自宅サーバCentOSでtracを構築しました。構築まではうまくできたのですが、プロジェクト一覧ってページで下記のようなエラーがたくさんでました。これを解決するにはどのようにしたらいいでしょうか?
ご存知の方いたら教えてください。
http://IPアドレス/trac/sampleのページは問題なく開きますが、

http://IPアドレス/trac/ のアドレスだと下記のエラーがでます。
回答よろしくお願いします。

admin: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/admin/VERSION')
db: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/db/VERSION')
htdocs: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/htdocs/VERSION')
locale: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/locale/VERSION')
mimeview: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/mimeview/VERSION')
prefs: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/prefs/VERSION')
search: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/search/VERSION')
templates: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/templates/VERSION')
tests: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/tests/VERSION')
ticket: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/ticket/VERSION')
timeline: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/timeline/VERSION')
upgrades: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/upgrades/VERSION')
util: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/util/VERSION')
versioncontrol: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/versioncontrol/VERSION')
web: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/web/VERSION')
wiki: Error
([Errno 2] No such file or directory: '/var/www/trac/wiki/VERSION')

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ということで、仮想環境(VMWare)でビルドしてみました。


一応、野良ビルド(野良パッケージ)になるのでサポートとかはありませんが…。

CentOS 5.6をデフォルトでインストール。
ただし、ファイヤーウォールでHTTPを許可する設定に。
また、イロイロ面倒そうなのでSELinuxも無効にします。
インストール後はyum updateでパッケージのアップデートと再起動を。

まずはrpmforgeのリポジトリを適用。
[root@localhost ~]# wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge- …
[root@localhost ~]# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.i386.rpm

次に、rpmforgeからtracをインストール。(関連パッケージもインストールされます)
[root@localhost ~]# yum install trac

続けてrpm-buildパッケージのインストール。
[root@localhost ~]# yum install rpmbuild

rpmビルド環境用のディレクトリへ移動。
[root@localhost ~]# cd /usr/src/redhat/

rpmforgeのtracのsrpmを取得してインストール。(trac-0.12-2.rf.src.rpmはMD5チェックでコケた…)
[root@localhost redhat]# wget http://apt.sw.be/redhat/el5/en/source/trac-0.12- …
[root@localhost redhat]# rpm -ivh trac-0.12-1.el5.src.rpm

インタアクト社の0.12.2.ja1を取得。
[root@localhost redhat]# cd SOURCES/
[root@localhost SOURCES]# wget http://www.i-act.co.jp/project/products/download …

SPECファイルを編集。
[root@localhost SOURCES]# cd ../
[root@localhost redhat]# vi SPECS/trac.spec
下記の2行を編集して保存する。(本来であればChangeLogとかベンダーとかも修正するべきですが…)
Version: 0.12.2.ja1
Source: http://www.i-act.co.jp/project/products/download …{version}.zip

rpmビルド実行。
[root@localhost redhat]# rpmbuild -ba SPECS/trac.spec

作成したtracのパッケージにアップデート。
[root@localhost redhat]# rpm -Uvh RPMS/noarch/trac-0.12.2.ja1-1.noarch.rpm

tracのプロジェクトを作成。
[root@localhost redhat]# cd /var/www/trac/
[root@localhost trac]# trac-admin testproject initenv
[root@localhost trac]# chown apache:apache -R testproject

apacheの設定ファイルを修正。
[root@localhost trac]# vi /etc/httpd/conf.d/trac.conf
下記の1行を修正。
PythonOption TracEnvParentDir /var/www/trac

apache起動。
[root@localhost trac]# service httpd start

で、ブラウザでアクセスすると一覧も出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

手順おかきいただきありがとうございました。本当に助かりました。
解決致しましたのでベストアンサーにさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/18 03:25

>tracのインストールはZIPをwgetコマンドで直で保存してそこから/var/wwwに移し


>その0.12.2ファイルの中からtracファイルのみを抜き出してやりました。

手順が誤っている…かと。

wgetでtracのパッケージを取得、展開してから「展開したディレクトリに」移動して、
python ./setup.py install
です。
INSTALLってテキストファイルに記述されているハズですが……

その後、tracのプロジェクトを格納するディレクトリを作成し(インストールの段階で作成されているかも知れませんが)、trac-adminでプロジェクトを作成することになります。

rpmパッケージで管理したいのならば…rpmforgeのリポジトリを追加して、
yum install trac
で必要なパッケージも入ります。(ただし日本語版ではありませんが)
現状では…/var/www/tracの中身の削除、trcaの再インストール後trac-adminでプロジェクト作り直し…になるかと。
# ちなみに、掲示された例( http://tatsunet.net/pukiwiki/index.php?Trac%E5%B … )では、
# 導入されるtracは0.11.4.jaになります。0.11系では0.11.7.jaが最新ですな。

rpmforgeからsrpmとインタアクト社から日本語版パッケージを取ってきてspecファイルを修正してrpmbuildすれば日本語版への差し替えも可能ではありますが……。
rpmbuildやったことがないのでしたら
python ./setup.py install
で上書きしてしまうのがよいかと。
# rpmbuild自体はそれほど難しくはないのですが…未経験だとハマるでしょうねぇ…。
# 時間的余裕でもあれば手順を書いてもいいのですが…(そのうち0.12.2.ja1作るし。早くて週末ですかねぇ)

この回答への補足

最初からやり直してtracフォルダを作っていませんでした。
中身から抜いていたのが本当に原因でした。結果エラー表示もなくなりました。
解決致しました。補足本当にありがとうございました。今日ベストアンサーにさせていただきます。
手順を間違えていたのがエラーへ繋がってしまいました。

補足日時:2011/04/15 04:17
    • good
    • 0

>/var/www/trac:


>合計 320
>-rw-r--r-- 1 root root 675 10月 13 16:25 __init__.py
>-rw-r--r-- 1 root root 3189 6月 17 2010 about.py

ええと…tracはどのように導入しました?
tarボールを展開して出てきたtracディレクトリを/var/www以下にコピーしただけ…ですか?
上記の「about.py」は…正しくインストールすると
/usr/lib/python2.4/site-packages/trac/about.py
にあるハズですが…(pythonが2.4系列の場合)

CentOSならrpmforgeのリポジトリからインストールした方が簡単ですが…。
http://centossrv.com/rpmforge.shtml

# ただし、rpmforgeのパッケージはインタアクト社の日本語版とは違い、公式の方のモノになりますが。
# って、0.12.2出てたのね…アップグレードしないと。

この回答への補足

補足ありがとうございます。
tracのインストールはZIPをwgetコマンドで直で保存してそこから/var/wwwに移し
その0.12.2ファイルの中からtracファイルのみを抜き出してやりました。元のTrac-0.12.1.ja1の中にはtracフォルダはない状態です。移してからサーバ側で
#cd Trac-0.12.2.ja1→python setup.py installのみをしました。
ご指摘のサイトでも何度かやりましたが、変化はありませんでした。
vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repoの一番下には
[shibya-trac]
name=CentOS5 - Shibuya.trac Repository
baseurl=http://shibuya-trac.sourceforge.jp/rpms/centos5/
enable=1
gpgcheck=0
priority=8を記入しています。
あとはこのようなサイトを閲覧してやりました。
http://tatsunet.net/pukiwiki/index.php?Trac%E5%B …
まだインストールされていないのがあるのでしょうか?

補足日時:2011/04/14 01:40
    • good
    • 0

><Location /trac>


>SetHandler mod_python
>PythonHandler trac.web.modpython_frontend
>PythonOption TracEnvParentDir /var/www/trac/
>#PythonOption TracUriRoot /trac
>SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /var/www/.egg-cache
></Location>

普通の設定…っぽいですねぇ。
こちら、TracUriRootを有効にSetEnvを無しにした状態で普通にプロジェクト一覧は出ますけど…。
ls -lR /var/www/trac
ではどうなるでしょう?

こちらでは、
[root@localhost ~]# ls -lR /var/www/trac
/var/www/trac:
合計 8
drwxr-xr-- 9 apache apache 4096 1月 20 16:01 testproject

/var/www/trac/testproject:
合計 72
-rw-r--r-- 1 apache apache 98 1月 20 16:01 README
-rw-r--r-- 1 apache apache 27 1月 20 16:01 VERSION
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 attachments
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 conf
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 21 13:28 db
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 htdocs
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 log
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 plugins
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 1月 20 16:01 templates

/var/www/trac/testproject/attachments:
合計 0

/var/www/trac/testproject/conf:
合計 24
-rw------- 1 apache apache 4777 1月 20 16:01 trac.ini
-rw-r--r-- 1 apache apache 4451 1月 20 16:01 trac.ini.sample

/var/www/trac/testproject/db:
合計 580
-rw-r--r-- 1 apache apache 584704 1月 21 13:28 trac.db

/var/www/trac/testproject/htdocs:
合計 0

/var/www/trac/testproject/log:
合計 0

/var/www/trac/testproject/plugins:
合計 0

/var/www/trac/testproject/templates:
合計 8
-rw-r--r-- 1 apache apache 611 1月 20 16:01 site.html.sample
[root@localhost ~]#
となりますが……

この回答への補足

補足ありがとうございます。
[root@localhost ~]# ls -lR /var/www/trac
/var/www/trac:
合計 320
-rw-r--r-- 1 root root 675 10月 13 16:25 __init__.py
-rw-r--r-- 1 root root 3189 6月 17 2010 about.py
drwxr-xr-x 4 root root 4096 10月 29 11:25 admin
-rw-r--r-- 1 root root 41857 6月 17 2010 attachment.py
-rw-r--r-- 1 root root 7257 6月 17 2010 cache.py
-rw-r--r-- 1 root root 26954 10月 13 16:25 config.py
-rw-r--r-- 1 root root 8977 6月 17 2010 core.py
drwxr-xr-x 3 root root 4096 10月 29 11:25 db
-rw-r--r-- 1 root root 15007 6月 17 2010 db_default.py
-rw-r--r-- 1 root root 33695 10月 29 11:04 env.py
drwxr-xr-x 9 apache apache 4096 4月 1 15:57 hp
drwxr-xr-x 5 root root 4096 10月 29 11:25 htdocs

/var/www/trac/hp:
合計 36
-rw-r--r-- 1 apache apache 98 4月 1 15:57 README
-rw-r--r-- 1 apache apache 27 4月 1 15:57 VERSION
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 attachments
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 conf
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 db
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 htdocs
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 log
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 plugins
drwxr-xr-x 2 apache apache 4096 4月 1 15:57 templates
/var/www/trac/hp/attachments:
合計 0
/var/www/trac/hp/conf:
合計 12
-rw-r--r-- 1 apache apache 4187 4月 1 15:57 trac.ini
-rw-r--r-- 1 apache apache 3483 4月 1 15:57 trac.ini.sample
/var/www/trac/hp/db:
合計 472
-rw-r--r-- 1 apache apache 478208 4月 1 15:57 trac.db

/var/www/trac/hp/htdocs:
合計 0

/var/www/trac/hp/log:
合計 0

/var/www/trac/hp/plugins:
合計 0

/var/www/trac/hp/templates:
合計 4
-rw-r--r-- 1 apache apache 151 4月 1 15:57 site.html
...
[root@localhost ~]#
と出ましたが、この下にもたくさんでてきました。trac最新版とSubversion、mod_python
を入れています。見る限りは同じみたいですが、どうなんでしょうか?

補足日時:2011/04/13 21:56
    • good
    • 0

>プロジェクト一覧ってページで下記のようなエラーがたくさんでました。



apacheの設定がどうなっているのか…が不明なのですが…実際のところどうなっているのでしょうか?
# apacheでなくtracd??

TracEnvParentDirの設定とか、Locationディレクティブとか………。

この回答への補足

>apacheの設定がどうなっているのか…が不明なのですが…実際のところどうなっているのでしょうか?

# vi /etc/httpd/conf.d/trac.conf
これの中身のことでしょうか?
中身は
<LocationMatch "/trac/[^/]+/login">
AuthType Basic
AuthName "Trac"
#AuthUserFile /var/www/trac/.htpasswd
AuthUserFile /etc/httpd/conf/.htpasswd
Require valid-user
</LocationMatch>

<Location /trac>
SetHandler mod_python
PythonHandler trac.web.modpython_frontend
PythonOption TracEnvParentDir /var/www/trac/
#PythonOption TracUriRoot /trac

SetEnv PYTHON_EGG_CACHE /var/www/.egg-cache
</Location>
を書いて保存してhttpdをリロードして稼動させています。
よろしくお願いします。

補足日時:2011/04/13 04:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報