再びコンピュータ相手にひねり飛車の練習をしました。
今回は結構追い詰めたような気がしたのに、結局負けてしまいました。
一体何がいけなかったのでしょうか?

手合割:平手
先手:自分
後手:コンピュータ
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩打 ▲2六飛 △6二銀
▲3八銀 △4一玉 ▲9六歩 △5四歩 ▲5六飛 △8四飛
▲7六歩 △3四歩 ▲7七桂 △5五歩 ▲3六飛 △4二銀
▲7五歩 △3三銀 ▲7六飛 △5二金 ▲9七角 △3五歩
▲4八玉 △2四飛 ▲2七歩打 △8四飛 ▲3九玉 △9四歩
▲2八玉 △1四歩 ▲1六歩 △3一角 ▲8五桂 △同 飛
▲8六飛 △同 飛 ▲同 歩 △8四飛打 ▲8八銀 △7五角
▲8五飛打 △同 飛 ▲同 歩 △5七角成 ▲8二飛打 △7一飛打
▲5三歩打 △5一金 ▲8三飛成 △4二銀 ▲8二龍 △9三香
▲8四歩 △3六歩 ▲同 歩 △2四桂打 ▲3七玉 △6一飛
▲8三歩成 △7一銀 ▲9二龍 △1三桂 ▲7二と △2五桂
▲2六玉 △5六馬 ▲7一と △4五馬 ▲2五玉 △3六馬
▲3四玉 △3三金 ▲投了
まで80手で後手の勝ち

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ハイ、どうも。

     では、解説します。     15,5六飛=「疑問手」。     本譜は8四飛=まだマシになったが、私なら喜んで5三銀(一手の価値=後手;お得)。     41,8五桂=「疑問手」。     決戦する前に6八銀は指しておきたい一手+単に7四歩の方が・・・・・。     45、同歩=「大悪手」。     ココは同角で「飛角総交換」を狙うべき。     後に8五歩と指している様に、一手損。     47,8八銀=「大悪手」。     左銀=6八方面(玉側)に使うべし。     本譜の左銀の役割=???     51,8二飛打=「疑問手」。     ココは8三飛打。     本譜は一手損。     55,5三歩打=「疑問手」。     ココは5四歩のと金狙い。     本譜は5一金=守備力UP。     62,3六歩ー2四桂=「美濃崩しのお手本の一つ」。     5七馬が無ければ3九玉(早逃げ)で受かるのだが、本譜は馬の存在の分だけ;コノ局面=「先手;勝ちにくい」。     69,9二龍?・・・・・8一龍をウッカリ?     71,7二と=「最後の敗着」。     本譜2五桂からは、寄り筋。     ココは2六歩の一手。     棋力向上に必要な事=同じ様な「疑問手」を何度も指さない事。     結果的に自分で判断した手=「疑問手」・・・・・コレは仕方ない。     肝心なのは、今後「似た局面?」で同じ間違いを犯さない事。     現在のあなたは、将棋の「基礎力」は確実にUPしています。     これからは「応用力」を学ぶ段階。     「・・・・・こんな手があるのか」風な?(発見;感心)する機会を増やすのが大事。     しかし・・・・・アル意味、今のあなたが羨ましい。      「インターネット」の普及によって、便利な世の中になったモノです。     では、また。         
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こうしてみると自分はかなり悪手を打ってたみたいですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/12 16:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング