ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

だいぶ前なので、テレビで見たのか、本で読んだのか忘れてしまったのですが、心筋炎から拡張型心筋症に移行することがあるということを聞いたことがあります。

それって本当なのでしょうか?

もし拡張型心筋症に移行したら、拡張型心筋症の治療になると思いますが、拡張型心筋症の治療法はドラマ「医龍」でおなじみのバチスタ手術か心臓移植ですよね。
でも、バチスタ手術をしたからと言って完治するというわけではないので、完治するならやはり心臓移植は避けられないのでしょうか?
また、バチスタや心臓移植が出来ない場合もあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医療に詳しくないので下手なことは言えないんですが、ドラマだと現実では起きないようなことが起こりますよね


例えば医龍なら、成功率の低い手術でもほとんど成功させて完治させたり、良いタイミングでドナーが見つかったりなど

現実ではバチスタや心臓移植も、体力だったり時期が合わなかったりで出来ることがあるかどうかはわからないと思います。

ですが、現実でもドラマのようなことが起きることがあるのは事実です
あきらめないでください
死ぬなとはいいません でも絶対にあきらめないでください
死ぬこととあきらめることは違います

杞憂だったらいいんですけども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:30

> 心筋炎から拡張型心筋症に移行することがある



と推察される症例はあります。

> 拡張型心筋症の治療法はドラマ「医龍」でおなじみのバチスタ手術か心臓移植ですよね。

違います。多くの症例は、内服加療でそこそこ普通の生活が可能です。それに、最近は米国などは可搬型のLVADを装着する人も多いようです。もっとも米国の場合は、虚血性心筋症による心機能障害が多そうですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 拡張型心筋症<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    拡張型心筋症とはどんな病気か  拡張型心筋症は、心筋の細胞の性質が変わって、とくに心室の壁が薄く伸び、心臓内部の空間が大きくなる病気です。その結果、左心室の壁が伸びて血液をうまく送り出せなくなり、うっ血性心不全を起こします。左心室の血液を送り出す力は、心臓の壁が薄く伸びるほど弱まるので、心筋の伸びの程度で重症度が決まってきます。拡張型心筋症の5年生存率は76%ですが、突然死の発生もまれではありませ...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心室性期外収縮と拡張型心筋症について

父が以前から定期的に病院で検査を受けていましたが、ずっと心室性期外収縮と診断され薬を飲んでいれば特に日常生活に問題なしといわれていました。
ところがここ1ヶ月くらい息切れするようになり山登りをしたら具合が悪くなり、近所の別の病院に行ったら拡張型心筋症と診断されました。

病院によって診断結果が異なり、心室性期外収縮と拡張型心筋症ということなのですが、どちらを信じるべきなのでしょうか?
別の病院で再度診断して貰うべきか、心室性期外収縮
と診断された病院にいって拡張型心筋症ではないか?確認すべきなのでしょうか?

心室性期外収縮自体どういう病気かとく分からないのですが、何かアドバイスください。

Aベストアンサー

心室性期外収縮というのはよくみられる不整脈の一種で、多くの場合は命にかかわることはありません。ただし心室性期外収縮の誘引となる基礎心疾患がある場合は別です。特に拡張型心筋症に伴う心室性期外収縮は、心室頻拍や心室細動という致死的な不整脈に移行する可能性があります。拡張型心筋症による心機能の低下が重いほどその危険性も高くなります。いずれにせよ拡張型心筋症と言われたのならちゃんとした循環器科のある病院で一度精密検査をしてその上で内服薬や場合によっては植え込み型の除細動器などの適応も考えてもらう必要があると思います。。ちなみに心臓というのはとっても頑張りやで、無口な臓器です。拡張型心筋症も何年もかけて徐々に悪化してきても自覚症状が出るのはかなり病状が進んでからです。一ヶ月で発症することはありませんが,ある一線を越えると急激に悪化します。時には一晩にして急性心不全となり命を落とすこともあります。ですからまずはしっかりとした診断を受けてください。また半年寝ていても治りません。アルコールなどの原因があるものは別として、治る病気ではありません。ひと昔前までは拡張型心筋症と診断されてからの5年生存率(5年間生きていられる確立)は50%といわれていました。少し脅かしすぎたかもしれませんが、しっかり検査をして、ちゃんとしたフォローを受ければ決してそんなに怖がることはありません。今では5年生存率もかなり向上しています(発症年齢にもよりますが80%以上はあると思います)。まずはしっかりと現在の状態を評価してもらうことです。そしてちゃんとした治療を受けることです。

心室性期外収縮というのはよくみられる不整脈の一種で、多くの場合は命にかかわることはありません。ただし心室性期外収縮の誘引となる基礎心疾患がある場合は別です。特に拡張型心筋症に伴う心室性期外収縮は、心室頻拍や心室細動という致死的な不整脈に移行する可能性があります。拡張型心筋症による心機能の低下が重いほどその危険性も高くなります。いずれにせよ拡張型心筋症と言われたのならちゃんとした循環器科のある病院で一度精密検査をしてその上で内服薬や場合によっては植え込み型の除細動器などの適...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報