ISーLM曲線に関する正誤問題です。

・変動相場制の下では、拡張的な財政政策はIS曲線を上方にシフトさせて利子率を高め、マネーサプライを増加させる。この結果、LM曲線も下方にシフトするので国民所得は増加する。

・変動相場制の下では、拡張的な金融政策はマネーサプライを増加させるので、LM曲線を下方にシフトさせる。その結果、資本が外国に流出して時刻の為替レートが減価してIS曲線が上方にシフトするので、国民所得は増加する。

この二つの文で、下の文章は正しいそうですが、上の文章は間違いとなってました。
上の文章はどこが間違っているのでしょうか?

どちらも同じようなことを言っているような気がするのですが・・・
詳しい方、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

マンデルフレミングモデルですね。



「拡張的な財政政策はIS曲線を上方にシフトさせて利子率を高め、」は良いとして。
「マネーサプライを増加させる。」これが違いますね。
これは中央銀行が判断し金融緩和政策を行わないとマネーサプライは増えません。
したがって、文章だけでは判断できません。

なので、
「LM曲線も下方にシフトするので国民所得は増加する。」
以上の内容からは判断できません。

ちなみに、マンキューの教科書だともっとシンプルな図になっているため、この記述通りのようにはいきません。
(確か縦軸が為替レートで横軸に国民所得をとるため、ISが右上がりでLMが垂直だった気がします。)

次は、
「拡張的な金融政策はマネーサプライを増加させるので、LM曲線を下方にシフトさせる。」
問題ないですね。

「資本が外国に流出して自国の為替レートが減価して」
これは、金融緩和→利子率が下がる。このため、利子率の高い海外に資本が流出します。
このとき、自国通貨を売って外貨を買う必要があるため、自国通貨の価値が下がり(減価)ます。
減価すれば、輸出に有利となり純輸出が増えるので、
「IS曲線が上方にシフトする」で正しい内容という訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい解説ありがとうございました!
財政政策とマネーサプライは関係なかったんですね。
頑張って勉強続けます!

お礼日時:2011/04/27 17:43

マンデル・フレミングモデルですか?


「LM曲線も下方にシフトする」が間違いで,正解は「上方にシフトして国民所得は減少する」が正解だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!

お礼日時:2011/04/27 17:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPhotoshopで曲線の矢印付線をつくりたい

Photoshopで曲線の矢印付線をつくりたいのですが
ラインツールで直線の矢印付線をつくることは可能なのですが曲線はできません。
他の方法でキレイに曲線の矢印付の線を描くことはできませんか?
イラストレーターか無理やりベージュ曲線を使うしかないのでしょうか?

ちなみにバージョンはCS2です

Aベストアンサー

Illustratorがあれば移動した方が簡単です。

Photoshop上であれば
・カスタムシェイプツールを選択
・オプションバー [シェイプ]の▼、さらにパレットの→ で[矢印プリセット]
・適当なシェイプを選んで描画
・(ツールボックスの)アンカーポイント切り替えツールで整形
・必要に応じてパスパレットの→ パスの塗りつぶし(描画色)とすればいいと思います、自由度は低いですけど。

QIS-LM-BP分析/資本移動が不完全、変動相場制

IS-LM-BP分析(資本移動が不完全、変動相場制)で、金融緩和政策を実施し
た場合に、LM右シフト、国際収支が赤字(e↑)でBP右シフト、円安で純輸出↑で
IS右シフトと分析されると思うのですが、この際に、LM右シフトによるr↓による国
際収支における供給減少によるBP曲線左シフトを考慮しなくてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

えーとどこまで考慮するかという仮定によるのですが、一通り考慮するというシミュレーションならば当然考慮します。

資金供給によりLM右シフトしrが下がる。
(また国内需要が増大するので純輸出が減少し、経常収支も赤字化でeも円安になる)
さらにr下落により国際収支の資本収支が黒字化しeはさらに円安圧力がかかる。
(ここで若干のr上昇効果もあると思われます)
為替下落によりにより純輸出増発生、IS右シフトとBPシフト。
ここらが絡み合って最終的には3線が一点に均衡すると思われます。

