スピーカー作りを始めたばかりの初心者なのですが、同じフルレンジユニットでもフォクテクスならFFシリーズ、FEシリーズ等ありますが(他社メーカーの○○シリーズも)何がどう違うのですか?それと長岡鉄男さんの本を読むと木工用ボンドを使いなさいと書いてありますが、木工用ボンドの代わりにホットグルー(ホットボンド)を使ってスピーカーボックスを組み立てても強度的には大丈夫ですか?教えて下さい。

A 回答 (3件)

はじめまして♪



フォステクス製品でフルレンジならFE,FF,UP,FP,Fシリーズを購入した事があります。
最も息が長いのがFEシリーズです。
バリエーションが多いのもFEですが、標準シリーズでしたら、最も無難なサウンドが得られやすい事は間違い無しです。
自作好きの人の中では無難なサウンド、有る意味基準でもありますが、一般的なメーカー製品の多くからみますと、中域にハリが有る個性的サウンドで、低音の量感も高音の個性も少なく、中域だけがハデと感じる方も多いようです。

FFシリーズはセンタードームの高域にアクセントを持たせた音造りで、高音域に個性が強くこの個性を好むファンも居ますし、個性を嫌う方も居ます。
見た目は、絶対に奇麗な事は間違い無しですけれどね。

通好みの大人サウンド傾向がFE、ハデ好みの若者向けFFと言っては、大げさでしょうかねぇ。


さて、グルー(ホットボンド)ですが、スピーカー工作以外で何度も使った事があります。
これは、接着する物を樹脂に接着したお互いを固定する目的には向いています。
木工用ボンドは木質繊維に浸透し、出来るだけ薄い樹脂膜で接着出来ると強度的に大きな効果が得られますし、はみ出して来た時は濡れぞうきんで拭き取る事で外観上の影響を少なく出来ますね。
グルーだと冷却硬化してから削るのでしょう。

スピーカーボックスの強度と言う点では、釘、木ネジ組み立てでも一応成立します。完全な未着とか、空気漏れに関して、ボンド類の併用が好ましい物です。

過去にブチルゴム系のシーリング材を塗って組み立てた事が有りますが、10年程度でポロポロと崩れて来たにもかかわらず、分解しようとしたら合板がはがれて板が差利用出来なく成った経験が有ります。

木工ボンド併用の場合は、のこぎりで切断も大丈夫ですが、シリコン、ブチル等のシーリング材や、ブチルゴムの両面テープは切断時に刃物を壊してしまいかねません。

ホットボンドはどうだろ? まだ試した事が無いぞぉ~(苦笑)

どの程度のサイズで考察されているかでも変わってくるでしょうが、ホットボンドは熱いうちに接着が基本ですから、扱いにくいかと思いますよ。頑強な強度だけから考えますと2液性のエポキシ樹脂でしょうかね。

とにかく、スピーカー工作は組み立て完成がサウンドの出発点です。それからエージングやチューニングで好みのサウンドに近づけるようにしましょう。

ガンバッテください♪
    • good
    • 0

FE&FFシリーズの共通なところ、


・コーンが紙パルプ。
 FEは木材繊維のパルプ、FFは植物繊維のパルプ
 金属製のコーンと比べて、クセが少なく、個人的には好きです。
・マグネットが強力。
 能率が高く、歯切れの良いスピーカーで、周波数特性が中高音域が
 中低音域より高い、所謂、ハイ上がりの特性です、低音域が出ていない
 のでは無く、高音域が余計に出てる事なのです。
 スピーカーボックスで低音域を持ち上げれば、高能率で歯切れの良い、市販の
 スピーカには無い物が出来ます、これが自作スピーカーの楽しさで有り醍醐味です。

FEシリーズはフォクテクスの看板的なスピーカーで歴史が有り、改良される都度、
高音域が伸び、最新版はツィーターが必要無いくらいまでに、なってます。

FFシリーズ、明るいキャラクターの音で、ヴォーカルの再生では、言葉に
表せない、秀面な物が有り、こちらで私はスピーカーを作って来ました。
FEに比べると、やや高音域が出ていなかったのですが、3月に発売された、
FF-WKで大分、追いつきました。

