福島2号機圧力容器のなかにどんどん水を入れているようですが、
現在、圧力容器の中の圧力はどの程度なのかの数値は発表されていますか?
1気圧という話もありますが、
もし、1気圧なら、水の粘性を考えると、注水する管の直径よりも大きな穴が開いていると
考えるのが妥当でしょうか?
福島2号機圧力容器の中の気圧の変化を確認できる資料はどこかにありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

2号機の現状から見れば、圧力容器は既に壊れて中身が流れ出ていますから


http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=9092000 …
物理学の知識を持っている人であれば当然予想していたことですが、燃料棒が崩れて原子炉底に溜まって瞬間的な臨界状態を繰り返すことで厚い圧力容器でも時間が経てば穴が開くことが既に起きていると考えられる。

東電と日本政府は確認できていないことは、混乱を避けるために報告はしないという一貫した方針を取っていますから、そのような認識は持っていないと言い張るでしょう。
昨日のテレビ番組で原口議員は極秘で公にできないことがあることを認めています。
これからさらに格納容器のさらなる損傷が起きないことを祈るばかりです。
原子炉事故は収まりつつあると言えるような状態ではなく、さらに進行していると見るべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
原口議員の発言は、私も見ました。
軍事機密や、国家機密があるから詳しくは言えない。
というようなことを言っていたようです。
 状況から考えると、
機密の内容は、
圧力容器の底の部分は壊れやすく出来ていて
底が脱落した場合は制御棒も底と一緒に脱落する。
というのが適当であると考えます。
最大の弱点が機密になるのは当然です。

ありがとうございました。
制御棒の支え方についてはまた調べてみます。

お礼日時:2011/04/13 06:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報