haveの発音について
haveの発音hǽv はhが消えると記述されていました。そして実際は əvである。
なぜəvなのでしょうか?hが消えるならǽvなのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 haveの発音を辞書で確認すると、大体/hæv/と/(h)əv/の二つが確認できると思います。

前者は本動詞で使われるなどで強アクセントを受けたとき、後者は助動詞として使われるなど弱アクセントのときの発音です。

 強母音/æ/を伴う[hæv]の時は強アクセントを伴いますので/h/は脱落しません。弱母音/ə/を伴う/həv/の時は弱アクセントですので勢いがなく、無声音の/h/が脱落して/əv/になったり、弱母音/ə/まで脱落して/v/になってしまうことが生じます。

 元々/h/は息の勢いだけで発音される無声音ですから、文中でアクセントがないと脱落しがちです。ですからshould haveなどを作家などでもshould ofと綴る人がいる程です(庶民の会話などで)。/ə/もshould'veと短縮形で綴られるように頻繁に脱落します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あーよくわかりました。納得です。みなさんありがとうございます。

お礼日時:2011/04/11 23:09

2つの他にもhəvやvといった読み方があります。



həvと、həvからhを取ったəvがあって、ǽvがないということは、

「本来の発音はhǽvである。
軽く、高速に話すときの
緩い発音(həv)の場合にのみ
hを省略することがある。」
ということです。

言い換えると、
「haveにアクセントがあるときや
一語ずつゆっくり丁寧に発音するときにhを省略してはならない
だからǽvはない」
という風に考えればよいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Qhave to do with でhaveの発音は

have to do with~は~と関係があるという意味とのことですが、
例文を書きます。

You have (a lot) to do with this business.

という英文におけるhaveのvの発音ですが、
a lot がある場合→v
a lot がない場合→f

と考えていいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

have の -ve が f と発音されるのは
「~しなければならない」の have to 原形の場合だけです。

have to do with ~は形上,have to 原形になっていますが,
上の助動詞的な have to とは違って,
基本的に「持っている」という本動詞ですので,
常に v です。

Q発音記号の[z]について

発音記号の[z]について
[z]の発音がいまいちわかりません
英語耳という本を買って発音記号を学んでいます
[s]はできてると思うのですが[z]の声帯を震わすというのがいまいちわかりません
どうイメージすれば[z]が出せますか?

学校に行ってなかったので丸っきりの素人です、単語の発音などはできません
この本にはCDがついてるので音を聞くことは可能です

Aベストアンサー

1つだけ回答し忘れました。

>どうイメージすれば[z]が出せますか?

日本語でいちばん近い音は「ず」です。
「ず」では舌の先が上下の歯のかみ合ったところにありますが、その位置から舌の先を上の歯の付け根付近まで上げて、かつ舌の先を上の歯の付け根にすり寄せて、舌の先と付け根との間に狭い隙間を作ります。その舌の形でその隙間から息を吐いて声帯を震わせると出ます。

蛇足ですが、発音は自分1人で勉強するのは難しいと思います。#6でWebサイトを御紹介しましたが、このようなサイトやCDを聞いても、どのようにしてその音を出しているのかは分かりません。

それを知るためには、英米人の先生に1対1で直接に発音を教えて貰うことがどうしても必要です。目の前にいる先生の口と舌の形を見れば、瞬時に分かります。文字通り瞬時です。先生の口と舌を見て発音を聞きさえすれば説明は要りません。

お近くの英会話スクールで英米人と限定して、個人レッスンが可能かどうかお聞きになってはいかがでしょうか。最初の1時間はアルファベット26文字の発音だけしてもらい(26文字だけでも直して貰ったりしていると1時間くらいは充分かかります。50分だと1文字当たり2分もないですから。)、その次の2~3時間で簡単な単語と文の発音を教えて貰えば、後は自分でCDを聞いてできると思います。したがって、英会話スクールに通うのは1か月もあれば充分です。

ただ、日本人やドイツ人などでは母語のなまりが抜けてないので、正しい英語を習うのであれば先生は英米人に限定することがどうしても必要です。入学金が安くないかもしれませんが、できるだけ安いところを探します。これからの英語の発音の全てを決めるレッスンですので、1か月だけのために入学金を払っても値打ちは十二分にあると思います。

1つだけ回答し忘れました。

>どうイメージすれば[z]が出せますか?

日本語でいちばん近い音は「ず」です。
「ず」では舌の先が上下の歯のかみ合ったところにありますが、その位置から舌の先を上の歯の付け根付近まで上げて、かつ舌の先を上の歯の付け根にすり寄せて、舌の先と付け根との間に狭い隙間を作ります。その舌の形でその隙間から息を吐いて声帯を震わせると出ます。

蛇足ですが、発音は自分1人で勉強するのは難しいと思います。#6でWebサイトを御紹介しましたが、このようなサイトやCDを聞いても、ど...続きを読む

Qhave A do と have A doing

have A do は開始から完了までの行為をひとまとまりとして見る言い方、
have A doing は一定期間続く動作を指す。のでさせ始めるのような訳し方が可能。

have A do はget A to do、have A doing はget A doing に置き換え可能ですが、
getを使うと努力を要することが含まれます。

それで、
get A to doもhaveと同様”開始から完了までの行為をひとまとまりとして見る言い方”なのですか?
同じく、
get A doingも”一定期間続く動作”を指すのですか?

get A doingの訳し方にさせ始めるとあるので可能かと。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足を拝見しました。

>get A to doもhaveと同様”開始から完了までの行為をひとまとまりとして見る言い方”なのですか?
** これは、[see + A + do]や[see + A + dong]の原形や現在分詞の用法と混同されていますね。
ここは"get"や"have"の使役動詞(つまり主語が行動[たとえば車を洗うこと]をせずに、目的語Aが代わりに行動する)ということに重点が置かれているので 「開始から完了までの行為」であることを特に強調はしていませんが、意味としては「開始から完了までの行為」になりますね。

>get A doingも”一定期間続く動作”を指すのですか?
** もちろん「一定期間続く動作」であるのには間違いはないですが、「持続」というニュアンスよりは「動いていない機械を動かす」ということや「しゃべっていない人間をしゃべらす」というように「変化」のニュアンスが強いですね。下の例文もすべてそのニュアンスを示しています。

*******************
"get A doing"の"doing"は現在分詞ですが形容詞のように使います。この時の"get"は"make"に近いですね。
I got the machine working.=I made the machine work.「私はその機械を動かした。」

It's not hard to get him talking—the problem is stopping him!
「彼をおしゃべりにするのは難しくないよ。問題は彼が話し出したのを止めることだよ。」
*******************

まとめ:
1)have A do = get A to do ←全く同一と考えてよい。

しかし次の2)と3)は全く別物です。
2)have A doing = allow A to do(Aに~させる;Aに~するのを許す)
3)get A doing = (まだ~していないAを)~させる

補足を拝見しました。

>get A to doもhaveと同様”開始から完了までの行為をひとまとまりとして見る言い方”なのですか?
** これは、[see + A + do]や[see + A + dong]の原形や現在分詞の用法と混同されていますね。
ここは"get"や"have"の使役動詞(つまり主語が行動[たとえば車を洗うこと]をせずに、目的語Aが代わりに行動する)ということに重点が置かれているので 「開始から完了までの行為」であることを特に強調はしていませんが、意味としては「開始から完了までの行為」になりますね。

>get A doingも”...続きを読む

Q発音を教えてください。

臨時代理大使の英訳は無く、フランス語の Chargés d'affaires ad interim を使うようですが、どう発音したら良いのでしょうか。

発音記号 と カタカナがあると助かるのですが。

どなたか、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

    #1です。補足です。

    書き忘れましたが下記のスピーカーの印をクリックすると発音がお聞けになれます。 
    http://dictionary.reference.com/browse/charge+d%27affaires?s=t
    http://dictionary.reference.com/browse/ad+interim?s=t

Qshould have  I am 発音

【質問1】
ネイティブは

I am you are he is who is how is
I will you will he will I would you would
I have you have he has it has I had you had
will not would not should not do not
should have would have must have might have

などの表記があったとき、これらをどのように読むのでしょうか?(発音するのでしょうか?)

表記に忠実に読むのでしょうか?それとも短く読んでしまうのでしょうか?
それともケースバイケースになるのでしょうか?
例:I am 常に表記に忠実に「アイアム」と読む 常に短く「アイム」と読む ケースバイケース


私がこういう疑問をもつ理由は↑の表記にはいずれも短縮表記が
存在するという事実です

I am を読むときには、常に短く「アイム」と読んでしまうのならば
短縮表記(I'm)なんかいらないんじゃないかという疑問なのです


【質問2】
ネイティブは

I'm you're he's who's how's



という表記は
「アイム」と読みますよね?
「アイアム」とは読みませんよね?

【質問1】
ネイティブは

I am you are he is who is how is
I will you will he will I would you would
I have you have he has it has I had you had
will not would not should not do not
should have would have must have might have

などの表記があったとき、これらをどのように読むのでしょうか?(発音するのでしょうか?)

表記に忠実に読むのでしょうか?それとも短く読んでしまうのでしょうか?
それともケ...続きを読む

Aベストアンサー

【質問1】
表記に忠実に読むのでしょうか?それとも短く読んでしまうのでしょうか?
それともケースバイケースになるのでしょうか?
→ケースバイケースですね。というのも、短縮形というのは、発音をつめる「言い方」であり、スピードを出して、速く読もうとするとやはり、短縮されてしまうわけです。
日本人の前で、どう読むかと聞かれれば、おそらく書いてある通りに読むと答えるでしょうが、実はそうでなかったりします。アメリカの大学で教授が、重要な部分を学生に読ませる授業もありましたが、学生は短縮形をいれて読んでいましたね。


I am を読むときには、常に短く「アイム」と読んでしまうのならば短縮表記(I'm)なんかいらないんじゃないかという疑問なのです。
→というより、書き言葉というか、文語というかでは、通常短縮形表記は使いません。あくまでも口語です。小説など、登場人物のセリフなどは短縮形が多いですよね。つまり、短縮形を見ると、口語表現という気がします。さらに、I wanna. . . とかの表記も口語的ですね。

【質問2】
ネイティブはI'm you're he's who's how'sという表記は「アイム」と読みますよね?「アイアム」とは読みませんよね?
→基本的におっしゃるとおりです。でも、まあ、日本人学習者にわかりやすいようにゆっくり言うなどのとき、あるいは、演劇で、I'm serious.というセリフがあって、その役者がここに「こっちこそ真剣なんです!!!」みたいな感じと解釈すれば、
I AM serious. と言うかもしれません。まあ、つまらない例外を考えてみましたが、そんな例外しか考えられないぐらい、通常はネイティブは短縮形表記を短縮形で読むと思います。

以上、ご参考になればと思います。

【質問1】
表記に忠実に読むのでしょうか?それとも短く読んでしまうのでしょうか?
それともケースバイケースになるのでしょうか?
→ケースバイケースですね。というのも、短縮形というのは、発音をつめる「言い方」であり、スピードを出して、速く読もうとするとやはり、短縮されてしまうわけです。
日本人の前で、どう読むかと聞かれれば、おそらく書いてある通りに読むと答えるでしょうが、実はそうでなかったりします。アメリカの大学で教授が、重要な部分を学生に読ませる授業もありましたが、学生は短縮形...続きを読む

Q英語と日本語発音: 同じものは

とかく英語と日本語の発音の違いばかりが強調されているために,
どの発音も日本語と違う,という錯覚から,英会話をすることに躊躇いが生じたり,変に英語っぽく発音しようとしている時があります.逆に,英語と日本語で発音が同じまたは似ている語があることが分かれば,少なくともその語については自信をもって話すことができ,全体として良い方向になると思いました.英語と日本語で発音が同じまたは似ている語についてご指摘頂ければと思いますが,いかがでしょうか.

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私にも私なりに書かせてもらいますね。

まず、英語の発音、と言うとは何か一つの標準的な発音があるように思われているのが日本で生き残っているようですね。

アメリカ人のようにしゃべりたい、と言う人も発音を気にしすぎなのです。 それぞれの国の人たち、それがたとえ英語圏と呼ばれていても、発音の違いはかなりあります。 教材で聞くような発音だけが英語の発音ではない、と言うことであるし、もっと大切なのは、ネイティブが理解できる文章を作る事をしっかり身につけて欲しいと思います。

しかしそれにしても、完璧ではなくても始めはいいのです。 何十年も文法だけは分かると言う人でさえおかしな英文を作っているのですから。

発音を気にしすぎるな、と言うと邪道だと思われがちですが、そんな事はありません。 イギリスにイギリスなりの発音があり、それが正しいと言うことではないですね。 イギリスの「訛り」がうるさく入っているわけです。 (イギリス英語派の人たちに怒られないように)アメリカにもアメリカ訛りがあるのです。 ただそれは、他の国の英語の発音と比べるとそう言う事になる、と言うだけのことであって、訛りと言うものが悪いと言うわけではないのです。

イタリア人やラテン系の人たちの英語はそれなりに日本語に似たような発音をするように見えるでしょう。 それは、日本語の発音に彼らの母語が似ているところがたくさんあるからでしょうし母音も日本語同じように数が少ないと言えるように分類されていますね。

それぞれの国の訛りで、そしてその国の中での各訛りでみんなお互いにコミュニケーションをしているのです。 これは日本でははっきり教えるべきだと思います。 日本に子供の頃から住んでいるセイン・カミュさんでも、カリフォルニア州知事の「シュワちゃん」ももちろんかなりの訛りがあります。 だからと言って不自由をしているとはまったく思えません。

一つの文章をそれぞれの国の「訛りで、つまり発音で」発音すれば違いは分かりますね。 しかし、「その文章の持っている意味合いは99.5%同じと言える」なのです。 言い換えると、そこで使われている単語や句や節や文章全体(リエゾン的に発音がくっつくので)での発音には「それなりに許容範囲」を持っている、と言う事を認識しなくてはならないと言うことなのですね。

いろいろな人とコミュニケーションすればするだけその許容範囲が広がっていくわけで、インド人との拘留が多い人はそれ分だけインド人の英語発音がその許容範囲に組み込まれていくわけで、イギリス英語もオージー英語もカナダ英語もアメリカ英語のすべての訛りに精通している人でもインド人の発音には慣れていなく聞き取れないと言う事は起こる可能性はありますね。 眉間にしわを寄せて聞き取ろうとしているのが分かるその瞬間です。

数年前にニュージーランドの映画を見る機会があったのですが(その時はニュージーランドの映画だとは知らずに)、ところどころ聞き取れない単語があるのに気がついたのですね。 面白い訛りだなと思いながら見ていたわけです。 オージーともちょっと違う、でもどこのかは分からなかったのです。 私自身が慣れていなかったからですね。

と言うことで、せっかくのご質問ですが、英語と日本語の発音の違い・にているところは「ない」とした方が結局は身のためだということになるのです。 しかし、私自身、イギリス人がイギリス訛りをアメリカ訛りのようにしないと言うのであれば、アメリカなりイギリスなりの一般人の教養範囲内の発音を身につければいい、と言うことになるのです。

つまり、京都女性の日本語発音・イントネーション(標準弁を言っているにもかかわらず)は可愛いと思いますし、イタリア系の男性の発音も好きです。 アメリカの南部の女性の発音も可愛いと感じますよ。 それだったら日本女性の発音もそれなりに可愛いと思わせるだけ日本語訛りがあったっていいじゃないか、と思うわけです。

カタカナ読みは100%使い物にならないわけですから、それを避け、ある程度の日本語訛りはあってもかまわないはず、と私は感じています。 もちろん仕事上「あなたの英語の発音はいいですね」なんていわれたら落胆はしますけど。<g>

完璧でなくても近づけるだけでいい、と言うことになり、最初から完璧を求める必要はまったくない、と言う事なのです。 

そんなに多くの母音と子音があるわけではないわけですから、アメリカン人だと思われるほどの発音なんてしなくてもだんだん出来るようになっていきます。 100%アメリカ人の発音だと認識されてもどうせイギリス人から、お前の発音はおかしい、と言われる可能性があるわけですし。<g>

それよりも、ネイティブが分からないような英文を教えるような事も、また、真偽を確かめないでそのまま正しい表現として鵜呑みにするようなことをしないで、使われている英語の表現力を高める方がもっともっと大切だと思うわけです。

そして、もっともっと多くの英語教師がネイティブと語り合えるだけの能力があれば、発音については中学一年ですべてカバーできるはずなのです。 しゃべれない英語教師がどうやって発音を教える事が出来ると言うのでしょう。 F/Vは下唇を噛む、とか、THは舌の先を噛む、と言うような教え方ではどうしようもないわけです。 でもいまだにそれを教えていると言うことを知り英語教育委員会の行動への疑問がさらに深まるわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私にも私なりに書かせてもらいますね。

まず、英語の発音、と言うとは何か一つの標準的な発音があるように思われているのが日本で生き残っているようですね。

アメリカ人のようにしゃべりたい、と言う人も発音を気にしすぎなのです。 それぞれの国の人たち、それがたとえ英語圏と呼ばれていても、発音の違いはかなりあります。 教材で聞くような発音だけが英語の発音ではない、と言うことであるし、もっと大切なのは、ネイティブが理解できる文章を作る事をしっ...続きを読む

Qcan't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞

can動詞とcould動詞の場合と
can't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞の場合は
それぞれ同じ意味だと思うんですがどうですか?

