だいぶ前なので、テレビで見たのか、本で読んだのか忘れてしまったのですが、心筋炎から拡張型心筋症に移行することがあるということを聞いたことがあります。

それって本当なのでしょうか?

もし拡張型心筋症に移行したら、拡張型心筋症の治療になると思いますが、拡張型心筋症の治療法はドラマ「医龍」でおなじみのバチスタ手術か心臓移植ですよね。
でも、バチスタ手術をしたからと言って完治するというわけではないので、完治するならやはり心臓移植は避けられないのでしょうか?
また、バチスタや心臓移植が出来ない場合もあるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医療に詳しくないので下手なことは言えないんですが、ドラマだと現実では起きないようなことが起こりますよね


例えば医龍なら、成功率の低い手術でもほとんど成功させて完治させたり、良いタイミングでドナーが見つかったりなど

現実ではバチスタや心臓移植も、体力だったり時期が合わなかったりで出来ることがあるかどうかはわからないと思います。

ですが、現実でもドラマのようなことが起きることがあるのは事実です
あきらめないでください
死ぬなとはいいません でも絶対にあきらめないでください
死ぬこととあきらめることは違います

杞憂だったらいいんですけども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:30

> 心筋炎から拡張型心筋症に移行することがある



と推察される症例はあります。

> 拡張型心筋症の治療法はドラマ「医龍」でおなじみのバチスタ手術か心臓移植ですよね。

違います。多くの症例は、内服加療でそこそこ普通の生活が可能です。それに、最近は米国などは可搬型のLVADを装着する人も多いようです。もっとも米国の場合は、虚血性心筋症による心機能障害が多そうですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/08 16:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拡張型心筋症

だいぶ前なので、テレビで見たのか、本で読んだのか忘れてしまったのですが、心筋炎から拡張型心筋症に移行することがあるということを聞いたことがあります。

それって本当なのでしょうか?

もし拡張型心筋症に移行したら、拡張型心筋症の治療になると思いますが、拡張型心筋症の治療法はドラマ「医龍」でおなじみのバチスタ手術か心臓移植ですよね。
でも、バチスタ手術をしたからと言って完治するというわけではないので、完治するならやはり心臓移植は避けられないのでしょうか?
また、バチスタや心臓移植が出来ない場合もあるんですか?

Aベストアンサー

医療に詳しくないので下手なことは言えないんですが、ドラマだと現実では起きないようなことが起こりますよね
例えば医龍なら、成功率の低い手術でもほとんど成功させて完治させたり、良いタイミングでドナーが見つかったりなど

現実ではバチスタや心臓移植も、体力だったり時期が合わなかったりで出来ることがあるかどうかはわからないと思います。

ですが、現実でもドラマのようなことが起きることがあるのは事実です
あきらめないでください
死ぬなとはいいません でも絶対にあきらめないでください
死ぬこととあきらめることは違います

杞憂だったらいいんですけども。

Q心筋炎でしょうか

心筋炎を疑っています。
経過としては、20日ほど前に発熱があり(37~38度)、
10日間ほどで熱は下がったのですが、
そのときから現在まで胸部が圧迫されるような不快感とだるさがあります。
また、左背筋から左肩にかけての張りもあります。
現在、病院へは行っていないのですが、
ネットで調べてみたら心筋炎に近い症状にも思われます。
一度気になったらますます気になってしまって・・・。
そこで2つ質問をさせてください
(1)心筋炎でしょうか?
(2)循環器科でみてもらった方がよいでしょうか?それともしばらく様子を見ても良いでしょうか?

質問の内容が不十分かとも思いますが、
上の2点についてアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

素人判断で病気にしてしまうのは非常に危険です。
循環器科受診を強くお勧めします。

Q心室性期外収縮と拡張型心筋症について

父が以前から定期的に病院で検査を受けていましたが、ずっと心室性期外収縮と診断され薬を飲んでいれば特に日常生活に問題なしといわれていました。
ところがここ1ヶ月くらい息切れするようになり山登りをしたら具合が悪くなり、近所の別の病院に行ったら拡張型心筋症と診断されました。

病院によって診断結果が異なり、心室性期外収縮と拡張型心筋症ということなのですが、どちらを信じるべきなのでしょうか?
別の病院で再度診断して貰うべきか、心室性期外収縮
と診断された病院にいって拡張型心筋症ではないか?確認すべきなのでしょうか?

