少し長くなりますが宜しくお願いします。

去年の夏ぐらいから会社のお金を少しづつ集金した所から抜き自分の小遣いにしていました。

社長が集金してきたお金を集めるのですがかなりルーズなので今までバレておりませんでした。

しかしつい先日これだけのお金が入金されてないと言われました。

バレなければ良いという考えでしたが今は深く反省しております。

金額にして60万ほどですがほとんど使ってしまい今は手元に何もありませんがやはり支払い義務はあるとは思います。
虫が良すぎるとは思いますが結婚をして子供もおり支払い出来るほど余裕はありません。

その場合、強制的に徴収されてしまいますか?
また会社はやはり解雇でしょうか?
告訴されてしまいますでしょうか?
身勝手ではありますが私としては出来ましたら円満に解決出来ればと思っています。

本日の夜、社長と話し合いをする予定です。
何と言ってよいが頭が真っ白になっています。

自分の軽率な行動でこのような事になったのは充分に承知しております。回答宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>その場合、強制的に徴収されてしまいますか?



横領した金は会社のものです。返すことは当たり前。「強制的に」も何もありませんよ。あなたが家計の都合で返せないのはあなただけの事情に過ぎません。今後の返金方法は社長さんとの話し合い次第でしょうが、全額返金は免れるものではありません。

> また会社はやはり解雇でしょうか?

それはあなたの会社の従業員規則、特に懲戒規定次第です。従業員が10名以上いる企業なら法の定めにより、従業員規則を設けなければなりませんが、仮に9名以下の小企業であっても懲戒処分は免れません。

懲戒規定は雛形があるわけでなく、企業によっても多少は異なるでしょうが、60万円もの業務上横領だと懲戒解雇(退職金なし、その後に会社は労基署に報告する義務あり)が普通の処分です。私の会社でもそういう懲戒規定があります。懲戒規定がなければ、社長さんの判断だけで処分されても不思議はありませんし、違法でもありません。


>告訴されてしまいますでしょうか?

それは社長さん次第でしょうね。深い反省と全額返金を前提にすれば、「告訴はしない」と言ってくれるかも知れません。


>身勝手ではありますが私としては出来ましたら円満に解決出来ればと思っています。

円満に? それは本当に身勝手ですね。貴重な売上金を横領して、バレたら「穏便に、円満に」とは行きませんよ。あなたは、この不況下で苦しんでいるだろう社長さんのお怒りや悲しみを分かっていないようです。

社長さんにすべてを話し、数年掛けて全額を会社に月賦で返金することをお願いするしかありません。なお、返金の約束をしたからと言って、刑事告訴を免れる訳ではありません。返金の約束は民事契約、告訴は刑事処分を求めるものですから、まったく別なのです。

前述したように、具体的な返済計画を自分で決めて社長さんに報告することです。ただ「反省しています。でも家計が苦しいので返済は出来ません」なんて、絶対に社会や会社では通りませんよ。

安い家賃のアパートに引っ越す、車を処分する、食費など生活費を切り詰める、旅行やレジャー支出を控える、パチンコなど賭け事は一切しない、新しい服など買わない、生命保険を解約する、月賦やクレジットカードで買い物しない、など今までの生活をうんと切り詰めるしかありません。月2万円を目標にしましょう。30ヶ月で元金は返済できます。2年半ですよ。

それからあなたの奥さんにはすべて事情を話すことです。生活スタイルを変えなければ返済できないのですから、奥さんの協力は絶対に欠かせません。恥ずかしいことで躊躇するでしょうが、大事なことです。

ただしサラ金から金を借りることだけはダメ! 一時的に負債がなくなったかのように感じ、これまでの生活スタイルを変える決心が鈍ります。サラ金の取立ては厳しいですよ。さらにどこかで借金を重ねて、ますます暗い深みに嵌ります。

借金するなら、自分と奥さんの親族の範囲内に留めなければなりません。

この回答への補足

皆さん、素早い回答ありがとうございましたm(_ _)m

社長に誠心誠意謝り、どんな罰も受け入れようと思います。

本当にありがとうございました。

補足日時:2011/04/12 12:38
    • good
    • 0

和解するには金返すしか無いな


返したから告訴しないとは約束できないだろうね
返せば、多少刑期が短くなるだろうけど、結婚してるから返せないなんて言ってたら、10年近い刑期も覚悟だ
ま、初犯ならいきなり10年は無いだろうけど

告訴されたら返さなくても良い訳じゃ無いしね

告訴したら回収しにくいから、ある程度回収の目処が立ってから告訴じゃ無いかな?

