質問

(1)地球の表面に。年中寒いところ・暑いところがあるのはどうして??

(2)1日中夜のところとか、一日中昼のところはあるの??


はやめに分かりやすくお願いします><

A 回答 (1件)

(1)


一つの要因として、地球は太陽によって暖められています。
そして太陽光の入射角によって、気温の差が出ます。
例えるなら、頭の上から滝の水を浴びた時と少し頭を傾けた時とを比べると、水の衝撃は頭の上に垂直に落ちてくる水の方が強いですよね。

太陽光も同じで、地球には太陽からの光をほぼ垂直に受ける地域、赤道直下が暖まりやすく、一般的に気温が高くなります。
また北極や南極は太陽光が、赤道直下などに比べ、届きにくく気温が低いです。

ちなみに、高い山の上なども気温が低いのですが、これは気圧の関係が大きく影響しています。


(2)
あります。

白夜(一日中昼)とか極夜(一日中夜)という、北極圏・南極圏およびその周辺地域で起こる現象です。

理由:太陽に対して、地球が傾いているから。

これは、地球をりんごと考えて下さい。
りんごのヘタの部分がまっすぐ真上ではなく、傾いているような状態です。
この時、傾けながらりんごを回し、真横から見ると下側のヘタの部分は見えませんよね。
このように、地球が傾いていることにより、真横から見えない(太陽光が届かない)状態が起きます。
同様に、上のヘタの部分はずっと見えている(太陽光が一日中届く=太陽が沈まない)状態が起きます。

しかし、これは一年間を通して必ずそうなるわけではなく、公転とも関係してます。

これで、どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりましたっっ☆

アリガトウございますww

お礼日時:2011/04/25 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報