心室性期外収縮自体どういう病気かとく分からないのですが、何かアドバイスください。

Aベストアンサー

心室性期外収縮というのはよくみられる不整脈の一種で、多くの場合は命にかかわることはありません。ただし心室性期外収縮の誘引となる基礎心疾患がある場合は別です。特に拡張型心筋症に伴う心室性期外収縮は、心室頻拍や心室細動という致死的な不整脈に移行する可能性があります。拡張型心筋症による心機能の低下が重いほどその危険性も高くなります。いずれにせよ拡張型心筋症と言われたのならちゃんとした循環器科のある病院で一度精密検査をしてその上で内服薬や場合によっては植え込み型の除細動器などの適応も考えてもらう必要があると思います。。ちなみに心臓というのはとっても頑張りやで、無口な臓器です。拡張型心筋症も何年もかけて徐々に悪化してきても自覚症状が出るのはかなり病状が進んでからです。一ヶ月で発症することはありませんが,ある一線を越えると急激に悪化します。時には一晩にして急性心不全となり命を落とすこともあります。ですからまずはしっかりとした診断を受けてください。また半年寝ていても治りません。アルコールなどの原因があるものは別として、治る病気ではありません。ひと昔前までは拡張型心筋症と診断されてからの5年生存率(5年間生きていられる確立)は50%といわれていました。少し脅かしすぎたかもしれませんが、しっかり検査をして、ちゃんとしたフォローを受ければ決してそんなに怖がることはありません。今では5年生存率もかなり向上しています(発症年齢にもよりますが80%以上はあると思います)。まずはしっかりと現在の状態を評価してもらうことです。そしてちゃんとした治療を受けることです。

心室性期外収縮というのはよくみられる不整脈の一種で、多くの場合は命にかかわることはありません。ただし心室性期外収縮の誘引となる基礎心疾患がある場合は別です。特に拡張型心筋症に伴う心室性期外収縮は、心室頻拍や心室細動という致死的な不整脈に移行する可能性があります。拡張型心筋症による心機能の低下が重いほどその危険性も高くなります。いずれにせよ拡張型心筋症と言われたのならちゃんとした循環器科のある病院で一度精密検査をしてその上で内服薬や場合によっては植え込み型の除細動器などの適...続きを読む

Q感染性胃腸炎と虫垂炎

1週間前に軽い虫垂炎で2日間入院をし抗生剤の点滴を1日2回行って症状を散らしたのですが
今日悪心嘔吐と発熱で病院にいったら
感染性の胃腸炎と診断されました。
こんな短期間に虫垂炎から感染性胃腸炎にかかってしまうことはありえるのでしょうか?

Aベストアンサー

虫垂炎は虫垂の感染性腸炎です。

原因が一緒かどうかはわからないですが、一週間あれば違う病気になるのはよくあることです。

Q2009年拡張型心筋症の疑い

2009年拡張型心筋症の疑い

去年拡張型心筋症の疑いでカテーテル検査をしました。
EF=58% 心筋精検は一箇所採取しましたが特に異常は見られませんでした。
心エコー=41%です。
心室左、右とも正常範囲ぎりぎりの大きさになっている。
心室性期外収縮が3万回出てます。ほとんど二段脈、三段脈です。
とりあえず期外収縮で心臓の動きが悪く見えたと言う判断で、経過観察中です。
また、動きが悪くなるかもしれないと言われました。
不整脈で動きが悪く見えたりするのでしょうか?
来月ホルター心電図など、一通り検査を行います。
また本当に拡張型心筋症なのか心配してます。

Aベストアンサー

ほぼ一日中、心室性期外収縮の2段脈の人がいて左室動きが悪く見えた20歳代の人がいました。幸い、右室流出路起源だったので、アブレーションしてもらったら左室の動きが改善し正常となりました。

よって、YESです。

Q胃腸炎(憩室炎)は定期的?

一週間ほど前から腰に違和感があったのですが、それが数日前から下腹部の痛みになり、今日病院へ行った所「憩室炎」との診断で症状そのものは然程酷くなかったので抗生物質の点滴にて今のところは収まっておりますが、こういった事が半年ぐらい前にあって担当医からは「過食、過飲、ストレスに注意」と言われました。前回の発病から再発が怖かったので自分なりに注意はしてたつもりです。特に今回はストレス要員が大きかったのでは?と自分なりには解釈しております。

私は元々腸が弱い体質のようで、結構お腹が下りやすいのですが、この体質を改善しないと上記したような腸の痛みは定期的に続くのでしょうか?今後の事を考えると多少なりとも不安です。今後の注意事項並びに改善策等ありましたらご教授願えると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして

 私も憩室炎に2回ほどかかりました。
環境が大きく変わったときと、疲労がたまっている時でした。
 やっぱり、そういう状態の時によくおこるようです。
ちょっとまずいなと思ったら、あらかじめ整腸剤を飲むとか、無理をしないとか、冷やさないとか、そういう地道なことが痛くなる前に必要だと思います。
もちろん、痛くなったら、早く病院にかかることと。
 
 あと、腸の検査は前回されたのでしょうか?それで、憩室があるのはちゃんと確認されてるんですよね?
dolphin36さんが女性か男性かちょっとわからないのですが、もし女性だったら、憩室炎に似た症状で、卵管や卵巣関連の炎症や痛みのこともあるので、ちょっと気になりました。

Q拡張型心筋症の経過について

39歳の夫ですが、2年前に心不全を起こし、拡張型心筋症と診断されました。
当時、心臓は8センチ大、駆出率27%程度で、これが改善することはあり得ない、一番の理想はせめてこれを維持すること、と言われて、投薬と運動制限を守ってきたのですが、状態はどんどんよくなっていき、1年後には心臓も5センチ大に戻り、駆出率も50%台の正常値に戻ってしまいました。営業の仕事もしばらくは軽減してもらったりしていましたが、あまりにも元気なのでいつのまにか発病前の忙しさに戻ってしまいました。(よくないですけど・・・)
薬はつづけていますが、会社の健診では何もひっかかりません。
最近になって、別の病院で、重度の睡眠時無呼吸があることがわかり、こちらの先生はそもそもこれが2年前の心不全の原因だったのでは?と拡張型心筋症の診断を疑っています。
よくなることはないと言われた拡張型心筋症ですが、実際こんなによくなることってあるんでしょうか。

Aベストアンサー

睡眠時無呼吸の治療で心機能が改善したのなら、そういう可能性もありますが睡眠時無呼吸の診断・治療をしていないのに改善したのなら、睡眠時無呼吸のせいで心機能が低下したとは言えないでしょう。
アーチストが著効する人はそう稀ではありません。ただ、私の患者でも著効して来院されなくなり、心不全で担ぎ込まれた人がいます。今のところ、著効した人がいつまで飲み続けるべきかという研究はないと思います。基本的には、永久に飲み続けるべきとほとんどの循環器医師は考えていると思います。
カテコラミン心筋症の経過と拡張型心筋症との経過、心電図、心エコーは全く異なりますので、間違える事は考えにくいと思います。

Q逆流性食道炎・過敏性腸症候群とウイルス性胃腸炎

当方、逆流性食道炎と過敏性腸症候群を持病として持っているのですが、これらの病気の症状とノロウイルスをはじめとするウイルス性胃腸炎の症状の見分けが難しく、困っています。

胃腸の調子が悪くなることは日常茶飯事なのですが、それが持病によるものなのか、ウイルス等による胃腸炎によるものなのかわからず、不安です。
お腹が痛くなったり吐き気がするたび、ノロでは!?と考えると不安で仕方がなくなります。

持病とウイルス性胃腸炎を区別する方法はありますでしょうか?
また、寝不足だと逆流性食道炎や過敏性腸症候群の症状がひどくなる、ということはあり得ますでしょうか?

困っています、教えてください!

Aベストアンサー

それはおつらいですね~。
私は持病というほどでもなく、しかも別々にしか体験しておりませんが・・・ノロウイルスとの違いは、症状が出た時点で、いつもと違う、と感じられるかと思います。(以前職場で、私を含め次々感染しましたので)

ノロウイルスに感染した場合は、逆流性~のような不快感や、いつも気持ちが悪くて「早く薬を飲まなきゃ」という状態というよりは、もう、発熱とともにひどい下痢とおう吐が襲ってきますので、その時は違いがはっきりお分かりになるかと・・・
また、過敏性~のような、長期間にわたる下痢ではなく、本当に食当たりの苦しさなので、逆に回復が早いのでお分かりになるかと思います。
もちろん病院での検査で調べてもらえます。

余談ですが、ノロウイルスは、保菌しても症状が出ない人もありますし、おなかを軽くこわした感じで終わった~、という人もいました。
確かに冬場は気をつけないといけないかもしれませんが、子供さんや身体の弱っているかた以外であれば、かかったらかかったでなんとかなるんではないでしょうか。
風邪も、インフルエンザも、感染性胃腸炎も、普通に暮らしていたら、絶対に感染しないとかは無理ですし。

逆流性食道炎は生活スタイル等もあるかもしれませんが、ストレスで胃が荒れると大変良くないですし、過敏性腸症候群もやはりストレスは大敵ですよね。寝不足は身体に大きなストレスを与えることになりますので、十分な睡眠をとってお体を大事になさってください。

それはおつらいですね~。
私は持病というほどでもなく、しかも別々にしか体験しておりませんが・・・ノロウイルスとの違いは、症状が出た時点で、いつもと違う、と感じられるかと思います。(以前職場で、私を含め次々感染しましたので)

ノロウイルスに感染した場合は、逆流性~のような不快感や、いつも気持ちが悪くて「早く薬を飲まなきゃ」という状態というよりは、もう、発熱とともにひどい下痢とおう吐が襲ってきますので、その時は違いがはっきりお分かりになるかと・・・
また、過敏性~のような、長期...続きを読む

Q拡張型心筋症

私の母のことなのですが、心臓サルコイドーシスによる拡張型心筋症になり、現在9年目を迎えます。
拡張型心筋症を患った方の10年生存率は36%と出てました。
現在の母の状態は心臓は8cmまで肥大しBNPは450~500台です。ですが、息切れ、呼吸苦は全くみられず、家事や近所を散歩ぐらいなら問題なく行えています。
サルコイドーシスもプレドニンで、しっかりと抑えれています。

質問が2つあります。
1、現在の状態を維持できれば、後何年ぐらい生きれるのでしょうか?

2、BNPを下げるには、どのように努力したらいいのですか?

不安で仕方ありません。どなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

特発性拡張型心筋症ではないので、その予後を参考にはできません。心不全による死亡例が増えてはいますが、やはりコントロール困難な致死性不整脈による死亡例も未だにあります。心サルコイドーシスは、本当にCase by caseです。心サルコイドーシスだから、予後はこう..というのはあまりデータがないと思います。

心サルコイドーシスにおいて、BNPを下げる治療が予後を改善するかは不明です。特に75歳以上の心収縮能低下による心不全患者においては、BNPを下げる事を目標とする治療をおこなっても予後は改善しません。
一般に、心不全患者の予後を規定する因子に心機能そのものもありますが、腎機能が大きなファクターになります。心臓が多少、悪くても腎機能がしっかりしていればそんなに心不全を繰り返さず、予後も良好となります。
腎保護を考えた日常生活、特に減塩が必要です。

Q結膜炎が友達の子供にうつってしまわないか心配です。結膜炎になってしまっ

結膜炎が友達の子供にうつってしまわないか心配です。結膜炎になってしまったようなのです。結膜炎用の市販の目薬で治ると思っていたのですが、丸2日たっていますが、症状が良くなりません。病院に行くこともできませんでした。明後日、1歳の子供がいる友達と子供も含めて会う約束をしているのですが、子供にうつってしまわないか心配です。直接触ったりしなければ大丈夫でしょうか?それともやはりマナーとして約束をキャンセルするべきでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして 二児の母です。

話はした方が良いですよ。

結膜炎になってしまったから、、、って言えば 私なら じゃ次回って 言います。

映される事も嫌だけど、それよりも結膜炎なのに 目も見えにくいだろうし、、って気になるし。


人気Q&Aランキング