受領書の発行義務について質問です。
お客さんから注文があった際には大抵注文書が送られてきます。
その時に複写で受領書がついているので受け取った証明として受領印を押し、受領書を渡します。
(そこまでは何の疑問もありません)

お客さんへ品物を納品する際、こちらは納品書(複写で受領書)を渡し、受領書に受領印をもらい受領書を持って帰るのが普通だと思いますが、納品先から納品先が発行した受領書をもらう場合があります。
(ここで疑問です。受領書がほしいのはうちなので、納品先がわざわざ自分達で受領書を発行しておく必要はないように思うのですが、どうなんでしょう?)

また、受領書なしに受け渡しをした場合には、「受け取ったor渡した」でトラブルが起きた場合にどちらの責任になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>こちらには配送業者に渡したという送り状の控えが残ります。



この場合は運送業者の保管している受領書でOKです。通常は運送業者の使用する様式の受領書でしょうね。
できればその送り状に品名が明示されていることが望ましいとは思いますが。

私の会社でも、直販で全国に多数の得意先を持っていて、運送は全部業者任せでした。

時々得意先と着いた着かないという行き違いがありましたが、運送業者のそのあたりの事務処理は完璧で、常に受領書の控えがあり、それを取り寄せて得意先に提示すると解決できました。
この例は、毎月数万件の出荷がある会社の話です。

そこでは自社ではとても受領書の管理は無理だったので全部業者に任せていましたが、この伝票によるトラブルはほとんどなかったと思います。
最も運送業者もそれが立証できないと配達した事実が証明できないので運賃がもらえないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。
なんとかきちんと運用できそうです。
感謝します。

お礼日時:2011/04/13 11:36

これは指定納品書を使用する場合の受領書の扱いのことですね。



注文者が自分の会社の決めた様式の納品書を納品者側に使用することを指定する場合に、その指定納品書の一枚に受領書が付いてくるということですね。

この場合はその受領書は当然納品者が受け取ります。
こうしないと受領書が必要な場合には、納品する側は端注射の納品書とは別に納品側の様式の受領書を用意しなければいけませんね。

そういう手間をさせないために指定納品書では多くの場合受領書もセットになっています。

>受領書なしに受け渡しをした場合には、「受け取ったor渡した」でトラブルが起きた場合にどちらの責任になるのでしょうか?

この場合は注文者は当然その受け取った事実を否定するでしょう。
納品が実際にあったことは納品する側が証明しないと相手は検収をしないでしょう。

指定納品書を使うのは多くが大手企業で、そういう会社では納品の事実があいまいな場合は規定上検収はあげられません。担当者にはその権限はないと考えたほうが良いと思います。

私は昔購買業務をしていたときに、ある業者が頼んだ商品を工場内に黙っておいて帰ってしまい、後日それが判らなくて大きな問題になったことがあります。
その商品は日常的のその工場で繰り返し消費されているもので、気がついたときにはその時の納品が本当にあったかなかったかどうしてもわからず、最後は先方に泣いてもらうしかなかったことがあります。
私は相手の言うこととは多分本当だろうと思っていましたが、事実を確認する方法がなくどうにもできませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お詳しそうなので、できればもう少しお付き合いください。
もう一つ、自社配送ではなく配送業者を利用して納品を行った場合なんですが、
荷物の中に受領書を入れておいても受領印を押して返却してくれるケースは逆にまれです。
しかしこの場合、こちらには配送業者に渡したという送り状の控えが残ります。
トラブルが起きた場合、この送り状だけでは証拠にはなりませんか?
※おそらく配送業者から納品先に渡される際にも納品先控えと業者控えがあるはずなので、少なくとも納品元→配送業者→納品先の証拠は送り状で残ると思うのですが・・・

お礼日時:2011/04/13 08:53

受領書を発行して渡したということで商品を受け取ったという記録が残るようなシステムなんじゃないのかな

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
それが受領印だと思えばいいのですね。

お礼日時:2011/04/12 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受領書の発行について

受領書の発行義務について質問です。
お客さんから注文があった際には大抵注文書が送られてきます。
その時に複写で受領書がついているので受け取った証明として受領印を押し、受領書を渡します。
(そこまでは何の疑問もありません)

お客さんへ品物を納品する際、こちらは納品書(複写で受領書)を渡し、受領書に受領印をもらい受領書を持って帰るのが普通だと思いますが、納品先から納品先が発行した受領書をもらう場合があります。
(ここで疑問です。受領書がほしいのはうちなので、納品先がわざわざ自分達で受領書を発行しておく必要はないように思うのですが、どうなんでしょう?)

また、受領書なしに受け渡しをした場合には、「受け取ったor渡した」でトラブルが起きた場合にどちらの責任になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>こちらには配送業者に渡したという送り状の控えが残ります。

この場合は運送業者の保管している受領書でOKです。通常は運送業者の使用する様式の受領書でしょうね。
できればその送り状に品名が明示されていることが望ましいとは思いますが。

私の会社でも、直販で全国に多数の得意先を持っていて、運送は全部業者任せでした。

時々得意先と着いた着かないという行き違いがありましたが、運送業者のそのあたりの事務処理は完璧で、常に受領書の控えがあり、それを取り寄せて得意先に提示すると解決できました。
この例は、毎月数万件の出荷がある会社の話です。

そこでは自社ではとても受領書の管理は無理だったので全部業者に任せていましたが、この伝票によるトラブルはほとんどなかったと思います。
最も運送業者もそれが立証できないと配達した事実が証明できないので運賃がもらえないですよね。

Q一般顧客への納品書・物品受領書の発行の有無について

いつもお世話になっております。

昨年に配属され、自分なりに1年やってきましたが煩雑なところもあり合理化しよう色々考えています。
一番頭を悩ませてるのは請求書・納品書・物品受領書です。
個人客に販売してますが、その場合納品書・物品受領書は必須でしょうか?
お客さんは300人程(まだ増えそう)おり、繁忙期だと毎朝大量の伝票を発行するのが非常に煩雑になってきました。
伝票のフォームはエクセルで作成されてあり、受注番号を選択するとその番号の購入者・商品・単価など金額も全て表示されるようにはしています。

営業が納品書・物品受領書を発行しても配達時は持って行かない(前納の時は受注を確認後発行してます)とこもしばしばで、机の中に昔の納品書・物品受領書が放置されています。
紙も安くないわけだし、こんな現状なら作成しなくてもいいかなと思ってるのですが…。
やはり、納品書・物品受領書は必要だと思いますか?

Aベストアンサー

例えば発送で商品を届ける場合は受領書が必ず回収できる訳ではないので、納品書のみでも可だと思いますが、自社で配達しているのなら納品書とともに受領書をもらうことなど一連の作業なので書類よりもまず営業のかたの配達方法に問題があると思います。
双方ともに責任を持たさないと(渡した、受取ったという責任)何かあった場合、あなたの会社側のみの責任になってしまいませんか?

Q会計用語の「AP or/and AR」とはどういう意味でしょうか。

英文レジメのスキルチェックシートの中に「AP or/and AR」という用語があるのですが、これはどういう意味でしょうか。

ARは辞書で調べると、acknowledgment of receipt 受領通知{じゅりょう つうち}とあったのですが、APは分かりませんでした。

また、ARについては意味は分かったのですが、受領通知の経験ってなんだろうって考えちゃうんですが・・・。

レシートを受領するって事ですから、それをもらって清算する、即ち出納係りの事でしょうか。

教えて下さい。

Aベストアンサー

タイプミスがありましたので、再度書きました。

会計用語の場合、ARときたらAccount Receivableだと思います。またAPはAccount Payableで日本語では前者は販売した商品で今後入金があるという意味です。また後者は受け取った荷物があって期限内に支払いが発生するというととになります。日本語では売掛と買い掛けでしょうか。

Q税務調査の際の注文書及び注文請書の確認について

小規模の建設会社に勤務する者です。
近く、税務調査があります。
契約書を準備しておく必要があるそうですが、
公の機関との契約書はありますが、
それ以外(下請、個人との契約)との契約書はありません。
弊社が発行した注文書のコピーと相手先の発行した注文請書原本(印紙を貼ったもの、印紙を貼っていないものもあり)、
もしくは、相手先の発行した注文書原本と弊社が発行した注文請書のコピー(原本は印紙を貼り相手先に送付済み)でも良いのでしょうか?
また、注文書は発行したものの、相手先から注文請書をもらっていないものもあります。
反対に注文書は発行してもらったものの、注文請書は作成しなかったものもあります。
ちなみに、注文書には、「この内容でご承諾の場合は請書をご提出ください。」という文が書かれています。
そのような場合は、何か処罰があるのでしょうか。
初めての税務調査で不安です。
時間があまりありません。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>公的機関との注文書に関しては印紙が必要になるかも知れません
この件につきましては、「各公の機関の契約書作成の手引き等には、2部作成1部は印紙を貼って提出、1部は保管と書いてあります。」と記載があったので、必要ないと思いますが念の為、貼っておき不必要ならば
還付を受けるという意味ですが、購入確認時期は特に突っ込まれません、印紙の有高帳があればつい最近になってから購入したのがわかってしまいますよ。
印紙を貼るのか貼らないのか手引きをもらった機関に確認をするのも手だと思います。
>元請けからもらった注文書には「請書を発行してください。」とあり
>ますが、注文請書を渡していないとこともあります。
>今から証紙を購入して、作成してわたしておくべきでしょうか。
請書をこれから発行しなくても大丈夫です、その代わりに売上の請求書を提示すると良いです。請求書でそれで売上を確認できます。
請書を渡す・渡さないは、個々の会社の中での話で必らず請書を作らないとダメだという規則は無いのではないでしょうか?

>下請への注文書のコピーはありますが、もらっていないものは(確認
>書類は3年分用意するように言われています)作成してもらった方がい>いのでしょうか。
下請けからの注文書は無くても請求書がありますよね?それで売上を確認できますからこれから作成しなくても大丈夫です。

>注文書・注文請書(どちらかは原本、どちらかは相手先に提出済みな
>のでコピー)、セットで用意する必要があるのかどうかが、一番心配
>な点です。
セットで用意する必要は無いかと思われます。調査では主に売上確認・工期の確認をするので、どちらか一方で確認できれば大丈夫です。
工期の確認が出来なくても、他の書類(日報等)で大体の工期がわかりますよ。

>公的機関との注文書に関しては印紙が必要になるかも知れません
この件につきましては、「各公の機関の契約書作成の手引き等には、2部作成1部は印紙を貼って提出、1部は保管と書いてあります。」と記載があったので、必要ないと思いますが念の為、貼っておき不必要ならば
還付を受けるという意味ですが、購入確認時期は特に突っ込まれません、印紙の有高帳があればつい最近になってから購入したのがわかってしまいますよ。
印紙を貼るのか貼らないのか手引きをもらった機関に確認をするのも手だと思います。
>...続きを読む

Q4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け

4文字の掛軸の意味。 掛軸に書かれている意味が解らずにいます。茶掛け軸でない御軸と思います。

文字は以下のとうり。 堅正不即 です。禅語から出典と思います。

くずし字で4文字目が即でなく却なら真宗の経典にありますが禅宗の僧侶の方の書ですので即と読みます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多少の文字の増減はよくあることだと思います。

禅宗の考え方と『華厳経』の思想は繋がる部分が多いので、『華厳経』の句ならば、全く違和感はないと思います。

ただ、禅宗の方は「これはどこどこ宗の経典だから」というようなことを言う方は少ないと思います。
そんな偏狭なことを言う坊さんは禅宗の坊主ではないでしょう。禅宗の坊さんなら、自身の心に響くよい言葉であれば、真宗の経典であろうと、キリスト教の聖書であろうと、どこからでも字を引っ張ってくるはずです。
実際、禅宗の高僧と言われる方で「南無阿弥陀仏」の軸を残していらっしゃる方は、少なからずいらっしゃいます。
ですから、「禅僧だから真宗のお経の文言を書いているのはおかしい、“却”ではなく“即”ではないか」という考えはいったん頭から外して、文字そのものを見てどのように読むか判断なさった方がいいと思います。

もしそのお軸の字が読めないのであれば、写真を貼付して皆さんに見ていただけば、きちんと読んでくださる方がいらっしゃると思います。

「堅正不却」でないとするならば、「堅正不動」と読めないでしょうか。

大正新脩大蔵経のサイトで、「堅正不」で検索をかけましたら、『華厳経』の中に、「堅正不傾動」という句が出てきました。

http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/ddb-sat2.php?mode=detail&useid=0278_,09,0669&key=%E5%A0%85%E6%AD%A3%E4%B8%8D

「堅正にして傾動せず」
つまり「しっかりとしていて傾いたり動いたりすることがない」というような意味合いです。
この句を、お軸にするために一文字減らして書いたのかもしれません。こういう多...続きを読む

Q領収書発行についてです。 私は現在会社員ですが、先日知人から会社としてではなく、個人的に(注文書を頂

領収書発行についてです。
私は現在会社員ですが、先日知人から会社としてではなく、個人的に(注文書を頂いたわけではありませんので)ある工事を15万5千円で依頼されました。
工事自体は、いつも使っている業者に15万円でお願いして、私の収入は5千円です。
そして工事代金を頂き領収書を下さいと言われました。
①私の個人名と15万5千円で発行中ですが、
印紙の消印(三文判)とは別に、個人名の横にも押印した方がよいのでしょうか。
又、消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか?
②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いのでしょうか。
又、もらわなかった場合はどうなりますか?
③依頼主が(私の知人)領収書を使用して申告した時、私が確定申告をしなかったら監査が入るのでしょうか?
④私の利益は5千円ですが、確定申告した方が良いですか?

大変恐縮ですが、わかりやすいようにご教示願います。
長々とすみません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

①個人名の横にも押印した方がよいのでしょうか。
押印がなくても領収書としては有効ですが、押印してある方が良いです。
①ー2又消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか?
 大丈夫ですよ。
②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いのでしょうか。
 後々「払った」「もらってない」とならないように、貰う方が良いです。
②ー2 もらわなかった場合はどうなりますか?
 あなたがしはらった事を証明する手段が一つなくなるだけです。
 先方が「金払え」って言い出したときに、「もう払ってありますよ」と主張した際に「証拠を見せろ」といわれたら、困るだけです。

③依頼主が(私の知人)領収書を使用して申告した時、私が確定申告をしなかったら監査が入るのでしょうか?
 税務署がするのは監査ではなく調査です。
 依頼主に税務調査が入ったさいに「あなたから発行された領収書にて証明できる」とされる支出が経費になってるわけです。
 領収書が本物かどうかの確認のため、裏付け調査としてあなたに連絡がくる可能性はあります。
 あなた自身はサラリーマンですので、税務調査の対象になる可能性は非常に低いです。
④私の利益は5千円ですが、確定申告した方が良いですか? 
 あなたの雑所得は「年間5、000円」です。
 会社で年末調整をしてくれてますよね?
 だとしたら「確定申告書の提出義務はない」です。
 住民税の申告義務はあります。
「該当条文は所得税法第121条」

ただし以下のような「注意」が付きますので「なんだか、もうわからんから、確定申告しておく」という手もありますよ。5,000円に対しての所得税が発生し、住民税が増加します。
 「申告はしなくていいが、年末調整で受けなかった所得控除をうけるので確定申告書を出すならば、その5,000円を記載する」
「確定申告書の提出をしたら、住民税の申告書は別途作成して提出する必要はない」

①個人名の横にも押印した方がよいのでしょうか。
押印がなくても領収書としては有効ですが、押印してある方が良いです。
①ー2又消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか?
 大丈夫ですよ。
②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いのでしょうか。
 後々「払った」「もらってない」とならないように、貰う方が良いです。
②ー2 もらわなかった場合はどうなりますか?
 あなたがしはらった事を証明する手段が一つなくなるだけです。
 先方が「金払え」って言い出したときに、「もう払ってありますよ」...続きを読む

Q池田大作氏の「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?

池田大作氏が書いた「人間革命」や「新人間革命」はどんな内容ですか?
途中から読んでも大丈夫ですか?

Aベストアンサー

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立、海外要人との出会いやエピソードが綴られています。

池田会長は、『人間革命』・『新人間革命』通じて「山本伸一」として描かれています。また、当時の創価学会幹部も実在する人物が仮名で描かれています。
世相の変化に伴い、描写のズレがある部分も多少ありますが、書かれている内容は事実上の出来事です。

あくまでも、歴史的時間の経過が伴う内容ですので、初めから通して読まれた方が、分かりやすいかと思います。
また、『人間革命』はインターネットや動画が無い時代に書かれたものですから、非常に長いストーリーになっています。出来れば、『Sokanet』などで概略の経歴などを確認されたうえで読まれると理解しやすいのではないかと思います。

また、日蓮大聖人の仏法教義については、かなり深い内容があるため、人間革命を読んだだけでは、理解出来ない部分もあると思います。人間革命とは別に『日蓮大聖人』(全22巻)の歴史小説がありますので、時間的余裕があれば読んでみる事をお勧めいたします。

『人間革命』、『新人間革命』では池田会長の思いの描写や、書かれている事の背景や事情までは、細かく書かれておりません。『池田大作の軌跡』(全5巻)という書籍がありますが、こちらには人間革命では描かれていなかった細かい部分が書かれており、かなり参考になる部分が多いと思います。

創価学会 壮年部の者です。

『人間革命』は、昭和20年7月3日の戸田第二代会長の出獄から昭和35年5月3日の池田新会長の就任式までの創価学会の歴史を中心に、創価学会の宗教的中心である日蓮大聖人の歴史や仏法教義、創価学会会員の体験、その時々の政治や社会的世相などが書かれています。

『新人間革命』は、池田会長の会長就任以降の海外布教から始まり、昭和54年頃までの創価学会の歩みが書かれています。その間の、公明党設立や民音、創価高校・創価大学の開校、SGI(創価学会インターナショナル)の設立...続きを読む

Q前受金受領施工前の請求書発行の方法

100万円の仕事を請け負ったとします。

50万前払いしたいので先に請求書発行してくれと言われたのですが
請求書の欄にも「前受金\500,000」と記載するべきでしょうか?

どのような処理をすればいいのか教えてください。

Aベストアンサー

仕事をしないうちに請求書を出すものではありません。
前払いをしてくれるというのなら、

・100万円と記載した「契約書」か「請書」
・前受金 50万円と記載した「領収証」

の 2点を渡します。

仕事が終わったときの請求書は、あくまでも請求額は 100万円で、うち 50万は受領済み、差し引き請求額 50万であることをそれぞれ明記します。

Q受託販売をした際の領収書

受託販売をするさい、販売代金から手数料を差し引いて委託者へ送金しますよね。店頭で商品を販売したときに購入者から領収書を依頼された場合、販売代金は売上ではないのに販売代金で領収書をきってもいいのでしょうか。

Aベストアンサー

領収書は、場面によりその意味の異なるものの、一般には、売上代金を受領した証書に留まるものではありません。

すなわち、一般的な領収書の意味は、正常に取引が終了すれば返還する必要のない金銭を受領したときの証書、です。

そのため、お書きのケースであれば、販売代金で領収書を切るのがあるべき処理だといえます。

Q手形の受領時に、領収書を先に発行する行為

当社では、手形の受取時に、取り引き条件として、「領収証の先送り」というのがあるのですが、経理の実務上このようなことをされている会社はありますか。

Aベストアンサー

逆の立場からですが、請求書と領収書を同時に要求しています。
取引の力関係もあるのでしょうが、大抵は一緒に貰っています。
理由は、現金や手形の支払いではなくて原則相手先の銀行口座へ
指定期日までに支払う条件です。

大抵はと言う事は、当然拒否する相手もいます。その場合には、
後から領収書を貰うか銀行振り込みの計算書で代用する場合もあります。
支払い件数が多く後から領収書を貰っていたのでは、突合せ処理が大変
だからです。

問題は手形の場合はどうするかと言うことですが、手形は有価証券で
現金ではありませんから、現金と引き換えに領収書発行していると
違和感があります。上述の銀行振り込みと言う一種の口約束よりも、手形
と言う有価証券を受け取るのですから、問題ないと思います。

不渡りになったら、手形の遡及手続きをする事になります。その時に
手形と引き換えに、現金を貰うか貰えない場合は請求権利のある手形が
手元に残るので問題ないように思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報