こんにちは

12V密封型鉛電池(5AH)でLED電球3.5Wを常時点灯させたいのですが

大橋産業No.1734 オートバイ・軽自動車用バッテリー充電器を鉛電池に常時接続して
LED電球を常時点灯させておいて、停電時にはバッテリーでの点灯を考えているのですが
不具合は考えられるでしょうか。

充電器の説明では充電完了後は保持充電で自己放電を保護。
充電完了後つないだままでも過充電の心配不要
との記載があります。

よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

トリクルチャージの機能がある充電器ですので、バッテリーの過充電の心配はないようですね。

充電器として製作されたものですから、フローティングチャージを目的として使用することは想定外でしょうけど、LEDも3.5Wと小型なので先ず問題はおきないでしょう。

ただし、バッテリとの接続(充電器・電球ともに)はクリップ式は避けた方がいいでしょう。また、バッテリーを置く場所はLEDや充電器から離して、何か密閉できる容器に入れて、容器から排気用のホースなどを屋外に出しておくことを勧めます。バッテリの状態が悪いと硫化水素や硫酸ミストなどの有毒ガスを発生する場合もありますので、これは密閉型バッテリでも同じで、バッテリ内部の圧力が異常に上がると、破裂防止のためのバルブが開いて外部に放出しますので、室内に裸で置いて使用することは避けましょう。本来なら、このような使用方法をとる場合はバッテリーの温度監視もしたほうが良いのですが、バッテリーを容器に入れて密閉できるのであれば大きな危険はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

バッテリーはスーパーナット(シールド型)STX4L-BSが安かったので使ってみます。電極がむき出しはまずいのでプラスチックケースに入れる予定です。バッテリーは換気扇の回っている広い部屋においてみます。

具体的な意見をありがとうございました

お礼日時:2011/04/12 11:47

12VのLED電球が何用かかかれていませんので判りませんが、自動車用であれば使えます。



ただし、自動車用とされている物でなければ、寿命が大きく縮む可能性があります。

自動車用となっている物は、自動車用バッテリーと発電機の特性があるので、12Vより高い電圧になって居ます。
そこへ12Vの自動車用でない安定した電源用に設計された物を接続されれば、設計電圧以上で使う事になる為、切れやすくなる可能性があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

12VのLED電球はアイエール電器のものでメーカーでも自動車バッテリーとの接続キットを販売しているので寿命に関しては問題ないと思います。ありがとうございました

お礼日時:2011/04/12 11:35

>LED電球3.5W



これの電圧は、DC12vですか? それともAC100v?


>大橋産業No.1734

特に記載はありませんでしたが、常時使用には不向きだと思われます。
まずはメーカーにご相談ください。
メーカーが推奨しない方法での使用は、ユーザーの自己責任になります。

この回答への補足

LED電球の電圧はDC12Vです。

元々の用途がちがうのでメーカーは推奨しないとおもいますが相談してみます

ありがとうございます

補足日時:2011/04/11 23:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。

Q100w電球を乾電池で点けるには。

タイトルにもある通り、100w電球を乾電池だけで点灯したいです。

どういった物が必要でしょうか。
売っている場所も知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「100w電球」というのは、100V交流(普通の家庭で使う電気)で使う100Wの電球のことですか。その電球の抵抗は、100Ωで、電流は1Aです。
その電球を100Wで点灯させるには、1Aの電流を流さなければなりません。とにかくつけばいいのであれば、1Aなくてもつきます。0.2Aくらいでしょうか。
直接乾電池につないで、1A流したいのなら、乾電池を直列につないで動作状態で、100V以上にしなければなりません。乾電池には、内部抵抗がありますから、1.5V乾電池を67個つないでも動作状態で100Vにはなりません。マンガン乾電池では内部抵抗が0.1~0.2Ωもあるので、67個直列につないだら、10Ω以上になって、電球とあわせて110Ω位にになるので、0.9Aくらいしか流れないので、少し暗く点灯するでしょう。
明るくつけたければ、80個くらい直列につなげばいいでしょう。

ただし、乾電池といっても電圧が100V以上なので、感電すれば、ショックがあるでしょう。でも、長くは続かないでしょうから、命に別状あるようなことは無いと思いますが、皮膚表面の状態で変わるので注意して実験してください。

必要なものは乾電池とリード線です。電気関係の店なら、どこにでも打ってます。

「100w電球」というのは、100V交流(普通の家庭で使う電気)で使う100Wの電球のことですか。その電球の抵抗は、100Ωで、電流は1Aです。
その電球を100Wで点灯させるには、1Aの電流を流さなければなりません。とにかくつけばいいのであれば、1Aなくてもつきます。0.2Aくらいでしょうか。
直接乾電池につないで、1A流したいのなら、乾電池を直列につないで動作状態で、100V以上にしなければなりません。乾電池には、内部抵抗がありますから、1.5V乾電池を67個つないでも動作状態で100Vにはなりません。マンガン乾電...続きを読む