生活がどうのって、言える立場じゃ無いのは忘れないことだな
    • good
    • 0

>その場合、強制的に徴収されてしまいますか?


強制的も何も、円満に解決したいのならまず自主的に返済すべきでは?
手元に金が無いのなら、どこからか借りてでも一括返済する位の反省のいろを見せなきゃだめではないでしょうか。
金は返さないし解雇も告訴の勘弁してくれ・・・・・って、それは虫がよすぎる話で、まず謝罪と返済をして社長の判断はすべて受け入れる位の態度で臨むべきでしょう。
返済さえしてあれば、解雇の上告訴されても返済済みでかつ社会的制裁も受けているという事で、刑罰も軽くなる可能性が有りますが、質問文を見る限りは身勝手な願望だけが書かれているような気がします。
    • good
    • 0

正直に誠心誠意謝るしかないでしょうね。


言い訳は一切しないことです。

横領は、会社にとっての裏切り行為ですから、今後信頼関係を持って雇えないと思うので、解雇は覚悟しなければいけないと思います。
横領したお金は、社長個人のお金でなく会社のお金ですから、返金はするようになると思います。
告訴されるかされないかは、社長にかかってきますので、謝った結果どうなるかでしょうか。

軽率な行動と言っても、犯罪を犯しているのですから、それなりの覚悟はしておくようです。
    • good
    • 0

給与から回収するのが確実ですが、


雇用継続ってのは考えにくいですね。

解雇は覚悟しましょう。
刑事告訴は、会社が決めることなので
話し合うしかないでしょうね。

60万なら、借金してでも全額一括返済し、
(これが告訴を免れるかの大きな条件になるのでは)
解雇を受入れ、職を探しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務上横領の量刑

業務上、たとえば6,000万円を横領したというケース(初犯)について、どの位の量刑が相場なのでしょうか?
最近の判例がありましたら教えていただければ有り難いです。

Aベストアンサー

 懲役3年です。例えば下記URLのケース。

 ケース等の違いは、自分で適当な判例をさがしてください。裁判所のホームページから検索できます。

参考URL:http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/1641C9768D7E68EC49256FD50031B060.pdf

Q横領と弁済又は返済。 宜しくお願いします

初めまして こんにちは。 私は 30代で平凡な主婦です 皆様のご意見 ご忠告並びに良きアドバイス宜しくお願いします。 相談と言うのは 実は弁護士四人による横領事件の事です 母からの遺産(土地と金品)を 税金処理 銀行処理 全部を弁護士に依頼し 管理して頂いてたのですが 一通り完了しましたので!っと言う連絡を貰い 一週間後 銀行へ行くと送金されておらず 弁護士に連絡をすると 電話は止まり事務所は もぬけの空でした 横領されてしまいました。 警察にに被害届を出し 受理 現在捜査中です。一応 弁護士も雇い犯人の妻とその祖父母にも相談にも行き 幾らかは 弁済する意向だそうです。ですが 横領された額は 億単位で まったくもって 納得の行く金額ではございません。せめて半分でもと思い 色々と悩んでおります こうゆう場合 どうすれば 良いのでしょうか? この際 罪を憎んで人を憎まずで 出来るだけ 多く回収 返済して頂きたいのですが 何か 良い方法など御座いますか? 横領事件を 起こした犯人やご家族は その後 どんな 人生を送られてるのでしょう。横領された被害者は泣き寝入りで 加害者や その家族は まるで何も無かったかのように 新天地で ぬくぬくと生活をおくっていくのでしょうか?全財産を 投げ売ってでも 返済すべきでは ないでしょうか? 私に落ち度が 有るとすれば 弁護士を信用しきっていたからでしょうか? でも  親子三代に渡って弁護士一家 それも 私の おばあちゃんからの付き合いで有る事を信用したから・・・?。 

初めまして こんにちは。 私は 30代で平凡な主婦です 皆様のご意見 ご忠告並びに良きアドバイス宜しくお願いします。 相談と言うのは 実は弁護士四人による横領事件の事です 母からの遺産(土地と金品)を 税金処理 銀行処理 全部を弁護士に依頼し 管理して頂いてたのですが 一通り完了しましたので!っと言う連絡を貰い 一週間後 銀行へ行くと送金されておらず 弁護士に連絡をすると 電話は止まり事務所は もぬけの空でした 横領されてしまいました。 警察にに被害届を出し 受理 現在捜査...続きを読む

Aベストアンサー

その弁護士の所属する弁護士会に連絡してください。
対応してくれるはずです。

>私に落ち度が 有るとすれば 弁護士を信用しきっていたからでしょうか?
 落ち度はないと思いますよ。普通弁護士だったら信用しますからね。

 ただ、最近はいわゆるサムライ業ってのも競争激しくなって
台所が苦しい弁護士も増えました。
 よほどの大物弁護士でもない限り結構事務所の維持が困難になってる
弁護士も多いと聞きます。
 もしかしたらそういう類の弁護士だったのかもしれませんね。

Q背任罪と遺失物等横領罪

背任罪と遺失物等横領罪(占有離脱物横領罪)について伺いたいのですが、

(1)この二罪がともに成立しうることはあるでしょうか?

(2)あるとすればどのような状況が考えられるでしょうか?

(3)横領罪と背任罪がともに成立しうる場合、現在は財物の不法領得であれば横領罪、
 その他の任務違背行為であれば背任罪と解するのが比較的多数説となっていますが、
 これは横領罪が背任罪に比べて量刑の重いことが前提となっていると思います。
 量刑の軽い遺失物等横領罪と背任罪でも同様に理解してよいのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問1 この二罪がともに成立しうることはあるでしょうか?
あるとすればどのような状況が考えられるでしょうか?

答 理論的に考えれば成立することはありえます。たとえば,下記のような事例です。
「A会社の幹部社員Bが,ある重要な企業秘密(ノウハウ)に関する書類を落としてしまった。
 A社の社員でBの部下であるCは,その書類を偶然拾ったが,会社とBに恨みがあったので,会社に損失を与えようと考え,その書類を会社に届けず,インターネットでその秘密を暴露した。
 そのおかげで,A社は,本来得られたはずの多額の利益を得られないという損失を被った。」 


問2 横領罪と背任罪がともに成立しうる場合、現在は財物の不法領得であれば横領罪、その他の任務違背行為であれば背任罪と解するのが比較的多数説となっていますが、これは横領罪が背任罪に比べて量刑の重いことが前提となっていると思います。
 量刑の軽い遺失物等横領罪と背任罪でも同様に理解してよいのでしょうか?

答 ご指摘の説を前提に考えた場合,「同様に理解」することはできないと思います。

 横領罪と背任罪との成立範囲が刑法上の論点となっているのは,ともに委託信任関係に違背するという共通点があるからです。
 しかし,遺失物等横領罪は,横領罪と同じ章に規定されているにもかかわらず,委託信任関係に違背することを処罰する犯罪ではなく,行為態様も横領罪とは全く異なります。
 たまたま両罪が成立する場合,横領罪のみが成立する択一関係ではなく,観念的競合(刑法54条)として処理されるでしょう。 


【刑法】
(背任)
第247条 他人のためにその事務を処理する者が、自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、本人に財産上の損害を加えたときは、5年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(横領)
第252条 自己の占有する他人の物を横領した者は、5年以下の懲役に処する。
2 自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

(遺失物等横領)
第254条 遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

問1 この二罪がともに成立しうることはあるでしょうか?
あるとすればどのような状況が考えられるでしょうか?

答 理論的に考えれば成立することはありえます。たとえば,下記のような事例です。
「A会社の幹部社員Bが,ある重要な企業秘密(ノウハウ)に関する書類を落としてしまった。
 A社の社員でBの部下であるCは,その書類を偶然拾ったが,会社とBに恨みがあったので,会社に損失を与えようと考え,その書類を会社に届けず,インターネットでその秘密を暴露した。
 そのおかげで,A社は,...続きを読む

Q部落長が集金を使いました

各家庭から集金していたお金を3年間で、十数万円使い込んでいたことが、3月の決算の集会でわかりました。
毎年チェックしていればよかったんですが、本人が隠し続けてきました。
預金通帳を手書きで改ざんし、領収書がない所があり、さかのぼって検証したらこのくらいありました。
 本人が謝り、返金すればいいんですが、子供のような言い訳ばかりしてダメです。嫁も擁護して逆にこちら側を悪く言う始末です。
 今、対応を検討しているところですが、まだ部落長の息子には話しをしていない状況です。
 どこに相談すればいいですか?警察にいうべきですか?

Aベストアンサー

部落長の息子には話しをするのが最初でしょう。その後、本人が使い込みを認めたなら、始末書と損害金額の借用書を作成し、嫁と息子を連帯保証人にします。返済計画を作り念書を作成し、本人と連帯保証人の記名捺印をさせます。そして、部落長の土地建物に抵当権を設定して、登記します。部落から前科者を出すのは難しいでしょうから、前記の書類を作成しておけば、いつかかならずお金は戻ります。

Q裁判員制度が始まってから量刑は重くなってるのでしょうか?

裁判員制度が始まってから量刑は重くなってるのでしょうか?
裁判員裁判が始まってから、裁判員裁判における量刑が全体的に厳しい方向にシフトしていったということをなんとなくどこかで聞いたことがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?
インターネットで調べてもなかなか、量刑の分布にどのような変化があったか、ハッキリと書かれている情報を見つけられませんでした。
一般市民が評決に関わることで、判決の分布にはどのような影響があったのでしょうか?
一般的な意見でも個人的な意見でも構いませんが、インターネットのページなど情報の出所も是非、合わせて教えて頂けるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こういう新聞報道もありましたよ。

裁判員裁判、8割が実刑…量刑は求刑の78%
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091224-OYT1T00053.htm

「実刑となったケースの量刑を検察側の求刑と比較すると、平均約78%で、従来から指摘されていた「求刑の8がけ」に近い傾向がみられた。」「性犯罪事件では重い量刑となった判決が目立つ一方、親族間の介護や暴力に絡む事件では、量刑が求刑を大きく下回るケースも多かった」

求刑との比較なので、最終的な分布がどうなっているのかはわからないですけれどもね。参考まで。

Q横領されたお金の返済

今、親戚の経営している会社が、社員による業務上横領の被害にあい今裁判中です(被害額300万程度)弁済もなされておらず厳罰を望んでいるそうです。お金の使い道は遊興費で弁済もされていないので執行猶予もなく実刑だろうとの事です。

と、父親から聞きました。その親戚と私とは付き合いはないのですがちょっと気になって色々と調べてみました。横領されたお金について私の父は「刑務所を出てきてから民事で返済を求めるつもりなんじゃ?」と言っています。それでもちょっと疑問なので質問です。

1・その被告の社員は同棲している女性はいますが親兄弟もいないそうですし、服役後、警察や刑務所が居場所を教えてくれるとも思えません。刑務所を出た後の居場所はわからないのではないでしょうか?同棲している人がいるとはいえ、その女性が引っ越していたり、彼と別れていた場合、刑務所を出た後ふっと姿を消してしまえばそれっきりのような気がするのですけどどうでしょうか?

2・こういった場合、同棲している人は一応他人なので弁済を求めることもできないですよね?もう親戚は返してもらうのはほぼ諦めているということなのでしょうか?

今、親戚の経営している会社が、社員による業務上横領の被害にあい今裁判中です(被害額300万程度)弁済もなされておらず厳罰を望んでいるそうです。お金の使い道は遊興費で弁済もされていないので執行猶予もなく実刑だろうとの事です。

と、父親から聞きました。その親戚と私とは付き合いはないのですがちょっと気になって色々と調べてみました。横領されたお金について私の父は「刑務所を出てきてから民事で返済を求めるつもりなんじゃ?」と言っています。それでもちょっと疑問なので質問です。

1・...続きを読む

Aベストアンサー

1 実務ではあまり利用されてはいないのですが,犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律で,民事上の争いについての刑事訴訟手続における和解という制度があります。つまり,被告人と被害者の間で犯罪被害の損害賠償などで和解ができた場合に刑事裁判の公判調書に記載してもらうという制度です。この調書は民事裁判などで得られる和解調書とまったく同じ効力があります。判決と同じで強制執行も可能な文書ということです。
 これを利用するためには,刑事事件の裁判が終わらないうちに,至急代理人弁護士を探し代理人として,被告人の弁護人と交渉してもらい和解条項をとりまとめる必要があります。
2 1は別として,別に刑事の裁判が終わるまで民事の裁判を提起するのを待つ必要はありません。刑事事件と民事事件は全く別です。いま現在の拘置場所が分かるのであればそこを送達場所として訴状等を書けばよいだけです。現実問題として,拘置されているわけで訴状さえ届けば,被告の出頭は事実上無理ですから,1回結審ですぐに勝訴判決ということもありえます。
3 また,実刑を受けた場合でも,弁護士等を介せば,もしかすると収監されている刑務所が判明するかもしれません。その場合も2と同じです。
4 出所後は,NO1の方のいうように戸籍等でたどるということも考えられますね。
5 以上は,勝訴判決をもらうまでのことで,相手に資力がなければ,現実の回収は難しいということになります。ただ,判決は10年間時効にかかりませんから,被告に財産ができたときとか,就職した時に強制執行はできるということなります。

1 実務ではあまり利用されてはいないのですが,犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律で,民事上の争いについての刑事訴訟手続における和解という制度があります。つまり,被告人と被害者の間で犯罪被害の損害賠償などで和解ができた場合に刑事裁判の公判調書に記載してもらうという制度です。この調書は民事裁判などで得られる和解調書とまったく同じ効力があります。判決と同じで強制執行も可能な文書ということです。
 これを利用するためには,刑事事件の裁判が終わらないう...続きを読む

Q殺人罪に対する量刑の決め方

人を一人殺めた場合、その殺し方によって、量刑は変わるのでしょうか?例えば、薬を用いた毒殺を考えますと、
(1)苦しみを伴わない薬を飲ませて殺人を犯した場合、
(2)苦しみを伴う薬を飲ませて殺人を犯した場合では、
量刑は(2)の方が重くなるのでしょうか?
「殺害方法は極めて残虐、悪質非道である。よって、懲役~年に処す。」などとお決まりのような判決文例がよくありますが、では、残虐非道でない殺害法であれば、量刑は軽くなるのかなと素朴に思ったのですが。議論を簡単にする為、殺害方法以外の諸条件は、すべて等しいとします。

Aベストアンサー

検察、弁護側の主張と、裁判官の裁量しだいですので、一般的な事は何とも言えません。
そういう事に関係する判例、裁判例があれば参考になりますが、比較できるようなものはちょっと見つからないです。

> (1)苦しみを伴わない薬を飲ませて殺人を犯した場合、
> (2)苦しみを伴う薬を飲ませて殺人を犯した場合では、
> 量刑は(2)の方が重くなるのでしょうか?

前者は確実に死に至る薬物や分量を飲ませたって事で計画性なんかの要因が高く、後者は逆に苦しんでる間に嘔吐なんかして助かるような事もあるので、計画性、殺意の面で疑問を差し挟む余地があるとか。


> 議論を簡単にする為、殺害方法以外の諸条件は、すべて等しいとします。

殺害を試みる方法とその結果、諸条件の切り離しが難しいため、議論の前提の定義が困難かも。

包丁で刺す場合に、1回刺して長時間苦しんで出血多量で致死した場合、複数回刺して即死だった場合だと、一般的には後者の方が量刑は重いですし。


> では、残虐非道でない殺害法であれば、量刑は軽くなるのかなと素朴に思ったのですが。

殺害方法を選択する余地があったとして、加害者を弁護する立場であれば、そういう主張はアリだと思います。

検察の立場なら、前述のような理屈で、重い量刑を主張するでしょうが…。

検察、弁護側の主張と、裁判官の裁量しだいですので、一般的な事は何とも言えません。
そういう事に関係する判例、裁判例があれば参考になりますが、比較できるようなものはちょっと見つからないです。

> (1)苦しみを伴わない薬を飲ませて殺人を犯した場合、
> (2)苦しみを伴う薬を飲ませて殺人を犯した場合では、
> 量刑は(2)の方が重くなるのでしょうか?

前者は確実に死に至る薬物や分量を飲ませたって事で計画性なんかの要因が高く、後者は逆に苦しんでる間に嘔吐なんかして助かるような事...続きを読む

Q会社のお金を横領

結構昔からよく新聞などで、会社のお金を使い込む記事が載っていますよね。
まあ何らかの噂などから発覚することもあるようですが、それを実証するには、経理の人たちが普段の仕事もこなした上に過去の帳簿と照らし合わせたりして実証するのでしょうか?

それとも使い込みや横領を調べる為に、過去の帳簿を調べる専門の会社なんかがあるのでしょうか?

ご存知の方おられましたらお教えください。

Aベストアンサー

横領が発覚する場合のプロセスを辿ってみるとわかるのでは?

一例ですが。

1.在庫と入庫と入金の不一致が発覚
 ← 決算処理でわかります
2.不一致の在庫の出庫記録を調査
 ← 販売伝票でわかります
3.不一致の額と一致するものや頻繁に繰り返される不自然な取引を抽出します
4.取引先に確認したり、入金記録と付き合せます
5.調査の結果、疑わしい取引の担当者を特定します
 ← 内部稟議・伝票等でわかります
6.疑わしい担当者が処理した案件全てを遡って調査します
7.取引先への確認、振込先銀行口座の確認など、証拠を固めます
8.当局に告発、社内懲戒、民事賠償請求の準備をします

端緒は日々の業務から、誰かが「変だ」と感じることから始まるものです。

「専門の会社」という点ですが、決算処理の為に会計士や税理士に会計帳簿の検査を依頼しますから、その時にプロの目から見て不整合な伝票処理が発見されるケースもあるのではないでしょうか。

Q押尾被告の量刑について

押尾被告の量刑について

懲役2年6ヶ月の「実刑判決」で執行猶予がありませんが、皆さんは今回の量刑は如何感じましたか?

1:軽い
その理由

2:重たい
その理由

3:妥当な判決
その理由

Aベストアンサー

3.致死を認めなかったのなら妥当な量刑でしょう。
ただ、認めなかったのは庶民感情からしてちょっと・・・とは思いますけど、実際の裁判だとこんな感じになるのが普通でしょうから。
2人きりしかいなかった状態での法律上の遺棄致死を立証するのは難しいと言うことになります。
まあ、裁判員裁判だから、遺棄致死まで認められるかな?と思ったのですけどね。

Q不正・横領したお金

主人が勤務していた会社で不正・横領しました。そのお金を家族で使用していました。
勤務先から返済を求められています。このような場合、主人が返済できない場合、家族も支払を求められますか?別に保証人になっていませんが、不正のお金だとわかって使用してしまいました。
主人が、会社側に「妻から9年簡、毎月20万から100万お金を要求され、不正横領をしたと話してしまいました」
私は責任ないですよね。

Aベストアンサー

これは民事責任と刑事責任とで分けて考える
必要があります。

1、民事責任について、質問者さんはそのお金が
 不正に得られたお金だと知っていましたので
 原則、返還義務があります。

2、刑事責任については難しい問題があります。
 不正に得られたそのお金そのものを、知っていて 
 使用したのであれば贓物収受罪という犯罪になります。
 しかし、いったん銀行預金などにしてから引き出して
 使ったような場合、つまりその金銭そのものではなく
 金額を使ったような場合は複雑な問題が生じます。
 そのような場合には、基本的には贓物罪のような
 犯罪は成立しないものと思われます。


”会社側に「妻から9年簡、毎月20万から100万お金を要求され、
 不正横領をしたと話してしまいました」”
    ↑
横領しても金を作れ、とそそのかした場合であればともかく
ただ金を要求しただけでは、横領の共犯になることは
ありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報