福島原発から直線で70kmほどの宮城県に土地を購入し家を建てる予定です。
震災前からの計画だったので、契約期日まで迫っています。
津波の被害はなかった地域です。
購入後に避難地域が広がり、住めなくなったら…と不安ですが、キャンセルしまた一から希望の土地を探して見つかるのかという不安もあります。

無謀でしょうか?
問題ないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

キャンセル料が発生しないのであれば、キャンセルをして別件を探され


た方が無難ではないかと思います。確かに一から探す事になりますが、
定住のための家屋を建てるのですから、安全に安全を重ねて慎重過ぎる
くらいに考えて決めた方が良いのではありませんかね。

距離的には大丈夫とは思いますが、地震や長雨で地盤が緩んでいるとも
考えられますから、環境よりも地盤の事を優先されて下さい。

不安を残しながら今の土地を購入したら、運が悪く地滑りや地割れ等を
起こして建て替える事になったら、あの時にキャンセルすれば良かった
と後悔する事も十分に考えられます。少しでも不安がある時には、直ぐ
に結論を出さないで先送りにする事も大切と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、出来ればもう少し様子をみたいのですが、1月に見つけ、本来ならば3月末に手付け金を支払い契約し5月末に支払いの予定を震災があった為、ひと月ずらしてもらいました。
銀行融資の仮審査が通れば、手付け金を支払うことになっており、その後はキャンセルすれば違約金が発生します。
二年以上探しまわり、やっと場所も価格も納得できた土地です。
諦める勇気も、決断する勇気もなかなかつきません‥。

お礼日時:2011/04/14 13:38

取りあえず、契約は止めた方が良いでしょう。



原発云々の以前に
今後、そのエリアの環境がどのように変化していくか解りません。
海岸エリアの人たちが移住してくるのか、
もっと遠隔地まで移転して行って過疎化になるのか
現時点では、法の問題もありますがスンナリ元通りになるとは考えにくいです。

70km離れていれば被曝のリスクはそれ程高くは無いでしょうが、
地場の野菜、生鮮加工品などが限られることは避けられないはずですので
生活(食料品の買い物など)がスムースにいかなくなるリスクが有ります。

土地の価格は下がるでしょうし、復興事業が優先されるため
建築資材の質も量もマイナスにならざる得ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
内陸でまだ土地も割とある地域なので海岸部の方々が移ってこられる可能性はあり得る場所です。

考える時間は残り少ないですが、よく考えてみます。

お礼日時:2011/04/14 13:42

70km離れていれば問題ないと思いますよ。

チェルノブイリでも30km以内への立ち入り禁止になっただけで今回の放射線漏れはチェルノブイリより遙かに少ないので問題はないでしょう。逆にこれを逆手にとって値下げ交渉の道具に使ってみられてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そのように言っていただけると、決断する勇気が湧きます。

検討致します。

お礼日時:2011/04/14 13:43

発表以上に悪い


今後更に被害は広がる
それだけは確かです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そのように思う自分もおります。

よく検討致します。

お礼日時:2011/04/14 13:44

仙台の業者です


今日レベル7に引きあげられた状態で、ちょっと不安はありますし、万一近隣で少しでも放射線物質の基準値を越えたら、人体に影響がないといっても、もう当分不動産として動かない地域になりますから、止めるのではなく原発が終息にむかう迄延期した方が良いでしょう。今までは西か北風でしたがこれから温かくなれば南風になって来ますし。
どうせ建物も直ぐに着手はむずかしい状態ですからね。
他に今購入に踏み切る方は非常に少ないと思いますし、まあ他の方に買われたらそれはそれであきらめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

延期したいのは山々なのですが、年明けから進めてすでに災害で延期をしていた話なので、さすがにさらに延期は厳しそうです。

建築業者には資材の確保はあると確認はしております。

もしもの時は仕方ないですかね…。

お礼日時:2011/04/14 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング