エポキシの危険性について教えてください。
公式サイトをみても難しくて理解出来ずにいます。
恥ずかしながら,エポキシは強力接着剤で手についたら取れないというので危険と思っていたのですが,発ガン性物質や環境ホルモンが問題になっていたのを知らず,換気もろくにせずに手についたりもしていました。
我が家には小学生の子と赤ちゃんがいます。
ガンになってしまったのではと不安になります。
今元気という事は何も異常がないから安心してよいのかそれとも何年もかけて病気になっていくのか教えてください。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

その程度なら心配するほどでもないでしょう。



そういうのをずっと使い続けて、
何十年という人にリスクがありますよ。という程度でしょう。

http://epoxy.gs/qa.html#6

家庭でごく少量ということなら、
そんなに神経質にならなくてもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました♪
なんだかちょっと気が楽になりました。
気をつけて使いたいと思いました。

お礼日時:2011/04/15 01:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエポキシ剤によるかぶれの最善治療法を教えて下さい。

兄弟が、職場でエポキシ樹脂剤を使用したために顔、首、手など上半身の皮膚露出面がかぶれてしまいました。
同時に風邪の症状も出ています。
話によると、職場の人は殆どが一度は同じ症状になり、1~2週間くらいで完治していますが、「仕方がないことだ」と言っているようです。
質問1 原因はそのエポキシ樹脂剤というものに間違いないないようですが、そんなに社員が発症するなら会社側はなにか対策をとっても良さそうなものだと思うのですが、どうなのでしょうか。
質問2 私の兄弟は、医者から漢方の薬を処方されましたが、他にもっと効果の高い治療法をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。また、風邪の様な症状はその樹脂剤によるものなのかも教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。質問者さんが仰ってる事は全てそのとおりだと思われます。

エポキシ剤は、皮膚や粘膜に炎症を起こす物質であり、そういう症状は当然です。
風邪の症状も呼吸器粘膜の炎症によるものでしょう。

本来、会社はそういう扱いではいけないはずで、労働基準監督署などに訴えてもいい内容だと思われます。

ただ、多くのそういう職場でその様に扱われているのが実態でしょう。

会社というのは、コスト削減の為に、安全対策などは最も手抜きをする分野です。

特に、1回やればもう大丈夫っていう事で手抜きしてるのでしょう。
もしこれが長期的に何かの問題が生じていた場合、将来、会社は莫大な賠償をする破目になります。

早く直す方法ですが、炎症を抑える事で早く治りますが、この場合、体の方がその物質に慣れる期間というのが必要で、早く直してしまう意味がない状態になります。
なので、余程重篤な場合でないと、他の薬を使う治療はしないでしょう。
治療自体は、抗炎症剤やステロイドなど、いくつかありますが、炎症を抑える事が結局長引かせる事になる可能性が高いです。

こんにちは。質問者さんが仰ってる事は全てそのとおりだと思われます。

エポキシ剤は、皮膚や粘膜に炎症を起こす物質であり、そういう症状は当然です。
風邪の症状も呼吸器粘膜の炎症によるものでしょう。

本来、会社はそういう扱いではいけないはずで、労働基準監督署などに訴えてもいい内容だと思われます。

ただ、多くのそういう職場でその様に扱われているのが実態でしょう。

会社というのは、コスト削減の為に、安全対策などは最も手抜きをする分野です。

特に、1回やればもう大丈夫っていう...続きを読む

Qレジン(エポキシ樹脂)について

仕事でクリスタルレジンを使用しています。
健康のカテゴリかとも思ったのですが、ここの方の方が詳しいのかと思い質問させて頂きます。

主剤:ビスフェノールA型液状エポキシ樹脂
硬化剤:変性脂環式ポリアミン

上記二つの毒性や発がん性について教えて下さい。
(作業としてはこの二つを混合して硬化させます)
また、これらを扱う場合、換気する程度で良いのでしょうか?マスクは普通の風邪・花粉用のもので防げるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。


項目 主剤(A剤) 硬化剤(B剤)
成分 ビスフェノールA型液状エポキシ樹脂 変性脂環式ポリアミン
配合比(重量比) 100 50
混合粘度(23℃) 900~1000〔mPa・s〕
可使時間(23℃/100g) 70分
離型可能時間(23℃/100g) 24時間
危険物区分 第4類第3石油類 非水溶性 危険等級3

Aベストアンサー

ビスフェノールに限らず毒性情報などは
下記のHPからMSDS(製品安全情報)を入手されることをお勧めします。

参考URL:http://j-shiyaku.or.jp/home/msds/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報