日本の企業の大半は大手から仕事を貰ってるだけの
下請け企業ですよね。

下請けと請負ってどっちが良いのでしょうか?
請負が切られるときって
下請けも絞られているはずなので結局、同じように思いますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下請けも請負ですよ。



発注者がいて
発注者から請負った業者から部分的に請負するかの違いだけで。
自動車部品の様に
発注者と依存関係が強ければ一次下請けが仕事がなくなれば
2次も3次も仕事が無くなるでしょうが
下請けしている業者があちこちから仕事を請けていれば
その影響は少ないでしょう。
建設業などでは専門工事業者は元請けを選んでいるわけではないので
杭工事や鉄骨工事などはどこのゼネコンの仕事もしているでしょう。
    • good
    • 0

ここで質問されている「請負」というのは、


下請けではなく、直接仕事を請け負う、という意味でしょうか。
直請け、元請けともいいますが、下請けと元請けの違いは「小売」と「卸売り」でしょうか。

下請けと元請でどうかというのは
どのような仕事をするのか、その仕事をもらう顧客がどれだけいるのかによります。

医者や弁護士のように、資格によって独占できる商売は元請がおおいのですが
そのほか中小企業と呼ぶところでも、元請仕事は結構多いです。
ただ、下請け仕事と混在して仕事しているというのが実態です。

1.顧客との関係
    下請けの場合、元請会社とつきあっていれば不特定多数の顧客を開拓する営業の手間が省け
    得意分野を生かして、小規模であってもある程度継続して仕事が見込めます
    元請は直接顧客を開拓する必要が在るため、特定の顧客から高く評価され信用を得ている
    必要があります。
2.仕事の大きさ
    一般に元請は仕事の範囲が広く、規模が大きくなる傾向が有り
    自分の得意範囲だけを商売にしていると、顧客との付き合いも限られてしまいます
3.仕事の単価
    下請けは元請が手数料などを差し引く分、単価が低くなります

この回答への補足

私が言っている請負というのは
偽装請負などが問題になる請負契約(業務請負)の請負です。

一般に派遣会社の事業に含まれるものです。

補足日時:2011/04/12 04:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング