日本政府はこういう情報を出さないので疑心暗鬼になるのですが、
IAEAと日本の公式なデータを基に、欧州放射能危機委員会(ECRR)の科学担当幹事クリス・バズビー教授がふたつの方式で試算を出した。同教授はそれらの結果を、ICRPモデルから引き出された見積もりと比較している。
それによれば、今後50年で福島第1原発半径200km圏内で被爆した人の41万7,000人が癌になるとの予測。
http://www.llrc.org/

↑のリンク先は英文なのでよく解りません。もし私の理解が正しいならトンデモナイ状況であると思うのですが、上記の英文の内容を検証して適切な解説をして頂けないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 下記の11頁めの記述のことかな、と思います。



http://www.llrc.org/fukushima/fukushimariskcalc. …

 読み解く場合に注意すべき事項としては、

1.日本政府が公開している放射線量をもとに試算している
 (政府の情報隠ぺいを暴くものではなく、放射線量に対する健康
 被害の予測が異なるだけ、放射線量については、反原発の環境保
 護団体の独自調査のほうが値が低いことがあったという話もある)
2.1000万人中41万人の癌患者の増加であること。
 (何もなくとも日本では1000万人中500万人は癌になる)
3.ECRRの基準は、医療用のCTスキャンの放射線レベルで癌の発生
 数が増加するという極端に厳しいもの(故に、医療用の放射線利
 用にECRRは警告を発している)

 という点でしょうか。この予測でも、放射線量は「X線撮影数回程
度のもの」なのですが、X線撮影自身を問題視しているため、今回の
放射性物質拡散も当然問題視する結果になるわけです。
 ECRRの予測もまあ一理あるのですが、この放射線レベルだと、ラ
ジウム温泉や、自然放射線の濃度が高い地域でも健康被害が増えるの
か?という事になってしまうため、避難圏外の相対的に低い放射線レ
ベルで健康被害があるかについては議論の余地があるようです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
日本政府の放射線量の測り方がIEAEとは違い、一般的に低い水準のものになるという記事も作日読みましたので、これもこれから調べねばならないと思っています。

二つの方法で算定した結果が近似していて、日本政府が根拠にしているICRPの方法は、invisible and deniableであると書かれているので、何故そう言えるのかなど、諸兄の意見を聞きたかったのですが、予断を持った回答が多く参考になりませんでした。

ECRRという組織やこの論文を書いた某教授についても調べてみたいと思いました。

補足日時:2011/04/19 13:52
    • good
    • 0

リンク先の英文にはそのような記述はありませんでしたが、福島原発から200kmというと新潟方面に行けば日本海にたどり着きますし、殆ど「被曝した」と呼べるような放射線レベルではありませんから、かなり怪しいと思われます。



他の方もおっしゃる様に、数千万人が癌で死亡する現在、「どこの癌か」「どの程度のものか」が明確ではなく「50年」とう長期を考えることは原理的に難しいことなどから、やはりおかしいですね。

川崎市の件を出している回答者がいますが、川崎市は「放射性物質で汚染された廃棄物」を持ってくるとは言っていません。
それなのに、苦情が2000件以上ですって・・・。
情報を正確に判断できないって事です。

この回答への補足

リンク先の最初に
417,000 cancers forecast for Fukushima 200 km contamination zone by 2061
という英文があるはずですが。
原文をよく読んでおられないようですが(その後私も努力して読んでみました)、計算の仕方などは詳しくは書かれていませんでしたが、IEAEなど信用できる機関の数字を使って算定しているようです。

>数千万人が癌で死亡する現在、「どこの癌か」「どの程度のものか」が明確ではなく
原文はそのような論じ方をしていないでしょ。

>川崎市は「放射性物質で汚染された廃棄物」を持ってくるとは言っていません。
そんなことを言えば100%の住民が反対するでしょう。ただ、そういうものが間違って紛れ込む可能性はあると思います。ミスばかりする、ウソばかりつく行政や政府だから住民は信用出来ないのですよ!

補足日時:2011/04/19 13:40
    • good
    • 0

数ヶ月で41万7,000人が癌になるという予測であれば恐ろしいですが、"今後50年の間"との前提条件が出ていいるのであれば気にするほどでもないのでは?


日本には年間15万人ほどの変死者がいる事実のほうが恐ろしい気がします。
原発半径200km圏内の人口ってとんでもない数ですよ。
その内の41万7,000人に該当する確立って、今後50年の間に突然死・病死する確立より低いです。
日本政府はそういう所も考えて国民に恐怖を与えないようにしているのではないでしょうか。
しかし、事実公表しないでも疑心暗鬼になられてるようなので、なかなか難しいものですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

変死者など他の大きな数字を持って来て、被爆者の数字を過小評価する方法は正しくないと思います。

他の要因ではなく純粋に福島原発からの放射能だけで癌に罹患する数字として、その犠牲になる人の数として考えるべきだと思います。無実で無知な人が犠牲になるのは少なければ少ないほどいいのです。
しかもこの数字は200キロ圏内に限って計算した数字です。

お礼日時:2011/04/19 13:27

ああ。

今のような放射能管理ではそうなりますね。
その英文記事を読んでないんですが、日本はいい加減な放射能管理しかしておらず、その前提が「放射能は健康に害がない」と言う点に立脚してますから、いずれ全国広範囲に放射性物質が拡散し、国民の多くが放射能にまみれる日がやってきます。

とりあえず、規制値ギリギリの食品を食べ続ければ、小食の人で年間30mSvの被曝をします。
この被曝量に加えて、いわゆる空間放射線量の被曝があると共に、幾多の経路から入ってくる放射性物質による体内被曝があります。
体内被曝の場合、通常ではその地の空間放射線量とほぼ同レベルの体内被曝を環境から受けると言われているのですが、日本の場合には高濃度汚染地帯からの物資・人の移動の制限がほぼ皆無ですから、この条件は当てはまらないと思います。

加えて「風評被害」とやらの害を連呼し、声高に汚染食品を食べよう!と宣伝されてますので、、、むしろ積極的に放射能にまみれようとの国民合意が政府主導で出来上がってますので、事態は深刻です。
川崎市は原発事故現場の放射能汚染ゴミの受け入れ地として立候補したようですが、当然川崎市はその放射能によって汚染されます。
運搬される道路の沿線も汚染されます。
こういう点の配慮が殆ど見られていないのには、、絶句します。

大震災が起こる前まで、私は日本と日本人は自殺しつつあると感じていましたが、いよい本当に日本人の自殺願望がはっきりしてきたと思います。
これは自殺です。
或いは自殺ではなく、本当のバカ、真性の精神異常による痴呆的症状なのですかね。

とりあえずは賢明なタイプの日本人しか生き残らないと思います。数百年で結果は出るでしょうが、天が与えたもうた日本人浄化計画でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>大震災が起こる前まで、私は日本と日本人は自殺しつつあると感じていましたが、いよい本当に日本人の自殺願望がはっきりしてきたと思います。これは自殺です。
或いは自殺ではなく、本当のバカ、真性の精神異常による痴呆的症状なのですかね。

私も日本人というのはかなり、特殊な性格を持った民族だと思っています。正常な人間の数が少なすぎる!

お礼日時:2011/04/19 13:20

50年で41万人だと1年平均だと8000人程度ですよね。



200キロ圏内に一体何人の人が住んでいるのでしょうか。

こういうマスコミ得意のくだらない数字遊びにつきあっていらない心配をしている暇があったらあなたが出来ることをやった方が良いと思いますが。

はっきり言わせてもらえば原発事故で死ぬ人間の数よりはるかに多い人が交通事故や火災で亡くなっているのですから原発がどうこう言うなら自動車やガスコンロやタバコなどを禁止する方がよほど死亡者数の減少につながると思いますよ。

この回答への補足

欧州放射能危機委員会(ECRR)がデタラメな団体で、この英文の内容もデタラメなものであると確信できたら、私もこんな質問はしないのですが、原文を検証して反論される方がいないのが残念です。
是非私の疑念を払拭するような投稿をお願いします。

補足日時:2011/04/13 12:51
    • good
    • 0

どこがとんでもない状況??




日本人のガン発症率わかってる?

約33%

つまり、平均寿命80年の間に約4000万人がガンになってるわけ。


50年間でガン発症者が41万人増えてもほとんど誤差範囲ってレベル。

ぶっちゃけタバコとその副流煙のほうが遙かにガン発症率を高めてるよ。

この回答への補足

原文は読まれましたでしょうか?
欧州放射能危機委員会(ECRR)がいうところ癌は被爆による癌で、被爆以外による癌は含まれないのではないでしょうか?

補足日時:2011/04/13 12:48
    • good
    • 0

どちらにせよ、因果関係は、証明できませんよ。

泣き寝入りです。だからこそ、「政府は安全」という。

正直者が、ガンになる、です。

ガンだけじゃない。出産異常とか、体調不良、いろいろ出てくると思います。


因果関係証明不可能=安全、ということ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>正直者が、ガンになる
なるほど

>因果関係証明不可能
政府は将来、これで逃げる腹づもりなんでしょうね。

お礼日時:2011/04/19 13:12

数の上では…



 はぁ?何言ってるの。今現在、年間676,000人が癌と診断されているんだぜ。
 50年間で何人が癌と診断されるのか数えてみろよ。
 (答え:3380万人)

と言う程度なんですけど?
数字のマジックっておもしろいね。

つーか時期尚早。まだ正確な放射性物質の拡散量と拡散域が求められていないんだ。
不安を煽る奴は何か裏で企んでいると考えるのが普通だろ。
どうせ薬品会社(に材料や機材を納める会社)の株でも持っているのだろうと予想してみる。

この回答への補足

欧州放射能危機委員会(ECRR)ってそんなにいい加減な団体なんですか?

補足日時:2011/04/13 12:44
    • good
    • 0

質問者は 200Km圏内の人口と癌の発病率をお調べください



被曝しなくてもそれ以上の人数が癌を発病します

この回答への補足

41万7,000人というのはextraの数ということですから、元もとの癌患者の数というのは当然それ以上になります。だから原文を読んでからの回答を求めているのです。

補足日時:2011/04/19 12:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング