4月11日、東日本大地震の余震による停電のため、福島第一原発1~3号機炉心への注水が約50分間中断!燃料棒溶融に影響か?との報道がありました。
各炉心へ1時間に6~7トンを注水しているそうです。こんな大量に連続注水され水は原子炉内でどう変化して、どこへいくのでしょうか?
それとも1~4号機使用済み燃料プールへの注水の誤報でしょうか?燃料プールなら50分くらいで燃料棒の頭が出るとは思えませんが?シロウトにも分かりやすい答えをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

蒸発して原子炉容器からから格納容器にいきます。


2号機は格納容器の圧力抑制室、3号機もどこかが壊れているので漏れてタービン建屋に流れ込みさらにトレンチに流れ込み土壌に流れまくり最終的には海に流れています。

1号機はいまいちよくわかりませんが、これもどこかに漏れているのでしょうね。
    • good
    • 0

No.2です。


タイプミスがあります。
失礼いたしました。
正:下記の約10cm角の観賞魚用小型ポンプ1台で毎時2トンの流量ですから、、、
誤:下記の約10cm角の観賞魚用小型ポンプ1台で毎分2トンの流量ですから、、、
    • good
    • 0

> 4月11日、東日本大地震の余震による停電のため、福島第一原発1~3号機炉心への注水が約50分間中断!燃料棒溶融に影響か?との報道がありました。


・影響か【?】の、?推定報道でしたね。
4月11日、原子炉の温度が急上昇することもなく、300℃未満で安定しています。
http://atmc.jp/plant/temperature/

> 各炉心へ1時間に6~7トンを注水しているそうです。こんな大量に連続注水され水は原子炉内でどう変化して、どこへいくのでしょうか?
・毎時6~7トンの注水量は、ほとんど蒸発分の補水目的だそうです。
中型水槽以上で、観賞魚の飼育者ならばピンと来るのですが、毎時6~7トンって、そんなに少ない水量で原子炉が冷却できるのか?と心配になるほど驚きの少ない水量です。

下記の約10cm角の観賞魚用小型ポンプ1台で毎分2トンの流量ですから、、、
この重量500g程の小型ポンプたった3台分の注水量で原発を冷却しているのですから驚異です。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid …

注水量が多すぎれば、結局、外部に流れ出すので、6~7トンはギリギリ計算した注水量だと思います。

> それとも1~4号機使用済み燃料プールへの注水の誤報でしょうか?燃料プールなら50分くらいで燃料棒の頭が出るとは思えませんが?
・プールではなく、1号機~3号機は、最大2.25m露出中です。
露出中ではありますが、安全域(300℃未満)を保てています。
http://atmc.jp/plant/fuel/
    • good
    • 0

一部は気化して空気中に漏れ出し、


その他は配管の割れ目などから漏れ出して、
建屋内にたまり、一杯になって、
海に流れ出していたってことでしょう。
ま、使用済み燃料プールに放水した分も
一緒になっていると思うけど。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子炉冷却用の電力量は?

日本には2009年で5千万KWhの原子力発電設備があるそうです。日本の電力需要の2~3割をまかなう量だということです。これらの原子炉はそれ自体で発熱をしており、発電に使わなくても原子炉を冷却する必要があります。これら原子炉を冷却するための電力はどれほどなのでしょうか?この夏の予想電力需要の内の何割が原子炉冷却用の電力量なのかを教えて下さい。
 原子炉冷却用の電力のみを原子力発電する必要があるかもしれません。

Aベストアンサー

燃料棒の発熱は原子炉を停止した直後で定格熱出力の10%程度、その後は発熱量は中の放射線量と同時に急速に下がっていきます。(下がっていかないと燃料交換できないし)

ですから、停止している原子力発電所で燃料の冷却に消費されるエネルギーはそう多くはありません。

稼働中だって冷却のためのエネルギーが発電量の何割もあったら熱効率悪すぎますよ。
(しかも冷却のための構造は火力発電だって変わらないわけですし)

Q【福島第1原発事故3号機】の原子炉が吹き飛んだ時に出動していた東京電力の正社員は全員帰還しましたが3

【福島第1原発事故3号機】の原子炉が吹き飛んだ時に出動していた東京電力の正社員は全員帰還しましたが30人?40人が行方不明になりました。

この行方不明という表現は死亡したという意味だと思いますが、30人?40人の作業員は誰だったのでしょうか?

東京電力の正社員以外に誰が活動していたんですか?

Aベストアンサー

事故の影響で亡くなって、建屋の地下で発見された東電の行方不明者は2人です。

Q地震に強い原子炉

地震の多発する我が国では、原子炉の耐震性が問題になっています。
ある程度の地震が来ると、制御棒が自動的に挿入されて核分裂が止まるようです。
ですが、それなら、はじめから地震や、衝撃、揺れに強い原子炉は、造れないのでしょうか?

ロシアには、原子力砕氷船が何隻か運航しています。 この船の原子炉って、かなり過酷な
状況に耐えていると思います。 砕氷の衝撃、横揺れなど・・。
こんな船の原子炉って電力会社の原子炉と造りが全然違うのでしょうか?
耐震性と言う事で、見習うべき所があるのでは、ないでしょうか?

Aベストアンサー

耐震性は問題無かったのですよ。
あれだけの地震と津波を受けて、原子炉建屋は崩壊して居ません。
一部にひびが入った程度です。

良く映像で流されて居た建屋が破損して居る様に見えていたと思いますが、あれは、建屋本体では無く、建屋の上部を覆っていた単なる屋根部分です。
構造自体は、通常の工場の壁や屋根と同じ程度の物で、そんなに強度などは考えられて居ない部分が壊れただけなんですよ。
マスコミさんなどはそういうのも気にしないで、原子炉建屋が吹き飛んだように報道して居ましたけど、現実はほとんど影響受けていなかったという状況なんです。

ですので、耐震性と言う部分で見れば、特に問題無かったと言う状態になると思います。

その後の事故につながったのは、電源が無くなった事での冷却が出来無くなったと言う部分でしょう。
非常用発電機や燃料タンクが津波で流されてしまったと言うのが大きな失敗になると思います。

ですので、耐震性とは違う部分の話と言う事です。

Q福島第一原発以外の地震のゆれ

福島第一原発では設計上の想定をこえた地震の揺れがあったと報告がありましたが、ほかの原発の揺れの実測値と設計上の想定値は分かりますでしょうか。

Aベストアンサー

原発 3基で想定を超える揺れ
4月1日 19時1分
東日本大震災の地震で、福島第一原子力発電所では、6基ある原発のうち3基で、観測された水平方向の揺れが設計上の想定を超えていたことが分かりました。
東京電力によりますと、先月11日の地震で、福島第一原発で観測された揺れの強さを示す値のうち最も大きかったのが2号機で、水平方向で設計上の想定をおよそ26%上回る550ガルを記録しました。また、いずれも水平方向の揺れが、5号機で想定をおよそ21%上回る548ガル、3号機でおよそ15%上回る507ガルとなり、6基ある原発のうち3基で設計上の想定を超えていました。一方、福島第一原発の残りの3基と福島第二原発の4基は、水平方向も垂直方向も設計上の想定の範囲内になっていましたが、中には想定の最大値に迫る値を記録した原発もありました。東京電力は「得られたデータをより詳細に分析し、改めて地震動の評価をしていきたい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110401/k10015051591000.html

<福島第1原発>周辺の津波 14メートル以上の可能性
毎日新聞 3月21日(月)20時17分配信
 東京電力福島第1原発周辺で、14メートル以上の津波が押し寄せた可能性があることを21日、経済産業省原子力安全・保安院が明らかにした。設計時に想定した津波の高さの3倍近い。東電と保安院は、津波が原発の安全の根幹にかかわる原子炉の冷却機能を喪失させ、今回の事故につながったとみており、他の原発でも再検証が求められるのは必至だ。
 保安院は同日午後の会見で、「津波の高さは一番高い所で(水が)触れたものを見れば分かる。未確認だが、14メートルの高さの駐車場を超えていると聞いた」と説明した。東電が同原発で設計時に想定した津波の高さは約5メートル。津波は浅い海岸付近に来ると波の高さが急激に高くなる特徴があるほか、連続して押し寄せるため、沿岸に到達した津波の高さ以上まで駆け上がる。
 今回、同原発では、3号機を襲った東西方向の揺れの強さが507ガル(ガルは加速度の単位)と、保安院が耐震安全の基準値として認めた数値の1・15倍だったのを除き、揺れはおおむね基準値を下回った。しかし、敷地内にある原発に送電するための鉄塔が倒壊。さらに津波の影響で、原子炉を冷やすための緊急炉心冷却装置(ECCS)を駆動する非常用電源が6号機を除いて使えなくなり、外部からの受電設備も水没して事態を悪化させたとみられる。
 東電は今回の事故を、設計時の想定を超えて炉心の損傷につながるような「過酷事故(シビアアクシデント)」と認めている。保安院によると、東電は複数の対策シナリオを国の指示で02年に作成したが、津波による被害は考慮されていなかった。国の「原子力白書」でもシビアアクシデント発生の可能性について「工学的には考えられないほど低い」などとしていた。【八田浩輔、山田大輔】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110321-00000087-mai-soci

原発 3基で想定を超える揺れ
4月1日 19時1分
東日本大震災の地震で、福島第一原子力発電所では、6基ある原発のうち3基で、観測された水平方向の揺れが設計上の想定を超えていたことが分かりました。
東京電力によりますと、先月11日の地震で、福島第一原発で観測された揺れの強さを示す値のうち最も大きかったのが2号機で、水平方向で設計上の想定をおよそ26%上回る550ガルを記録しました。また、いずれも水平方向の揺れが、5号機で想定をおよそ21%上回る548ガル、3号機でおよそ15%上回...続きを読む

Q原子炉容器

原子炉の容器は 耐応年数は どれほどですか この間テレビで 原子炉を運転している原子炉容器は 年々弱くなるそうですが 二十年 三十年 使い続けて大丈夫なのですか 又 廃炉に出来るのですか

Aベストアンサー

玄海1号はその試験片で危険な93度だと聞いています。限界は98度です。
それをどうゆうわけか実際の圧力容器は80度であると結論してますよね。
福島1号はすでに圧力容器に微細なひび割れがあって津波がなくても地震でこわれてたらしいです。60年というのは運転できる年数です。60年たった時、災害に耐えられる年数ではないと思います。

Q福島第一原発の汚染水の除去方法について

汚染水は蒸発させれば良いだけではないでしょうか?
汚染水とは、ヨウ素やセシウムなどの放射性元素を含む分子が溶け込んでいる
から高い放射能を持っていると思いますが、電気分解などで水素(重水素を含む)と
酸素(中性子が9,10個の酸素も含む)に分子して放出してやれば
汚染水は減らせたりしないのでしょうか?

Aベストアンサー

>汚染水は蒸発させれば良いだけではないでしょうか?
それでいいはずですよ。
別に電気分解しなくても、単に加熱すればいいはずです。
下手に電気分解しようとすると電極にいろいろな金属が付着して
電気が通りにくくなると思います。

放射性元素であるヨウ素131も通常存在するヨウ素127も同じ化学的性質を持っていますが、
ヨウ素の沸点が184.25 ℃なので、それ以下の温度で熱すると水だけ気体になります。
セシウム他も同様だったかと。
(ただ、核分裂で生成される放射性元素っていろんな種類があるので全部把握はできていないですが。)

むしろ、今回の問題は汚染水の量がはんぱじゃないことでしょう。
場所の問題があります。
十分に遮蔽された場所でやらないと作業員が被曝してしまいます。
沸騰させている間も放射能は出ていますから。
さらに、水分が蒸発すると、残ったものは放射性物質ばかりだから
より多くの放射能をだすでしょう。
また、沸騰させる温度が高すぎると、ヨウ素131が気化してしまい外部へ出て行ってしまいます。
温度管理にも気をつけないといけません。

ドラムカンに入れて薪を燃やせばいいというわけでもないというところが問題だと思います。

なお、コスト的にも場所的にも電気分解より水を沸騰させるほうが安価で簡単。

>汚染水は蒸発させれば良いだけではないでしょうか?
それでいいはずですよ。
別に電気分解しなくても、単に加熱すればいいはずです。
下手に電気分解しようとすると電極にいろいろな金属が付着して
電気が通りにくくなると思います。

放射性元素であるヨウ素131も通常存在するヨウ素127も同じ化学的性質を持っていますが、
ヨウ素の沸点が184.25 ℃なので、それ以下の温度で熱すると水だけ気体になります。
セシウム他も同様だったかと。
(ただ、核分裂で生成される放射性元素っていろんな種類があるので全部把...続きを読む

Q壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

毎日新聞 10月27日(木)2時30分配信の毎日新聞の記事で、「<福島第1原発>1~4号機の廃炉まで30年以上」と言うものが掲載されていました。
その中で、『報告書案によると、廃炉措置は原子炉の「冷温停止状態」を年内に達成したうえで』と言う一文があります。そもそも、福島第一原発の原子炉って、津波で壊れてしまっていますが、「冷温停止状態」ってありえるのですか?

「冷温停止状態」の定義とは、「原子力発電所などにおいて、原子炉内の温度が100度未満となり原子炉が安定的に停止した状態のこと。」と、書かれていました。
私は、「冷温停止状態」と言うのは、「正常に稼動している原子炉の一つの状態」を表しているという理解なのですが、壊れてしまった原子炉にも適用される言葉なのでしょうか?

メディアでも、時折「福島第一原発が冷温停止状態に~」と伝えられるのですが、これはありえる状態なのでしょうか?

可能であれば、専門家の方の意見を聞きたいと思ったのですが、どこに質問すればよかったのかわからないので、詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教示いただけないでしょうか?

壊れた原子炉も冷温停止状態になるのですか?

毎日新聞 10月27日(木)2時30分配信の毎日新聞の記事で、「<福島第1原発>1~4号機の廃炉まで30年以上」と言うものが掲載されていました。
その中で、『報告書案によると、廃炉措置は原子炉の「冷温停止状態」を年内に達成したうえで』と言う一文があります。そもそも、福島第一原発の原子炉って、津波で壊れてしまっていますが、「冷温停止状態」ってありえるのですか?

「冷温停止状態」の定義とは、「原子力発電所などにおいて、原子炉内の温度が100度未満...続きを読む

Aベストアンサー

東京電力も福島第一に従来の冷温停止状態という定義があてはまらないことは重々承知しています。

そのため、福島第一に対しては冷温停止ということについては

1、圧力容器下部の温度がおおむね100度以下になっていること
2、格納容器からの放射性物質の放出が管理され被ばく線量が大幅に抑制されていること

という特別な定義づけをして、その状態に年内に持っていくことを目標としています。

Q【福島原発注水】人工的に雨を降らせればいいのでは?

自衛隊がかなりの低空飛行で注水していますが、上空の雲にヨウ化銀を蒔いて雨
を降らせればいいのでは?。

Aベストアンサー

あのう プールに雨って・・・1時間に10mmの雨でも水位回復は最大で毎時1cmですよ
蒸発量に対して焼け石に水

ちなみにプールの水の量は25mプールの約10倍なのでヘリで注入しても4Kl放水しても殆ど増えません

だから、ヘリで注水しても放射能の強度が落ちてないことからも判ります


大きな深いプールに燃料棒は沈められている

4号炉は使用済み核燃料は半年使っている
5号6号は2年越えている 
通常3年ここで冷やします

したがって問題は4号なのです

1号~3号も3年間冷やさないといけない
燃料棒を移動させるためには最低半年冷却しないいけない

Q「原子力船むつ」の解体された原子炉は今何処に?

 むつは原子炉が撤去され「輸送船」として再生したようですが、肝心の放射能漏れを起こした
原子炉や燃料は今何処にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それが防衛省の管轄の原子力船むつなら真相や解体された原子炉格納容器や原子炉圧力容器や炉心や燃料集合体は、どこの行ったがは、ほとんど不明
理由は、防衛省の秘密のベール(機密扱い)で幽霊を探す見たいに機密文書にしか解体、処理された行き先は、絶対不明



福島第一原発は、1号機~4号機までは、不純物が入った海水を使っちゃったからもう廃炉でしょう
でも冷却装置を復旧さして炉心を百度以下にしてから使用済み核燃料集合体を3年~5年間最終冷却して使用済み核燃料再処理工場に送られます。
原子炉は、じょせん作業して約20年~30年かけて放射性物質や放射能や放射線を完全除去してから原子炉建屋次原子炉格納容器次原子炉圧力容器を解体します。
費用は、何百億円もかかります。
大体市(政令指令都市や大都市を除く)の一年の予算に当たります。
原発一基を解体するのに約30年
福島第一原発は、約40年は、軽々超える見透視である
東京電力は、上場を廃止するして事実上国有化して再建するかそのまま上場し続けて特別優先株を発行して事実上国有化にして再建するか
解説
上場て言いますとテレビでよく出てる東証第一部に出てる大手企業(トヨタやホンダや王子
特別優先株は、政府が買った株式だけに株主総会に出る権利が与えられます。普通株より優先株の方が優先的に配当が普通株より多く配当を受けられます。
国有化は、昭和の時代に日本電信公社や日本国有鉄道や日本郵政が挙げられます。
今は、民営化されてます。
防衛省は、総理大臣から防衛大臣から総合幕僚長から航空幕僚長、陸上幕僚長、海上幕僚長から各部隊長から命令がでます。
有事のさいこの命令系統で国防します。

それが防衛省の管轄の原子力船むつなら真相や解体された原子炉格納容器や原子炉圧力容器や炉心や燃料集合体は、どこの行ったがは、ほとんど不明
理由は、防衛省の秘密のベール(機密扱い)で幽霊を探す見たいに機密文書にしか解体、処理された行き先は、絶対不明



福島第一原発は、1号機~4号機までは、不純物が入った海水を使っちゃったからもう廃炉でしょう
でも冷却装置を復旧さして炉心を百度以下にしてから使用済み核燃料集合体を3年~5年間最終冷却して使用済み核燃料再処理工場に送られます。
...続きを読む

Q洋上移動の発電所と原子炉等の地震への対策について

表題に関する疑問等を、乱文乱筆ですが色々述べたので、様々な立場からご回答いただければ幸いです。

現在、洋上風力発電所等が検討されていますが、そもそも船等にそれらを積んで移動させることはできないのでしょうか。

例えば、老朽化したタンカーやフェリーなんかを買い取ってその甲板上に風力発電機や太陽電池を並べればどうでしょう?風力発電や太陽光発電はそのときの風力や太陽光によって左右されると聞きますが、船だと条件の良いところで移動して発電できると思うのですが・・・。

沖合いで発電してケーブルかなにかで地上の変電所に接続して送電するというものです。(もっともこの送電あたりに技術的難点がありそうですが・・・。ただ、今の沿岸部の発電所の近くには送電のための変電所があるのではないでしょうか。)

甲板の狭さは船を改造してなんとかなりそうな気もします。(第二次世界大戦中に民間の船にかなり広い飛行甲板を設置した護衛空母というものがあったと記憶しています。飛行甲板のかわりに発電用甲板というものを設置し風力発電機や太陽電池を搭載することは不可能なのでしょうか。)

また、原発の周辺に防潮堤を作るという話も聞きますが、上記のような船を使った発電所に原子炉を搭載して発電させることは不可能なのでしょうか。

(原潜は水没していますし、加圧水型原子炉は原潜の技術と深い関係があると聞いています。上記のような船だと原発立地のための用地買収にかかる費用等は不要でしょうし、原潜は戦闘してダメージを受けることも当然想定しているとすれば、大型船舶に原潜の原子炉を参考にした原子炉を搭載して発電すれば安価で比較的安全な洋上発電所ができると思うのですが・・・。無論この場合、老朽船では無理かもしれません。)

風力発電機や太陽光発電、各種火力発電(場合によっては原子炉)とも併用した発電用船舶というのは無理なアイデアなのでしょうか。

また、原子炉が想定外の地震がきて高波に襲われることを危惧して防潮堤を高くすることが報じられていますが、費用が高くつく割に効果に疑問がわきます。(東北地震も想定外の規模だったわけですし、貞観年間をさらに千年、1万年さかのぼれば、もっと大きな地震があった可能性もあるのではないでしょうか。)

現在の地震対策を見ていると第二次世界大戦末期の日本軍をみているような気がします。東海地震の対策の強化といっていますが、実際それ以外の地域(阪神大震災や東北地震)で大地震は起こっています。絶対国防圏といいながら米軍の侵攻地点を読みきれず、結局他の地点や陽動作戦により次々に兵力を失い、サイパンを失った日本軍のように思えます。日本全体が地震地域にあるとみるべきで、特定地域の大地震に備えるということはあまり意味がないのではないでしょうか。また、上記の防潮堤も、飛行甲板の防御ばかり厚くして戦果乏しく米潜水艦に簡単に撃沈された空母大鵬のような気がします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%B3%B3_(%E7%A9%BA%E6%AF%8D)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%9C%8F


防潮堤を築くより、全部水没しても浸水しないように建物や機器を改造、改築する措置をした方が合理的で安価なような気がするのですがどうなのでしょうか。
(携帯電話にも防水型がありますし、防水のシートやゴムのようなもの(伸縮性のある良いもの)を建物、機器に何重にも覆ったり、建物を根本的に改築したほうが早いと思います。あるいは原子炉だけでなく、発電機や関連施設そのものも格納容器で覆ったら良いのではないかともおもいます。)

以上、乱文乱筆ですが最近の報道等を見て思いついたことを述べました。個別の部分でも結構ですので、色々回答いただけれと思います。

よろしくお願いします。

表題に関する疑問等を、乱文乱筆ですが色々述べたので、様々な立場からご回答いただければ幸いです。

現在、洋上風力発電所等が検討されていますが、そもそも船等にそれらを積んで移動させることはできないのでしょうか。

例えば、老朽化したタンカーやフェリーなんかを買い取ってその甲板上に風力発電機や太陽電池を並べればどうでしょう?風力発電や太陽光発電はそのときの風力や太陽光によって左右されると聞きますが、船だと条件の良いところで移動して発電できると思うのですが・・・。

沖合いで発電して...続きを読む

Aベストアンサー

洋上太陽光発電は、必要な面積の確保が困難では?現実に稼働している太陽光発電所、例として2011年8月10日に稼働したばかりの浮島太陽光発電所を引き合いに考えてみましょう。ここの最大出力は7000kW、面積は11haです。で、全長が300mで全幅が50mの超大型タンカーに空母のように太陽電池を敷き詰めたと仮定すると、この面積は1.5ha。この面積で得られる発電量は、

1.5/11×7000=954.5454...[kW]

たったのこれだけです。こんなに大きな船を使っているのに!!こいつを100隻並べても、まだ10万kWに届きません。では技術革新で太陽電池の変換効率が高まったと考えたら?これも実はあまり言うほど変わりません。2010年代初頭の効率は20%弱なので、これが仮に100%になったとしても今の5倍くらい。かつてLEDの発光効率が、桁違いに上がっていったような革新はありません。

では風力だとどうか?これはすでに指摘があるとおりで、固定の問題があります。固定することは可能は可能だと思いますが、そうすると今度は「船なら条件の良い場所に移動できる」というメリットを失うことになります。また、地震で影響を受けないように固定するには、がっちり海底に留めるのではなくて、アンカーを複数下ろす作戦でしょうが、どのみち水深が深いところには行けませんね。鎖の重量や強度を計算しないと。

移動すると、送電線をどうするんだという声を聞こえなかったことにしても、かなり無理がありそうな気がしますね。もうすでにいろんな人が言っていますが、船で発電するならそれを陸に引っ張るのではなくて、その場で海水を電気分解して水素を作り、それを陸に運んで燃料電池や水素エンジンを動かす方が無理がないと思います。これだと「作り置き」が可能になり、自然エネルギーの不安定さを解決する手段にもなりますから。

洋上太陽光発電は、必要な面積の確保が困難では?現実に稼働している太陽光発電所、例として2011年8月10日に稼働したばかりの浮島太陽光発電所を引き合いに考えてみましょう。ここの最大出力は7000kW、面積は11haです。で、全長が300mで全幅が50mの超大型タンカーに空母のように太陽電池を敷き詰めたと仮定すると、この面積は1.5ha。この面積で得られる発電量は、

1.5/11×7000=954.5454...[kW]

たったのこれだけです。こんなに大きな船を使っているのに!!こいつを100隻並べても、まだ10万kWに届きません。では技...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報