QLEDの並列接続と直列接続について

あるイベントで竹(長さ1.5m前後)の節を抜いて中にLEDを入れて点灯させたいと計画しています。


電源は車の12Vのバッテリーを使う予定です。
竹の中に入れる配線は0.75mmの平行のビニールコードを考えています。
ですのでLEDへの配線は並列になります。

並列のコードにはLEDを4から6個接続します。
そのコードを全て(約40から50本:竹の数です)並列に電源に接続し電源付近に
抵抗を入れる場合と、並列にLEDが繋がっているコードを直列に接続して電源付近に抵抗を
入れる場合とどちらが効率(といいますかバッテリーが長持ちするか)がいいかお教えください。

いろいろなサイトを見ますとまずは直列に接続してから並列接続にする場合の記載ばかりで
並列接続の配線を直列に接続する場合が見当たらず困っています。

竹の中にビニールコードでLEDを入れたいためどうしても初めの配線が並列でないと
配線が大変(400本程製作する予定です)なのです。

LEDは黄色のもので20mA程度で電圧は2V前後のものを考えています。

今回初めてこのようなLED配線を行うので判らない事が多く困っています。
ご回答の程よろしくお願いいたします。
また初心者が陥りやすい誤りなどがございましたらご教授をお願いいたします。

あるイベントで竹(長さ1.5m前後)の節を抜いて中にLEDを入れて点灯させたいと計画しています。


電源は車の12Vのバッテリーを使う予定です。
竹の中に入れる配線は0.75mmの平行のビニールコードを考えています。
ですのでLEDへの配線は並列になります。

並列のコードにはLEDを4から6個接続します。
そのコードを全て(約40から50本:竹の数です)並列に電源に接続し電源付近に
抵抗を入れる場合と、並列にLEDが繋がっているコードを直列に接続して電源付近に抵抗を
入れる場合...続きを読む

Aベストアンサー

>1個20mAのLED5個を直列に繋ぐと消費電流が20mAで済むのですか?

そうです。
正確には、2v20mAのLEDを5個直列にすると、10v20mAになります。
保護抵抗は、12v(電源)-10v(20mA)=差の分 となります。

5個を並列にすると、20mA(2v)×5個=2v100mA となります。
保護抵抗は、12v(電源)-2v(20mA)=差の分 となります。

で、配線が楽になる という部分ですが、竹の端と端に{+}{-}を準備すればいいので、楽なんです。
配線も竹の長さに合わせて、片側を長くすれば、1本の配線で、2本分作れます。
間は、LED5個の直列つなぎと保護抵抗を入れればOK。

で、配線が面倒という事であれば、細長い棒にすずメッキ線を2本固定します。
んで、{+}側と{-}側の配線をすればいかがです。

+配線{━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□□□□□□□◎□□□□□□◎□□□□□□◎□□□□□□◎□□□□◎□□□□
-配線{━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

黒の実線が、スズメッキ線で、□が角材、◎がLED。
こうすれば、棒に固定されたLEDのユニットを竹の中に配置すればいい。
ただ、そのままだと、配置しにくいので、竹を長い方向に半分に切り、LEDの顔を出す部分だけドリルで穴を開ければ、節(ふし)の部分の加工が楽になります。

こういうユニットを竹の中に埋め込めばいいのではないでしょうか。
竹は、透明テープなどで、くっつけてもいいし、タイラップ(PPバンド)などで固定すればいいでしょう。

いかがですか? こういう構造なら、短期間で楽に作れると思います。
ただ、並列になるので電流が必要になりますが、面倒でも直列にすれば、電流を節約できます。

>1個20mAのLED5個を直列に繋ぐと消費電流が20mAで済むのですか?

そうです。
正確には、2v20mAのLEDを5個直列にすると、10v20mAになります。
保護抵抗は、12v(電源)-10v(20mA)=差の分 となります。

5個を並列にすると、20mA(2v)×5個=2v100mA となります。
保護抵抗は、12v(電源)-2v(20mA)=差の分 となります。

で、配線が楽になる という部分ですが、竹の端と端に{+}{-}を準備すればいいので、楽なんです。
配線も...続きを読む

Qシラスウナギ取りの網購入できるサイトありませんか?

シラスウナギ取りの網購入できるサイトありませんか?

Aベストアンサー

どんな形なのでしょうか?網目のサイズは? 
昆虫の網等はどうかな?
http://www.mitani-gyogu.jp/ballnet/

漁協的には、シラスウナギ漁の許可があるならできるとおもいます。
河口域は潮が入り込むので中州に取り残されたり高波でさらわれたり、ダムの放流で流されたりしないように気をつけるべきです。 夜の河口付近は危険が伴います。
http://news.so-net.ne.jp/article/abstract/1061184/?nv=r_cmn_latest

最近は昔と違って余り取れないので元が取れるかどうかわかりませんよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報