江戸時代
天保4年に現在の三重県
当時は伊勢国で誕生した
私のご先祖様の名前が読めません
古い戸籍をたどって行ってこの漢字とも言えずひらがなとも見えない奇妙な崩し字が発見されました
私の遠い先祖様のおばあちゃんに呼びかけられないのが
もどかしく思います
どなたか
お力をお貸しください
宜しくお願いいたします

「女性の名前が読めません」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

変体仮名の「よ」「そ」だと思います。


(「与」→「よ」、「楚」→「そ」)

間違っていたらすみません。

参考URL:http://www10.plala.or.jp/koin/koinhentaigana.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
『よそ』
ですか!

手がかりは見えてきて
なんとなく
落ち着きました

ただ
『よそ』 さん
どの様な意味が名前に込められているのでしょう?

また
新たな疑問が?・・・・・・

どうもありがとうございました

お礼日時:2011/04/12 11:04

パッと見た時「とき」かなって思いました。



"『木簡画像データベース・木簡字典』『電子くずし字字典データベース』連携検索"っていうサイトがあるので、
思いつく字を片っ端から入れて調べてみてはどうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき有難うございます
参考になるサイトも教えて戴き
早速
調査を開始いたします

お礼日時:2011/04/12 21:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくずし字が読めません

先祖の戸籍を取ったのですが、崩し字になっていて読めない部分があります。
何と書いてあるのか教えて頂けると助かります。宜しくお願いします。

推測ですが「○○○父▲輝二男」と書かれている様です。
であれば○○○は兄の名前、▲輝は父親の名前と思われます。

Aベストアンサー

 こ、この画像をどう読めと…

Q江戸時代の先祖の名字

家系調査のために除籍を取り寄せていたのですが、文久三年に戸主死去、妻相続がありました。
明治半ばまで女戸主だったので名字がついているのはわかるんですが
前戸主にも名字がついています。

この場合、明治につけた新名字を先代にさかのぼってつけたのか
文久時点で名字があったのか、どう判断したら確実でしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代にも名字がありました でも 公式に名乗れるのは名主・庄屋程度で
そのほかは 地元でだけ通用し伝えてきました

学校で習ったことと異なり、明治に新しく苗字をつけたのは少数で 大部分は伝えられてきた名字を名乗ったのが、実情です

Qこの名前(くずし字)は何と読むのでしょうか?

このくずし字は江戸時代の男子の名前なのですが、何と読むのでしょうか?

「猫画之物語」という草双紙の主人公の名前です。

趣味でくずし字を学びながら、この草双紙を読み始めたのですが、主人公の名前が読めずに切ない思いをしています。「八」は読めるのですが、二文字目が分かりません。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も「八矢」(はちや)と推測します。
添付図の出典は次のとおりです。
http://clioz39.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/ZClient/W34/z_list.php?title=%E7%9F%A2&resourcetype=0

Q江戸時代以前の先祖を調べたい

こんにちは。
先祖調査にめざめ、江戸末期生まれの曾祖父まで調査することができました。
この曾祖父が戸主だった戸籍までは手にはいったのですが、それ以前のものは役所にはないそうです。
本籍住所は載っているのですが、この先はどのようにして調べればいいのでしょうか?
特にご経験者の方、アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

除籍謄本をお取りに成ったのですか?

前の方がおしゃられるように、図書館で、祖父の本籍地の家系、郷土史等の書籍を参考にする事は有意義だと思います。また、お寺の過去帳も有力ではないかと思いますが、両方調べて見てはいかがでしょうか?

○曾祖父の本籍住所に最寄の宗派の同じお寺に出向き、自分の苗字と同じ氏を探し、死亡年月日、位牌の戒名、享年を照らし合わせる事もできます。そのお寺が明治以前からあることが前提で、しかも過去帳が現存している事が必要です。たまに紛失(天災、戦火等の為)している場合もあります。

○過去帳が現存しない場合は、お寺の墓所で、江戸時代以前の墓石をさがし、戒名、または名前でお墓を探します。戒名等がない場合は、「○○村光衛門(架空)」と何処かに記載されている場合も有ります。

○尚、明治3年に平民苗字許可令が発布され、誰もが苗字を持てるようになりました。
注意しなければないのは、自分のご先祖さんが「氏姓」を持っていなかった場合、地域の識者・聖職者の方に、自分の好きな苗字をつけてもらって居る事になります。家紋も任意の物になります。明治以後の氏は江戸時代以前の氏と区別しなければなりません。過去帳と照らし合わせる必要があります。

◎『屋号』がわかれば、屋号で辿れば作業が一段と早くなります。お寺で「○○(屋号)」の家系を過去帳から探せばよい事になります。しかし、明治初頭から士族でも、商家や一般人のように屋号をもち、「○○屋の光衛門さん」とふうに呼ぶようになった地方も多いです。つまり屋号を辿れば、苗字帯刀を許されていても居なくても、先祖を辿る事ができる場合も有ります。墓石、石碑で遡る場合も、墓石に屋号が彫られている場合があり、先祖の墓石を辿るのに一役買います

○地方自治体刊行の郷土史の本の場合は、「○○家(屋)は○○藩○○付近から移住した家系である」と載っている場合が多いです。

参考になれば良いのですが。

こんばんは。

除籍謄本をお取りに成ったのですか?

前の方がおしゃられるように、図書館で、祖父の本籍地の家系、郷土史等の書籍を参考にする事は有意義だと思います。また、お寺の過去帳も有力ではないかと思いますが、両方調べて見てはいかがでしょうか?

○曾祖父の本籍住所に最寄の宗派の同じお寺に出向き、自分の苗字と同じ氏を探し、死亡年月日、位牌の戒名、享年を照らし合わせる事もできます。そのお寺が明治以前からあることが前提で、しかも過去帳が現存している事が必要です。たまに紛失(天災...続きを読む

Qくずし字で書かれた明治時代の文章を読んでいます

いつもお知恵拝借、ありがとうございますm(_ _)m


くずし字の文章を読むのは初めてなので四苦八苦状態なのですが、“この字は何という文字だ”と一つ一つ読み解いています。

そこで、なんとか読み解いた第一段階の(現代語訳する前の)文章を表現する特有のいい方はあるのでしょうか?

漢文でいう、読み下し文とか書き下し文というような・・・。

くずし字を読む上での、初歩以前の質問かも知れませんが、よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

この場合で言えば
くずし字で書かれた明治時代の文章が「原文」で、質問者さんが一つ一つ文字を読み解いた文章が「解読文」です。
一般的にはそのように使われています。

Q京都宇治市から三重県伊勢市黒崎海岸まで

京都から 伊勢市黒崎海岸まで 車での、色々ルートを検索してみたのですが、出てくる地図上ではすごく遠回りをしているみたいで なかなか決めれません。子供がいるので なるべく早く 贅沢を言うならば 安くで 行きたいのですが誰か教えてください。

Aベストアンサー

先々月宇治に住んでいる友人を乗せて三重県まで行きました。主人が運転していたため正確なルートは覚えていませんが、おおよそくつわ池キャンプ場の入口を通って307号に乗り、信楽を通って422号を南下、上野市に入っていったん休憩という感じでした。

途中お金を払ったのは自販機でジュースを買ったときだけです。(途中から自販機もなくなるからもって行ったほうがいいかも。)先頭を走った車のドライバーが下見をして決めたルートでした。信楽から上野に抜けるところはカーブが多いため車に酔うようならゆっくりめに走った方がいいですが、それ以外は子連れにはなかなかいいルートだったと思います。

Qくずし字の解読をお願いしますm( __ __ )m

初めて質問します。

この話で台本を作りたいと思っているのですけど、くずし字の苦手な私にはとても解読ができませんでした・・。

1週間、いろいろくずし字を調べたり本を借りたりして読んでみましたが、どうしても読めません。
よろしければ解読してほしいです・・・!

http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/library/lime/koizuka4193/pages/page002.html

Aベストアンサー

くずし字の習得が目的でしたら笑ってスルーして下さいm(_"_)m

でも台本作りが目的でしたら門外漢の私でも何とかなるかもしれません^^

・恋塚物語屏風<解説>
http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/digital/diglib/koizuka4193/etc/kaisetsu.html

上記「恋塚物語屏風<解説>」の<解題>欄によりますと、
・貼り違いによる本文の錯簡のほか、
本資料は陽明文庫本の本文に極めて近いものの、
・誤字脱字や脱文
・物語冒頭から数丁分が欠けている
・末尾「これをはいけんの人々は、ねんふつ十へんつヽ御ゑかうあるへし」の一文がない
などの問題があるようですね。

あと、「恋塚物語屏風<解説>」の<参考>欄の中の
・山本岳史「〈翻刻と解題〉『恋塚物語』屏風」
(『國學院大學で中世文学を学ぶ 第二集』國學院大學文学部松尾研究室・2009年)
があれば、問題解決なのでしょうが、検索した限りではWEB上での確認は出来ませんでした。

でも、・恋田知子「陽明文庫蔵「道書類」の紹介(二)『〔恋塚物語〕』翻刻・略解題」
(『三田国文』46 2007年)の方はWEB上でも見ることが出来ますので、
下記の陽明文庫本の翻刻を御覧いただければと思います。

〇「陽明文庫蔵「道書類」の紹介(二)『〔恋塚物語〕』翻刻・略解題 /恋田知子」
『三田國文 No.46(2007.12)/慶應義塾大学国文学研究室』(p.43- 54)
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00296083-20071200-0043

残念ながら、前記の問題を含みますのでピッタリというわけにはいかず、
翻刻の1~29の各オモテ・ウラと、屏風とにはズレ・欠落等があるため結構面倒ですが、
試しに一部後方頁の各先頭箇所をチェックしてみたところ概ね一致している様子も伺えます。

Page 009 of13 ------------------
とにいたきとらせつゝ さても日
ころはいたわしく ちりたにも
ふれさりける ひすひのかん
さしのかけにあまりたるを…

Page 010 of13 ------------------
おかしき夜もすてにふけゆくは
さへもんのせうねさめして女…

Page 011 of13 ------------------
その夜もすてにあけしかは
京へもかくとつけにける…

Page 012 of13 ------------------
あらんとありしをもりとをま
ことゝおもひてこよひこれに
きたりて…

Page 013 of13 ------------------
さきよくいのちをおしむけし
きもなし さんきまんきを
こゝろしても…

以上 少しでも問題解決の糸口に繋がれば幸いです^^

くずし字の習得が目的でしたら笑ってスルーして下さいm(_"_)m

でも台本作りが目的でしたら門外漢の私でも何とかなるかもしれません^^

・恋塚物語屏風<解説>
http://k-aiser.kokugakuin.ac.jp/digital/diglib/koizuka4193/etc/kaisetsu.html

上記「恋塚物語屏風<解説>」の<解題>欄によりますと、
・貼り違いによる本文の錯簡のほか、
本資料は陽明文庫本の本文に極めて近いものの、
・誤字脱字や脱文
・物語冒頭から数丁分が欠けている
・末尾「これをはいけんの人々は、ねんふつ十へんつヽ御ゑかうあるへし...続きを読む

Q三重県伊勢市で思い起こされる有名なお土産や食べ物を教えてください。接待に使いたいのです。御願いします。

三重県伊勢市で思い起こされる有名なお土産や食べ物を教えてください。接待に使いたいのです。御願いします。

Aベストアンサー

No.12の Nannette です。お礼のお言葉、もちろんかまいませんよ、私も皆様を代表してお礼を申し上げます。

<先方のお母様がお作りになった、その方の大好物、五目いなりだそうです>とか。

それでしたらNo.12でご紹介した<大喜>か<花月>に相談なさって、できるだけイメージの似通った<五目いなり>を特注でご注文になってはいかがでしょうか、というのは、どちらもお寿司もやっていますから。

また<大喜>にはお持ち帰り用にいろいろな具を挟んだ海苔巻きもありますが、東京まででも十分持ち帰れますし、そのほかいろいろ調製してくれるはずですよ。

大喜の電話番号は0596-28-0281
花月の電話番号は0596-22-2207
と分りました、念のため。

Qくずし字が読めません。

このくずし字なんて書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「弥惣字作」と書いてあるようですね。

Q家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!

家系図作成で判明した「200年前のご先祖様」より昔の人が知りたい!
家系図作成のため可能な限りの原戸籍を取り寄せたところ、6代前(自分を含めて)の1811年生まれのご先祖様とその両親(生年月日は不明)まで記載されていましたが、素人が独力でそれ以前を調べることは、出来ないでしょうか? 祖父母が出身地を離れて既に80年以上が経過していて、菩提寺も不明なので、宗門人別改帳?にたどり着くのも難しいと思います。両親・祖父母も既に故人で親戚も付き合いがありません。平家の落人の末裔??という眉唾の噂も小耳に挟みました(汗)。アドバイスをお願いします。カテゴリーが間違っていたら、申し訳ありません。

Aベストアンサー

200年以上前の日本というのは一般の人は苗字も持たない人が多かった時代で
※ 苗字が全員に付いたのは明治から。
ほとんどの人は名前や屋号、あだなで呼び合う程度だったので
名のある武将や地位のある人以外はなかなか難しい問題になります。

今の役所の戸籍を辿る方法では、この明治ぐらいからの記録が限界になり、
それ以前の記録となると、先祖代々のお墓を管理するお寺で
昔の戸籍に該当する台帳のようなものが残されていることもあるので
そういうものを辿って行くしか方法としてはありません。
現段階で先祖代々の墓が不明なのであれば
そういうルートでの検索も難しいと思います。
先祖の墓が解っても台帳が残っているかは不明なので
運に任せるというほどの確立ではありますが、
先祖を辿りたいのであれば、まずは先祖のお墓探しから・・だと思います。


人気Q&Aランキング