分かりやすく考えたければ一度固定相場制で考えると良いかもしれません。
eは変動なしとしてシミュレートすると最終的にIS-LMの交点をBPが通らなくなります。
ここで国際収支が黒字か赤字か確認してみてください。
恐らくLM右シフト、BP左シフトの結果、多額の国際収支の赤字、外貨不足が発生します。
次に為替レートはこの国際収支の赤字、外貨不足を是正・解消するために作用するわけですから、下落します(自国通貨安外貨高)。
その結果、純輸出が増加し、さらに国際金融の相場的に外貨が割高、自国通貨が割安になるので国際収支も均衡します。


・補足 金融緩和による純輸出の増減
恐らく金融緩和を行った場合一般には、国内需要増加による純輸出減少圧力<国際金融相場の変動による為替レート下落による純輸出増加圧力となることが多いので、金融緩和は純輸出増に繋がりやすいと思われます。
ただし例外は多々あると思われます。ジンバブエのような例では札をするだけ貿易は破綻するでしょうし、日本のような超低金利国家の場合効果も分かりません。まあ市場参加者の判断次第ってことですね。

えーとどこまで考慮するかという仮定によるのですが、一通り考慮するというシミュレーションならば当然考慮します。

資金供給によりLM右シフトしrが下がる。
(また国内需要が増大するので純輸出が減少し、経常収支も赤字化でeも円安になる)
さらにr下落により国際収支の資本収支が黒字化しeはさらに円安圧力がかかる。
(ここで若干のr上昇効果もあると思われます)
為替下落によりにより純輸出増発生、IS右シフトとBPシフト。
ここらが絡み合って最終的には3線が一点に均衡すると思われます。

分かりやすく...続きを読む

Q(^_^;) ワードのオートシェイプで、曲線の先に矢印をつける方法、ありますか?

 Word2000を使ってます。図形描画のオートシェイプで、直線の先(端っこ)に矢印をつけられるようになってますが、曲線の先(端っこ)に矢印をつけることはできませんか?
 矢印を入れるなら、手書きがやむをえないんでしょうか?
 曲線と、矢印つき直線を合成しようとしても、なかなかうまくいきません。

Aベストアンサー

書いた曲線を右クリックして「オートシェイブ書式設定」で両端の形を指定できたはずですが・・

Q固定相場制と変動相場制の財政金融政策の有用性の違いについて

経済学初心者なのですが、開放経済の場合の財政政策の有用性と金融政策の有用性があまりわかりません。
そして、固定相場制と変動相場制での場合はどのように違うのですか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マンデル-フレミング・モデルが参考になるでしょう。

参考URL:http://osaka.cool.ne.jp/economia/internationalmacroeconomics/main.html

Q曲線の矢印

パワーポイントで曲線の矢印を書きたいのですがやり方がわかりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

naohana_2005さん 今日は!
■線(直線、曲線、矢印...)↓
http://www.shinki-kaitaku.com/s13_column/partner04/p015.html
内容:線には、いくつかの種類がありますが、主に使うのは以下の4つ   です。a.直線 b.曲線c.矢印d.フリーフォームについて説明   されてます。
●曲線を描く↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint/HP051922171041.aspx
●PowerPoint で描画する↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint/HA101962731041.aspx
内容:[図形描画] ツールバー (ツールバー : コマンドを実行するのに使用するボタンやオプションを含むバー。ツールバーを表示するには、[ユーザー設定] ダイアログ ボックス ([ツール] メニューの [ユーザー設定] をクリックして、[ツールバー] タブをクリックします) を使用します。)の [オートシェイプ (オートシェイプ : アプリケーションにあらかじめ用意されている図形のこと。長方形や円などの基本図形、さまざまな線種、コネクタ、ブロック矢印、フローチャート、星とリボン、吹き出しなどがあります。)] をクリックします。[線] をポイントし、 (曲線) をクリックします。
以上を参考にされ図形の加工で「太くする」・「影をつける」・「3Dにする」
で好みの曲線矢印にして下さい。
PowerPointで作成し難ければWordで作成して其れをPowerPointに戻せます。

naohana_2005さん 今日は!
■線(直線、曲線、矢印...)↓
http://www.shinki-kaitaku.com/s13_column/partner04/p015.html
内容:線には、いくつかの種類がありますが、主に使うのは以下の4つ   です。a.直線 b.曲線c.矢印d.フリーフォームについて説明   されてます。
●曲線を描く↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint/HP051922171041.aspx
●PowerPoint で描画する↓
http://office.microsoft.com/ja-jp/powerpoint/HA101962731041.aspx
内容:[図形描画] ツールバー (ツールバー : ...続きを読む

QIS曲線とLM曲線

IS曲線
http://www.findai.com/yogow/w00404.htm
>「利子率が上がると国民所得が減少し、
>利子率が下がると国民所得が増加する」という関係を表します。

なぜ利子率が上がると国民所得が減少するのですか?
>「国民所得Y=消費C+投資I+政府支出G」
借金して投資できなくなるから国民所得Yが減少する認識でよろしいでしょうか?



LM曲線
>「利子率が上がると国民所得が増加し、利子率が下がると国民所得が減少する」
>という関係を表します
ISと逆な関係になるですがなぜですか?
利子率が高いと借金できなく投資できなくなるのでは?混乱してます

Aベストアンサー

まず財市場では投資が利子率の減少関数であると覚えて下さい。
理由はおっしゃる通りで利子率の上昇は投資を抑制します。

貨幣市場で実質貨幣ストック(M/P)を一定と置くと、利子率上昇による貨幣需要の減少を相殺するように国民所得は増大します。

IS曲線は財市場の均衡式でLM曲線は貨幣市場の均衡式で、異なる市場なので相反する動きをするのもおかしくありません。
わかりやすく言えば需要曲線と供給曲線では価格に対する動きは逆ですよね?
立場が違うのです。

QIllustratorで立体的な矢印の曲線を作成するには?

いつもお世話になっております。
Illustratorで、添付の画像2種類を合わせたような画像を作りたいと思っています。

具体的には、(ア)のような曲線的な矢印を(イ)の様に立体的に
見せたいです。
試行錯誤の末、回転ツールを使って(イ)のような直線矢印は作ることができましたが、このツールは曲線には使えないのでどうしたものか困っています。
(イ)をアウトライン化?して、さらに変形する、なんて事が出来るのでしょうか?
ご教授のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(イ)を作る時に垂直の(イ)を作る(前後の傾きはOK)。
(イ)を選択ツールで選択>オブジェクト>アピアランスを分割>オブジェクト>クリッピングマスク>解除>バウンディングボックスか回転ツールで90度回転>選択ツールで選択してブラシパレット内にドラッグ>アートブラシにチェックして、OK>適当に名前を付けて、OK>曲線(塗り無し・線有り)を描いて、登録したブラシをクリック>先端の三角を綺麗に見せるには、曲線の線端部分は直線にする。
又は、先端と棒を別々に3Dで作る>棒だけを選択ツールで選択>オブジェクト>アピアランスを分割>オブジェクト>クリッピングマスク>解除>バウンディングボックスか回転ツールで90度回転>選択ツールで選択してブラシパレット内にドラッグ>アートブラシにチェックして、OK>適当に名前を付けて、OK>曲線(塗り無し・線有り)を描いて、登録したブラシをクリック>先端と棒を組み合わせる>棒の切り口が楕円になる場合は曲線の長さや線幅を調整。
但し、光の方向は曲線に合せて変化しないので3Dで作る時に光の方向に注意が必要です。

QIS曲線とLM曲線の表の作成

ワードで表を作成したいのですが、縦と横の文字がうまく入りません。
よい方法を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質問からだけでは、どこの箇所で躓いたのかわからないので、全部書きますね。

ワードで
表示→ツールバーで、図形描画がONになっていますか?
なっていなかったらONにしてください。

1.矢印ツールバーを使ってY軸とX軸を書きます。
(水平・垂直に線を引くには[shift]を押しながら、ドラッグします)

2.オートシェーブ→基本図形→円弧でIS曲線、LM曲線を描画
 (反転や回転を使うとそれらしくなります)

3.IS、LMの交点(均衡点)からX軸、Y軸に向けて垂直な線を引きます。
 (直線ツールを使用する。必要であれば後から点線にする)

4.軸や線のタイトルを書きます。
Y軸の題名を利子率とすると縦書きテキストボックスをクリックして「利子率(r)」と入力。
このとき「かっこ」や「r」も全角のほうが見栄えはいいです。
 (図形ツールバーに順番にマウスのカーソルを当てていけば、「縦書きテキストボックス」がどれかはわかります。)

5.同じ要領で「縦書きテキストボックス」や通常のテキストボックスを使って「O」「均衡利子率」「所得」などの文字を入れていく

わからないことがあったら補足してください。

質問からだけでは、どこの箇所で躓いたのかわからないので、全部書きますね。

ワードで
表示→ツールバーで、図形描画がONになっていますか?
なっていなかったらONにしてください。

1.矢印ツールバーを使ってY軸とX軸を書きます。
(水平・垂直に線を引くには[shift]を押しながら、ドラッグします)

2.オートシェーブ→基本図形→円弧でIS曲線、LM曲線を描画
 (反転や回転を使うとそれらしくなります)

3.IS、LMの交点(均衡点)からX軸、Y軸に向けて垂直な線を引きます。
 (直線ツールを使用する。必...続きを読む

Q【Aviutl】矢印を曲線上に伸ばす方法

Aviutlを使用し、動画を作成しているのですが、アニメーション効果を付けたく質問させて頂きました。(拡張編集プラグインは既に導入済みです。)

イメージとしては、数字の「9」をなぞる様に矢印が伸びていく物を作りたいです。
便利なプラグイン等やアドバイスなど頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんなの?
https://www.youtube.com/watch?v=IThiFEjdpjo

Q変動相場制下の金融政策の効果

変動相場制における金融政策に関する次の解説について、一部理解できないでいるところがあります。

「売りオペレーション」とは、日銀が手持ちの手形や債券を民間に売る公開市場操作の一つであり、これによって貨幣供給を減少させることができる。貨幣供給の減少は、金利の上昇を招き(1)、金利の上昇によって投資と消費の抑制が起こり、景気は冷却する。他方、国内金利の上昇は、高金利を求めて外国からの資金の流入を招き(2)、為替相場は円高になる。円高は輸出の減少をもたらし、わが国の景気は冷却される。

(1)貨幣供給の減少が金利の上昇を招くのはどうしてなんでしょうか。
(2)外国から資金を調達すると、何か得なことがあるんでしょうか。高金利を「求める」とは、どういうことなんでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんわ。cosmopolitanと申します。

(1)について。
私たちがモノを購入する時のことを想像してみてください。例えば、世の中に鉛筆が10本しか売っていないとしますよね。そして、世の中に人が10人しかいないとして、各自が鉛筆を一本欲しいと考えているとします。しかし、何かのきっかけで、世の中の鉛筆が5本になってしまったとします。そうすると、鉛筆を買う側としては、鉛筆が10本あった時よりも、高い価格でないと買えません。なぜならば、需要が供給を上回っているからです。
金利も同じです。金利というのは、お金を借りるために支払う代金です。貨幣供給が減少し、貨幣需要が一定ならば、貸し手は貨幣を貸し出すことに対して高い代金(金利)を要求します。言い換えると、お金の借り手は、貨幣を借りるために多くの代金(金利)を支払わなくてはいけなくなります。その結果、金利が上昇します。
以上から、一般的には貨幣供給が減少しますと、金利は上昇します。しかし、もし貨幣需要も大幅に減少しますと、結局は金利は上がらないでしょう。現在の日本の金融政策をご覧になると分かりやすいと思います。現在日本では、日銀が民間銀行に大量の貨幣を供給しています。しかし、銀行の貸出しは伸びず、資金の借り手も少ないので、結果的に金利は上がっていません。

(2)について。
「外国から資金調達する」と言うより、外国人(例えばA国人とする)が国内(例えばB国とする)に資金を回すとお考えになった方が分かり易いと思います。国内金利(B国の金利)が外国金利(A国の金利)よりも上昇すれば、外国人(A国人)は国内金利(B国金利)で資金を運用した方が、高い金利が得られるので効率が良いですよね。高金利を求めるというのは、高金利で効率良く運用をしようとするということです。

こんばんわ。cosmopolitanと申します。

(1)について。
私たちがモノを購入する時のことを想像してみてください。例えば、世の中に鉛筆が10本しか売っていないとしますよね。そして、世の中に人が10人しかいないとして、各自が鉛筆を一本欲しいと考えているとします。しかし、何かのきっかけで、世の中の鉛筆が5本になってしまったとします。そうすると、鉛筆を買う側としては、鉛筆が10本あった時よりも、高い価格でないと買えません。なぜならば、需要が供給を上回っているからです。
金利も同じです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報