父が脳梗塞で倒れました。症状は軽めの半身麻痺と言語障害が出ています。
鹿児島在住です。治療やリハビリによい病院がありましたら教えてください。
みなさんのご意見がいただけると大変助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入院したばかりで、病院にて転倒すると、床が堅く危険ですので、しっかり見守ってください。

入院当初は、障害でぼーっとするので点滴などしているときに、うっかり起き上がろうとする傾向があるかたがいます。無理に起きようとするときに、力んでしまうので、血管に非常によくないです。点滴は、水分が多いため、トイレに行きたがります。そのとき、起きようとしてしまいます。
出血して脳に少しでもダメージになるといけません。
また、なったばかりは、急性期で、リハビリが少ない病院だと思います。寝る時間中心で、リハビリは少ないはずです。

回復期は、リハビリ専門病院で集中的に療養するとよいです。

○鹿児島市からは遠いですが、名古屋フォレストクリニック(健康雑誌によく取り上げられています)
米ぬか成分(フェルラ酸)を活用し、効果を上げています。脳卒中の、後遺症の感情面も治りだしたそうです。

○電気刺激療法
六週間で、まひした指が動いた報告があります

広島県福山市 かわもとクリニック
島根県出雲市 出雲市民リハビリ病院

○磁気療法
脳の働きが急回復、重い麻痺も改善した報告がありました

鹿児島県鹿児島市 鹿児島大学病院

北九州市八幡西区 産業医科大学病院

参考文献・わかさ出版 夢21

○磁気シャワー療法
言語障害、歩行障害が劇的改善
たった三回の治療で杖なしで歩けた報告あり

長崎県東彼杵郡 波佐見病院

熊本県阿蘇郡 上村医院

熊本県阿蘇郡 阿蘇立野病院

「壮快」付録より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しく書いて頂き有難うございました。
近隣の病院まで教えて頂き参考になりました。

お礼日時:2011/04/12 22:21

遠いですが札幌医科大学で骨髄幹細胞を使った治療をされてます


まだ臨床段階かもしれません
あとはどこかの大学病院で磁気を用いた治療されてます
どちらもかなり効果ある治療みたいです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。
札幌に病院があるのですね参考にしますにしますありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q磁気記録、光磁気記録について

磁気記録、光磁気記録について三つ質問があります。

1.磁気記録と光磁気記録とは具体的にどのようなものを指したものですか?明確な定義を教えてください。
(テープ=磁気? CD=光磁気?)

2.現段階での磁気記録、光磁気記録の最新技術はどのようなものがありますか?
(ブルーレイディスクとか?)

3.磁気記録、光磁気記録技術に用いられる強磁性体材料にはどのような特性がありますか?

できるだけ詳しく教えていただけると助かります。
m(__)m

Aベストアンサー

磁気記録とは
 磁性体の上に磁気の強弱で記録する方法です
 ・カセットテープ(固定ヘット方式)
 ・ビデオテープ(回転ヘット方式)
 ・円盤状の物
  FD、HDD
 ・平たい物
  定期券、通行券なんか、キャシュカード

光磁気記録
 磁性体の磁化の向きにより情報を記録し、その情報をレーザー光により読み出すシステムです
 ・MD、MO、DVDなんか

2.現段階での磁気記録、光磁気記録の最新技術はどのようなものがありますか?

 磁気記録では垂直記録方式と言われる方式

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0405/hgst.htm

 光磁気記録
 次世代と呼ばれ居ているブルーレイディスクです

3番は 時間がないので省略 

 
 



 

Q脳幹梗塞で左半身麻痺で認知症の高次機能障害の母

昨年9月に脳幹梗塞で現在リハビリ病院に入院中の母についてです。
1月31日に目が見えずらいと言っていて、その後治ったのですが、2月1日に看護師が
朝起こそうとしたらなかなか起きず、朝食も取れなかったためCTやMRI検査をしたが、
医師が言うには、「再発かどうかは微妙だと」リハビリ病院には、整形外科と外科の医師しか
いないので、大丈夫か心配になりました。
一過性の虚血性発作だと言っていましたが、2月1日には、右脳がズキズキすると言っていました。
その後頭痛は、治りましたが、昨日も目があまりパッチリ開かず、やたら眠そうで心配です。
脳の専門家がいない病院ですので、かなり心配しています。
脳の痙攣発作というものがあり、脳波を図ればわかるそうですが、この病院には、なくて分からず
痙攣を止める薬を服用すると止まるそうですが、脳波を図れないので薬は出せないとのことです。
母は今まで頭痛を訴えたことはないですし、昨日もひどく疲れていて眠そうなので再発だったら
どうしようと考えています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは

高脳次のかぞくがいます
やはり片目つぶりますが
検査では異常なしです


参考までに

Q磁気モーメント

質問です。
ある磁気モーメント1つだけに着目した場合、その磁気モーメントと磁気モーメントが受ける磁界では次の関係が成り立ちますか?

(磁気モーメントの向き)=(磁界の向き)

どなたか教えてください。もし、上の関係が成立しないのなら、その反例を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の内容では、磁気モーメント1つということですから、No1さんのおっしゃるような磁気モーメントの集団では無いのでしょうね。その場合には、強磁性という言葉の意味が無くなります。
 ただ、磁気飽和と類似の問題は有りますね。
 それは温度効果です。絶対零度以外(有限温度)では、磁気モーメントは熱による揺さぶりを受けます。
 従って、磁気モーメントの大きさと磁場の強さ(つまり、磁気相互作用の大きさ)と、温度との兼ね合いで、磁気モーメントが十分には磁場の方向に向かずにふらついている状況はあり得ると思います。
 絶対零度の場合にも量子力学的な振動は残るのですが、まあ磁場の方に向いていると言う解釈で良いと思います。
 つまり、「十分な低温か十分に強い磁場の場合には、磁気モーメント一つでも磁場の方に向く」のではないでしょうか。

Q脳動静脈奇形による脳内出血 右半身麻痺の子供のリハビリ

去年(2005年)の9月脳内出血し、右半身麻痺の8歳の息子をもつ母です。現在、右手は肩・肘関節の大きな動きはありますが、指は握るのみで開くのが難しいです。右足は、短下肢装具にて歩行してますが、バランスの悪さと注意力の低下が気になり、3ヶ月前には転倒により右手骨折しました。まだまだ秘められた可能性を信じてリハビリにも通っていますが、子供とあってなかなか集中して訓練にのぞむことが難しく悩んでいます。ほかにも、水泳など何かしながら手足の訓練になる方法を探しています。残された夏休みを有意義に過ごしたいので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

健常なお子様の突然の脳内出血、ご両親のご心配いかばかりかとお察しいたします。中枢神経麻痺のリハビリが専門の者です。

もうすでに主治医からお聞きのことと思いますが、いったん麻痺すると現代の医学では「治癒」はいたしません。「治療」は治癒を目指しますが、リハビリは潜在能力を引き出して運動機能の回復を目指しています。まずリハビリをおこなうにあたって、このこと、つまり治療ではない、ということをご理解ください。

次に中枢性麻痺は普通最初の半年間にめざましく回復し、その後はゆるやかな回復となります。そして1~2年くらいでほとんど最高の回復状態となります。したがってその時点でリハビリは医学的分野から社会適応(教育的なものも含む)の領域へ移っていきます(いかなければなりません)。

健常なお子様が途中から障害を持たれた場合、どうしてもご両親は元気だったころの姿が目に浮かび、お子様の生活がリハビリ三昧になってしまいます。なかなか集中して訓練してくれないとのことですが、これは当然です。訓練大好きというお子さんはいらっしゃいません。おとな中心の病院でやっておられませんか?。こども専門の病院か肢体不自由児療育施設ではお子様の興味にあわせたリハを実施できます。原則リハはなるべく楽しく実施すべきです。こどものリハは遊びリテーションでないと長続きしません。よくマスコミでつらい訓練のあとこんなことができるようになった、などというような美談話がありますが、そういうことを絶対イメージしないでください。何十年もこの仕事をしてきてそのような美談や奇跡は存在しません。あれは視聴率をかせぐ罪な作り話です。そういう番組のあとは「リハビリ実施病」にかかる方が一時的に増え困ってしまいます。

水泳は全身運動としてとてもよいです。普通の水泳教室でもよいと思いますので、いくつかあたってみられてはいかがですか。

医学的リハの世界にも○○法とか○○的アプローチとか、おいしそうな話が山ほどありますが、証明されたものではありません。今後そのような情報がはいってきても惑わされないようになさってください。ましてや民間療法、宗教関係等、人の心の弱点にはいりこんでくるものがありますので冷静に対処なさることが肝要です。

現代の、障害に対する考え方は、障害者(児)を叱咤激励し機能を回復させることではなく、社会が障害を理解し受容し一緒に暮らしていこう、というものです。そのことを十分に理解され、お子様のことをお考えください。

失礼いたしました。

健常なお子様の突然の脳内出血、ご両親のご心配いかばかりかとお察しいたします。中枢神経麻痺のリハビリが専門の者です。

もうすでに主治医からお聞きのことと思いますが、いったん麻痺すると現代の医学では「治癒」はいたしません。「治療」は治癒を目指しますが、リハビリは潜在能力を引き出して運動機能の回復を目指しています。まずリハビリをおこなうにあたって、このこと、つまり治療ではない、ということをご理解ください。

次に中枢性麻痺は普通最初の半年間にめざましく回復し、その後はゆるやか...続きを読む

Q磁気の効率について

あるHP製品紹介で
「円筒形フレームでコイルを密閉し磁気効率を高め、磁気シールド効果を持たせたソレノイド~」
とあるがこの磁気効率についてわかりません。まず、
・磁気効率を高めることによりどういった効果があるのか
・フレームで密閉しないと磁気効率が悪いということになるが、悪いとどういう影響があるのか
この2点ご教授願います

Aベストアンサー

ソレノイドの外部に逃げた磁束は、吸引力には寄与しません。
透磁率の高い材料で覆って、磁束の道筋を作ってやることで、大半の磁束を吸引力の発生に利用することができます。

また、磁束の通る道筋を作ってやると、磁気抵抗(磁界の強さ/磁束)を下げることができ、ギャップに必要な磁束を発生させるための起磁力(コイルの巻き数*電流)を下げることができます。
(フレームで囲ってやらないと、同じ磁束を発生するのに、より多くの電流を流す必要が出てきます)

Q脳梗塞で倒れた父の治療とリハビリについて教えて

87歳の父が約4か月前に脳梗塞で倒れました。この度皆様のお知恵を拝借したいのは、現在の治療方法についてです。

脳梗塞は左脳の半分くらいの大きさで、現在、左手左足が麻痺している状態で栄養は鼻からチューブで取っています。

右手は、握力もある程度あり、よく動きます。
右足は、最初は自らの屈伸などもできたのですが最近は自らはしなくなりました。
私がゆっくりと屈伸などさせてあげると、少し痛いそうです。

左手足は全く感覚がないようです。

会話はできます。
話しかけると、ほぼ的確に返答してくれます。
ただ、夢と現実が交錯しているようなお話をすることもあります。

好きな音楽を聞かせてあげると、感想も言えます。

脳梗塞発症から2か月間は救急病院に入院し、その後今の病院に転院しました。

現在の病院も、本命のリハビリ病院に行くための順番待ちのための、経過的入院です。


以下は現在の病院に転院してからの検査で分かったことです。
MR画像では、心臓から脳へ行く血管の片方が非常に薄く、(これは今回の脳梗塞が原因なのか生まれつきなのかはわからないと主治医はおっしゃいます)、
あわせて、造影剤撮影で、腹部大動脈の乖離が見られるが、緊急ではなく年齢と体力も考え手術はしない、という診断をされています。

そのため、脳梗塞治療としては血圧をある程度上げた方がいいのに対し、動脈乖離に対しては血圧を下げた方がいいとのことで、今は薬でバランスが取れており血圧は安定しています。


主治医がおっしゃるには、現在は嚥下訓練や運動訓練などのリハビリをすると、血圧が上がるリスクを伴うということで、まったくリハビリができていない状態です。

ちなみに、初回の救急病院では、少しですがプリンを食べることはできました。

家族としては、父の「食べたい・飲みたい」という積極的な思いが聞き入れられずもどかしさを覚えますし、このまま病院の意思に沿ってリハビリなしでただ寝ているだけでは、このまま衰弱してしまうのではないのかと心配です。


そこで皆様のお知恵を拝借したのですが、
このまま病院の方針にお任せするのが良いのか、それとも何か他にいい方法が考えられるのか?
皆様のお知恵を拝借できましたら、大変ありがたいです。
どうぞよろしくお願い致します。

なお父は、数年前に心臓にステントを入れましたが、倒れる前夜まで大変元気にしていました。

87歳の父が約4か月前に脳梗塞で倒れました。この度皆様のお知恵を拝借したいのは、現在の治療方法についてです。

脳梗塞は左脳の半分くらいの大きさで、現在、左手左足が麻痺している状態で栄養は鼻からチューブで取っています。

右手は、握力もある程度あり、よく動きます。
右足は、最初は自らの屈伸などもできたのですが最近は自らはしなくなりました。
私がゆっくりと屈伸などさせてあげると、少し痛いそうです。

