各国国防費の推移
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2006/ …

日本の国防費はほぼ横ばいなのに、ロシアは増えています。
毎年25%くらい伸びていますね。
どういう国際戦術なのでしょうか。
日本はこれに対抗するために、何か対策をしていますか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

<参考>


 ソ連崩壊で、ロシア連邦成立時には、軍人に給料が払えなくなり、核兵器を管理している部隊にも給料が払われなくなりました。
 アメリカは、ソ連の核兵器管理部隊の兵士が、生活の為に核兵器を闇ルートで売却するのを恐れて、ロシアに対して、核兵器管理の為に、100億ドル(当時のレートで1兆円以上)もの軍事援助を行いました。

 また、ソ連海軍はお金がなくなり、持っていた空母を中国やインドに売却し、今は1隻しか保有していません。

 このような事情で、ロシアの軍事費は一時激減しましたが、ソ連崩壊によって西側諸国との貿易が活発化して、現在は急速に経済が回復していて、軍事費も以前の水準に戻すべく大きな伸びを示すようになっています。

 更に、アメリカのドル安政策によって、ルーブルとドルの交換レートは、ここ1年ほどで10%ルーブル高になっています。この1年については、ロシアの軍事費の伸びが0%でも、ドル換算では10%伸びたことになります。
    • good
    • 0

経済が絶好調だからですよ。



ロシアってなにげにかなりの石油産出国なので、
石油の高騰により大好況が発生しています。

一時期はモスクワの物価が東京の物価をも上回りました。


まあそれでもアメリカの足下にも及びませんが。

日本は自衛隊を現状維持しながらアメリカと同盟という形で対抗してるので問題ありません。
    • good
    • 0

それでもソ連時代と比べても、アメリカと比べても全然たいしたことない。


毎年25%てのはルーブル単位だが、通貨の安定度が全然違う。
インフレや為替レートの変動があるので、現地通貨の対前年比を
いっしょくたに比較しても意味ないのだ。
円てのは滅茶苦茶に安定している通貨で、金利も安い。
こういう国際間比較は非常に難しい。まあ参考URLも見て欲しい。
別に私がロシアの回し者でないことも理解してもらえるはずだ。

参考URL:http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/2003def-sai …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング