求人票の給与条件に以下の記載がありますが、この意味を教えて頂けますでしょうか。

・給与改定1回(ただし所得税法上の非課税限度額を上限とする)

A 回答 (1件)

誤植だと思いますが。



通常は通勤手当などの場合に使う言葉です。


交通費全額支給(ただし所得税法上の非課税限度額を上限とする)
この場合は1か月10万円以内(車などのガソリン代の場合は別)
で交通費は支給するってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
私もおかしいなとは思ったのですが、あまり求人票は
見ないものなので、不安になり質問しました。
安心しました!

お礼日時:2011/04/27 10:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q30万のボーナス。所得税ってどのくらい持っていかれるの??

前月の給料(課税19万)、今月のボーナスで30万円(総支給額)もらうとします。

この場合、所得税はボーナスからいくらくらい引かれるものなのでしょうか??

ボーナスから引かれるものとしては、所得税・健康保険料・雇用保険料・厚生年金料と考えているのですが、所得税のおおよその額でも分かれば助かると思い質問しました。

くだらない質問で恐縮なのですが、どなたか計算方法などわかれば教えて下さい。

Aベストアンサー

所得税についてはこちらを参考に

http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/2523.htm

健康保険料・雇用保険料・厚生年金料などはこちらを参考に

http://www.kaito-sr.com/houkaisei_syosiki/keisan/syoyo_hokenryou.htm

Qハローワークの求人票に記載されている雇用条件に疑問

ハローワークの求人票に記載されている雇用条件について質問があります。

昨年、就職活動の際に、ハローワークの求人票に記載されている雇用条件について
職員に問い合わせてみましたところ、

「雇用条件などについては、その企業が適用している範囲全てが記載されており、
アルバイトやパート、非正社員などについては当てはまらない項目も多いので、
雇用条件については直接企業に問い合わせてください」と言われました。

求人票の雇用条件欄には、パートならパート、アルバイトならアルバイトで
個別に記載すべきだと思っていますし、その企業が適用している全ての雇用条件を
記載するというのはいくらなんでもおかしいとは思うのですが・・・

それとも、ハローワークの求人票というのは、もともとこういうものなんでしょうか。

実際、応募した会社に合格して入社してみたら、雇用条件には週休二日制・毎週と
書いてあるにも関わらず、月に1~2回は土曜出勤日が設定されていましたし、
退職金や財形、労組なども正社員のみに適用されるものばかりでした。

ハローワークの体質や、求人票に記載されている雇用条件などについて
お詳しい方、よろしければご回答を頂ければと思います。

それではどうぞ宜しくお願い致します。

ハローワークの求人票に記載されている雇用条件について質問があります。

昨年、就職活動の際に、ハローワークの求人票に記載されている雇用条件について
職員に問い合わせてみましたところ、

「雇用条件などについては、その企業が適用している範囲全てが記載されており、
アルバイトやパート、非正社員などについては当てはまらない項目も多いので、
雇用条件については直接企業に問い合わせてください」と言われました。

求人票の雇用条件欄には、パートならパート、アルバイトならアルバイトで
...続きを読む

Aベストアンサー

私も転職活動の時に疑問に思いました。

求人票には最低限の情報しか記載されていないと思いますし、実際には問い合わせや面接をしないと何も分からないと思います。
不特定多数が見る求人票に細かい規定や計算までは書けませんからね。
その分、余計な問い合わせや面接の労力が掛かり、なかなか思うような条件の所を探すのに時間が掛かるのが嫌でした。
結局は求人票で大まかな条件で絞込み、面接で詳細な条件等を聞くしかないと思います。

私は内定を戴いてから考える時間を数日貰いましたが、明日からでも来て欲しいという企業があります。
求職者からすれば数社を見比べてから決めたいのですが、求人者からすればすぐにでも働いて欲しいのが実情ですから、その辺が難しいですね。
私は返答に数日の猶予を与えてくれた企業のみで比較しました。


私の感想ですが、正社員募集の求人票はまだマシな方で、派遣社員での募集では書いてある事がいい加減な企業もあります。
実際に定員に達していて締め切られているのに面接にこさせる派遣会社もありましたし、日勤勤務と書いてあるのに夜勤ありの2交代制とかだったという経験もあります。

ハローワークでの紹介の場合は窓口で基本的な条件(勤務地や休日や必要な資格経験など)をしっかり聞いてもらい、それから面接の応募をするか決めましょう。
安易に面接を繰り返すのも疲れますし、記載条件との相違に不信感ばかりが大きくなって就職活動をする気が失せますから。

また、面接後に記載条件と掛け離れている場合はハローワーク窓口に報告してください。
あまりに酷い企業には即電話して抗議してもらえます。

私も転職活動の時に疑問に思いました。

求人票には最低限の情報しか記載されていないと思いますし、実際には問い合わせや面接をしないと何も分からないと思います。
不特定多数が見る求人票に細かい規定や計算までは書けませんからね。
その分、余計な問い合わせや面接の労力が掛かり、なかなか思うような条件の所を探すのに時間が掛かるのが嫌でした。
結局は求人票で大まかな条件で絞込み、面接で詳細な条件等を聞くしかないと思います。

私は内定を戴いてから考える時間を数日貰いましたが、明日から...続きを読む

Qボーナスの源泉所得税、年末調整で返ってくる?

今年の夏のボーナス、ものすごい額の所得税が引かれました。
理由はボーナスの前月、転勤に伴う会社負担の引越し代が給与に現物支給額として上乗せされたからです。
その月だけ明細上の総支給額は20万も上がり、それがボーナスの源泉所得税に反映され、いつもの倍以上の所得税が引かれました。

でもこれって、年収が増えたわけではなく、たまたまボーナス前月の見かけ上の収入が増えただけです。引越し代は実際に支給されたわけではなく、会社が直接業者に払っているんです。なのにこちらがもらったかのように明細上は給与に上乗せするなんて・・・

このボーナスのいつもよりバカ高い所得税、年末調整で返ってくるんでしょうか?
転勤は4月なのに明細に載せるのは6月なんてなんか悔しい!年収は全く増えてないんだから返してもらいたい!

Aベストアンサー

なんとも、お気の毒な目に遭われましたね~。

年末調整は、1年間の給与を元に、扶養や保険等の控除をした後に計算して、その結果として還付金(又は不足の場合は徴収)が発生しますので、夏のボーナスでいつも以上に取られた分が戻ってくるか、というと断言はできませんね。

但し、1年間の給与収入や、扶養や保険等の控除関係が、去年とあまり変わらないのであれば、去年の年末調整でもらった還付金よりは、その分、とは言えないまでも、近い金額は還付されるものと思います。

Q求人に記載されている賃金や手当の上限に必要な時間は?

求人に記載されている賃金や手当の上限に必要な時間は?

求人の賃金に150,000円~370,000円ってあるんですけど、
未経験から入ったら当然150000円からですよね?
会社よりけりですが、370000円までいくのにどれくらい時間を要するのでしょう?
また、ほかにも管理手当が~80000円、技術手当~10000円とあります。
あと、賃金の底と天井の幅が広過ぎるとおもうのですが、よくあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

今の会社での実経験を。

経験者優遇という求人でしたが、入社時は表示の最低金額。
しかし、入社して8カ月でプラス5万円しました。
でも役職無しのままです。

というのも、私の上司は社長で、全部で9名という小さな会社。
欠員補充だったのですが、前任者との能力差を評価され続けています。
社長の胸先三寸的なところもある会社なので、その影響もあると思います。

今は家庭の事情で残業できないのですが、残業が出来るなら仕事も増やせます。
社長も家庭の事情を理解したうえで採用したのではっきり言えないけど、本当は私の仕事を増やしたいと思っているのが分かります。
その場合は、当然、昇給の交渉はします。
(でも、残業無しの今の生活の方が良いと思ってます)

御参考まで。

Q「所得税計算は事業所得」って有利?不利?

採用条件の給与欄に「基本給(活動手当含)+実績給(当社規定による)※所得税計算は事業所得」とありました。所得税の計算では給与所得と事業所得は通算されると思いますので、特に「※所得税計算は事業所得」と書かなくてもいいように思いますが、どういう意味なのでしょうか?また適用税率などはどちらが有利なのでしょう?
教えてください。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…所得税の計算では給与所得と事業所得は通算されると思いますので、特に「※所得税計算は事業所得」と書かなくてもいいように思いますが、どういう意味なのでしょうか?

おっしゃるとおり、どちらの所得も「総合課税」のため、【税額を計算する際には】通算されるのですが、「給与所得の金額」「事業所得の金額」は、それぞれ「所得の金額の求め方」が違うため、そのような説明が必要になります。

『No.2220 総合課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
『所得の種類と課税のしくみ』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto319.htm

また、

・「給与所得」は「給与所得の源泉徴収票」
・「事業所得」は「収支内訳書」、または、「青色申告決算書」

を「確定申告書」に添付する必要があります。
「収支内訳書」「青色申告決算書」は、簡単に言えば、「事業所得を求めるための計算書(明細)」のようなものです。

『Q22 確定申告書を提出する際に必要な書類はどのようなものですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm#q22

このように、「所得の種類」が違うと「税法上の取り扱い」がまったく違うということです。
ちなみに、ご質問の文面からは、

・(基本給+実績給)←所得税計算は事業所得
・(実績給のみ)←所得税計算は事業所得

のどちらにも読めてしまうのですが、実際はどちらなのでしょうか?

---
一般的には、「給与所得」と「事業所得(支払う側にすれば外注費)」の両方が支払われるような契約はないのですが、「業務形態が会社員と請負業者の両方の性格を持っている」ような「保険の外交員」などは「変わった契約形態」の場合があります。

『その支払いは、給与か?外注費か? ~Vol.1~』(2010/8/20)
http://news-kaieda.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/vol1-cc4d.html
『その支払いは、給与か?外注費か?~Vol.2~』(2010/8/27)
http://news-kaieda.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/vol2-081e.html

>…適用税率などはどちらが有利なのでしょう?

「給与所得」「事業所得」ともに「総合課税」の対象なので、「所得税率」の有利・不利はありません。
違いがあるのは、「必要経費」の計上の仕方です。

・給与-給与所得控除=給与所得
・報酬-必要経費=事業所得(または、雑所得)

とするのが原則で、「給与所得控除(必要経費に相当)」は、あらかじめ差し引ける金額が定められていますが、「報酬」から差し引く必要経費は、「実費」ということになります。

当然ながら、「必要経費」が多ければ「所得金額が減る」→(税率は同じでも)「税金は少なくなる」ということになります。

(一宮市の案内)『所得金額とは』
http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/division/shiminzei/guide/shiminzei/syotoku.html

---
なお、「外交員【など】」の場合は、「家内労働者等の必要経費の特例(65万円)」が使えます。

つまり、

・報酬-「家内労働者等の必要経費の特例」=事業所得

ということです。

※ただし、「給与収入」がある場合は、「65万円-給与収入」の金額が上限です。

『家内労働者の必要経費の特例』(2008.10.24)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-1c89.html
『必要経費―家内労働者等の場合―所得税法上の取扱い』
http://shotokuzei.k-solution.info/2007/06/_1_151.html

---
もちろん、「青色申告」で申告すると「青色申告特別控除(最大65万円or10万円)」も差し引けます。

『家内労働者の特例と青色申告特別控除』(2008.11.13)
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-5369.html

*****
(備考)

ご存知かとは思いますが、「事業所得」がある場合は、「所得税の確定申告」によって、(自分で)「所得税の過不足の精算」を行います。(給与所得など他の所得もすべて申告します。)

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm

*****
(参考URL)

『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『個人事業の開廃業等届出書は、出さないと怒られる?』
http://kojinjigyou.columio.net/
『白色申告と10万控除or65万控除の青色申告、どれを選ぶべき?』(2012/01/24)
http://www.blue-return.info/?p=673
『平成26年1月から記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大されます』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
---
『国税庁>簡易な質問や相談の窓口』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】税務署に確認の上お願い致します

長いですがよろしければご覧ください。

>…所得税の計算では給与所得と事業所得は通算されると思いますので、特に「※所得税計算は事業所得」と書かなくてもいいように思いますが、どういう意味なのでしょうか?

おっしゃるとおり、どちらの所得も「総合課税」のため、【税額を計算する際には】通算されるのですが、「給与所得の金額」「事業所得の金額」は、それぞれ「所得の金額の求め方」が違うため、そのような説明が必要になります。

『No.2220 総合課税制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/22...続きを読む

Q会社に住民票の提出を求められました この場合、住民票と住民票記載事項証明書どちらを提出するのが一般的

会社に住民票の提出を求められました
この場合、住民票と住民票記載事項証明書どちらを提出するのが一般的ですか?
会社からは、同居人全員の本籍地いりなら大丈夫とはいわれています

Aベストアンサー

要求する側はむかしからのクセで「住民票」と言うことが多いですが、何が記載されているものが必要なのかを確認し、それに則した書類を提出されればよいです。
「本人だけでよいのか?」、「世帯主との続柄がいるのか?」などです。

ちなみに同居者全員の本籍地まで入ったものを出せという勤め先って。。。(^^;

Q所得税の計算

 公務員系でのバイトしているのですが、6/30に臨時手当を頂きました。雇用保険190円、所得税2164円で手取り24891円でした。
 そして6月分の給与が7/18,19あたりに支給されますが、交通費除いて税引き前で120646円でした。
 この場合所得税は2730円になると思うのですが合っているでしょうか。控除等は分かりませんがありません。
 というのもそういう源泉徴収税計算機というソフトを使って計算しているのですが、この臨時手当24891円の雇用保険もそうですが、所得税2164円というのはどうやって計算されているのかと疑問に思うからです。この臨時手当の所得税の2164は例えば6月の給与の税金とかに絡んでくるのでしょうか・・・。例えば6月でも5月でも臨時手当と合わせて所得税を計算するとか・・・・・。つまり臨時手当で2万くらいなのに2000円も税金引かれるからその月の給与から引かれる所得税は少し調整されて少ないとか・・・。

 

Aベストアンサー

すみません。
間違えました

(2)前月(5月に支給された)の給与等は、6月分(7月支給)と同額

が正解です。

Qハローワーク求人票記載条件の相違と試用期間での退職

ハローワークで紹介を受け、今月から工場に勤務を開始しました。
しかし求人票の内容に偽りがあり、納得できなかった為厳しい雇用情勢の最中、試用期間中ではありますが退職しました。

内容ですが、求人票には日勤帯の条件で募集をしていました。
しかし、実際は2交代ライン拡張に伴う募集でした。
また、退職の旨を伝えた際に上司から「お前なんか採用しなけりゃ良かった」「他の落ちた奴らに対して何とも思わないのか」「給料分の仕事もしていない」と叱責されました。
確かに他の応募した方達に申し訳無いのですが、会社が虚偽の内容を記載しなければ私自身応募しませんでしたし、会社側に非があるのに納得できませんでした。
試用期間中でしたが書面で労働契約は結んでおりません。電話で「2月2日に来てくれ」のみです。
期間中はアルバイト契約での勤務でした。
安易に入社したことを非常に後悔しています。

そこで下記について疑問があります。
1.求人票の虚偽について、何処に苦情を言えば良いのか。
2.この場合勤務した6日分の給料は貰えるのか。もしも支払わないと言われた場合の対処方法もお願いします。
3.上司の発言はパワハラ等に当たるのか。

詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

ハローワークで紹介を受け、今月から工場に勤務を開始しました。
しかし求人票の内容に偽りがあり、納得できなかった為厳しい雇用情勢の最中、試用期間中ではありますが退職しました。

内容ですが、求人票には日勤帯の条件で募集をしていました。
しかし、実際は2交代ライン拡張に伴う募集でした。
また、退職の旨を伝えた際に上司から「お前なんか採用しなけりゃ良かった」「他の落ちた奴らに対して何とも思わないのか」「給料分の仕事もしていない」と叱責されました。
確かに他の応募した方達に申し訳無...続きを読む

Aベストアンサー

1
ハローワークにご相談ください。

2
試用期間だろうが給料はもらえます。
ただし、書面の契約がないことが疑問です。
それを確認しないのは、あなたの落ち度です。
ハローワークか、労働基準監督署にご相談ください。

3
パワハラですね。
精神的苦痛に対する損害賠償を訴えることもできるでしょうが、期間が短すぎますし、メリットがあるとは思えません。

Q派遣社員の所得税計算方法

派遣の所得税の計算方法を教えてください。
時給1,470円にて、1日7時間30分勤務しています。
給与は月2回支給されます。

ある月の前半の給与です。
支給  113,007円
健康保険  3,685円
厚生年金 8,832円
雇用保険 678円
所得税 2,325円

となっています。
この場合の所得税はどのように計算されていますか?
日額表に当てはめても違いような気がしまして・・・

Aベストアンサー

支給された給与が半月分として,電算機計算の特例で計算してみました。
-----------------------
a) 社会保険料等控除後の給与
 99,812(社会保険料等控除後に金額)×2=199,624(半月分なので2倍する。)
b) 給与所得控除の額
 199,624×30%+15,000=74,888
c) その月の課税所得金額
 199,624(a)-74,888(b)-31,667(基礎控除)=93,069
d) (c)の税額
 93,000×5%=4,650
e) 給与が半月分なので
 4,650÷2=2,325
-----------------------

Q求人票と面接での条件が違うのはどこまでなら我慢しますか?

今日、ある会社のパートの面接に行ってきました。
時給は安いけど、長期雇用で半年後には10日間有給があるし、賞与も寸志程度あるし、
土日祝休みだったので、はりきって行って来ました。

そうしたら、実際の条件は、「長期」と求人票に書いてあったにもかかわらず、「6ヶ月間」と言われました。ISOを取得する為、忙しくなるためとの事でした。それをすらぁ~っと平静に言われたので、ビックリというか昨日一日履歴書を書いたり、どんな会社か調べたり、自己PR、志望の動機などなど必死で考えた自分が馬鹿らしくなり、でもその場は気が動転しているので、「短期だったら辞退させて」とは言わずにとりあえず「よろしくおねがいします」で帰ってきました。
今、冷静に考えてみても、やはり長期で働くのが私の中では絶対条件でしたので
今から辞退させてくださいと電話を入れようとおもいます。(職安には、もう連絡しました)

いくら仕事がないからと言って、あまりにも足元見られすぎのようでショックでした。雇う側としては、「短期」と募集するより「長期」で募集したほうが、いい人材がくるとおもっているのかもしれませんが、雇われる側もそれなりの準備をしているので、もうちょっと考えてほしかったです。

そんな経験されたことある方、教えてください。

今日、ある会社のパートの面接に行ってきました。
時給は安いけど、長期雇用で半年後には10日間有給があるし、賞与も寸志程度あるし、
土日祝休みだったので、はりきって行って来ました。

そうしたら、実際の条件は、「長期」と求人票に書いてあったにもかかわらず、「6ヶ月間」と言われました。ISOを取得する為、忙しくなるためとの事でした。それをすらぁ~っと平静に言われたので、ビックリというか昨日一日履歴書を書いたり、どんな会社か調べたり、自己PR、志望の動機などなど必死で考えた自分...続きを読む

Aベストアンサー

私も職安求人で似た経験があります。
私の場合は「就業曜日が違う」(休みが少ない)などでした。
職安に噛み付くと、「どこも不況だから、そのくらい我慢して」とのこと。
「辞めると次の保障ないよ。仕事につけただけで良しとしろ」というのが見え見えでした。
そしてその職場はヤクザ絡み……。もちろん求人票にそんなことは書かれてません。
職安もそんなことは知らないし、保障もできない。
そして間違ったことを求人票に書いていても、職安からは罰則もないのです。

熱くなってしまいました。
とりあえず、職安とも冷静に話し合ってみてくださいね。
お互い就職活動がんばりましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報