左手足は全く感覚がないようです。

会話はできます。
話しかけると、ほぼ的確に返答して...続きを読む

Aベストアンサー

リハビリ期になられたら その病院で どの様なリハビリをしているか

付き添い よく観ておくと良いと思いますよ。

病院から 「こういうリハビリをしてください。」と、説明&指示があると思いますので

その説明・指示に従うのが 一番安全ですし 効果的だと思いますよ。

ここは 一般論しか話せないですし お父様の状況を詳しく知るすべがないので

医師&看護師の 説明&指示が一番だと思いますよ。

私の父も数年前に 脳梗塞になりましたが 今は少し左手に力が入らない程度まで回復しました。

お父様が 少しでも 回復される事を 願っております。

また 御家族の皆さんも お体には ご自愛下さい。

Q磁気カードの磁気を守る方法

 私は、クレジットカードなどの磁気カードを数枚、財布に入れて持ち歩いているんですが、今までに何回か磁気が狂って使えなくなって修理、交換してもらった事がありました。
 最近、ライブやらクラブやら、大型スピーカーのある場所に行く機会が増え、しかも結構、スピーカーの近くでたむろしたりしてしまします
大型のスピーカーって結構磁気強いですよね?

 過去の磁気カードの磁気が狂った原因は不明ですが、なんとなくまたカード壊れるんじゃないかと心配です

 そこで、これら磁気カードを故障から守る方法を探しているのですが、大型スピーカー等に近づかないとかはできそうもないので、できたら磁気を遮蔽したいです

 カードは財布に入れた状態にしときたいですし、財布は外出時、肌身離さず持ち歩きます。

 そこで、こういう場合はどうやって守ればいいのでしょうか?

 少し調べたら、鉄などは磁気を遮蔽するみたいですが、財布に鉄板は入りませんし・・・
 あとはアルミで大丈夫とか無理とか情報が錯乱していて・・・

 誰か正しい知識をお持ちの方、教えて下さい

 私は、クレジットカードなどの磁気カードを数枚、財布に入れて持ち歩いているんですが、今までに何回か磁気が狂って使えなくなって修理、交換してもらった事がありました。
 最近、ライブやらクラブやら、大型スピーカーのある場所に行く機会が増え、しかも結構、スピーカーの近くでたむろしたりしてしまします
大型のスピーカーって結構磁気強いですよね?

 過去の磁気カードの磁気が狂った原因は不明ですが、なんとなくまたカード壊れるんじゃないかと心配です

 そこで、これら磁気カードを故障か...続きを読む

Aベストアンサー

嵩張る難は否めませんが、緊急避難的には金融機関(銀行、信金、郵貯B)でカードの磁気避けカバーと通帳入れを余計に貰い、"カードを入れた磁気避けカバー"を更に、通帳入れでカバーしてしまう。

どうしても質問者さんが"上掲のスタイルが不恰好で気に入らぬ"、ならば
http://www.raymay.co.jp/leather/contents/portable/card/lineup.html (磁気層薄利防止素材使用:70g也) 
http://www.correct.co.jp/lf_cp15.html
等のカードホルダーを活用するのも一法でしょうね。
取扱に関してはデパートの他に、伊東屋(http://ito-ya.co.jp/store/ )等の大型文具店に出向けば使い出の良いタイプが見付るか、と思いましたが・・・・

Q私の親戚のおばさんが脳梗塞で倒れました。おばさんは関東で夫婦2人で暮ら

私の親戚のおばさんが脳梗塞で倒れました。おばさんは関東で夫婦2人で暮らしてきました。旦那さんは要介護で、おばさんは右半身になりました。おばさんは東北生まれで、兄弟も東北にいます。なのでリハビリも東北に来て、治療したいと強く願っています。しかし、旦那さんのほうが反対しています。こういう場合旦那さんの意見を無視して東北のリハビリ施設に連れて行くことは可能でしょうか。又、病院からはもう回復見込みの確立は低く、この後認知症、再発など起こる可能性が高いと言われています。

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。

質問者さんのご質問の全てにお答え出来ない事お赦しください。
リハビリに関してどうしても申し上げたい事がございましたので・・・。

当時90歳だった祖母が数か月の入院(この期間中に寝たきり状態となりました)を経て退院する際に担当医から「今後リハビリをしたとしても歩行出来るようになる可能性は無く、それどころかベッドから自力で車椅子に移る事すら難しい」と言われました。

ところが移った先の施設はとてもリハビリに熱心で、ベッドから自力で車椅子に移るどころか伝い歩きが出来る程に回復し車椅子を必要としないまでになりました。

私が申し上げたいのは、現在の身体状態や年齢を考慮し最初から諦めてしまう様な事はせず、目標を高く設定しコツコツとリハビリを繰り返す事により思わぬ回復をみられる場合もあるという事です。