台湾製のスピーカーに良いもの有りますね。
ヨーロッパ製のスピーカーは高価なので、手を出した事ないので解りません。

接着材に関しては、木材がくっ付けいて、経年劣化が無い物ならなんでも良いです。
長岡教祖の時代には、なかった新素材の物を使用してみるのも、楽しさの一つです。

個人的には木工ボンドが使い易いですね、水で少し薄めると塗付し易く、はみ出た
部分は濡れた布で簡単に拭き取れるのが良いです。
接着強度が増すのに時間が掛かる為、固まるまでに接合面が動いてしまう事が有る
ので、木ネジを併用してます。

私はD-55を家具に合わせて小振りにして作りましたよ、音の世界が違います。
是非、バックロードを製作してみて下さい。

音の調整は耳だけが頼りでしたが、目で調整出来る時代になりました、
フリーソフトですので、お試しを・・・
http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/my …
    • good
    • 0

>> FFシリーズ、FEシリーズ等ありますが(他社メーカーの○○シリーズも)何がどう違うのですか? //



FEは、マイナーチェンジはありましたが、基本的には伝統的なパルプを原料とする振動板を採用しています。サラウンド(日本でいうエッジ)も、伝統的な布製です。全体的な傾向としては、「じゃじゃ馬」と言って良いでしょう(特に最近はそうで、Σ系などは異常とさえ言える)。バックロード型以外では使い物にならないような気がします。

FFも、マイナーチェンジがありましたが(現在ちょうど過渡期)、セルロースやケナフを主原料とする振動板を採用し、サラウンドがタンジェンシャル(タンジェンタル)型になっているなど、技術的には新しいものを採用する傾向があります(もっとも、新機種のFF-WKシリーズは、一般的な形状のサラウンドのようですが)。FF-KシリーズはFE系と同じでバックロード向きのスペックでしたが、FF-WKになって、少しマトモなスペックに戻してきたようです。
http://sn-audio.blogspot.com/2010/11/fostex-ff-w …

他社のモデルに関しては、それこそ何10種類とあるので、一概には言えません。各社とも様々な工夫を凝らして差別化を図っている、とは言えますが...

>> 木工用ボンドの代わりにホットグルー(ホットボンド)を使ってスピーカーボックスを組み立てても強度的には大丈夫ですか? //

板を垂直に合わせてホットボンドで止めてみて、翌朝、グッと力を込めてみれば分かります。基本的には、木材の接着には向きません(し、ホームセンターなどで手に入る小型のグルーガンだと、熱容量が全然足りません)。

木工用接着剤も様々あって、コニシなどの定番でも構いませんが、欧米ではタイトボンドが有名です(これにも何種類かある)。国内でもけっこう愛用者は多いでしょう。コニシの木工用ボンドは乾燥しても弾力がありますが、タイトボンドはカチカチに固まるので、ヤスリがけのときに都合が良く、お勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安価で音の良いフルレンジユニットを探しています。

16cmのフルレンジユニットでスピーカーを自作しようと思っているのですが金も無いし離島のためにいくつもユニットを買ったり店に行って聞き比べる事ができません。
そこで自作オーディオファンの先輩方にご教授いただければと思い投稿しました。

希望としては価格は一つ7000円くらいまでで音に厚みがあり聞いていて面白みのある音を希望しています。(あまり詳細に書くと選択幅を狭めてしまうのではと思いあえて抽象的な表現にしました)

実際に音を聴いたことがあって「これは良いよ」と思うものがあれば理由も含めて教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

16cm、ロクハンユニットは子供の頃からいくつも試していますが、現行品ならフォステクスのFF165WKと言う新製品は試してみたいですねぇ。
他に、FE164は所有してますが、マグネット強化とコーン変更のFE166Enにも興味有りです。

基本的に、16cmと言う時点で、日本製品からの選択となってしまいそうです。
どうしても、海外製品は、5”、8”、10”、12”、15”(12cm,20cm,25cm,30cm,38cm)
などがメインでしょうから、、、

