今、どんな最新技術がありますか?

友人に話して「どや顔」したいです。

ジャンルは何でもいいです。教えてください。

A 回答 (2件)

参照URLのページが、お役に立つのではないでしょうか?


★ニュース最新技術

参考URL:http://www.sanzeebaa.co.jp/news/news-gijutsu.html
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキャビネット図・等角図と一点透視図法、二点透視図法の違いを教えてください。

美術の教員ですが、技術家庭科のことはよくしりません。
が、技術家庭科で『キャビネット図・等角図』
というものを書く単元があるそうですが、

美術の一点透視図法等と如何違うのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の「キャビネット図・等角図」という用語は知らなかったのですが、アクソメのことかなと思って検索したら、下のURLで図入りで説明されているのを見つけました。

美術の先生ならば、昔の源氏物語絵巻やなんかが消失点無しで遠近を表現していることはご存知だと思います。
ご質問の表現法も、あの日本画古来のテクニックと基本的な考え方はほぼ同様ではないでしょうか。

参考URL:http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~horihata/page4.htm

Q機械類(エアコンや冷蔵庫など)の電化製品などを直す人達の技術ってどんな

機械類(エアコンや冷蔵庫など)の電化製品などを直す人達の技術ってどんな勉強をしたらそのような技術を学べますか?

自分で壊れた電化製品とかを直してみたいのです。。。

また、オススメの書籍などありましたらお願いします。

Aベストアンサー

家庭用修理技術者という本が資格のコーナーに並んでいますので、そこそこは参考になります。

黒物(TVやビデオやCDなど)と白物(洗濯機や電子レンジなど)に大きく2種類に区分けをされておりますので、興味があれば勉強をしてみるのも良いかと思います。

それから、電気製品の修理は、知識よりも経験の方が重要です。
最初は見習い修理技術者から始まるのですが、それ以降は実際の電気製品をいかに多く修理したかの修理経験が重要です。(知識はその基本といったレベルです)

Qキャビネット図⇒正面図・右側面図

いつもお世話になっています。
この質問がこのカテでいいのかわかりませんが、
どこで質問していいのかわからなかったので、
ここで質問させてください。

仕事で、CADオペ兼それに関わる事務をやっています。
今日、PCのサーバ用の棚の図面を渡されました。
キャビネット図・・・のような図面です。
正式な名前はわかりません・・・
寸法はまったく入っていません・・・
聞いてみると、1/20縮図になっている、
とのことだったのですが、
その図面から、正面図と右側面図をおこしてくれ
と言われました。

CADに関しても、図面に関しても
初心者なので、どのように書いたらいいのかわかりません。
全体の幅と高さは、計算して割り出したのですが、
キャビネット図は奥行きが斜めになっていますよね。
CADスクールの教材で、キャビネット図の奥行きは
「水平に対して45°の斜線で、実物の長さの1/2
に縮めて表現する」とあったと思うのですが、
今日もらった図面はどう見ても45°以上は
ありそうなんです。
これから、正しい奥行き寸法を出すことは可能でしょうか?

いつもお世話になっています。
この質問がこのカテでいいのかわかりませんが、
どこで質問していいのかわからなかったので、
ここで質問させてください。

仕事で、CADオペ兼それに関わる事務をやっています。
今日、PCのサーバ用の棚の図面を渡されました。
キャビネット図・・・のような図面です。
正式な名前はわかりません・・・
寸法はまったく入っていません・・・
聞いてみると、1/20縮図になっている、
とのことだったのですが、
その図面から、正面図と右側面図をおこしてくれ
と言われまし...続きを読む

Aベストアンサー

キャビネット図の場合はmascoliaさんの記憶はあってますよ。
図面を見てないのではっきりわかりませんが、もし軸測投影で書かれた図の場合は図形の一部またはすべての寸法が実際とは異なるので製作図としては不向きかと・・・

Qこのサイトで驚いた事ってどんな事ですか?

気軽に沢山の人が意見を出し合えるOKWeb(教えて!goo)は、本当に素晴らしい場だと思うのですが、利用していて驚いた事ってありますでしょうか?私は、1日に20も30も回答している人がいることに凄いなあと驚きました。ちょっと聞いてみたくなりましたので、ここをご覧の方で何かありましたらお暇な時にでも教えてください。それではお願いします。

Aベストアンサー

「**について何でも教えてください」
  と一行だけ
「素人なのでわかりやすくお願いします」
  自分がどれだけ理解しているかわからない

こんな質問では答えようが無いとおもうが
返答している人がいるのが驚きです

大学生が課題を丸投げしているのやら
就職の電話の仕方や手紙の書き方、服装など
一から人に聞くか?

これらを見ると今は人間のレベルが下がってますね

これでは中国に追い越されて、東南アジアからも
見捨てられるのも仕方ない・・・・・

Qキャビネット図と等角図から展開図を作図する。

カテゴリは迷ったのですが、「機械」なんてないですよね^^;

で早速本題ですが、
高校の推薦選抜でキャビネット図および等角図で描かれた立体の展開図を描け、と言う問題が出る予定です。
そのために練習しようと思い、過去の推薦選抜の問題を引っ張り出して来たのですが、どうもよくわかりません。

詳しい描き方や、描き方のコツなどを教えてください。
とくにこの画像の場合、三角形の部分の描き方がわかりません。
そこ以外の展開図はかけたのですが・・・。

ちなみに問題では5mm方眼紙に描け、とのことです。


試験も迫っていますので早めにお願いしますね^^;

Aベストアンサー

おそらく「科学」や「化学」「物理」のカテゴリーの方を工学系の人は見ていると思います。

三角形の部分以外の展開図が正しくできているならその三角形が接している辺の寸法も出ているはずですからその寸法を図面上でコンパスで取ってどこかひとつの辺を元にして辺の端から円弧を描いて交点を求めればいいのでは。(裏返しにならないよう気をつけて)

初歩の図面の描きかたの本が学校の図書館にないでしょうか。
目を通しておいた方がいいと思います。

QPC関連で日本の最新技術って何かありませんか? あいまいな質問ですいま

PC関連で日本の最新技術って何かありませんか? あいまいな質問ですいません……?c=709

Aベストアンサー

IT分野では基本的に日本はアメリカの後塵を拝しています。
たとえば、iPadで使われている日本製品はコネクタだけだったそうです。
それでもいくつかの技術では健闘しています。
・半導体露光装置でニコンとキヤノンがシュアを独占している。
・去年富士通が世界最速のCPUを開発(x86ではないので普通のパソコン用ではない)

参考URL:http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090514_168533.html

Q製図(技術)について

冬休みの宿題なんですが、第3角法による正投影図を等角図・キャビネット図にしなさい、また寸法をいれなさい、という問題がでました。それで、三角柱が出てきました。本体は書けたのですが、寸法が書けません。(寸法補助線は外形線にそって線を引き出せと先生は言うのですが)
教えてください(>_<)

Aベストアンサー

JISを見てください。
インターネットで見ることはできます。
(印刷はできません。どうしてもほしい時は先生に買ってもらいましょう。
というか、学校にはあるはず。先生はみなれているからそんなことを
簡単にのたもうのです。)
Z8315-3の4ページ 図6にしっかり書いてあります。
(大人でも機械工学の勉強をしたものでも、始めてのときは
教科書なりJISをみます。そのためのものですから、
必ず書いてあります。教科書に書いてあるとおもうのですが、
もし万一書いてないとすると、これは試練です。頑張って調べてください。)
日本工業標準調査会のデータベース検索でわかるはずです。
(とはいえ、ここまで読んだら疲れてすでにやる気をなくしていると思うので)
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=130861

QB1サイズのポスターを作っているのですが、写真や絵の解像度やサイズはど

B1サイズのポスターを作っているのですが、写真や絵の解像度やサイズはどれくらいで作ればいいのでしょうか。
印刷自体は業者に頼むのですが、解像度の相場がわかりません・・・・知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

その印刷屋さんに聞いてください

相場聞いたって、その印刷屋さんが対応しなかったら駄目でしょ? (^^;

Q日本はもっと技術史の教育に力を入れるべきではないでしょうか?

日本はもっと技術史の教育に力を入れるべきではないでしょうか?

日本は、技術立国のわりに技術がどのように発達して言ったかという歴史を全然教えてない気がします。

僕も学校で技術史をほとんど教わってませんし。

日本がいかにして技術立国となったか、
日本の技術が世界でどのように役立っているかを教えるべきだと思います。

日本はもっと技術史の教育にちからを入れるべきではないでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様の意見に賛成です、私は学校では真空管を習い、社会人になったらトランジスタ、集積回路で、日本は当時電子立国で外貨を稼ぎでいました、年配の方から学校で戦後の技術史をどうして勉強していないのか、良く質問されました、太平洋戦争では、日本の機械のボルト、ナットの統一工業規格品がなく、メーカーでばらばらであった、資源がないので、ソニーが米国で電池で動く省エネ、超小型、軽量、のトランジスタの特許を買い、その技術でトランジスタラジオを生産、海外へ販売して、今のソニーを築き上げた、朝鮮戦争でまだ焼け野原が残る日本の町工場に、戦争特需が来て、アメリカのよる技術供与があって、日本の工業品の品質が上がリ、品質管理技術が導入された、人類初のソ連のスプトニク衛星の打ち上げ成功で、日本の教育制度に科学教育が大きく取り入れられ、各地に図書館、科学館、博物館、水族館などが建設され、学校には理科室、プール、体育館が建設された、トヨタ自動車は、最高速度100kmの名神高速道路の建設で、最高速度70kmしかでない800cc大衆車パブリカを100km越える速度で走行できるようにした、600ワットの大量の電気を消費して、電源スイッチを入れてから2分間以上待たないと画面が出なく、大量の金属資源が必要で手作業で半田付け作業して生産していた、16インチ真空管式カラーテレビは、真空管がすぐに切れて故障して悪評だったがブラウン管以外すべて半導体素子を置き変ると、消費電力は100ワット以下にアンリ、スイッチを押すとすぐに画面が出て、画面調整の手間が要らず、故障がほとんどなく、資源が少なくてすむカラートランジスターテレビは海外で人気が高く世界中に輸出され、家電メーカーにとって黄金時代となりました

質問者様の意見に賛成です、私は学校では真空管を習い、社会人になったらトランジスタ、集積回路で、日本は当時電子立国で外貨を稼ぎでいました、年配の方から学校で戦後の技術史をどうして勉強していないのか、良く質問されました、太平洋戦争では、日本の機械のボルト、ナットの統一工業規格品がなく、メーカーでばらばらであった、資源がないので、ソニーが米国で電池で動く省エネ、超小型、軽量、のトランジスタの特許を買い、その技術でトランジスタラジオを生産、海外へ販売して、今のソニーを築き上げた、...続きを読む

Q 恥ずかしい話ですが、ホームページとブログの違いがよく分かりません。ど

 恥ずかしい話ですが、ホームページとブログの違いがよく分かりません。どなたかご教示ください。
 またホームページはどのようにして作るのかも教えていただけたら嬉しいのですが(必要なソフトとか手続きとか色々とあると思うのですが)。

Aベストアンサー

おおざっぱな説明ではありますが
ホームページ(略してHP)に対して、ブログは日記のようなモノだと思われたら分かりやすいかなと。
HPは作成したら、更新しても内容が増えますが、トップページの内容などは基本的にかわりません。

ブログの場合は、新しい記事を投稿したら、一般的には最新記事が一番上に表示され、古い記事はどんどん下になっていきます。

ですので、作成するホームページが蓄積された情報や内容を発信するのが目的であれば、HPの方が管理も見やすさも良いですが
日々新しい情報を掲載していくのならば、ブログの方が便利かもしれません。

ホームページの作成に必要なものは
 ・サーバー(ホームページを公開するためのスペース)
 ・データー(ホームページの内容)
以上2つが最低限必要です。
ホームページの公開場所、サーバーは現在利用されているネット接続業者(プロバイダ)から提供されている事もありますし
または、無料で利用できる所もあります。

HPのデータは、htmlというモノで作成され、メモ帳だけでも作成できますが
まったくの初心者の方であれば、有料にはなりますがホームページビルダーなどの作成ソフトを購入される方が無難でしょう。

詳しくはこちらのサイトがご参考になるかと
http://park16.wakwak.com/~html-css/index.html
http://www.j-ns.com/freehomepage/
http://www.dekirukana.net/index.html

おおざっぱな説明ではありますが
ホームページ(略してHP)に対して、ブログは日記のようなモノだと思われたら分かりやすいかなと。
HPは作成したら、更新しても内容が増えますが、トップページの内容などは基本的にかわりません。

ブログの場合は、新しい記事を投稿したら、一般的には最新記事が一番上に表示され、古い記事はどんどん下になっていきます。

ですので、作成するホームページが蓄積された情報や内容を発信するのが目的であれば、HPの方が管理も見やすさも良いですが
日々新しい情報を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報