認知症発症の恐れを考えますと、少しでも動ける身体になるようリハビリに全力を尽される事が望ましいと思います。ただ、ご兄弟が東北に居られるからといって東北でのリハビリに拘泥されるよりも、リハビリに対する情熱があり回復実績が高い施設に行く事の方が賢明であるように思います。

施設に入居せずとも、ご自宅まで送迎して頂けるようなリハビリ施設や訪問リハビリ等のサービスがあれば、毎日か或いは一日置きにでもリハビリを受けあとの時間はご主人と過ごされるという方法もあるように思いますよ。

おば様が住まわれる自治体に問い合わせてみては如何でしょうか。

こんにちは、初めまして。

質問者さんのご質問の全てにお答え出来ない事お赦しください。
リハビリに関してどうしても申し上げたい事がございましたので・・・。

当時90歳だった祖母が数か月の入院(この期間中に寝たきり状態となりました)を経て退院する際に担当医から「今後リハビリをしたとしても歩行出来るようになる可能性は無く、それどころかベッドから自力で車椅子に移る事すら難しい」と言われました。

ところが移った先の施設はとてもリハビリに熱心で、ベッドから自力で車椅子に移るどころか伝い...続きを読む

Q磁気センサへの影響

磁気センサとしてホール素子(NHG411)を用いようとしているんですが、素朴な疑問が出てきました。

市販されている磁気製品(ピップエレキバンや磁気ブレスレット、磁気ネックレスなど)の影響は受けてしまうのでしょうか?

受けてしまう場合、どのような対策をすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どの様な用途で、どういう使い方をされるのでしょうか?

用途や使用環境によってセンサ部分の形状を工夫したり、磁気の影響を受けない環境で使用すればよいのではないでしょうか?

磁気製品は各々の磁気強度を持っていますので、磁気センサに近付けば影響が発生します。

Q脳動脈瘤の手術から脳梗塞、心臓

71歳の父のことで教えて下さい。
9月10日に脳動脈瘤の開頭クリッピング手術を受けました。その際、血管を一時的に止めたらしく、脳梗塞を起こし、右半身麻痺、言語障害、視野障害が出ています。今リハビリに励んでいます。さらに、3日程前から血圧が100を切り心臓が弱っていると言われました。また、物忘れが激しく脳血管性痴呆かも知れません。
 このような状態でどのように治療していけば良いのでしょうか。
 脳動脈瘤の手術の前に主治医が「これまで失敗したことはありません」と言ったてまえ、後ろめたい気持ちがあるのか、このようになった経緯、今後の治療方針など説明してくれません。関西(兵庫・大阪)で良い病院を教えてください。
 どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配ですね。
未破裂の動脈瘤の手術ですが、手術前に手術の目的と危険性について充分説明は受けられたのでしょうか。一般的には動脈瘤の手術後に合併症が起きる可能性について、充分話すはずなんですが。手術の危険が全くないと説明されて手術を受けられたなら病院側に相当の責任があります。しかし、説明を受け同意の上なら病院に責任を問えない可能性があります。それにしても主治医は充分説明する義務がありますから何回でも面談の希望を伝えることです。
現在の手術基準では未破裂の場合70歳までということになっていますが13ミリというのは放置しておくとくも膜下出血を生じる危険がかなり高いので年齢のことを考慮しても手術をすること自体は非難されないと思います。
もともと血圧が低いかたなら100を切っていても心臓が弱っているということにはなりません。痴呆については作業療法士に評価してもらわないとなんとも言えません。
治療としてはリハビリテーションしかありません。
病院の対応が不誠実なら充分話し合いをしたうえできちんとリハビリをしてくれるところを探す必要があります。脳神経外科のある病院ならソーシャルワーカーもいると思いますのでそういう方にも相談してください。

ご心配ですね。
未破裂の動脈瘤の手術ですが、手術前に手術の目的と危険性について充分説明は受けられたのでしょうか。一般的には動脈瘤の手術後に合併症が起きる可能性について、充分話すはずなんですが。手術の危険が全くないと説明されて手術を受けられたなら病院側に相当の責任があります。しかし、説明を受け同意の上なら病院に責任を問えない可能性があります。それにしても主治医は充分説明する義務がありますから何回でも面談の希望を伝えることです。
現在の手術基準では未破裂の場合70歳までという...続きを読む


人気Q&Aランキング