。ポートレート向きでは、50mm、60mmと135mmを単焦点で揃えています。135mmはちょっと長すぎですが、レンズの特性が人物向きだから離れて使っています。85mmはズームで使えますが、単焦点で欲しいと思っています。

APS-Cなら50mmが約75mm相当になりますから、ポートレートには良いとおもいます。ただ、50mm相当、いろいろと使えますね。ポートレート意外に使うことも多いのでしたら、50mm相当の35mmも良いと思います。
    • good
    • 0

フィルムor35mmセンサーなら50mm F1.4や85mm F1.4あたりがポートレートでよく使われるレンズ。


APS-Cなら35mm F2(F1.4)か50mm F1.4あたり。
欲を言えばもう少し焦点距離が長いのがあるとベターです。
とりあえず最初の1本と言う事ですから35mm換算で50mmがやはり基本ですね。
私はAPS-C機なので35mm F2がメインと言うかほぼこれ1本で、寝そべったりするポーズを撮るときは足を長く見せたりするのに超広角ズーム(12-24mm)や標準ズームF2.8なんかを併用します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポートレートを撮る際のレンズについて

現在デジタル一眼レフで、キットのズームレンズ(18-70mm)と50mmF1.4の単焦点レンズを使っているのですが、50mmだと狭い場所では被写体から十分に離れられずアップしか撮れない事もあるので、ズームレンズを主に使用しております。

しかし、キットのレンズは質が悪いと聞いたり、背景にボケが感じられる写真が少ない事もあり、キットレンズではなく単品のズームレンズを買った方がいいのかと悩んでおります。

また、ポートレートでは85mmが定番と聞きますが、理由がなかなか理解出来ず、ズームレンズでも85mm以上にすべきか、そもそもズームレンズでの85mmと単焦点での85mmに写りの違いがあるのかもわからず…
ポートレートには同じmm数のレンズでも単焦点の方が背景にボケが出て良いのでしょうか?
または望遠でしょうか?

知識が乏しくお恥ずかしい限りですが、皆様のお知恵を拝借致したく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ポートレートと背景のボケは関係ないです。
初心者の場合、「ポートレート=背景をボカすもの」と考えがちですが、これは単に表現手段の一つに過ぎません。しっかり背景まで準備できない場合にボカして処理したり、背景の強さに負けないように被写体を浮き立たせるためにボカすわけです。

ポートレートの定番が85mmと言われる理由は、顔中心に上半身を画面いっぱいにフレーミングしても、パース(遠近感)が付かない自然な画角だからです。
広角なほど、同じ範囲をフレーミングすると歪みます。近くにあるものはより大きく強調され、遠くにあるものほど小さく写ります。また、画面周辺に行けばいくほど歪みが顕著になります。人の視界や景色というのは平面ではありませんから、どこかを歪ませなければ狭い範囲の写真に無理やり収めるしかないからです。85mmより広角で顔中心のポートレートなどを撮影すると、たとえば鼻が大きくなりますね。あるいは斜めのポートレートでしたら、手前の目は大きくなり、奥の目は小さくなります。また、上から撮れば頭が大きく口は小さく顎は細くなり、体の小さい頭でっかちになり、その逆に下から取れば頭が小さく腹がデカく強調されます。

本来ポートレート(肖像)というのは人(特に顔)が主役ですから、ふつうに顔をいっぱいにフレーミングするにはなるべく歪まないほうがいいですよね?そういうわけで、85mm付近の画角が一番ポートレートが撮りやすい、という事になります。標準的なマクロレンズも、歪みを排して利用されるのが普通ですから、80~90mmが定番ですね。ポートレートはマクロレンズでも良いわけです。

85mmよりも望遠でもいいのですが、そうすると画角が狭すぎて今度は被写体から離れなければなりません。いつも顔のドアップしか撮れなくなります。また、望遠は望遠で、あまりにもパースが付かず表現力に乏しくもなりますね。フレーミングの自由度もなくなり、ワンパターンになります。いろんな動きやフレーミングで人物を撮りたい場合、むしろ85mmでも使いにくいぐらいです。85mmだって、ある程度離れて撮影する前提ですから、ベストと言える状況は限られますね。
たとえば、一般には卒業アルバムの顔写真みたいな構図ばかりでなく、いろいろな場所で、いろいろなポーズやフレーミングで人物を撮影しますから、必ずしも85mmが良いわけではないのですよ。

それと、85mmが最適というのも35mmフィルム一眼レフの場合ですね。センサーサイズの小さいAPS-Cデジタル一眼レフの場合、ちょうど50~60mmがフィルムの85mmと同等の中望遠域となります。質問者さんは既に50mmを持っていますね。それで被写体から離れなければならないってことで不便を感じるわけですから、85mmを使えばもっと大変ですよね。
おそらく、顔のドアップよりも、少し引いたバストアップなどを撮りたいのでしょう?むしろ35mmF2ぐらいが一番自由に撮りやすいのではないかと思います。

お使いのメーカーがわかりませんが、ニコンならキットレンズでもそれほど画質が悪いってことは無いでしょうね。キヤノンなら良いレンズ買うに越したことなないですね。客観的に見て、安いレンズはそれ相応です。

ボケ味は、単焦点のほうが有利ですね。特に標準域以下のレンズでボケを演出したい場合は、ズームでは難しいでしょう。
単焦点はズームと違って、別に高級レンズでなくてもF2.8より明るいものがほとんどですし、ボケ味も自然なものが多いです。広角側はボケにくいですが、それでもたとえば35mmだのでもF2程度で撮ればなかなか自然に背景処理することができます。
高級ズームならキレイなボケを演出しますが、安いレンズではボケが固かったり煩かったりします。ズームレンズなら200mm程度まであるような長めの望遠のほうが背景処理には有利ですね。安いズームでも、被写体と背景から離れた位置に立たせればまあまあ柔らかくボカすことはできます。

フィルムの場合は50mmが標準でしたが、APS-Cの画角では35mmが標準です。単焦点を買うならまずソレを試してみましょう。
ズームを買い足したいということなら、高級純正は値が張るので、シグマやタムロンのF2.8通しの明るいズームを試してみましょう。
どちらにしても、今よりも撮影の幅は広がると思います。

ポートレートと背景のボケは関係ないです。
初心者の場合、「ポートレート=背景をボカすもの」と考えがちですが、これは単に表現手段の一つに過ぎません。しっかり背景まで準備できない場合にボカして処理したり、背景の強さに負けないように被写体を浮き立たせるためにボカすわけです。

ポートレートの定番が85mmと言われる理由は、顔中心に上半身を画面いっぱいにフレーミングしても、パース(遠近感)が付かない自然な画角だからです。
広角なほど、同じ範囲をフレーミングすると歪みます。近くにあるも...続きを読む

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報