昔の製品ですと、ダイヤトーン1本、パイオニア1ペア、フォステクスのFPやUP,FE、FFシリーズ(各ペア)、テクニクスの16F100は今も7本完動状態です。(16F100はPA用で、8本所有ですが、1本は一昨年逝ってしまいました、、涙)

ちなみに、過去のユニットですが、16F100は多少荒削りですが、浸透力が高い音で、好みの一つです。PA用なので低域も高域もそこそこ妥協しているためか、楽器の種類や奏法の違い等をはっきり表現してくれます。(アラさが有るので、クラシックなどには向かないかも、、)

私は、いろいろ違う音が楽しみなので、スピーカー工作を子供の頃から趣味の一つとしています。 御質問者様はどのような聴き方でたのしまれるのでしょう? 
近年は、もっと小口径のユニットを中心として、マルチウエイ化の方をより楽しんでいます。

日本語の「歌」物では、10cmとか12cmの方が発音等が自然な感じに思っています(まぁ、しばらくすると、また大口径ユニットも恋しく成るんでしょうかねぇ。)

ユニットも、箱との組み合わせや、アンプとの相性、なにより聴く自分の感性に合うように長期的にチューニングによって、かなり評価は違ってきますね。

御質問の文章から、気になっているユニットが有りそうですが、どのようなユニットかとっても興味がありますよぉ。
自分が信じたユニットなら、十分に使いこなすよう、いろいろ工夫して、納得のサウンドを目指してください。 

はじめまして♪

16cm、ロクハンユニットは子供の頃からいくつも試していますが、現行品ならフォステクスのFF165WKと言う新製品は試してみたいですねぇ。
他に、FE164は所有してますが、マグネット強化とコーン変更のFE166Enにも興味有りです。

基本的に、16cmと言う時点で、日本製品からの選択となってしまいそうです。
どうしても、海外製品は、5”、8”、10”、12”、15”(12cm,20cm,25cm,30cm,38cm)
などがメインでしょうから、、、

昔の製品ですと、ダイヤトーン1本、パイオニア1ペア、フォステクスのFP...続きを読む

Q密閉スピーカーが一番素直な音なのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンなのですが、
店員さんはそのことを忘れていたようで、
「バックロードホーンは音が不自然で大嫌い、
音が遅れてでてきている感じがしてジャズはダメだね」っと言ってました。

でも、そんなことをいってしまったら、
バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。
なにもホーンだけがそんなに言われることもないと思うのです。

っとなると、「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。
DIATONEや昔のVIVTORなんか想像してしまいます。
ベストセラーの10Mや1000Mも密閉ですよね。
いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンな...続きを読む

Aベストアンサー

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なくとも「悪い」という意味ではありません。

「Horn 特有の……」という言葉には「良い意味」も「悪い意味」もなく、単に特徴を言い表しているだけのものです。

「如何にも Horn らしい……」という言葉の後には大抵の場合、良い印象の説明が付くものでしょう。

「如何にも Horn らしく、悪い音がする」と言う人は滅多にいない筈で「Horn 嫌い」の人は「Horn のような変な音がする」と言う場合はあっても Horn Speaker の音を聴いて「如何にも」などという言葉を最初に付けることはないと思います。……日本語としても変でしょう?


>「バックロードホーンは……音が遅れてでてきている感じ」

これはあくまでも「感じ」「聴感上の感覚的なもの」であって、実際には Backload Horn の方が高速です。

例えば 40Hz 1W の信号を 40Hz で 80dB SPL/m (at1W) の Speaker Unit に入力した時、Speaker Unit はいきなり 80dB/m の音圧を出せるものではなく、最初の 25msec (1/40 sec) では 70dB/m ほど、次の 25msec では 73dB/m ほど……と徐々に振幅が大きくなって数百 msec ほどで 80dB/m の音圧に達します。

しかし Backload Horn や Bass Reflex の型式の Enclosure では最初の 25msec で生じた 70dB/m の音圧でも 6dB とか 10dB といった量の共鳴が加わりますので 80dB/m の定格出力に達するまでの Attack (立ち上がり) 時間は密閉型よりも短い、高速のものになります。

但し、逆に Attack 以降の Decay Sustain Release は共鳴が加わっていますので Overshoot 気味になったり尾を引いたものになり、それが「歯切れの悪さ」や「Boomy」と感じられ「音が遅れて出てきている」という「感じ」になるのでしょうね。……そのため、Horn 型や Bass Reflex 型の Speaker System を駆動する Amplifier には制動力 (Dumping Factor) の高い Solid State 型、特に FET (Filed Effect Transistor) 型との相性が良いことになり易いでしょうね。


>昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

真空管式 Amplifier は Dumping Factor が 10 もないものが多かったのですが、高額の Output Transofrmer を不要にすることによって安価に製造できる Transistor 式 Amplifier になってからは歪率を改善するために NFB (Negative Feed Back) を大きくかけるものが流行し、結果として Dumping Factor が高くなり、小口径でも低音を伸ばせる Backload Horn や Bass Reflex 型式の Speaker System を市場に投入し易い環境になったからではないかという気がします。

見方によっては超並列動作のようでもある MOS-FET (Metal Oxydal Semiconductor - FET) や IC (Integrated Circuit) 素子が用いられるような時代になると NFB をかけなくても充分に低い歪率や非常に高い Dumping Factor を得られるようになりましたが、初期の Power FET、例えば V-FET などの時代は (Dumping Factor だけの要因ではないのかも知れませんが) NFB 量の少ない、裸特性が良質の素子が使われている筈の Amplifier なのに「どうにも音がもたつく」感じに悩まされた経験があります。……おかげで PHILIPS (MARANTZ) の Amplifier を 3 度も Grade (Step) Up して散財させられました(^_^;)。


>「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。

駆動させる Amplifier によりけりでしょう。

「密閉型 Speaker System は低 Dumping Factor 値の Amplifier と相性が良い」というのはあくまでも私が使用してきた Speaker System と Amplifier との組み合わせに於いて「私好み」の音がするものだけに言えたことであって決して普遍的な論ではありません。

「YAMAHA NS1000M や NS10M を Transistor Amplifier で馴らすのは良くない」なんてことは決してなく、むしろ真空管式 Amplifier で両 Speaker System を鳴らす方が変と言うか、難しいでしょうね(^_^;)。

どんな音を良い音とするかは人それぞれであり、結果的に良い音と感じる組み合わせが最も良い組み合わせなのですから Speaker System の Enclosure 型式も Amplifier との相性も定型的なものなどなく、人それぞれでしょう。

ただ、真空管式から Transistor 式、FET から IC へと Amplifier 型式 (素子型式) が変化してきたことと、Compact でありながらも低域を伸ばした小型低能率 Speaker System の普及とは無関係ではないだろうと思います。


>いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

Powered Speaker System ならば密閉型の System を Amplifier で補正した方が狙い通りのものを開発し易い気がするのですが、確かに最近は密閉型が少ないですね。……狙い通りの音に追い込む開発費などかけずに安易に低域を出しやすい Enclosure と試聴による追い込みなど殆ど無い、計算だけで作った Amplifier を組み込んだような安価な System が多いからなのかも知れませんが……。

例えば Amplifier は D 級にして「補正は全て Digital 演算部の Software Algorithm で追い込む」なんてものがあっても良いと思います。……まぁ PC Audio 派は Amplifier の前段階である PC で既にやっていることですが(^_^;)……。


個人的に現在、最も興味深いのは D 級 (T 級) Amplifier ですね。

私は小型 Backload Horn (……と言うよりも Labyrinth 型) Super Woofer を駆動させていて、その性能に充分満足していますが、小型 Full Range Speaker を駆動させている方はまだまだ不満が多く、慣れ親しんだ FET 系の Amplifier に較べると未だに信用し切れていません(汗)。……でも、次に買い換える時にはやはり Compact で使い易い、より進化した D 級 Amplifier に手を出すのだろうなぁ(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報