Aベストアンサー

>can't have 過去分詞とcouldn't have 過去分詞の場合は
それぞれ同じ意味だと思うんですがどうですか?

同じ意味かと言われれば、多少違うと答えるのが普通でしょう。
can't have過去分詞のほうは、「(今考えて昔の)そう言うことはあり得ない」であり、
couldn't have過去分詞は、「(今考え昔の)そう言うことはあり得ないだろう」のように多少推測の意味が強く出ます。

Qイラスト投稿サイトを探しています。

イラスト投稿サイトを探しています。
ブックマークをしていたんですがパソコンが壊れてブックマークから消えてしまいました。
幻想的な二次創作イラストがいっぱいある投稿サイトです。
探したくても投稿サイトの名前が思い出せなくて検索してみてもわかりません。。。
だれかわかる人教えてください!

Aベストアンサー

んー。情報不足ですね。

ただ、イラスト投稿サイトでほぼイコールで「ピクシブ」があげられると思います。
ここより参加者の多いところは無いでしょうね。
http://www.pixiv.net/

その他、ここに載ってないでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/gomi-box/20081017/1224236108

Qcould have gone to ... と could have been to ...

知人から相談をうけました。ある大学入試問題集の次の問題についてです。

ほぼ同じ意味になるように(  )に適当な語を補え[一部改題してあります]。
1. I didn’t go to Dublin to meet a friend of mine, because I couldn’t afford to.
2. If I had had enough money, I could ( 3 )( 4 ) to Dublin to meet a friend of mine.

知人はそれぞれをhave, beenとしたのですが、答えはそれぞれ,have, goneとなっていました。
これではだめなのでしょうか?いいとすれば、意味上の違いはあるのでしょうか?もし、だめだとするとなぜだめなのでしょうか? 以上の点は解説にはありません。よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

 #2の「回答に対する補足」を拝読しました。
 今ひとつすっきりしない、ということは私もよくわかります。なんとなれば、そういうすっきり説明が付かないことが私も英語でしばしば感じるからです。
 私がニフティというところで(パソコン通信時代からある、巨大掲示板みたいなもの)英語の質問をして教わっていたとき、そういうことがよくありました。
 説明がつく、あるいはどういう経緯でそういう表現に落ち着いたかがわかることもあるのですが、多くの場合「それが英語では自然だから。」ということになりました。重ねて訊いても「『そう言うから、そう言う』ということだ、としか言いようがない。」となりました。
 閑話休題。
>...,I could have been to Dublin and be back to meet a friend of mine.

 これはよくわかりません。and be back が and been back なら、それでいいとは思うのですが(「滞在して、友達に会って、戻って来る」ということで)。
 ネイティブが説明に窮することを説明しようというのは無謀だと思いつつ・・・。
 have been の答でだめだというのは、have been で表されるものが「be=存在する」という経験を強調して目的をぼかす感覚を表しており、to meet a friend とタイミングが合う感じがでないということは言えるのではないかと思います。
 一方、go は、目的を持って移動する感覚を表しており、have gone to が to meet a friend という目的に合致するということが言えるように思います。

 うーん・・・どうもうまくないようです。すみません。

 #2の「回答に対する補足」を拝読しました。
 今ひとつすっきりしない、ということは私もよくわかります。なんとなれば、そういうすっきり説明が付かないことが私も英語でしばしば感じるからです。
 私がニフティというところで(パソコン通信時代からある、巨大掲示板みたいなもの)英語の質問をして教わっていたとき、そういうことがよくありました。
 説明がつく、あるいはどういう経緯でそういう表現に落ち着いたかがわかることもあるのですが、多くの場合「それが英語では自然だから。」ということに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報